FC2ブログ



新年会準備、着々…
2006-03-31 Fri 23:45
 2006年3月31日(金)

 新年会が終わるまで日記が書けないと昨日書いたばかりなのに
 こうして書いているのは、今日〆切だった仕事を、来週火曜まで
 延期してもらったからである(堂々!…笑)。

 で、本日は珍しく、朝から掃除三昧!
 我が家を真面目に掃除しようとしたら、軽く1週間はかかりそう
 だけれど(注①…もちろん家が広いからではなく、汚れがこびり
 ついているからである)、1日だけでも“掃除デー”を確保できて
 助かった…(ホっ)。
 今日は布団を干したり、洗面所やトイレを掃除したり、普段は物置
 になっている和室を片づけたり…、そして、何と、和室の窓の障子
 の張り替えまでしてしまった。
 もう何年も破けたままで(道路から見える側だけは、数年前に張り
 替えたが、こちらは外から見えないので…笑)、ついそのままに
 なっていたのだ。
 

新年会準備、着々…の続きを読む
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:1 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
みちゃさん、ご出産おめでとう♪
2006-03-18 Sat 11:57
2006年3月18日(土)

今朝、いつものように、お友達のサイトをざっと巡ろうとして、
RSSリーダーを見ると(私はブラウザのホームページ《ネット接続
して最初に開くページ》を“My Yahoo!”にしていて、知人のブログは
すべてRSSリーダーに登録してあるので、更新があればすぐわかる
ようになっている)、おお…!
絵日記&まんがの「ブックライスフィールド」の みちゃさんが更新して
いるではないか!
何で驚いたかというと、彼女は1週間前に出産したばかりだからだ。
お産というのは、産む前は直前まで働いてもいいが(もちろん重労働
はダメ)、産んだ後はしっかり体を休めないといけない、特に読書や
書き物などで目を使ってはいけない、と私は聞いてきたので(医学的
根拠があるのかは知らない)、産後1週間やそこらでブログ更新なんか
していいのか~?と心配しつつ、喜んで見に行った。

出産日のことを描いたみちゃさんの今日のブログによると、彼女は何と、
畳の上で自然分娩を体験。

出産直後はそのまま親子「川の字」でひっくり返って

いたそうである。
みちゃさん、ご出産おめでとう♪の続きを読む
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
のんたんさんからの感謝状
2006-02-26 Sun 18:02
 2006年2月26日(日)

 「のんたんの囲碁教室」でキリ番を
 踏むと、のんたんさんからビッグな
 感謝状がもらえるので、私は囲碁は
 全くわからぬながら、感謝状欲しさ
 に足繁く通っている。
 のんたんさんの所では、キリ番キラー
 が何人もいらっしゃるので、私はなか
 なか踏めずにいるのだが、それでも
 昨日、念願の感謝状を頂くことができた。
 …でもこれ、正真正銘のキリ番感謝状
 ではなく、ニアピン?番号を3回連続
 して踏んだので、努力賞!(笑)というわけ。
 感謝状画像をクリックし、実物大感謝状の、「感謝状」の文字間に
 ご注目~!(…そのうち、必ずやホンモノをゲットしなくては!)

 ちなみに、これ↓が、私が3連続で踏んだ、ニアピン番号画像。
 54321、55555、56789を、それぞれ踏み損ねたのだ(笑)。

 
のんたんさんからの感謝状の続きを読む
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
銭湯の話
2006-02-02 Thu 23:46
 2006年2月2日(木) 

 私が学生時代に住んでいた宿舎は個室
 だったが、風呂に入るには、共用棟まで
 出かけていくのだった。
 入っているのは若い女性ばかりだから、
 普通の銭湯とは違うけれど、それが私の
 「銭湯」の「原体験」である。
 現在は好きこのんで時々スーパー銭湯に
 行くし、たまにはお友達と温泉にも行く。
 そういう時、他人の裸は「見もせず、気
 にもせず」というのが暗黙のマナーだ。

 が、ごく稀には印象に残る「絵のような裸」
 を見てしまうこともある。
銭湯の話の続きを読む
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
Kiss展のお知らせ
2006-01-22 Sun 09:49
 2006年1月22日(日) 

 今日は、Yahoo!ジオシティーズのホームページ仲間に関する、
 嬉しい話題。

 私の日記によく出てくるお友達のさかいちゅうさんが出品する
  『40人の作家が描く造る・・・くちづけの絵』 Kiss展  
 が、1/23(月)~2/4(土)の間、ギャラリー銀座で開催される。
 前回の青山での「超美女展」(2005/10/10の日記参照)では、
 30人の作家が出品したが、今回は40人展と、更にパワーアップ!

 内容をちょっと紹介すると…
テーマは、ずばり、『Kiss』。 人と人はもちろんのこと、
人と動物、動物同士などなど広がるイメージを。
(春画はないです。画廊主)
各分野で、国内外で、活躍する作家の方々が、
【同じテーマ『Kiss』、同じ額『大きさも、形も、色も』】で
創り下ろし、個々の個性のある多彩な表現に
挑む趣向。一人一点。
米国TIME紙の表紙も手がけられ、
ぺーバークラフトの草分け、第一人者ともされる
野田亜人(のだあじん)氏がプロデュース。

    ギャラリー銀座の「展覧会日程」ページから引用-
Kiss展のお知らせの続きを読む
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
あの「むすこみっく」が、『女性自身』で連載開始!
2006-01-22 Sun 09:05
 2006年1月22日(その2)

