FC2ブログ



温泉はあるけど、ガスのない暮らし(霧島滞在記・その2)
2008-05-17 Sat 23:48
2008年5月17日(土)

霧島の家での義父母の暮らしは、今風に言えば、“エコ
ロハススローライフ ”ということになるけれど、無論、
そんな洒落たポリシーなどあるわけではなく、義父母にとっ
てごく当たり前の“もったいない精神”の範囲内で、田舎
暮らしをしているだけの話である。

霧島の家には、もともと固定電話もガスもあったのだが、
加齢とともに霧島に行く回数がめっきり減ってしまい、
義父が8年前に携帯電話を買ってからは電話を止め(ちな
みに義父の携帯は、Jフォン時代の名機“J-SH05”のまま。
それで今も現役だが、残念ながら私の海外でも使える3G
の携帯は、霧島では、ほぼ完全に電波が“圏外”だった。
おかげでケータイからのブログ巡りもできず…)、また、全く
使わない月にも基本料金をとられるのは馬鹿馬鹿しいと
いうわけで、ガスも止めてしまった。
と言っても薪を使っているわけではなく、料理は2台のカ
セットガスコンロでするのである。

ガス無しの生活が成立するのは、家に温泉を引いているか
らだ。 個人の家で温泉を引くと言うとかなり贅沢に思われ
るかもしれないが、今の霧島は個人宅でも月に7~8,000円
の使用料で(湯量は月30トンまで)温泉が使えるので、その
分の水道代やガス代を考えれば、特別高いというほどでは
ない。 ただ、最初の配管工事にそれなりの費用がかかる
ので、地元の人の多くは、普通にガスでお風呂を沸かし、
温泉に入りたい時は、安い共同浴場を利用しているようだ。

義父母が昔、温泉を引いた頃は、共同浴場にしないと温泉
を引く許可が下りなかった。それで、大きな浴槽を作り、
脱衣所には外から入れるドアも付けて、実際、以前は近所
の人たちに、我が家の風呂を開放していたのだ。
(と言っても近所に人家は少ないので、やってくるのは1、
 2人であったが。)
その頃は、使用料も高かったが使える湯量も多かったので、
洗濯にも温泉の湯を使っていた。
(洗濯物にイオウの匂いや、細かい湯の花が付くのには
 閉口するものだった…笑)
今は洗濯は水でしている。
(さすがに水道と電気は止めていない。)
暖房は、石油ストーブと、長さ2mほどの大きな掘ごたつ。
(熱源は掘ごたつ用の電気ヒーター。)それだけでは寒い
が、あとは早朝でも深夜でも、温泉に入って暖をとるのだ。

家の近所に店がないので、魚や肉などの食料は鹿児島(市
内)から、クーラーボックスに入れて運んでくる。
野菜や菓子などは近所の人と物々交換すれば、それで年寄
りの生活は事足りてしまい、本当に何日間も、お金を一銭も
使わずに暮らせてしまう。




普段の暮らしはつましいが、義父母は意外なものにお金を
使うところがある。
(そうでなけれな、そもそもこんな別宅も建てないだろう。)
今回初めて見せてもらったのは、何年か前に何万も出して
あつらえたという、チンドン屋の演奏道具と衣装!であった。
 
温泉はあるけど、ガスのない暮らし(霧島滞在記・その2)の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
国語の試験問題も随分変わってきた(全国学力調査)
2008-04-24 Thu 22:20
2008年4月24日(木)

仕事がらみの話は面白くないだろうと思うのだけれど、私に
とっては大変興味深いことなので書いておく。

私の仕事は国語の教材作りで、今までいろいろなものを手が
けてきたが、もう15年くらい毎年続けてきた仕事の一つが、
中学3年生向けのテスト作り。
(所謂“業者テスト”ってやつね…)

仕事を始めた頃に比べると、問題作成は、年々厄介になって
きた。
(引用文の著作権問題も厄介なことの一つ。…これは最近は
 版元さんがきっちり対処してくれるのでよいのだけれど、
 以前はせっかく作った問題がボツになることもあった。
 差別表現の問題なども、一時期、出版業界全体が非常に
 過敏になっていた。)

最近とみに大変なのは、試験問題を作る際に、自分で“創作”
して書かなければならない部分が増えてきたことだ。
最初の頃は、小説なり論説文なりの引用文を使って、読解問
題や漢字・文法の出題など、従来のパターンで、所謂「問い」
の部分さえ自分で考えればよかったのだが、多くの都道府県
の公立高校入試で短作文(100~250字程度)が課されるよう
になった頃から、その傾向に合わせ、いろいろな工夫を求めら
れるようになった。
課題作文も、毎回違うテーマを考えるのはなかなか大変。
もちろん、例解や解説も作る。

特にここ数年は、日本の生徒のOECDのPISA(国際的な
学習到達度調査)の読解力等の結果が芳しくないこともあ
って、従来とは異なる、思考力、表現力重視のPISA型の
問題を作らなければならず、これが手間がかかる。
生徒同士の討論とか、発表とか、いろんな状況を設定して
内容を“でっちあげ(笑)”なければならない。
そのため、以前なら、6~8ページのテストなら3、4日で
仕上げられたのに、今は1週間程もかかるのだ。
(原稿料は殆ど変わらないのに…涙)

そんなわけで、どうやったら生徒の問題解決能力を問う良問
が作れるか、いつも頭を悩ませているのだが、昨日の新聞で
公開されていた、今回の全国学力調査の中3の国語A・B
(A=知識、B=活用)の問題を見て、ユニークさに唸った。

なるほどねぇ…こんな内容もありか。
古典や書写は、こんな出題の仕方でもいいのね…。

誰が作っているんだか、さすがによくできている。
単に奇をてらった問題ではなく、今、どんな学力が求められ
ているのかもよくわかる。
この傾向は、来春以降の公立高校入試にも当然反映される
だろうし、つまり、私の仕事もこういう方向へシフトしていかな
ければならないということだ。
実際、かなり参考になった。

興味のある方、小6生、中3生の子どもをお持ちの親御さん
は、ざっとでも目を通しておかれるとよいと思う。
(新聞に掲載されているのは字が小さいので、私のような
 老眼の人は、新聞社のサイトから見たり印刷したりするの
 がお勧め。朝日新聞読売新聞

また、国語のテストとは関係ないのだけれど、私が時々読ん
でいるブログ「内田樹の研究室」の昨日(4/23)の記事で、
日本語についての面白い記述があった。
言語を司るのは左脳と言われているけれど、日本語の読み書
きでは、右脳も使うのかしら?
もしかして、日本語を使うのって頭にいいんじゃない?
…などとと思ったり…。
マンガ文化への言及などもなかなか興味深かったので、あわせ
てご紹介しておく。
 
