スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
長崎旅行記オマケ(長崎のオススメ土産)
2010-03-31 Wed 23:55
2010年3月31日(水)

「土産話」は済んだので、今日は「土産話」。

私は今回初めて長崎に行ったので、長崎土産に詳しいわけでは全く
ないのだけれど、見かけて面白かった土産、長崎県民のT中さんや
T子さんから頂いて嬉しかった土産、自分でつい買ってしまった土産
のことなどを少々書いておく。


カステラ桃カステラ

長崎と言えば、誰もが連想するカステラ。
とにかくカステラをやたら見かけた。


カステラのぬいぐるみとか…。



カステラ神社(!)とか…。


場所はグラバー園のそば。
何を祭ってあるんだろう…?


食べるカステラも、勿論たくさんあった。
全国展開している文明堂総本店のほか、老舗の福砂屋、一番古い
松翁軒あたりが有名どころらしく、長崎駅や長崎空港ほか、あちこち
で買える。
私たちは、T中さんから、松翁軒の美味しいカステラを1本ずつ頂い
た。(バイト代の代わり?と思って、有難く頂戴した。笑)

空港では買えないカステラで、私が気になったのは、グラバー園近
くの清風堂のカステラ。
チーズカステラやザボンカステラなどの変わりカステラの試食販売
をしていて、それがとても美味しかったし、とにかく安い!(ミニ
サイズが3本1000円とか!)ので、気持ち的にはかなり買いたかっ
たのだが、土産は荷物にならないよう最終日に買うと決めていたの
で、買わなかった。

ところで、あちこちの店で、“桃カステラ”なるものを見かけた。
1個ずつケーキみたいになっていて、下はカステラで、上は白とピン
クの砂糖で桃の形にしてある。
見た目はこんなの(画像検索ページ)

珍しいものだなあと思ったら、後輩T子さんが教えてくれた。
長崎では、桃カステラは、お祝いごと(特に雛祭り)に使うお菓子な
のだそうだ。
1年を通して販売しているらしいが、ランタンフェスティバルの頃は
ちょうど雛祭りの前でもあるので、どこでも目についた。

そしてT子さんからは、「お孫さんに」と、文明堂の桃カステラ(わっ、
高級品だっ!)をもらってしまった。
(賞味期限が割と短いので、帰宅した翌日には早速、自分で買った
 他の土産と抱き合わせて、孫娘の所に送った。)


龍馬ブーム

『龍馬伝』のおかげで、長崎の土産店は、どこも龍馬がらみのグッズ
が多かった。
[ 続きはここから… ]

龍馬の名や肖像入りのお酒もいろいろ。



龍馬にかこつけたお菓子類もいろいろ…。
(一番上のは、龍馬のポン酢だったかな?)


「革命児龍馬」とか「龍馬たちの理想」
とか、熱いネーミングが多い(笑)。


篤姫ブームだった頃の鹿児島を思い出した。
やっぱり大河ドラマの影響はすごい。
かくいう私も、「龍馬」の名を冠したお菓子を空港で買った。
T子さんがくれた試食用長崎銘菓の中に、「クルス」というのがあって、
それのコーヒー味。
商品名は「龍馬が愛した珈琲」だった(笑)。
人にあげたので、自分では食べていない。

ちなみに、私たちが行った1週間後から、ハウステンボスの龍馬伝館
もオープンしている。
長崎では、まだまだ熱い龍馬ブームが続きそうだ。


からくり菓子一○香(いっこっこう)

T子さんがくれた長崎銘菓各種の中で、とってもウケたのが、見た目は
おまんじゅう、食べると煎餅風?の「一○香」
(会社名は「一○香(いちまるこう)本舗」で、お菓子は同じ表記、また
は「一口香」と書いて「いっこっこう」と読むらしい。)
“からくり菓子”…と言っても、大したカラクリではないのだが、食べると
中身がない?…いや、中が空洞!



