スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
新年会2010
2010-05-25 Tue 16:00
2010年5月25日(火)

我が家恒例“季節外れの新年会”を、22(土)・23(日)に開催。
結婚以来続いているから、今回が28回目だ。
 ・昨年(2009年)の新年会
 ・2008年の新年会
 ・2007年の新年会
 ・2006年の新年会
 ・2005年の新年会(「ミニ日記・2005年4月」の2~4日が関連記事)

全般

今回は、身内は、長男だけが参加。
(正月にも帰って来なかった長男が、新年会には来た…と言うか、
 長男の都合に合わせた日程にしたのだ。次男は県総体の引率の
 為、不参加。三男は来るはずだったが、職場の運動会後の飲み会
 が深夜にまで及び、「もう、行くの面倒になった~」と電話が来たの
 で、「じゃあ、もう来なくていいわ~」となった。)
お客様も例年より少なくて8名(うち、子世代2名)。
で、我々夫婦を入れて総勢11名と、人数的にはちょっと寂しかった
が、その分、ちゃんと全員座ってゆっくり話をすることもできた。
(いつもは、常に立っている人や動いている人がいて、身動きでき
 ないお客さんが別のお客さんに「氷取ってきて」「新しいグラスを
 ちょうだい」
なんて頼んだりするような、半セルフサービス?的な
 無政府状態になるのだ。笑)
いつものように九州から飛行機でやって来てくれた後輩K野君ほか、
遠方から、あるいは忙しいところ、わざわざ取手くんだりまで駆けつ
けてくれる仲間たちには、本当に毎回感謝している。


掃除と準備

新年会は、私にとって励みにもなり、とても楽しみなイベントである
けれど、その1週間くらい前から、いつも軽くパニックに陥る。
準備としてやりたいことが多すぎるのだが、実際に体を動かすより
「この散らかった家の中を、どこからどう片付けたらいいんだ…」
と茫然としたり、「料理は何にしようかな…」とぼんやり考えたりし
ている時間の方が長いところが、私の駄目なところ(笑)。
しかも今回は、家じゅうのパソコンのネットが突如つながらなくなっ
たり
(無線ランのモデムのランプは点いているのに!)とか、トイレ
が詰まりがち
なので業者を呼んだり(お客様が来ている時にトイレ
が詰まったら悲惨過ぎる!)、ついでに排水の悪い風呂の排水管も
見てもらったり…などのトラブル対策にも追われた。
間の悪いことに、漫画「のだめカンタービレ」全24巻(ご近所仲間の
お嬢さんの所有物)を借り受けて読み始めてしまったから(別に急
いで返さなくても良かったのだが)、それを読み終わるまでは何も
手につかないという事態まで発生
して(笑)、ブログ更新どころでは
なかった(山ごもり話の続きも書けないまま…)。

それでも昨年の失敗を教訓に、トイレ掃除は終わらせておいたし、
家の中の掃除も、いろいろツッコミどころは多いものの、私なりに
普段は拭かない所も拭き掃除してみたりと、「年に1度の大掃除」
レベルくらいには頑張ったのだった。
(新年会が終わると、毎年「日ごろから家の中を片付けるようにして
 来年こそはスッキリしてお客様を迎えよう!」
と反省することを繰
 り返している私…。それでも、毎年の新年会がなかったら、我が家
 はもっと、ガラクタとホコリが蓄積していた家になっていたと思う。)



以下、料理等の備忘録。
 
[ 続きはここから… ]



今回のおもてなしメニュー

握り寿司(寿司屋に注文)

鶏ときのこのゴルゴンゾーラソース
 これは、今回の新年会メニューの1つにしようと、だいぶ前から決め
 ていたもの。
 アルファブロガーの小飼弾氏が、奥様の直美さんがクックパッドに
 投稿したメニューを紹介しておられた
ことがあって、それでレシピを
 知って以来、何度か作っている。 濃厚な味なので、レシピの半量を
 作っても、夫婦二人の時には多いのだが、いろいろ使い回しがきく。
 (パスタソースとしても美味だし、残ったら牛乳で伸ばしてキャベツ等
 を煮ると、チーズ風味のクリーム煮になる。)
 簡単に作れ、リッチな小飼家のホームパーティーを夢想しながら作れ
 る
点がグッド(笑)。ただし、我が家の場合は、ゴルゴンゾーラチーズを
 「チーズの特売日に買い置き」しておく点が、小飼家と違うかも(笑)。
 あと、青みも欲しいので、私は茹でたインゲンも加えた。(刻みパセリ
 を振ってもいいんだけど。)