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
何げなく幸せな誕生日
2008-02-01 Fri 23:57
2008年2月1日(あるいは1月32日)(火)

次男一家を迎えるにあたり、家の中の片付けをあれこれ考
え、まず押し入れの整理をしようと決めた。
我が家はもともと5人家族だったし、年に一度の新年会で
子連れの友人もたくさん泊まったので寝具がたくさんある。
昔、近所の人からお下がりでもらった子供用の布団なども
何枚もある。 しかし、この頃は子どもが団体で泊まること
もない。
だいたい、押し入れ2つ分がほぼ寝具で占領されているの
は多過ぎる。
この際、古い布団は処分しよう。
子供用の布団も、赤ちゃん用のを1組残せばいい。

しかし…実際整理を始めてみると、いろいろ微妙。
うんと汚れてたり傷んでたりすれば迷いなく捨てられるの
だが、捨てるほどではないよな~と思えるものが大半。
しかも、今は粗大ゴミ引き取りは有料(取手市の場合、布団
1枚は400円)なので、なおさら心にブレーキがかかる。
タオルケットなんかも困る。山ほどあるが、そんなには傷ん
でなくて、自分的には、雑巾にするのも惜しい(笑)。
(もらい物の未開封のタオルケットも結構ある。)
また、コタツ本体は今は家にないのに(大きい長方形のコ
タツは邪魔なので以前処分。小さいコタツは三男がアパー
トに持って行った)、まだまだ使えそうなコタツ敷きやコタツ
布団などがセットであったり…。

とりあえず、古い毛布や半纏や肌掛け、子供用布団数枚は
ゴミ袋に押し込み、ゴミ袋に入らない3枚の布団だけを粗大
ゴミとして捨てることに。
それでも押し入れの中はだいぶすっきりした。

赤ちゃん用布団は、義父母が買ってくれたものや、母が縫っ
てくれたものはやはり捨てられない。
これは孫に使おう。

で、今日は赤ちゃん用品の専門店に行って、赤ちゃん布団用
のシーツやカバーを探してみた。


 
何げなく幸せな誕生日の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:8 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
我が「中学生日記」 (昭和45年当時の未来予想って…!)
2008-01-19 Sat 21:12
2008年1月19日(土)

中学1年の時、「日記を書く」という宿題があった。
担任は、30代前半の、田中先生という男の先生だった。
田中先生は国語の先生だったが、日記は、国語の宿題と
して出されていたわけではない。
いわば「交換ノート」と言うか、担任と生徒一人一人とが
コミュニケーションを図る為のものだった。
だから、無理に毎日書かなくてもいいし、書ける時は 1行
でもいいから書いて、出すことになっていた。

提出の曜日が決まっていたのか、いつ出しても良かったの
かを覚えていないのだが、とにかく 朝に提出すると、帰り
の時間には返してくれた。
空いている時間や昼休みなどを利用して、目を通して下さ
っていたのだろう。
読んだ証拠に、必ず1か所以上、返事を書き込んで下さっ
てあって、子供心に「熱心な先生だなあ」と感心していた。

その日記帳の行方など、どうなったかも覚えていなかった
のだが、しばらく前、実家で片づけ物をしていた妹から
「こんなもん、出てきたけど、とっとく?」
と、写メールが来た。
「1年B組」時代の懐かしい日記だ。



私が文章(童話なども含め)を趣味的に書くことを覚えた
のは、中2の終わりごろからで(文学好きな友人の影響)、
それまでは、文章を書くのは大嫌いだった。
作文など、他の問題と違って「正解」がわからないので、
何を書いていいのかわからず、いつも途方に暮れた。
そんな時期の日記だから、内容は、もともと期待していな
かっのたが、読み直してみて、想像以上のつまらなさ
がっかり。
…もう少し、気の利いたことが書けんのかい?
(自分の息子がこんな文章書いてたら、多分叱っていたと
 思う。息子らの文章の方がずっと面白いよ…。)

中学生の頃の自分と言ったら、もう少し賢い子だったよ
うに思っていたが(笑)、それは多分中学の終わりの頃の
記憶で、中1の自分は、びっくりするほど子供だった。



…ただ、あったこと、見たことを書いているだけ。
宿題だから義務的に書いている感じがありありだが、それ
にしても、何も考えてないのも バレバレ(笑)。
良く言えば、「牧歌的」だ。

日曜日の記述など、
「デパートに行って、○○を買って、楽しい一日だった」
か、
「デパートに行けずに留守番をして、つまらない日だった」
の、ほぼ 2パターン(笑)。
(「家族でデパートに行く」ことが手近な娯楽だった時代
 が、確かにあったんだよなあ…。)

それでも、3冊目(中1の終わり頃)には、少しは長い文章
を書けるようになっていて、幾分かの成長が見て取れる。
 
我が「中学生日記」 (昭和45年当時の未来予想って…!)の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
謹賀新年2008
2008-01-02 Wed 23:53
2008年1月2日(水)

義父母、私たち夫婦、三男、の5人で、新年を迎えた。
鹿児島には珍しくボタン雪の降った元日、三男は早々と
千葉のアパートに帰って行った。
大学で陸上をやっている三男は、毎年、正月は忙しい。
2日から、かの箱根駅伝…の補助員として参加しなけ
ればならないからだ。

波瀾の往路のレースが繰り広げられた今日、三男の持ち
場は、スタートからまもない、5キロちょうどの地点。
黄色いスタッフジャンバーを着て、選手が走る側の沿道に
立っているということなので、「ちょっとでも映らないかな~」
と、今日は家族でテレビを注視していたが、三男の頭は、
ちょうど看板で隠れて、体しか映らなかった(笑)。



取手で正月を過ごす時は、一応「おせち料理」らしきもの
を作るので、大晦日は一日、台所仕事に追われる。
が、今回は、非常に楽だった。

義母が取り寄せた北海道の魚介類が、冷凍室に沢山あっ
たので、おせちは作らないことにしたのだ。
(義母はデパートの北海道物産展が大好き。今回も大量
 の注文を済ませてあった。)
おせちが何もないのも寂しいので、一段重のおせちも
注文してあった。

綺麗で、美味しいおせちだったので、来年以降の参考の
ために、写真とメニューを載せておく。
(山形屋で注文した、山秀(やまひで)の“和・洋おせち”)


ロブスター、鯛の塩焼き、玉子巻き、姫玉りんご、大海老
の甘煮、昆布巻(キハダマグロ)、チーズサンド、竹の子
の甘煮、椎茸の甘煮、テリーヌカニ3色、チキンロール、
本田作り、お多福豆、赤白蒲鉾、栗甘露煮、数の子、
イクラの醤油漬、手まり餅、金柑漬け、さくらんぼ羊羹


