スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
夫の“背伸びダイエット”が好調♪(+私自身の体重や美容のこと)
2010-06-11 Fri 08:53
2010年6月11日(金)

夫婦で“Wii Fit”を始めて、ちょうど2年ほどになる。
(今は“Wii Fit Plus”にバージョンアップしている。)
ひと頃のように、夫婦で競ってトレーニングに熱中してはいないが、
夫は今も、そこそこにトレーニングをしているし、私自身も毎朝の
“からだ測定”だけは、ほぼ続けている。

“Wii Fit”では、その人の身長や年齢から割り出して、体重が
「太りすぎ・太りぎみ・標準・やせぎみ」の4段階のどのへんに
位置するかを示してくれる。
自慢じゃないが…と言いつつ自慢すると(笑)、私の体重は標準
の真ん中へんであって、「目標は常に“現状維持”」だ。
時々、体重が減って注意されることはあるが(Wii Fitのウィーボ
君からね)、だいたい、毎日誉められている。
(そういう状態だと、張り合いがなく、トレーニングをしようという
 モチベーションにつながらないのが困る。笑)

しかし夫は、毎日毎日「太りぎみです」と言われている。
Wii Fitを始めた時に、標準体重に近づく目標を立て、最初のうち
こそ順調に体重が減っていたものの、やがて一進一退の横ばい
が続くようになった。
厳密に言うと、「標準」のゾーンに近づいた時もあったのだが、
出張や帰省や旅行などがあると、必ず1、2キロ増え、その分を
落とすために、また長くかかる…ということを繰り返して、なかな
か「太りぎみ」ゾーンから抜け出せずにいた。
夫自身はどうか知らないが、私は夫の減量については、もうあき
らめかけ(笑)、最近は数字も気にしていなかったのである。

ところが夫の話によると、1週間ほど前から「標準です」と言われ
るようになったと言う。
(私が気づかなかったので、仕方なく自分から言い出したようだ。)

私 「あらそう…体の具合、悪くないでしょうね?」
夫 「ガンみたいな減り方じゃないよ」
私 「だったら、よかったね、おめでとう!」

2年かかって、やっと標準体重が定着、目標達成である。

夫のこの2年間の体重変化をグラフで見ると、こんな感じ。


2年間分のデータをつなげてみた。…う~ん、このグラ
フだと、わかりにくいなあ…。 でも、5キロ痩せたのだ。
最初の半年で4キロ落ちたけど
、その後が長かった…。


食事などは、特に何も変えていない。

夫 「ここ2か月くらいで、順調に減ってきたんだよ」
私 「へえ、ず~っとダメだったのに、どうして減りだしたのかな?」
夫 「理由は、“背伸びダイエット”としか、考えられない」
私 「あ、そっか~、やっぱり効果あるんだね!」
夫 「昨日の夜だって、ケーキ食べたから(無性にケーキを食べた
  くなった私が買ってきて、夕飯後、夫は1個半、私は2個食べ
  たのだ)、今朝はどうかな?と思ったけど、大丈夫だった! 
  実は昨日の夜、背伸びを多めにやっておいたんだよね」

…そうか、ちゃんと「ケーキ後の努力」まで、してたんだ(笑)。
 
[ 続きはここから… ]

2、3カ月前くらいだったか、テレビで、いろいろなダイエットを
紹介する番組を見ていた時、“黒豆ダイエット”とか、“肉食ダイ
エット”とか、何種類ものダイエット法が紹介された中で、一番
手軽そうに思えたのが、“背伸びダイエット”だった。

1日3回(食事前)、1分間ずつ、両腕を上げて、ゆっくりと呼吸
しながら背伸びするだけの、ダイエット
だ。
テレビでも、もう何度も紹介されているらしい。

背伸びダイエットを考案したとされるダイエットソムリエの佐藤
万成
氏の、こんな本もある。

医者がすすめる背伸びダイエット (祥伝社新書 162)医者がすすめる背伸びダイエット (祥伝社新書 162)
(2009/05/29)
佐藤 万成

商品詳細を見る(アマゾンへ)


