スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
ダフ屋まがい?
2006-05-17 Wed 13:54
 2006年5月17日(水)


 これを読む人の中に、万が一にでも目撃者がいたら面白い
 のだけれど、5月13日土曜日、午後2時20分から3時頃まで、
 この紙を掲げ、JR有楽町駅改札口近辺に立っていた、二人
 のオバサン…。
 それは、誰あろう、この私と、N井さんである(笑)。

 私たちはライブ・イマージュに、7人で行く予定だったのだが、
 1人、訳あってドタキャン…。私がそれを聞いたのは、コンサー
 ト前日の夜。N井さんはあちこち電話をかけまくったが、なんせ
 急なことなので、代わりに行く人が見つからないという。
 深夜に京都から帰って来た我が夫にも声をかけてみたが、テー
 プ起こしが沢山あるから無理という…。

 断っておくが、イマージュのコンサートはとても人気があり、
 チケットは簡単には手に入らない。葉加瀬太郎さんのファンク
 ラブ会員であるN井さんがいるからこそ、我々は毎回、1階の
 良い席を確保してもらえているのだ。
 そんな席が余っているなんて、お金の問題もさることながら、
 とても勿体ない話なのだ。
 しかし…。もうネットオークションに出すヒマもないし…。
 (てか、ネットオークションのやり方、よくわかんないし…)

 当日、N井さんはチケットを持って早めに出かけた。
 「ダフ屋さんとか、金券ショップに当たってみるよ」とのこと。
 ダフ屋…って、話には聞くけど、私は今までダフ屋さんを目撃
 したことなんて、ない。 N井さんだって、そんなに裏の世界に
 通じているとも思えない。
 …大丈夫なのか?
[ 続きはここから… ]

 私も心配なので、早めに出かけた。
 コンサートは4時開演だが、2時過ぎには有楽町に着いた。
 N井さんと連絡をとって、まだチケットがサバけていないような
 ら、何か手伝おう。 もし、解決済みなら、コンサート前に、相田
 みつを美術館に寄ろうと思っていた。
 案の定、チケットはまだ、サバけていなかった。

 N井さんの話によると、金券ショップでは、翌日のライブ・イマ
 ージュのチケットは、1万7000円(約1万円のプレミア!)で売
 られていたそうだ。
 が、当日のチケットは引き取ってくれなかったという。

 開演時間も迫っているし、こうなったら実力行使!
 街角で声かけをしてみるしかないではないの!
 一人でやるのは勇気が要るけど、二人なら心強いし…。

 で、最初は、交差点でビラ配りをしている若い子たちに個別に
 声をかけ、「こういうコンサートに興味のあるお友だちいない
 かな?」なんてやっていたのだけど、どうもラチがあかない。
 それから、有楽町駅の改札付近に立って、出てくる人に向かい、
 「イマージュコンサートのチケットが余ってるんですけどぉ~!」
 なんて声を張り上げてみたが、やはり効率が悪い。

 要点を紙に書いて、それを持って立っている方がいいね…という
 ことで、早速コンビニでマジックを買い、持っていた紙(相田みつを
 美術館のクーポンを印刷した紙の裏!)に、上のように書いた。

 これは、かなり反応はよかった。
 通る人、通る人、結構みんな見てくれて、「イマージュだって…」と
 ささやきあったりする(中には笑う人もいたが…)。
 興味深げに見てくれる人もいるのだが、なんせ、土曜日の銀座、
 困ったことに、道行く人は、老いも若きも殆どが、カップルかグル
 ープである。
 1枚しかないチケットを買おうということにはならないらしい。
 そうこうしているうちに、

 「ここでこういうことをされては困ります。
 駅の外でやって下さい。」


 と、駅員に注意された。
 すごすごと駅の外へ…。

 あとは、会場の国際フォーラム周辺でやるしかないか…。
 と思ったら、フォーラム構内に立て看板が立っていた。

 「敷地内でのダフヤ行為を禁止します」

 罰金は50万円と書いてある。

 ううむ…。
 ダフヤというのは、チケットを不当に高く売りつける人でしょ?
 我々のは、余ったチケットを、誰かに安く譲りたい…ということな
 のだが、これもダフヤ行為に当たるのだろうか?

 N井さんが「もう、いいよ、諦めよう…」

 それから開園時間までお茶を飲み、コンサートが始まってからは
 その素晴らしさを堪能。
 我々二人のちょっとした奮戦記は、笑い話になった。

 ちなみに、ダフ屋の「ダフ」というのは、「札(フダ)」を逆に言った
 隠語であるらしい。
 どうだろう? 我々の行為、ヤバかったんだろうか…?
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<spacesisさん、ブロガー「ポルトの達人」としてデビュー! | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 今年のライブ・イマージュ(live image 5 cinq)>>
コメント
--
わー,そこを通りかかりたかったです(^^)。
私は宝塚観劇のときによくやってましたー。
ただし宝塚はチケットの値段はそのままで値上げも値下げもだめなんですけどね。
2006-05-17 Wed 21:30 | URL | きゃしー #-[ 内容変更]
-頑張りましたね~(^-^)-
結果は、残念でしたけれど、楽しい思い出になりましたね~。
その看板を持ってたっているところを、見てみたかったですね~。(^-^)v
2006-05-18 Thu 20:50 | URL | 美緒 #5Bglkylo[ 内容変更]
-ちょっと見せたかったかも?(笑)-
きゃしーさん
宝塚では、そういう行為が認められているの?
値上げも値下げもダメっていうのはいいですね。
「ファン同士の助け合い」という意味合いが強いのでしょうね。
転売して儲けようなんていう考えはもってのほかですが、
今回のように、思いがけずチケットが余って困ってしまった場合には、
引き取って救済して売れるシステムがあるといいのに…と、
私も今回、つくづく思ったことでした。
きゃしーさんは宝塚ファンなのね^^?
きゃしーさんは本当に趣味が広いわぁ!
私は一度は観たいと思いながら、生舞台は未経験です…(^^;)

美緒さん
割と度胸はあるほうなんですが、さすがに恥ずかしかったから、
顔を隠すように紙を掲げていたんですよぉ。。。(^^;)
絶対に聴いて損のないコンサートだから、チケットが余ってしまっ
たのは、本当に勿体ない話で残念でしたけれど、まあ、
話のタネ(笑いのタネ)にはなりましたね^^
いつもは希望者が多くてチケットが足りないくらいなのに、
今回は土曜日の午後というのが案外ネックになって、お仕事やら、
PTAの役員会やらとぶつかってしまった人が多かったのです。
思いがけないことを初体験しちゃったけど、コンサート開始前に
もう日記のネタができたから、まぁいいか…と思う自分もいました(笑)。
2006-05-18 Thu 23:38 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。