謹賀新年2008の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
格安旅行チケットで、鹿児島に帰省
2007-12-28 Fri 22:13
2007年12月28日(金)



「年末にまた帰ってくるからね~!」
と、先般、鹿児島の義父母に約束してきたのはいいのだけ
れど、いざ、切符を手配する段になって、交通費の問題で
気持ちが萎えそうになった。

今回鹿児島に帰省するのは、私と夫と三男の3人。
飛行機嫌いの夫は電車(寝台特急はやぶさ+つばめ・リレー
つばめで、往復で約55,000円)利用で、運賃はほぼ固定。
工夫の余地があるとすれば、私と三男の飛行機代だ。

が、12月に入ってから年末年始の航空券を取ろうというの
が、そもそも甘いのだけれど、当然ながら何の割引もない。
羽田-鹿児島間の航空運賃は、片道で1人37,800円!
(2人分の往復だと、それだけで、15万は軽く超える…)
親孝行しちゃいかんのか?
と、不平の一つも言いたくなるお値段だ。

飛行機チケット代の不思議」という記事で以前にも書いた
けれど、航空運賃というのは、買う時期や割引サービスの
種類によって、値段があまりに違いすぎる(同じ羽田-鹿
児島間が、タイミングによって、12,000円くらいで買えたり、
24,000円くらいだったり、29,000円くらいだったりする)のが、
どうも納得いかない。

それにしても、37,800円は高過ぎ…
と困っていた時、以前お友達の美緒さんが、コメント欄で
教えて下さった情報を思い出した。
美緒さんの場合、帰省先は宮崎だが、「旅行会社のフリー
ツアーを使うと、ホテルも付いて往復チケットより安い」

のだそうだ。

そんなツアーが、もしあったとしても、今さら年末年始のチ
ケットが残っているわけもないだろうけれど…と思いつつ、
Yahoo!トラベル国内ツアー予約のページで探してみた。

…なるほど。
こういうツアーがあるのねぇ…。
 
格安旅行チケットで、鹿児島に帰省の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
今年のクリスマスツリーとケーキ
2007-12-25 Tue 23:52
2007年12月25日(火)

ああ、何とか25日中に更新が間に合ったか?!
皆様、メリークリスマス!



昨日(24日)の朝、夫から突然の提案。
「今日は、“ALWAYS(続・三丁目の夕日)”でも見に行くか?」

「…ええ~、そんなん急に言われても…私、今日と明日で仕上
 げなくちゃいけない仕事があるし…無理よ…。 って言うか、
 あんたはヒマなの?」
「うん、夕べ原稿を仕上げたから、とりあえず今日は一日ヒマ
 なんだ」

一応、クリスマスだから、夫なりに気を使ってデートに誘って
くれたのか。 (“ALWAYS”は私が見たがっていた映画だし…。
ちょっと申し訳ない気分…。)
 
今年のクリスマスツリーとケーキの続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
つくばのホウキ売り (手作り箒の話)
2007-12-19 Wed 21:13
2007年12月19日(水)

一昨日、年末調整のことで税理士さんが事務所に来るので、
日暮里まで出勤した。
帰りに実家に寄った。鹿児島で沢山収穫した柚子を取手の
自宅に送ってあったのを、柚子好きな母に分けてやろうと
思っていたのを、やっと届けることができた。

実家の改築(工場を住まいに直す)は、基礎工事が進んで
いた。大工さんたちが作業中だったので撮影は遠慮したの
だが、床が部屋ごとに仕切られ(柱はまだない)、コンクリ
ートを流す作業が進行中だった。
こちらは、前回実家に行った時(11/24)の写真。



基礎工事と、耐震補強工事だけで、年内いっぱいはかかる
だろうとのこと。
新しい住居が完成するのは、来春3月だそうだ。

母や妹と、いろいろな世間話をしている時、
母 「今日は、箒売りが来たのよ」
私 「え、ホウキ売り? …そんなのあるの?」
妹 「手作り箒でね、すごく作りがいいのよ~」
母 「それが、つくばから売りに来たんだよ」
私 「…なんで、また、つくばからここに?」

非常に奇異な感じを受けた。実家のあるあたりは、下町の中
でも込み入った所で、駅に近いわけでも、大通り沿いにある
わけでもなく、一見さんが迷い込むような場所ではない。
いわば、土地勘のある人しか、通らないような場所なのだ
 
つくばのホウキ売り (手作り箒の話)の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
年賀状イラスト無料配付サイトの紹介
2007-12-09 Sun 21:50
2007年12月9日(日)

本日は実用記事。…と言うか、来年以降のための備忘録。
(たまに利用する覚えておきたいサイトは、お気に入りなどに
 入れるより、紹介記事を書いてリンクを張っておくのが、自分
 自身にとっても一番便利だと気づいたので。)

我が家は、会社用と個人用の2種類の年賀状を作る。
個人用のは、毎年家族の写真(2年前からは夫婦二人の写真)
を入れ、近況なども詳しく書き、ちょっと気合を入れて作る。
2008年版年賀状用の写真は、例のネパールの民俗衣装を着て、
昨日写真館に行って、もう撮影済みだ。
(写真館のオジサンに、「いや~、いい企画ですな~」と、言わ
 れた。…別に「企画」じゃないんだが…笑)

会社用のは、出来合いのイラスト(ネット上のフリー画像)を使
って簡単に作る。 文面も、ごく平凡なものだ。
会社用の年賀状の素材には、大阪の店や商品を紹介している
タウンポートというページで、毎年年末に干支などのイラスト
無料配布されるので、ここ数年は、それを利用している。
このサイトのイラストは、いろいろな人が提供しているようで、
素人っぽい作品もあるが、数が結構多い(10ページほどある)
ので、割と好みのものが見つかるし、ワードのクリップアート
などを使うより、人とカブりにくいのが良いと思う。
これから年賀状を作る人で、ネズミの絵などの素材を探してい
る人には、オススメだ。

 2008年(平成20年) 子年 フリー年賀イラスト
  (タウンポート年末スペシャル企画)

※好みの画像ダウンロード保存して、自由に使える。
 縮小や文字入れなどの加工もOK。商用利用も可能だ。
 ただし、無断転載や再配布はNG。
 
年賀状イラスト無料配付サイトの紹介の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
渡辺明くんの話+はてなRSSの話
2007-11-09 Fri 14:19
2007年11月9日(金)

将棋界の若きエース、渡辺明竜王にお会いしたことなど、
もちろん一度もないのだけれど、夫も私も、ついつい彼を
「渡辺明クン」と、“君づけ”で呼んでしまっている。
それは、彼が私たちの息子と同世代で(長男より1学年下、
次男・三男より1学年上)、彼が10歳で小学生名人になっ
た時(1994年)から知っているからだ。

