スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
今日は床下の工事中
2010-06-28 Mon 15:01
2010年6月28日(月)

今日は床下の工事をしているのだけど、その内容をツイッターで140
字以内で説明するのは難しいので、ブログ記事にしておく。

我が家の和室の床下は、これまで4辺のうち、外側の3辺だけがコン
クリートで基礎が打ってあった。
玄関やリビングのユニットと隣接する1辺は、コンクリート無し。
だから、ユニットの隙間(前・後ろ・上方向)から、和室の床下には入り
放題だったわけ。
そして床下に入った動物は、そこから、和室の壁の裏や天井の裏ま
で登れてしまう作りらしい。



構造上、ユニットの隙間を全部ふさぐことはできないから、和室の
床下の無防備な1辺(上の図の赤い点線部分)に、金網ボードを
張ってしまおう
というのが、今回の工事。

住宅会社の担当者さんは、「外の点検口から職人が入って作業
できると思います」とおっしゃってたけど、実際、そんな狭いところ
から、大の大人が這いつくばって入り、しかも材料も搬入して作業
するなんて、普通に考えて無理!
…と言うか、この恐ろしく蒸し暑くジメジメした日に、それは、どん
だけ非人道的な作業かと思う。

で、畳を上げ、床板を切って、室内から床下に降りて作業してもら
うことに。
 
[ 続きはここから… ]

そんな訳で、こんな状態。
(職人さんたちが遅めの昼食に行ってるスキに撮影。)



穴から床下をのぞいたら、もう金網ボード(正確にはパンチングメタ
ルの目隠し用パネルを使ってるらしい)が設置してあった。


うむ、これなら安心。


この後、切った床板を塞いで、天井周りに縁を付けて、それから壁の
クロス張りは明後日以降か…。

次々と予定外の工事が加わって、費用も頭が痛いけど、まあ、ほか
の災難に遭うよりは、マシと思わねばね。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 故障とトラブル | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<職人さんにお茶を出す時、丸イスが重宝した件 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 和室の工事で取り込み中…(+06/24のツイートまとめ)>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。