牛スネ肉の赤ワイン煮
 メインっぽい料理を何にするかがなかなか決まらなかったのだが、
 「のだめ~」を読んでいたら、千秋が作る料理の中に牛のワイン煮が
 出てきて、「ああコレがいいや、ビーフシチューより楽だし♪」という
 わけで、これに決定。(漫画も役に立つなあ!)
 我が家はビーフシチューを作る時、E子先生式に、肉とルーは別々に
 煮る
のだけど、赤ワインで軟らかく煮た肉は、それだけで食べても
 結構美味しい。味をつけて煮れば美味しいに決まってる。ただ、肉は
 ステーキみたいに大ぶりに切ってカッコよく盛りつけるつもりで、煮
 崩れに、かなり気をつけていたのだけど、最後の最後の温め直しの
 ところで煮崩れた…(あ~あ、ワインに浸けるところから数えると3日
 がかりで作ったのに…泣)。
 たっぷり作ったので、翌日昼にも食べた。

にがうり(ゴーヤ)と卵の炒めもの
 上の2品もまずまず好評だったのだけど、実際の一番人気だったのは、
 一番簡単で、しかも一番安上がりなコレだった気がする。(ビミョーな
 気分…笑)
 これは、高田馬場の薩摩料理の店で食べて「あら、豆腐や豚肉を入
 れたゴーヤ・チャンプルーより、こっちがシンプルで私好みだわ♪」

 思い、テキトーに真似して、最近我が家の定番になっている一品。  
 作り方も聞かれたので、ここにも書いておく。
  ★ゴーヤは縦に切り、ワタをスプーン(グレープフルーツスプーンが
   やりやすい)で取り除いてから薄切り。
  ★溶き卵(ゴーヤ1本に対し、2個くらい)に味の素を混ぜ、油を
   熱したフライパンで、軽く崩した半熟状に炒めて取り出しておく。
   (卵と味の素はとても相性がいいと私は思っている。薄焼き卵や
   錦糸玉子を作る時も、私は砂糖や塩は入れず、味の素だけ入れ
   て焼くのだ。)
  ★ゴーヤを炒める。味付けは、味覇少々と塩コショー。味覇がなじ
   んできたら卵をフライパンに戻し、卵を崩しながら混ぜて最後に
   全体に塩コショーする感じ。

※ちなみに味覇って、こういうやつね。(ご存じの方が多いと思うけど。)

横浜中華街 高級中華スープの素「味覇<ウェイパァー>」500g横浜中華街 高級中華スープの素「味覇<ウェイパァー>」500g
()
廣記商行

商品詳細を見る(アマゾンへ)


炙りソラマメ
 ソラマメは普通にむいて塩茹でにしようかと思っていたら、後輩のH
 ちゃんが、「前(2007年)に、ここの新年会で炙りそら豆を食べて以来、
 うちではいつもサヤごと焼いて食べてますよ!」
と言う。
 確かに香りがサヤの中に封じ込められて美味しいのだけど、我が家
 では、サヤごと電子レンジにかけた後、網の上で焼いていたので、網
 で焼く時に焦げすぎないよう、付きっきりでなければならないのが、
 ちょっと面倒だった。
 しかし、Hちゃんの方法は、最初からオーブントースターで焼いてしま
 うので簡単だ!(オーブントースターの皿にホイルを敷いた上に並べ
 て焼く。焦げやすい場合は、途中から上側にもホイルをかぶせて。)
 だいたい15~20分くらい焼けばよいみたいだが、柔らかめが好みなら、
 最初に軽くレンジにかけるのもいいかも。
 
生ぶしとキュウリ
 生ぶしとは、半生タイプの柔らかいかつおぶし。
 我が家にあったのは鹿児島枕崎のもので醤油味付き(こんなの)だが、
 鰹の揚がる地方なら、どこでも類似品があると思う。
 これを包丁で削ったもの(そのまま食べてもOK)に、キュウリのスラ
 イスとマヨネーズを添えた。

サラダ
 レタス、水菜、きゅうり、トマトなどの、ごくごく普通のサラダ。

・その他、切るだけ盛るだけのつまみとして…クレストジャパンのラムレ
 ーズン入りクリームチーズ
(北海道物産展で試食して美味だっ
 たので買っておいた)、生ハム野沢菜ナッツ、スナック菓子の
 かりっこワカメ&ひじきチョコなど。

フルーツポンチ
 冷やしたドールフルーツボトル・トロピカル(これ、缶詰より扱い易くて、
 イイ!)に、スイカ、シロップ漬けのハッサクも入れ、サイダーを注ぐ。 

栗あんパイ
 私のブログを読んでいる人からは、「ああ、これね~。栗あん作り、大
 変でしたね~
」と言われた苦心作?(笑)。 新年会の前に1個焼いて
 みて美味しかったので、自信をもって2個焼いた。