我が家の長男も、少年の頃、将棋にハマっていた。
ちょっとだけ息子自慢をさせてもらうならば (こんな過去を
引きずり出すと長男は嫌がるだろうけど)、長男は、中1と
中3の夏には、茨城県代表として、天童市での全国大会
全国中学生選抜将棋選手権大会)にも出場している。
(中2の時は、県2位で行けなかった。)
地元の将棋クラブや将棋道場の大会では、電子レンジ等
いろんな賞品を、荒稼ぎしてきてくれたりもした。
が、どうせプロ棋士にはなれないからと、中学卒業と同時
に、きっぱり将棋をやめてしまった。
(小さい頃からインドア派で、小中学校では将棋部だった
 長男が、高校で陸上部に入った時には、家族全員驚い
 たものだ。彼は三男と違い持久力がないので、短距離
 専門だったが、それでも3年間陸上を続けたのだった。)

長男が将棋を始めたのは、将棋少年にはしては遅く、小4
の終わりごろだ。
将棋というのは向き不向きがあるようで、次男三男は全く
興味を示さなかったが、長男はちょっと水を向けると食い
つき、そしてみるみる上達した。
NHKの将棋講座なども毎号テキストを買って見るように
なり、小学生名人戦の放映の時などは、私も(ワケがわから
ぬながら)初めて興味深く見たのたが、その時の優勝者が、
長男より年下の、渡辺明くんという少年だったのだ。
(翌年の小学生名人戦には長男も参加した。当時の長男は
 確かアマ初段程度で、もちろん予選落ち。ちなみに渡辺
 くんはこの時は既に奨励会入りしていて不参加だった。)

当時の渡辺明くんは、将来いかにも将棋打ちになりそうな、
貫祿ある風貌をもつ、トッチャン坊や(失礼!)だった。
渡辺くんの出身が、私の実家のある東京都葛飾区である
点にも親しみを感じ、私たち家族は
「ぜひ、プロ棋士になってほしいね~」
と、その後に注目し、何となく応援してきたのだ。
そして期待通り、渡辺くんは中学生でプロになった。
 
渡辺明くんの話+はてなRSSの話の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:11 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
中学受験情報なら“Willナビ”がオススメという話
2007-10-01 Mon 17:31
2007年10月1日(月)

本日は仕事がらみの宣伝で、いつになく固い話。
でも、結構いいことが書いてあると思うので(笑)、自分
には関係ないと思わずに、お読み頂ければ幸いである。

首都圏の受験ファミリーのための進学情報サイト
 Willナビ (ウィルナビ
本日、正式オープン!

私のメインの仕事(教材執筆)とは関係ないのだけれど、
しばらく前から、このポータルサイト立ち上げのお手伝いを
してきた。
と言っても、私がしたのは、データの入力や確認といった
末端作業で(夫はコンテンツ内容にもう少し深く関わってい
るが)、この先このサイトが発展しようがしまいが、我が家
の家計には、実は何の影響もない。
それでもこのサイトに肩入れしたいのは、中学受験情報の
収集・比較・検討のために、とてもよくできた有用なサイト
だと思うからだ。

公開されたばかりなので、まだコンテンツが全て揃っている
わけではないが、内容的に信頼できるものであることは、
朝日小学生新聞や、数学・算数の刊行物で定評のある
東京出版、中学受験の調査機関の権威森上教育研究所
などの協力を得ていることからも、わかって頂けると思う。

中学受験をするためには、小学生のうちから受験勉強をさせ
ることになるわけで、そのことには抵抗を感じる人も多いと
思う。 が、現実問題として、首都圏(特に東京)の中学受験
は過熱する一方だ。
実際に子どもに中学受験をさせるかどうかはともかく、小学
校高学年の子どもをもつ親は、この現状を把握し、正しい
情報を入手することが不可欠になっている。
昔と違って、子どもの将来・進路を考える時に、小学校高学
年の時期は1つの大きな岐路になっていることを、まず認識
しなければならないのだ。
きちんと検討した上で、「うちの子の受験は高校からでよい」
と判断するなら、それはそれでもちろん良い。
ただ中学・高校入試は、大学入試以上にシステムや難易度
の変動が激しいから、情報だけはチェックしておかないと、
後で手痛いしっぺ返しに遭うことは覚えておいた方がいい。


さて、受験情報なら、「中学・高校案内」といったたぐいの本が
幾つも出ているし、それぞれの学校のホームページを見れば
詳しい情報も入手できる。
ではなぜ、今、Willナビ(ウィルナビ)のようなポータルサイトが
必要なのか?
中学受験情報なら“Willナビ”がオススメという話の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
旅回りの一座か?
2007-08-24 Fri 23:12
2007年8月24日(金)

日暮里で、仕事の打ち合わせだった。
取引先の版元のM辻さんが、京都本社から上京してきたのだ。

お会いするのは初めてだった。
メールなどでのやりとりから、落ち着いた30代女性をイメージ
していたのだが、仕事はまだ6年目という、初々しい女性。
「東京には年に2、3回しか来ないし、今日はK木さんにお会い
 するので、すごく緊張して、話すことを書き出して、練習も
 してきたんです

などと、可愛いことを言ってくれた。 (ムフ♪)

打ち合わせも済み、業界世間話などしていた時、話の流れで
「私は子どもを産む前は、高校で国語の教師をしてたんです
けど…」と、言うと、
「え、そうなんですか? 劇団にいらしたと K林から聞いてま
 したから、旅回りとかなさってたのかな~と思ってました…」

と言われ、こっちがビックリした。

…劇団? 旅回り?!

K林氏というのは、彼女の前任の担当者だが、私はK林氏と
お会いしたこともないのだ。
K林氏はいったい誰からそんなことを…?
と言うか、どうしてそういう話になってるんだ…?
 
