スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
山ごもり in 霧島・その1(ムベの花のこととか)
2010-05-11 Tue 19:39
2010年5月11日(火)

普段から“そこそこ田舎”に住んでいるけれど(笑)、別に“田舎暮らし
の達人”ではない私にとって、今回の霧島滞在は、“短期山村留学”
とでも呼ぶべきようなものだった。

毎回のことながら、学ぶことが多いのだ。
人の本来の暮らしって、こういうものだよなあ…と思う。
普段は、仕事にしても家事にしても、自分が関われるのはごく一部で
しかないが、ここにいると、庭や畑を整えたり、ゴミを焼いたり、丹精し
て保存食を作ったり…暮らしの中の仕事は、直接、自分たちの暮らし
の快適さに結びついていて、それがとても心地よい。

お金は殆ど使わない。
(霧島の家に向かう前に食糧を少しは買い込んだし、いつものように
 一度は高千穂牧場に行って食事
もしたけれど、それ以外で霧島滞在
 中の6日間でお金を使ったのは、私が歩いてお使いに行って、足りな
 くなった牛乳1本と缶ビール1本を買ってきた時だけである。)



ネットからは隔離され、ケータイも特定の方向へ散歩に出た時にしか
繋がらず(笑)
、時間の流れ方も、普段とは全く違う。
こっそりの夜更かしもできなかった。
なぜなら、「寒いからS子ちゃんもこっちの部屋で休みなさい」と言わ
れて、義父母と「川の字」(真ん中が義母)で寝たから(笑)。

もう、ブログのことなんてどうでもいいや…と思えるようなゆったりし
た生活の中で、それでも義父母にあまり気づかれない程度に写真だ
けは撮り溜めておいたのは、やっぱりあとでブログに載せたいと思っ
ていたからではある。

…と言うわけで、やっと「現代」へ戻ってきた。
(タイムトラベルだったのか?…笑)

簡単に書きたいが、やはり長くなりそうなので、まずは今回、霧島で
見た花のことなど。
(「ムベ」って何?…と思う人は、続きを読んでね。
 ちょっと写真が重いかも…)
  
[ 続きはここから… ]

前庭

霧島の家の前庭には、数種類のツツジを中心に、花を楽しむ草木
が植えられている。
一昨年のGW明けに霧島に行った時、ツツジが終わっていたのが
すごく残念だった
ので、今年こそは満開を見る気満々で、GWの
初めに、少し高い飛行機チケットを取って行ってみたのだったが…

メインのクルメツツジは全部終わり、茶色い花ガラばかりが沢山
残っていた…(残念!)


満開時は素晴らしく綺麗らしいのですが、
今年は例年より開花が早かったらしく…


でも、一昨年と違って、他の花はいろいろ見られた。


咲き残っていたケラマツツジとか



かんざしみたいな白藤とか



裏庭

前庭よりずっと広い裏庭(畑?)には、栗、梅、柿その他の果樹が
ある。
この裏庭が私は好きなのだ。





ムベの花と七つ葉

それから、あちこちで咲いていたムベ(郁子)の花。
「ムベ」は、鹿児島では割と見かける、アケビに似たこんな果物
(秋には、鹿児島空港などでも売っていたりする。)
私ももちろん何度か食べたことがある。が、花は初めて見た…と言
うか、ツルも葉も、今回初めてしげしげと見た。



ムベの葉の付き方は特徴的で、数枚がセットでぶら下がっている。
ちょうど丸い洗濯物ハンガーに葉っぱを干したみたいに。
葉の枚数は4~6枚が多く(成熟したツルほど、葉の枚数が多くな
るらしい)で、実がなるのは「ななつば=七つ葉」、つまり葉が7枚
になっている場合だそうだ。
だから、七つ葉が付いていないツルは、刈り込んでしまっていいのだ。

幸運の“四つ葉のクローバー”ならぬ、“七つ葉のムベ”。




これは残念、六つ葉。




…と言うか、取手の我が家にも、10年くらい前?から、毎年ツル性
の謎の植物が生えてきて、木に巻きつくのがとても邪魔なんだけど、
家に帰って来てよくよく見たら、ムベだった…(汗)。

何という植物かも知らないまま、晩秋頃にはツルが茶色く固くなる
ので、それを利用して、こんなクリスマス用のミニリースを作った
こともあった。
(赤いのは、やはり我が家の庭の雑草、野イバラの実。)

バラの実のミニリース

本館サイト・2005年12月4日のミニ日記の画像より


そう言えば、昔、義父母が取手に来た時に、この植物を見て
「ムベじゃあらせんけ?」
と言っていたのだけど、私は「関東にはムベはないでしょ」と思い、
気に留めていなかったのだ。
義父母がムベの「実」を取手に持ち込んだり送ってきたことは何度か
あったから、子供が外で食べて吐き出した種から芽が出たのかも…。
(ムベって甘いけど、種が多いから、そんな食べ方をするしかない。)

ただし、我が家のムベはとても未熟?で、葉は4枚程度。(3枚のも
ある!)。


帰宅後、取手の庭で撮影。
葉は結構大きいんだが…


これじゃ、実がなるどころか、花も咲かないから、邪魔なだけだ。
安心して今年も刈ってしまおう。

ちなみに、ムベの葉の裏は、こんな網の目状の葉脈がある。


網の目状の葉脈も、ムベの特徴だそうな
(見分ける時の参考までに)


次回は、農業体験(見学?)のことなど。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<山ごもり in 霧島・その2(義母の“ゴッドハンド”に苗植えのコツを学ぶ) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 半年ぶりの鹿児島>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。