チーズケーキ
 前にきゃしーさんのお料理ブログで紹介されていた“濃厚チーズケーキ”
 (クックパッドの“簡単★しっとり濃厚チーズケーキ ”という人気レシピ)に
 前々から目をつけていて、今回初めて作ってみた。
 ベークドタイプのチーズケーキは、作るのが結構面倒なものだけど、こ
 れは材料をミキサーで混ぜ、泡立て器を使わないのが手軽でいい。ボト
 ムも省略したが、大丈夫だった。簡単なわりに、しっとりうまく焼け、舌触
 りもグッド。味も悪くないが、さらにチーズの風味を引き立たせるために、
 砂糖やレモン汁はもう少し控えても(あるいは塩少々を足しても)よいか
 も…と思った。

きのこ汁(翌日昼)
 鶏ときのこ~用に、きのこを大量に用意していたのが余ったので、ささ
 がきゴボウとじっくり煮て、きのこ汁に。

炊き込みご飯(翌日昼)
 それでもまだ残っていたキノコ(ちょっと買いすぎたのだ…笑)と、冷凍
 室にあった銀杏とで、炊き込みご飯。

ジャンボ冷奴(翌日昼)
 前夜に出し忘れた半球形の大きな豆腐。
 薬味は、万能ネギ、青ジソ、ショウガ、ミョウガ。


お酒

今回も美味しいお酒をいろいろ頂いた。
焼酎の名品伊佐美は、最近でこそ割と入手しやすくなっているが、
鹿児島の焼酎なのに、鹿児島人でも飲んだことのある人は少ないという
(蔵元で行列しなければ買えないという伝説も生まれた)、いわば“プレミ
アム焼酎”の元祖。
日本酒は、長野の酒、特別純米酒“真田六文銭”、栃木大田原の酒、
純米吟醸・池錦“酒聖”と、純米吟醸“天鷹心”。

我が家で用意しておくのは、いつもビールと大量の氷だけ。
今回は、ノンアルコールビール(キリンフリー)も用意して、私自身は
途中までそれを飲んでいたら、飲んでる気分を味わいつつも体力温存
できてヘベレケにならず(笑)、遅めに到着した人を車でお迎えにも行
けたので、とても良かった(次回もそうしよう)。


全般・補足

今回も、飲んだりしゃべったりしながら、明け方まで起きていたのだけ
れど、社会人になったばかりのY君と将来設計の話などできて、赤ちゃ
んの頃から知っているだけに、「ああ、こんな話ができるオトナになっ
たのだな~」と、感慨もひとしおだった。
時には、自分の子ではない子世代の若者と、こんな話をするのも良い
ものだと、しみじみ思う。
(その間、Y君のお父さんは、酔って爆睡していた。笑)

とにもかくにも、今年の新年会も無事終了。
しばらく脱力していたけれど、そろそろまた仕事が忙しくなりそうだ。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 料理レシピ&手作りスイーツ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<京成バラ園・そのカオス的“平和の花園” | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 山ごもり in 霧島・その2(義母の“ゴッドハンド”に苗植えのコツを学ぶ)>>
コメント
-楽しそう&おいしそう~-
みなさんがめいめいに話に花を咲かせているリラックスした様子が伝わって、新年会の楽しさが伝わります!それにしても、品数&手作りが多い~。あぶりそらまめあたりから、「え?まだ?まだあるの~?」って驚きながら読みました。写真の右上に見えている栗あんパイもおいしそうです!

いやあ、これだけのパーティーをトイレ方面、風呂方面にも気を配りつつなさったなんて、ミセス・かんちがいさんすごすぎる。遠方からも足を運ぶ方の気持ちもわかります。楽しいんだろうなあ。
2010-05-26 Wed 08:07 | URL | Carina #-[ 内容変更]
-どこかにいます(笑)-
いつもお邪魔するだけで、何も出来ていませんが、ありがとうございました。

いつもどおり、美味しく楽しく過ごさせていただきました。
清里からそのまま行った甲斐がありました。

早めに帰りましたが、また来年が楽しみです。
2010-05-28 Fri 19:58 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-す、、、すごい、、、-
かんちがいさん、こんにちは~~~

最初、何故かかんちがいさんのブログが表示されない?!と
焦りましたが、少ししたら表示されて安心しました。(ホッ)

そして、表示されてビビりました。
す、、すごい料理の数だ、、、。
ひゃ~~~~~~心から尊敬します!!

ほんと、皆さん楽しそうな写真だな~。

ちなみに、伊豆の地のり、
以前私も買ってきて思わぬ美味しさに
驚きました。私も大好きです*^^*
2010-05-31 Mon 07:53 | URL | gatto #e8aPltnE[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。