 もう1件、Yahoo!ジオシティーズのホームページ仲間情報。

 こちらは、お友達というより、私が一方的にファンなのだが、
 私が毎日チェックしている高沢浩里さんの育児マンガ日記
 「むすこみっく」の連載が、『女性自身』でスタートした。
 もともと人気がある育児マンガだが、ますますメジャーになる
 のは、ファンとしては嬉しいかぎり。

 ちなみに、高沢浩里さんの、この「むすこみっく」と、もう一つ、
 みちゃさんの「絵日記&まんがのブックライスフィールド」は、私の
 大のお気に入りの育児マンガサイトである。
 高沢さんの漫画は“ほのぼの系”、みちゃさんのは“ギャグテイスト”
 が強いが、どちらも、ちょうど今、人間の子供の一番面白い時期
 (言葉を話し始め、どんどん知恵がつく時期)を描いていて、日々
 の成長の様子に目が離せない。
 育児を経験した者にとっては、たまらない懐かしさもある。
 それに、いろいろと不安の多い世の中ではあるが、こうして、愛情
 いっぱいで子育てに奮闘している若いお母さんたちの姿に触れると、
 未来の社会に希望が見えるようで、私は心底嬉しくなるのだ。
 
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
式狩さんのキリ番記念絵
2006-01-15 Sun 23:04
 2006年1月15日(日)

 式狩さんの和風絵サイト「式屋敷」では、キリ番を踏むと、
 式狩さんに記念の絵を描いて頂けるというプレゼントがある。
 記念絵欲しさに、サイトを知った当初から、キリ番が近づくと
 狙うものの、なかなか踏めずにいた私なのだが、昨年5月末も
 (あれ、随分前だな…笑)、かなり本気で狙っていた44444番を
 踏み損ね、ふた足遅れの番号と、地団駄を踏んだのであった。
 ひと足早い44443番を踏んだあめのもりさんと、私の二人が
 ひどく残念がる様子が、式狩さんにウケて(当の44444番の人は
 結局現れなかった)、何と私たち二人は、特別に記念絵を描い
 て頂けることになった。
 以来、ず~~~~~~~~~~っと(いや、嫌味じゃないよ、
 式狩さん…笑)、楽しみに待っていたその絵が、本日完成!!
 やった! 式狩さんのキリ絵、ついにゲット~♪

 リクエストして描いて頂いた図柄は、図々しくも、私自身=ミセス・
 かんちがいである。 
 美しく描かれていて、おお、実物そっくり!!(笑)
 ちゃんと髪形も、おかっぱにしてもらった。
 眼鏡をかけてないのは、コンタクト装着時だからなのだ(笑)。
 背景の「松島の日の出」の前で、これは私が「ケータイで写メ」を
 送っているという、実に珍しくもリアル(笑)な図なのである。



※画像をクリックすると、実物大の絵をご覧いただけるので是非!
 著作権は式狩さん、所有権は私なので、ダウンロード禁止。
 …いや、この絵は、他人には利用しようがないか…
式狩さんのキリ番記念絵の続きを読む
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
オーロラを見る夢
2006-01-06 Fri 00:00
 2006年1月6日(金)

 この冬は本当に寒くて、暖房用の灯油(高い!)を使いまくって
 いる。夫は、仕事で金沢に行かなければならないのだが、大雪で
 交通機関が止まりがちなので、なかなか予定が立たないでいる。
 「夏は猛暑で冬は酷寒なんて、温暖化より砂漠化が進んでいるん
  じゃないの?」と、夫と話題にしていたら、今日の「天声人語」に
 「日本のくっきりと分かれた四季が『二季』になりはしないだろうか」
 という懸念が書かれていた。
 穏やかな季節が短くなっているようで、本当に心配になる。

 …そんな寒い時に、寒そうな話題で恐縮なのだが、昨夏、湯河原温
 泉旅行(2005/8/24・26等の日記参照)に一緒に行った友人O垣さん
 からの今年の年賀状は、オーロラの絵葉書だった。
 年末に、若い友人たちとオーロラを見て、アラスカの温泉(!)にも
 つかってきたそうである。 「一生分のオーロラを見た」とあるから、
 天候にも恵まれたのだろう。



 一度は本物のオーロラを見てみたいというのは、若い頃からの
 憧れの一つである。 本気で行こうと思うならば、今は旅行会社
 のオーロラ観賞ツアーなどもあるのだから、行けるはずなのだが、
 何となく、憧れのままにしている。
 私は寒がりだから、寒さに臆しているところもある。それ以上に、
 ものぐさだから、手配が面倒だということもある(誰か、誘って
 お膳立てしてくれるといいのだが…笑)。 でも、もしかしたら
 「達成してしまうのが惜しい」という気持ちが強いのかもしれない。
 お気に入りの物語がいつまでも終わらずに続いてほしいように、
 いつまでも「いつかオーロラを見たい」という憧れを持っていたい
 ような気もするのだ。

 夢にも何種類かある。 頑張れば実現できる夢。 頑張っても多分
 実現できない夢。 夢として持っているだけで楽しい夢…。
 私にとって、オーロラ観賞は、この3つ目の夢なんだろう。
 でも、今回の1枚の絵葉書は、この夢への希求をより強いものに
 してくれたように思う。  「オーロラ観賞」だけでなく、「アラスカの
 温泉」というのが、新たな魅力オプションとして加わったから…(笑)。
 
 O垣さん、もしまたオーロラを見に行く時は、誘ってね! 
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
BACK | ミセス・かんちがいのブログ日記 |