背伸びダイエットのやり方をネットで調べると、手を組むか組ま
ないか、膝を曲げるか曲げないか、かかとを上げるか床につけた
ままか…などで、微妙に違うバージョンが出てくる。
でも、だいたいは同じである。

※参考までに
 ・背伸びダイエット 1日3回、背伸びをするだけの簡単ダイエット
 ・背伸びダイエットの方法と効果
 ・背伸びで簡単ダイエット
 (私がTVで見たのは、かかとを上げるやり方で、3番目のに近い。)

体を伸ばし、腹式呼吸をすることで、基礎代謝が上がり、新陳代
謝が良くなって冷え性などにも効くそうで、別にダイエットのためで
なくても、これは体に良さそうだ、と思った。
で、テレビを見ながら真似してみたが、その時の私はまだ五十肩
が治っていなくて、両手を上げようとしながら、かかとを上げると
体がグラグラして、全くできなかった。

しかし、夫は、以来、地味~に背伸びを続けていたのだ。
ただし、1日に1~2回。
(かかとは、床につけたまま、ヒザは曲げないバージョン。見た目
 より、案外キツイのだが、続けるうちに楽になってきたそうだ。)

このダイエットの一番の欠点は、「何の準備もいらないだけに、うっ
かり、やるのを忘れてしまう」こと。
が、夫は、少なくとも1日1回は忘れずにするために、毎朝のWii
Fitのヨガで、ちょうど1分くらいのメニューを選んで、画面の指示
には従わず、勝手に背伸びを取り入れていたのだった。
気がつけば、夫のお腹周りは、確かにだいぶスッキリしてきてい
て、ちょっとビックリするほどだ。

効果の程度は人によっても違うだろうが、簡単なので、興味がある
方は、ダメモトでお試しになるのもよろしいかと思う。


さて、夫の様子を見て、私も背伸びをしてみたら、左腕が、だいぶ
上がるようになっているのに気づいた。
(まだ完全ではないが、右手の先で左手の先をつかんで引っ張り
 上げれば、真上近くまで上がる。)
で、長いことサボっていたWii Fitのトレーニングを再開した。
(バランスゲーム等はたまにはやっていたのだが、運動らしい運動
 は去年の8月くらいからずっとやっていなかった。 そもそも毎日
 トレーニングをしていれば、五十肩は予防できた、少なくとも、も
 っと早い段階で異変に気づけたはずだ。)

と言っても、体がナマりまくっているから、今はとりあえず「太陽
礼拝」という簡単なヨガから始めている。
体を後ろに反らすのはまだしも、すっかり固くなった体が、ちっとも
前に曲がらないので四苦八苦。
もともと指先をつま先に付けるのはできなかったのだけど、今は、
アタタタ…。床上20センチくらいまでが限度…。
しょうがない。気長に改善していこう。
 
体重の方は、あまり痩せないようにしよう…と言うか、今後はどち
らかと言うと、「少し太る方向」でいいかなと思っている。
健康のためには太りすぎは禁物なのだけど(糖尿病の血統だし、
膝への負担も考えなくちゃいけないし)、美容の観点からは、この
年になると、今より痩せるのはNG。
痩せる時は必ず、顔や胸から痩せてしまうからだ。
頬がこけると、とにかく、やつれた感じになって、いけない。