旅回りの一座か?の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
お盆の意味を考える
2007-08-15 Wed 23:58
2007年8月15日(水)

檀家の前で自転車から降りて、汗をふきふき、身支度を整えて
いるお坊さんを見かけたりして、お盆だなぁと思う。

東京育ちの私にとって、実家のお盆は7月(新盆=しんぼん)
である。
お盆には伯母たち(父の姉妹たち)が家に集まったりはしたが、
彼女らも都内在住なので、泊まりがけで来るわけでもなく、
初盆の年以外は特に法要をするわけでもなく、子供の私から
見ると、お盆というのはどうもよくわからない行事で、あまり
重要な行事という印象はなかった。
結婚後も、夫の実家の鹿児島への帰省は、必ずしもお盆に
こだわる必要がなかった。夫は一人っ子なので、兄弟の帰省
に合わせることも、長男の嫁として一族を迎える準備に奔走す
ることも、無縁のままだった。
かくして私は、8月のお盆を特に意識することもないまま、
この年まできてしまったのだ。

が、今年は生まれて初めて、知人宅あてに「新盆(にいぼん)
見舞い」の手紙を2通書いたりして、何となくいつもよりは
お盆らしい気分になった。
そして、改めてお盆の意味を考えたりもしたのだった。
 
お盆の意味を考えるの続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
義母の油絵、ゲット♪
2007-08-07 Tue 15:28
2007年8月7日(火)

鹿児島では外出は殆どせず、義母と一緒に
仏壇の掃除(仏壇の幅は一間あって、結構大きい)
衣類や食器の整理(母はモノを捨てることができないので、
 整理と言っても、使わないものを奥にしまうだけ)
一緒に風呂に行って背中を擦りあう(鹿児島では市内に
 銭湯のような手軽な温泉が沢山ある)
などしては、疲れると昼寝したり何か食べたりして、ちょっと
退屈なくらいにゆっくり流れる時間
を、久しぶりに味わった。

義母は82才の今も赤いTシャツが似合って、一見まだまだ元気
そうに見えるが、やはり年々確実に老いて、いろいろなことが
億劫になっているようだった。
義母82歳
家の中には、明らかに長期間掃除を
していない場所が目立つようになり、
怠け者の私もさすがに見かねて、掃除
機をかけたり雑巾がけをしてやったり
すると、義母は非常に喜んでいた。
料理なども、義母はもともとレパート
リーが少ないのだが、年寄り二人では
いつも似たようなものばかり食べるこ
とになるらしく、私が作るごく普通の
料理を「うんまかね~」と喜んで食べ、
カレーの残りを大事そうに冷凍したり、
私にポテトサラダの作り方を何度も聞いたりするのだった。
(いや、そんなに難しい料理じゃないんだけどな…)
これからは、時々は来てやらなければな…と思う。

今までは、夫や息子たちと一緒でなく嫁の私だけが行っても
義父母はさほど嬉しくはないのではないか(やはり子や孫の
顔を見たいだろうし…)と思っていたのだが、今や、私だけが
行っても、義父母には十分メリットがあるな…と思えるほど、
二人とも年をとってしまった。
むしろ夫や息子たちが行くより、私が行く方が、現実的なメリ
ットは大きいくらいだろう。
家族揃って鹿児島に行くとなると、スケジュール調整の面でも
お金の面でも大変なのだが、子供の手も離れた今、私一人なら、
格安航空券が手に入る期間などにちょこっと数日だけ行ってく
ることも可能だ。 これからはなるべくそうしてやろうと思う。

いろいろ片づけ物をしながら、義母とは随分話もした。
 
義母の油絵、ゲット♪の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
間違い電話
2007-07-14 Sat 23:52
2007年7月14日(土)

三男は今、ある小学校でインターンシップ中である。
インターンシップを行う企業は増えているけれど、最近は、学校
でも、教職インターンシップというのがあるらしい。
「教育実習」と違って必修ではないが、これをやっておけば、教員
採用試験の2次選考の際、多少有利になるのだそうな。

昨夜、知人たちとの飲み会からの帰宅後、三男のHPの日記
読んでいたら、そのインターンシップでのちょっとした失敗談が
載っていた。 一日に給食を2回食べるはめになった話だった。
大食いの三男のことだから給食2食ぐらいは楽勝だろうけれど、
笑いながら夫にその話をすると、

夫 「そう言えばこの前、T郎(三男)のインターンシップ先の
  学校の先生から、オレに電話がかかってきたよ」
私 「え~っ、何、たまたま知り合いの先生だったの?」
夫 「いや、“間違い”で…」
私 「?」

夫 「知らない番号から電話がかかってきて“K木君ですか?”っ
  て言うんだ。“君”づけは妙な気がしたけど、オレだって一応
  “K木君”だろ? だから、“はい”って答えたら、“○○○
  学校の××ですけど、明日の件で…”って言うからさ…」
私 「仕事の話だと思ったのね?」
夫 「うん。“あれっ? 明日、どこかの学校の取材の予定が入っ
  ていたんだっけ?”…と思って、すごく焦って、頭ん中真っ白に
  なりながら、“すみません、お名前をもう一度おっしゃって頂け
  ますか?”って言ったら、向こうも気がついたんだね、
  “あ、お父さんの方にかけちゃいました~”って…(笑)」

その後の説明で、三男が翌日からインターンシップでお世話にな
る学校の先生であることがわかり、ホッとしたらしい。
我が家の場合、仕事がら、間違い電話やセールス、迷惑メール
などでも、学校関係を名乗られると、ついつい真に受けて焦ってし
まうことが多い…というお話。

          ******

さて、明日・あさっては、昨年亡くなった友人の墓参りのため、
会津行きの予定。
梅雨も明けないのに台風北上中で、天候最悪…(悲)。
が、宿も取ってあることだし、行ってきます。



※「今日の日記は短くて物足りない!」という人のために…(笑)
 「実録鬼嫁日記」の最新の記事(7/12「家計簿」)へどうぞ。
 …こういう話、私は好きだ、二重マル!
 (私的に「デスノート」ファンということもあるけど…笑)
 
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
かんちがいな“父の日”
2007-06-22 Fri 21:54
教育実習最終日に花束をもらった三男2007年6月22日(金)

先週の金曜は、三男の教育実習の
最終日だった。 担当したクラスの
生徒たちから大きな花束を貰って
帰って来た三男は、
「いや~、オレって人気者だからね!」
ご満悦で記念撮影をしたあと、
「あさって、確か、父の日だよね。
 じゃ、はい、お父さん、これプレゼント!」
と、花束を夫に渡していた。
…初めてのプレゼントなのに、使い回し?!(笑)
(まぁ、こんな花束抱えて千葉のアパートまで帰る
 わけにもいかないのだけど…)

次男夫婦からは、父の日にはネクタイが用意されていて、
私はそれをあらかじめ知っていた。
暫く前、紳士服量販店で次男に夏のスーツを買ってやった時、
彼は、自分の父親用と、お嫁さんYちゃんのお父さん用と、
2本のネクタイを買って包装してもらっていたのだ。
(店頭からYちゃんに写メールを送り、「どっちがいいかな?」
 なんて相談していたようである。)
我が家のオヤジ殿には直接手渡せばいいとして、Yちゃん
のお父さんの方には、「ちゃんと、父の日までに届くように
早めに手配しておきなさいよ」と言っておいた。
なのに、土曜の朝に聞くと、まだ送っていないと言う。
「忙しくて送るヒマがなかったんだよ」
「もう~、いつもギリギリなんだから! 今日送って、岩手
 には明日届くんでしょうね?」
(ちなみに鹿児島に送ると2日かかる)
「大丈夫! 母の日の時も前日送ってちゃんと着いたから」
私はその時、葬儀に出かける支度でバタついていたが、夫が
図書館に行ってくるというので、「ついでに、これを宅急便で
出してきてやって」と頼む。
「何だよ~、父の日のプレゼントを送るのに、父親のオレを
使うのか?」と、夫は苦笑。
宅配便の受付では、窓口の人から「父の日のプレゼントのよう
ですけど、月曜の配達でいいんですか?」と念を押されたと
いう。次男の書いた伝票には、配達指定日が18日とわざわざ
明記されていたのだそうだ。
次男に確認すると、彼はなぜか「父の日は18日」と思い込んで
いて、曜日を確かめもせずに書き込んでしまったらしい。
慌てて集配所に連絡し、配達日を17日に変更してもらった。
「そんないい加減なことでどうする!」と、次男が私たちに
叱られたのは言うまでもない。