特別美味というほどではないが、ネタになるねえ…ということで、これ
は、パン教室のメンバー用に、N井さんと共同購入。


角煮まんじゅう

旅の2日目に食べた角煮まんがとても美味しかったので、土産にも買っ
て帰ろうと決めていた。
角煮まんは、いろんなお店が販売していて、多分、どれを買ってもそん
なにハズレはないと思う。
本当は常温保存タイプのを買う予定だったのだが、空港では冷凍タイプ
のものしかなくて、仕方なく保冷剤とともに持ち帰ったのだが、これが
とても美味しかった。
櫻林(おうりん)角煮まんじゅう」というのだが、角煮が分厚く、ほうれ
ん草付きで、夫にも、実家の両親や妹一家にも好評だった。
櫻林の角煮まんじゅうは、かつて空港のそばにあった中華料理店・櫻林
の名物人気メニューだった
そうだ。
次に長崎に行った時にもコレだけは買いたいというくらい、オススメ。


ハウステンボス土産シェイプクッキー

ハウステンボスは、古いオランダの街を模しているから、あちこちに
さりげなく木靴が飾ってあったり、アトラクションの映像中にも木靴
が出てきたりした。
この木靴に、私は人一倍反応してしまった。
…と言うのは、木靴はトールペイントの代表的な素材の一つなのだ。
私が以前習っていたトールペイントは、オランダのアッセンデルフト地
方に伝わるものだ。
私が習ったのよりはだいぶシンプルな図柄だったけれど、ハウステン
ボス内でも、ペイントされた木靴を見かけ、「おお、本場のトールペイ
ントだ!」と、私は嬉しくなったのだった。

トールペイント用の木靴は、白木の素材で売られていて、ミニチュアサイ
ズから、特大サイズまでいろいろある。
私自身も、木靴の作品は2つ仕上げた。
楊枝入れにちょうどいいミニサイズのものは友達にあげてしまったので
手許に残っている作品は、スプーン入れにちょうどよい、これ1つだけ。
(図案は、私が本などを参考にオリジナルでアレンジしたもので、色彩
 もデザインも、全くアッセンデルフト風ではないが…。)


※私のトールペイント作品をほかにもご覧になりたい方は、本館サイト
 ミセス・かんちがいの部屋「トールペイント」でどうぞ。


…と、木靴やトールペイントのことをこうして書いてきたのは、これを
書かないと、私がどうしてコレが欲しかったのかをわかってもらえな
いと思ったから。



ハウステンボスでは、ほかにも幾つか、お菓子を買ったのだが、私はこ
れだけは自分用に買った。
中身でなく、が欲しかったのだ。
ちょっとキッチュな感じで、小物入れにいいよねえ。
(箱に惹かれてお菓子を買ったのは初めてだが、こういうのも、“ジャケ
買い
”って言うのかなあ?)

中身はすぐに食べてしまって、今は箱を大事に取ってある。

しかし、この妙な形の箱、何入れにしたらいいのか…?

入れるものは、まだ決まっていないのである(笑)。
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 各地の名品・珍土産の紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<東京下町散歩(本郷~湯島・旧岩崎邸庭園など) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 妹の33回忌>>
コメント
-さすがです-
一口香に反応するとは、只者ではない!
我が家でも人気のお菓子なんですが九州物産展などでなかなか東京にはこないんですよ。類似品で、中が詰まっているのが合って、それだと却ってガッカリ。
長崎でカステラを買ったときに面白かったのは、弟子焼き。といって、弟子が焼いて失敗したので安く売っています。という売り方のものでした。あまり見かけた人がいないので、最近はやってないのかもしれません。
長崎出身の知人もいるのですが、彼女がツイッターで長崎に帰っていた話を読んだ(ちょうど、お出かけの頃)ところだったり、春の特番でハウステンボスを見たり、ここのところ個人的に、長崎の話題づいています。

また行ってみたいなあ。
2010-04-01 Thu 15:39 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-一口香-
うちの母や姉は「カステラじゃなかったら、一口香にせんね!ちょっと変わっとるけど、おいしかけん!」と強く推しますが、私はどうも決断できず一口香をお土産にしたことなかったんです。

美味しいかと聞かれると、おいしくないわけではないが、まあ、こう、ある味だし。内部の蜜の部分が歯にくっつくし。硬いし。

そのビミョーなお菓子、空洞の魅力か。そうか。話題性があるんですね。なるほど。いやあ、物事は何事も外から見なくちゃ。次、友達に買ってこよう♪
2010-04-13 Tue 08:22 | URL | Carina #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。