先日、自治会の草取り作業をしながら、私より10才前後年上の奥
様グループが話しているのが、耳に入ってきた。

「○○さんは、体型ほとんど変わってないでしょ?」
「いや~、体重は変わらなくても、体型は変わったわよ」

「年とると、太めの方がいいわね」
「そうそう、太っている方が若く見えるわよね~」

…本当にそう、と、内心うなずきながら聞いていた。


人によって、その境目が何才なのかは違うと思うけれど、美容に関
する価値観とか、目指す方向が、変わる時期というのが確かにある。

美容と言っても幅広いから、全部が一度に変わるわけではないけど、
例えば、私の場合の“二の腕”。
二の腕は、割と早くから形の変化が現われるところだが、二の腕が
太いと、それだけでオバサンぽい印象になるのが嫌で、ずっと隠す
方向だった。
が、ここ1、2年は、太い二の腕をど~んと出して、ふくよかな印象
をアピールする方が、しっくりくる気がしてきた。
多分、顔とか他の部分のオバサン度が上がったので、それなりに
バランスがとれてきたのだろう。
(老いと若さとがアンバランスに同居している時期が、多分一番難
 しいのだろうな…)

見た目年齢に関しても、そう。
30代前半の頃は、20代に見られたい、見られたら嬉しいというのが
あった。
40代前半の頃も、30代に見られたかった。
でも52才の今…、40代に見られたいとは全く思わないのだ。

化粧とか着るものとかで頑張って若作りして、かろうじて40代に見
られたとしても、それだけでは、別に嬉しくない気がする。
それより、「50代の素敵な人」に見えた方が、ずっといいなあ。
「素敵」というのも、外面的な問題じゃなくて(もちろん、外面の素敵
さも伴えばベターだけれど)、Carinaさんも、「太っているけど幸せそ
う、という選択」
の記事で書いていらしたように、「幸せオーラ」を出
しているか、ってことなのだと思う。


「生き生きと、今を楽しそうに生きている50代のオバサン」。

そうあること、そう見られることが、現在の私の目標である。



…あ、もしかして、もう目標達成してる?




じゃ、 「現状維持」で。(笑)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<牧場に捨てられる気分を味わう?(ツイッター始めてみた) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 京成バラ園・そのカオス的“平和の花園”>>
コメント
-背伸びダイエット知りませんでした。-
うわあ、トラックバックありがとうございます!ダンナ様のやせ方、理想的ですね。わが夫にも背伸びダイエットを進めてみます。

ここ1、2年は、太い二の腕をど~んと出して、ふくよかな印象
をアピールする方が、しっくりくる気がしてきた。

↑やっぱりそうですか!その感じ、すごくわかるなあ。私も「ぺっそりお腹」であるためにはもう少しやせたほうがいいんですが、もういいかあ、これくらいで・・・って気分になっています。やせても、別にそれほど素敵にならないし(^^ゞやせていなくちゃ似合わない服って、年をとって着てみたら「痩せていても似合わない」のかも・・・。私も「現状維持」でいかせていただきます!
2010-06-11 Fri 17:35 | URL | Carina #-[ 内容変更]
-いいなあ、現状維持(笑)-
k木さんは、この間の新年会でお目にかかったときに、痩せたなと思いましたよ。
そうですか、背伸びダイエットですか。
私は転職後の体重増加が続いているので、
仕分けされないようにダイエットを始めました。
単純にカロリーを気にしているのですが、
背伸びもやってみたいと思います。
2010-06-12 Sat 10:44 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-納得・・・・-
最後まで読んで、、ものすごーく納得しちゃいました。
かんちがいさんの文章力って素敵です。
二の腕と体のバランスをしっくりさせるために
出しちゃうところとか!!
幸せそうに見える事、大事ですね
私の姑は、相当ふくよかなんですが、本人気にせずに
にこにこと写真に写りますが
実母は、そこそこなのに写りを気にして一切写ろうとしない。
なんか姑の方がよっぽど素敵で。
それを実母に伝えたら、私の言いたいことが伝わったみたいで
写真に写ってくれるようになったんですよね。
私も素敵な30代、幸せに見えるバランスを考えたくなりました
かんちがいさん、とっても幸せそうに楽しそうに見えますよ♪
わたしもそういう風になりたいなって思ってみてますよ
2010-07-13 Tue 22:53 | URL | ちーたんさんママ #2DdjN05.[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。