私自身はと言えば、毎年のことだから、父の日の手配はぬかり
なかった。鹿児島の義父には、プレゼントとパウンドケーキを
発送済みだったし、実家にも金曜のうちに行って、プレゼント
を渡してきた。

一足早い父の日のつもりで出かけたが、面白いことに、実家
では、父の日は終わって?いた。
 
かんちがいな“父の日”の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
ただの行動記録(笑)
2007-05-08 Tue 23:35
2007年5月8日(火)

今日の日記は、ただ、朝からこなした仕事・雑用を列挙してみる。
(これぞ「日記」?!…人が読んでもつまらないだろうな~…)

★S社のM辻さんにメール
(資料読み取り型の課題作文で使いたいグラフの、使用可否の
 問い合わせ。)

★E社のT田さんに電話
(私の仕事と同時進行で作成が進んでいる別の教材と、素材が
 バッティングしないように、そちらの原稿のコピーを送って
 ほしいというお願い。)

★A木さんに渡す原稿サンプルの準備
(最近フリーになった若い女性編集者のA木さんに、お仕事斡旋。
 …と言うか、私が毎年やっている面倒臭い仕事の一部をやっ
 てもらうことにしたのだ。明日、打ち合わせ。)

★銀行で振込2件

★車の保険の更新申込書の送付
 
★社会保険事務所に提出する書類の記入
(扶養家族が一人減った届けと、一人増えた届け。 減ったのは
 就職した長男の分。増えたのは次男のお嫁さんのYちゃんの分。
 次男は無収入なので、来春まで次男夫婦は夫の扶養にすることに。
 しかし、つくば市役所に郵送申請してあるYちゃんの非課税証
 明書がまだ届かない~。明日提出したかったのに…。)

★原稿執筆
(これがメイン。中学生用の国語のテスト。今夜中に仕上げたかっ
 たけど、やっぱ、明日も頑張らねば…)

★夫の送り迎え
(本日の夫の帰宅時間…午後2:45。早過ぎ…)

★家事
(天気は良かったけど洗濯はしなかった。夫と二人暮らしになって
 洗濯はほぼ2日に1度のペース。夕飯は、根菜汁、エビとピーマン
 のチリソース炒め、鶏ささみフライ、ポテトフライを作る。
 食器洗い。風呂掃除。)

★その他
(義父に携帯メール、お友達のブログ巡り…この2つは毎日の日課。
 あと、この日記を書く。)

…こまごました用事ばかりだけど、何だか忙しかった。
でも、忙しいのは私だけじゃない。明日の夫は、日帰りで出張。
何と、広島までだ。
ああ、明日は早起きだから、そろそろお風呂に入って寝なくちゃ!
 
この記事のURL | 日々発見 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
嬉しい届きもの (いちご煮・クッキー・新聞)
2007-03-15 Thu 19:05
2007年3月15日(木)

宅配便や郵便で届くものは、我が家の場合、仕事の資料であ
ることが多く、嬉しいものは滅多にないのだが(笑)、立て続け
に、ちょっと嬉しいものが届いた。

まずは、先日紹介した“いちご煮”(2/21記事参照)。
これは、製造元のまさやさんに、直接電話して取り寄せた。
小売り販売(まして配送)などしてくれるのか心配だったけれど、
「1缶1,000円です。1缶からでも発送します」とのこと。
10缶頼んだら、送料は無料にしてくれた。消費税もサービス。
10,000円で10缶というのは、他社通販商品と比べ、圧倒的に安い。
しかもオマケ(「おにぎり美人」という海草ご飯の素)付き♪
お得感があってすごく嬉しかったので、ここで、まさやさんの
宣伝をしておく。

いちご煮を注文するなら、ぜひ、まさやさんで!(笑)

  株式会社まさや
   岩手県宮古市大字津軽石8-17-1
   電話 0193-67-2727

いちご煮とおにぎり美人


ところで、昨日がホワイトデーであることなど全く忘れていたの
だが、思いがけなくkoba2106さんから、クッキーが届いた。
 
嬉しい届きもの (いちご煮・クッキー・新聞)の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
確定申告、今年は楽勝?!
2007-03-13 Tue 23:49
2007年3月13日(火)

確定申告をするのは、今年で3回目。
ようやく要領がわかってきて、去年までは、何が何やらさっぱり
わからなかったのだけれど、今回は何とか自分で還付金の金額
を計算して下書きをすることができた。
これで合っていれば、新パソコンの代金分くらい、戻ってくるん
だけどな~♪

とはいえ自信がないので、検算してもらうために、今まで同様、
申告受付の会場(取手市役所裏体育館)に足を運ぶ。
夕方だったが、申告日があと2日しかないので、さすがにちょっ
と混んでいた。

確定申告受付会場


1時間ほど待って番号を呼ばれたが、検算は5分ほどで終了。
「これで計算は合っていますから、来年からは、郵送で提出なさ
 るといいですよ」と言われる。
やけに、あっけない。
昨年の確定申告は、係の人が入力ミスをして大変だったが…)
 
確定申告、今年は楽勝?!の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:1 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
つるし雛ブーム、茨城から始まる?
2007-02-24 Sat 11:55
2007年2月24日(土)
取手「つるし飾りまつり」のポスター
吊るし雛つるしびな)の飾りを私が
初めて見かけたのは、去年の秋だ。
昨年9/8の日記参照。)
珍しいものだなぁと思い、手作りの
ぬくもりの感じられる愛らしさに、
しばし見とれたものだ。
しかし、この“つるし雛”を、この春は
やたらと見かける。
先日、市役所(支所)に用があって
取手福祉会館に行ったら、「とりで
つるし飾り祭り
」というのをやってい
て、大量のつるし飾りやお雛様が
飾られていた。
取手商工会の女性部や、市内の高
校生たちの作品だった。
一気にブームが来たな~と思う。

取手福祉会館ロビーに飾られた“つるしびな”

