スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
カイヅカイブキは、覚えにくい?
2006-05-02 Tue 00:41
 2006年5月2日(火)

 枝が伸び放題でずっと気にかかっていた「カイヅカイブキ」。
 この木の名を、実は長いこと、私は知らずにいた。
 数年前に人から聞いて覚えたつもりでいたのだが、どうやら「カイ…
 で始まる7音」
という語感だけが、記憶の中に定着したようだ。

 去年の秋(10/23)、この庭木のことを日記に書こうとした私は、木の
 名前を思い出そうとして暫く考え、
 「ええと…“カイマキツブリ”? うん、確かそんな名前だった!」
 と思ったが、念のため、Googleで調べてみた。
[ 続きはここから… ]

 すると、「…カイマキツブリの生け垣が…」という用例が1件出てきた。
 日記文らしく、前後を読むと、うちの庭木と同じ木のことのようだ。
 「よし! 記憶は正しかった!」と、一瞬思ったのだが、…はて?
 「1件しかヒットしないのは変だな? よく見かける木なのに…」と、
 考え直す。
 そこで改めて造園業者のサイトに行き、庭木の写真を端から当たっ
 てみて、「カイヅカイブキ(貝塚息吹)」であるとわかったのだ。

 そうとわかってしまうと、なんで「カイマキツブリ」と覚えていたの
 か、可笑しくってしようがない。
 音の位置で言ったら、「カイ」と「ブ」しか合ってないじゃん!
 それに、「カイマキツブリ」…だなんて、何だか、布団みたいな、
 カタツムリみたいな名前じゃないか!(笑)

 「…カイマキツブリの生け垣が…」と書いていた人は、おそらく私と
 全く同じ思考ルートで、名前を間違ったのだろう。
 珍しい間違いなのに、完全一致している点が面白い。
 見知らぬその人に、私が非常に親近感を感じたのは言うまでもない。
 (しかし今回調べ直してみたら、残念ながら、その記事は消えてしまっ
  ていた。その人も、後から間違いに気づいて直したのかなぁ…笑)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<Y教授の親心 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | カイヅカイブキの繁みの中に…>>
コメント
-わかるぅ~^^;-
かんちがいさん、こんばんはー。
「よし!記憶は正しかった!」・・・って。。あはははは^^
その方、うーーん。残念。。お友達になりたかったよん~。

ちなみに私はリフレクソロジー(?)だっけ?
いつも リフレクソ・・・あれ??ってなってます。(><)!

2006-05-02 Tue 22:47 | URL | syomin1 #vbu/5PMA[ 内容変更]
-新緑がきれいですが・・・-
お~っ!早々とありがとう!ですが、連日忙しいのでは?
我が家の狭い敷地の中で、モクレンと、柿の木の葉が
雨上がりの淡い日差しの中、きらきらと輝いています。
今がとってもきれいですが、伸びた枝を何時、切り払おうか
思案中です。
今晩のテレビで、小津安二郎の映画の現代版をやっていました。
時代は、現在でしたが、情景や台詞のテンポは、昭和を
なぞっていましたね。やっぱり昭和時代は人間味豊かな時代だったと
感じました。懐かしさを感じるようでは、やはり年なのかね~!お互い!
2006-05-03 Wed 00:06 | URL | ちゅう #-[ 内容変更]
-お互い…^^-
syominさん
ホントに「カイマキツブリ」なんて、どういう造語だよ~!と思うのに、
(それに“よくある間違い”でもないのに!)、全く同じように間違え
ていた人が他にもいたのは、楽しかったです(^_^)

そうそう、なぜか、なかなか覚えられない言葉とか、いつも同じところで
アレ?と思ってしまうことってありますよね~(^^;)

私にとっては、天然石の名前も区別も難しいと思えるんだけど、
syominさんにとっては、それぞれの石が、一人一人の人間のように
違う顔に見えるんだろうなぁ~と、いつも思ってます^^

ちゅうさん
この季節、新緑の美しさは格別ですね。
我が家の柿も、若い枝が伸びていて、本当は少し切り払った方が
よさそう…。
ちゅうさんは、ちゃんと庭仕事もなさるのね、えらい!

我が家の連休は、何だか普段と変わりないわ。
次男・三男が帰って来るでもなし、長男はレポート作成に追われてるし、
我々夫婦は仕事が…。
自分で休みを決めて、1日くらい出かけてもいいのだけど、GW中は
どこも混むので、つい億劫にしています。
いい天気だから、散歩くらいはしようかしら^^?

昭和の風景は、温かく懐かしいですね。
今の子供たちが年を重ねた時には、どんな風景を懐かしいと感じるの
でしょうね。
何十年も立てば、世の中が一層変わるから、テレビゲームなんかも
過去の遺物になっていて、「平成の時代はのんびりしていたなぁ~」
なんてことになるのかもしれませんね。。。
2006-05-03 Wed 13:28 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。