 
つるし雛ブーム、茨城から始まる?の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:4 | トラックバック:2 | ブログトップページへ
ちょっと自慢?
2007-01-24 Wed 11:53
2007年1月24日(水)

隣の公園の梅のつぼみのふくらみが、このところ急に目に
つくようになったなぁ…と思っていたら、昨日の朝は、梢に
一輪だけ開花していた。

開花した取手の梅

画像がボケているのはご勘弁。
(ズームもきかないケータイのカメラで、梢の小さな花を撮る
 のは難しいのだ…。)


さて、先日大学入試センター試験が終わり、新聞には問題
と解答が掲載された。 長男の研究室では
「みんな、センター試験の化学の問題を解いてた」そうだ。
受験から数年を経た今、入試問題をどれくらい解けるのかを
確かめてみるのは、彼らにとって、ゲームのようなものなん
だろう。
その感覚がうらやましい。
自信の持てる専門分野があるのはいいものだ。



…と、私も一応「国語」が専門か。

ちょっとだけ、解いてみようかな~…。
と、日曜日の新聞を引っ張り出す。
 
ちょっと自慢?の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
常磐線仲間と常磐線グリーン車の話(ペーパーアート展ご案内)
2007-01-21 Sun 23:44
2007年1月21日(日)

まずは、常磐線仲間でもあるお友だちのさかいちゅうさん
ペーパーアートのグループ展のご紹介。

 ★ギャラリー銀座にて
 ★1月22日~2月3日

ペーパーアート展ポスター

昨年出向いてとても楽しかったので(昨年2/3の日記参照)、
今年も是非行ってみたいと思っている。
去年、ペーパークラフト体験教室でお会いした野田亜人
の教室の発表会も兼ねているようだが、プロのちゅうさんは
もちろん、招待作家として参加。
詳しい情報や、出展作品を創る過程の机の上の様子は、
ちゅうさんのブログ「ちゅうの日々是好日!?」で見る
ことができる。
会場で出会える完成作品がどんなものか、楽しみだ。


さて常磐線の話。
先日、都内に出る時、いつものように取手駅から上野行きの
常磐線に乗ろうとしたら、
 「4、5号車はグリーン車です。
  普通乗車券でご利用になれます」
とアナウンスしていた。
不審に思いつつ行ってみたら、その2両だけ、2階建てのグ
リーン車両が連結されていた。
3月のダイヤ改正に伴い、常磐線の普通列車E531系)に
グリーン車が登場するので、今はその試運転中と言うか、
いわば、お試し期間であるらしい。
そういうことなら…と、迷わず2階席を確保。

普段グリーン車など使わないから、グリーン車ってどんなに
快適なのかしら?と興味があったのだが、思ったほどでもな
いなぁ…というのが、正直な感想。

グリーン車内部(2階席)

そして、座席前のポケットに用意されていたパンフを見て、
世間知らずの私は、グリーン料金の高さにビックリしたの
だった。
 
常磐線仲間と常磐線グリーン車の話(ペーパーアート展ご案内)の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
結婚祝いのプレゼント選び
2007-01-09 Tue 21:50
2007年1月9日(火)

夫の仕事の取引先の女性が、昨年、結婚退職した。
「何か、適当にお祝いを見つくろって送ってやってくれ」 と、
だいぶ前に夫に頼まれた。
「わかった。 1万円くらいのもの?」
「いや、随分長く世話になったからね、少し良い物がいい。
 2、3万かけてもいいよ」
「OK!」
と、引き受けたのはいいのだが、ハタと悩んでしまった。
結婚祝はお金で包んでしまうことが多く、品物で選ぶのは
久しぶりだ。 今どきはどんなものを贈るのだろう…?

少額のお祝いなら、エプロンや壁時計などでもいいのだが、
2、3万使えるとなると、かえって難しい。
結婚式前に贈るなら生活用品でもいいだろうが、もう 式は
済んでいるので、必要なものは揃っているはずである。
親しい人なら、電話で欲しいものを尋ねることもできるが、
そうもいかない。
その女性には、私は一度も会ったことがないので、趣味も
全くわからない。
広告代理店という華やかな職場で、30代後半まで勤めて
きた女性、しかも美人だそうだから、結構リッチなものに
囲まれていそうだ。
所帯じみた実用品などはNGだろう。
そんな女性に、何を贈ったら喜んでもらえるだろう…?

M越にお勤めのN井さんに相談してみた。
シルクフラワーとかプリザーブドフラワーアレンジメント
 はどう? すごく豪華で素敵なのがあるわよ」と、N井さん。
…なるほど。それなら夢があるし、趣味に関係なく、どんな
女性にも喜ばれそうだ。玄関でもリビングでも寝室でも、好
きな場所に飾ればいいのだから、邪魔にもならないだろう。

で、心を決めて、最近は都内に出るたび、あちこちのデパ
ートのアートフラワーの売り場をチェックしていた。
が、意外に、気に入るものが見つからないのだ。
先月、日本橋界隈に遊びに行った時も、M越の売り場を見
たのだが、ちょうどクリスマス前だったので、真紅やブルー
等のシックなものが多く、結婚祝いとして私がイメージして
いた、明るく華やかなものが少なかった。
それに、お値段の割には、“こぢんまり”していたのだ(笑)。
大きければいいってものではないが、2、3万かけるのなら、
相応に見えるものがいい。
ある程度の大きさ=ゴージャス感が欲しい。

なかなか見つからないので、昨日、所用で都内に出たつい
でに、池袋の西武百貨店に足を伸ばしてみた。
以前、素敵なアートフラワーを見かけた記憶があったのだ。
果たして、イメージに叶う品揃えの店が見つかった。
6階にあるプリマ(PRIMA)という店。

西武池袋店内のシルクフラワーショップ“プリマ”
結婚祝いのプレゼント選びの続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
正月そうそう…
2007-01-01 Mon 23:44
2007年1月1日(月)

迎春


年末は、30日の夜に次男・三男が帰ってきた。
三男は帰って来た日はそのまま飲み会に出かけ、本日1日
の夕方には自分のアパートに戻ってしまったので、実質
1日半ほどの滞在である。
大学の陸上部員の彼は、箱根駅伝に…
出場するわけではなく(笑)、沿道整理などを行う補助員
して駆り出されるので、毎年、正月は忙しいのだ。

それでも大晦日は、家族そろって無事に年が越せ、その幸福
にしみじみと感謝していた…。

が、元日の朝は、隣室の長男の奇声で叩き起こされたのだ。

「お母さん、起きて起きて!
 家の中で何かが破裂したみたいだよ。
 多分、下のリビングが、大変なことになってると思う。
 変な音がして、僕の部屋の床から水が出てきてる!」




…え、えええええええ~?
 
正月そうそう…の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
大掃除で見つけたもの
2006-12-30 Sat 23:50
 2006年12月30日(土)

 ブログの今日のアクセス解析を見たら、「鯖の昆布巻き」の
 記事が、最も多く検索されていた。
 いよいよ年の瀬だなぁと思う。

 私は、おせち作りは大晦日に頑張ることにして、今日は大掃除
 のまねごとをした。
 日ごろ放置状態になっている庭や、物置化している和室に手
 をつけるのは、私としては「非日常」の作業である。

 落ち葉の吹きだまりになっている車庫を掃いていたら、鳥の
 死骸を見つけた。 名前はわからない。
 死んでからそんなに時間は経っていないような感じ。

野鳥の死骸

 
大掃除で見つけたものの続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
電器店チラシの気になるセット商品
2006-12-28 Thu 23:51
 2006年12月28日(木)

 年賀状印刷はその後、1枚の失敗もなく終了。
 しかし何のトラブルもなく済んだかというと、そうでもなく、印刷
 の途中で、新しいプリンタは突然止まってしまった。
 インクカートリッジが認識されなくなってしまったのだ。
 インクの残量表示も真っ白。
 うんともすんとも動かず、電源を入れ直したりしてもダメ。
 印刷の作業は保留状態になったままで、タスクマネージャー
 を開いても、中止も終了もさせられない。

 …何だよ~、不良品か?
 仕方なく、入れたばかりのプリンタドライバをアンインストール
 して、再インストール。
 それで再び動き出したから、まあよいのだけど、何だか“手間
 のかかるヤツだなあ”という印象…。
 新しいメカを導入したときは、何かしら「わ、すご~い!」と
 思えて、そのメカが好きになることが多い私なのだが、今回
 買ったプリンタは、どうも愛着がわかない。
 (で、今はもう、元のプリンタに戻している。新しいのは、家族
  共用=ほぼ夫専用パソコンに接続…笑)

 ところでプリンタを買いに行くとき、私は一応、事前に電器店
 のチラシをチェックしたのだが(最新機種ばかり載ってるので、
 余り参考にならなかったが)、その時ふと目に留まったのが、

 年賀状出前セット

 …年賀状の出前?
 不審に思って、セット内容をよく見ると、
 パソコン+プリンタ+出張設定(ここまでは普通の出前セット)
 に、年賀状作成ソフトが付いているのだった。
 へ~、年賀状ソフトのインストールまでやってくれるのかな?

 …と思いながら、その隣のセット名を見て、目をむいた。


 メタボリックシンドローム撃退!
 出前セット


 何じゃ、そりゃ?
 
電器店チラシの気になるセット商品の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
年賀状印刷に苦戦 (+久しぶりのサンタ)
2006-12-25 Mon 15:05
 2006年12月25日(月)

 一人暮らしの息子たちが帰ってきたわけでもなし、クリス
 マスと言っても、どうということもないのである。
 子どもたちへのプレゼントの準備や、ケーキ作りに追われ
 ていたクリスマスが懐かしいけれど、だからと言って、感傷
 に浸るヒマもない。

 おとといから、ようやく年賀状作成に取りかかった。
 3年前から、年賀状は会社用も自宅用も私がパソコンで作
 っている。 どちらも、パソコン内での作成はすぐにできたの
 だが、印刷がひと苦労。
 我が家のプリンターは、hp製のちょっと古い複合機(スキャ
 ナ・コピー機能付き)で、安かった割には印刷も速く、普段の
 仕事で使う分には申し分ない。
 が、どうもハガキ印刷が苦手なのだ。
 以前に光沢紙の年賀はがきを買って大失敗したので、今年
 はインクジェット紙の年賀はがきを買ってきた。
 が、やはり調子が悪い。
 
年賀状印刷に苦戦 (+久しぶりのサンタ)の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
忘年会のあとは…
2006-12-23 Sat 23:52
 2006年12月23日(土)

 引きこもりな仕事をしているので、私の忘年会は、例年1つ
 か2つ程度である。小学校同級生の忘年会がある場合もあ
 るが、今年はなかったので、先日、ご近所メンバー+後輩
 Y子ちゃんの女性ばかり8名での忘年会が1つだけのはず
 であった。

 ご近所仲間との忘年会はいつも取手の円喜門(えんぎもん)
 でする。 チェーン店の居酒屋さんにしては静かで大人っぽい
 雰囲気だし、女性好みの料理も多いので、私たちのお気に
 入りの店。 先日も沢山笑い、沢山食べ、楽しく、しかも安上
 がりに過ごしたのだった。

 ところで1週間ほど前、急きょ、もう一つ忘年会に出た。
 夫が取引先を接待する為の忘年会だが、急な欠席者が出
 たので、人数合わせに召集されたのだ。
 
忘年会のあとは…の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
撮りたて画像特集?
2006-12-06 Wed 23:59
 2006年12月6日(水)

 博多ネタのはずだったが、予定変更。
 たまった家事・雑用でバタバタしていた一日だったのだが、
 何枚か本日撮った写真があるので、それをアップしておく。

 買い物帰り、とてもグラデーションの綺麗なモミジを見かけ、
 いったん車で通り過ぎてから戻って撮影。
 写真では全体的に赤単色のように写ってしまったが、実際
 には、黄や緑の葉もすごく鮮やかで、それにオレンジと赤と
 が加わって、1本の木なのに4色という、とても珍しい紅葉
 (紅葉過程というか)だったのだ。
 何枚か撮ったのだが、私の腕とケータイカメラでは全然、その
 美しさが再現できず残念…。
 (4色グラデーションを想像しながら見てね…)


 
 



 さて、ここから下は、“美”とは無縁な写真…。
 
撮りたて画像特集?の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
仕事を断る!
2006-11-10 Fri 22:09
 2006年11月10日(金)

 普通に忙しい時、 セールスの電話がかかってくると、
 「この忙しい時に~!」と、腹立たしく思う。

 死ぬほど忙しい時など、 セールスの電話だとわかると

 …ホッとする。
 「あ~、原稿催促の電話でなくてよかった~…」

 「電話の音におびえる生活はもうイヤだ…」
 と思うのだが、毎年1、2回くらいは、自分のキャパを読み
 誤って、こなせない分量の仕事に苦しむことになる。
 いや、今回は初めから「そんなにやれません、無理です」
 と言ったのだけど、夫の元上司のOさんから、「お願いでき
 ませんか~」と言われて引き受けてしまったのだった。

 そのOさんが、先日来「あともう少しだけ余分に引き受け
 てくれないか」と言い、さっきも電話をかけてきた。
 …身構えて電話に出る。
 
仕事を断る!の続きを読む
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
BACK | ミセス・かんちがいのブログ日記 | さらに前の記事へ