スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
天井裏の怪!(…何か、棲んでる!)
2010-02-02 Tue 15:17
2010年2月2日(火)

我が家の1階の和室は、普段は居室としては使っていなくて、
次男一家が来た時に使う程度。
昨年末に畳替えとフスマの取り替えをしたので、今はこざっぱ
りと、こんな感じ。




以前の様子も堂々公開すると…。







“劇的ビフォーアフター”か?(笑)

汚い畳は、ゴザを敷いて隠していました。
自分で張り替えたフスマは、はがれ、どうし
ようもなくなって、プロに依頼することに…。


この部屋はいつでも客間として使えるように、最近はなるべく
物を置かないようにしている。
(長男や三男が、いつ“大事な客”を連れて来ても大丈夫なよう
 に、スタンバってるわけなのだ…まだ、その気配は全くないけ
 ど…笑。 とにかく、次男の時は慌てたし、結婚式までの一時
 同居前には、自分でフスマ張替えもして大変だった…)

今は使っていないとは言っても、換気は必要だし、写真に写っ
ていない側には、服が少々掛けてあったりするので、日に何度
かは出入りするのだが、以前から、たまに、押し入れの奥の方
(押し入れの“中”ではなく、押し入れの外回りのあたり)で、
な物音
がするのだ。

我が家は、ちょっと古いタイプのユニット住宅(今は製造され
ていないセキスイハイムのMR)で、箱状のユニットを、並べ
たり積み重ねたりしてある構造だ。
ユニット同士は、電車の連結部分みたいな部品でつながって
いると考えてもらうと、わかりやすい。
だから、家を外から見ると、ユニットとユニットの間にちょっと
したすき間がある。
物音がする時は、床下から紛れ込んだ野良猫か何かが、その
すき間を動き回っている、あるいはなかなか出られなくなって
もがいている…そんな按配であるらしく、しばらくすると物音
は、しなくなる。
そしてまた、すっかり忘れた頃に、何かが紛れ込むようなこと
が、もう何年も続いていた。

それが昨年秋あたりから、物音が聞こえるのが頻繁になった。
ダダダダ…と走る結構大きな音が聞こえた時には、家の中に
不審者が侵入したのかと、ビビったほどである。
しかし音は、壁などの“向こう側”から聞こえるのである。
物音の感じから察するに、ネズミよりはだいぶ大きい感じ。

一度は、キィーというか、シャーというか…、そんな鳴き声と
いうか、威嚇?する声が、床下から聞こえた。
どうも、犬・ネコのたぐいでもなさそうだ。

…む~~~。

一体、何なの…?
 
[ 続きはここから… ]

タヌキ…?
取手は駅前以外は田舎だから、道路に“タヌキ出没注意”なん
ていう立て看板がある所もある(一度、交通事故に遭った狸を見
かけたこともある)が、我が家の近所では、狸の噂は聞かない。

イタチ…?
イタチは、20年以上前に一度だけ、隣の公園で見かけたことが
あるが(立ち上がった姿がすっごく可愛かったが、一瞬にして走
り去った)、その後見かけていないから、今はいるのかどうか。

サル…?
暫く前の、市の防災無線では、の被害への注意が呼びかけら
れていたが(山がないのに、野生の猿なんか、いるのかなあ?…
どこかのペットが逃げ出したのかも?)、猿なら、あんなにバタ
バタ走らないだろう。

物音や気配のイメージとしては、イノシシの子供みたいな…?
…でも、さすがに、そんなわけもなく(笑)、正体がわからないの
は、何となく無気味である。

その何者かの気配が、毎日ではないが、最近は月に2、3度くら
い、あるのだ。

私 「住みついちゃったのかしら?」
夫 「市に電話して、駆除してもらえ」
私 「そんな…スズメバチじゃあるまいし、市が対応してくれる
  かしら? 何なのかもわからないし、いつもいるわけじゃな
  いみたいだし…」


ところで、年末年始に帰って来た次男たちも、この不審な物音は
耳にしていたのだが、彼らとスーパー銭湯に行き、家のすぐそば
まで車で帰ってきた時、車の前方10mくらいの道路の上を、何か
が、ササ~っと、横切った
のだ。
竹藪(雑木林)から、我が家の方向に向けて。


私 「あ、あれだ、あれじゃない? うちにいるの!」

一瞬だったが、皆で目撃した。
夜だったし、黒い影が見えただけなので、何なのかわからなかっ
たが、2、3匹連れ立っていたのは確かだ。

私 「ネコじゃないね」
Yちゃん 「しっぽが長い感じでしたね」

猫より、体高は低く、体長は長い感じ。

夫 「イタチじゃないか…?」

イタチ…。 最近もまだ、生きていたのか。

その晩、特に物音が聞こえたわけではなかった。
物音が聞こえない日も、彼らはひっそり我が家の床下にいるの
かもしれない。


しかし、イタチらしい?とわかれば、怖さもだいぶ軽減する。
住みついたと言っても、エサを捕るために外に出ていることもあ
るわけで、いざとなれば、出て行ったすきに、床下(通気孔)など
を、網などで全部きっちりふさいでしまえばよいだけの話だ。
ただ、「確実にいないタイミング」がよくわからない。
それに、別に家の中に入ってくるわけじゃないし、網を買って
くるのも面倒で、放置していた。
(床下に飼っているのもよいかも…と。笑)

ところがところが、昨日の朝…。







和室の天井に、シミを発見!





明らかにオシッコの痕跡。

しかも結構大量で、壁にまで垂れてるし…



(あ~あ、せっかく、部屋がキレイになったのに…)


これは、大問題!
だって、天井裏にまで入ってきたということは、つまり、ユニット
の内部にまで入ってきたということじゃないか。
ユニットの一部が破損して、出入口ができてしまったのだろうか?

さすがに事態は急を要する…と思い、我が家の住宅メンテ担当
会社である千葉のセキスイフェミエスに電話。
数日後には、見に来てくれることになった。

電話口で
私 「天井を開けて、天井裏を見るわけでしょうね?」
担当者 「いや、開けてしまうと補修することになって大ごとです
  から、まず、どこから侵入しているか、床下回りのチェックで
  す。いざとなれば、それを全部ふさいでしまえば…、…まあ、
  餓死しますから…」
私 「…え…。でも、それだと、死骸がどこかに残ることになりま
  すよね?」
担当者 「ええ…。まあ、とにかく様子を見てから判断します」


…何だか、拍子抜け。
修理とかせずに、床下ふさぐだけなの?

以前、雨漏りがした時も、どこかが破損したとかいう問題ではな
くて、雨樋の清掃をすることで解決した
今回も、別に構造上の問題ではないのかも…。


…まあ、そんな訳で、この話は、特に進展はないかもしれない。
(もし、進展があれば、また書くけれど。)


         **********

ところで昨日は、私の52才の誕生日だった。
天井のシミ騒動以外は、ごく平穏な一日。
誕生日らしいことと言ったら、小さなケーキを買ってきたこと。
(駅ビルのポイントが4,000円分ほど貯まっていたので、半分使っ
 て購入。残り半分は、1週間後の夫の誕生日用…って、作って
 あげる気ゼロだし…笑。でも夫婦二人になると、誕生日と言っ
 ても、そんなもんだ。)



あと、特別なことと言ったら、夫がお風呂掃除してくれたことぐら
いか(笑)。

お祝いメールは、妹と、次男夫婦(孫の写真付き♪)と、義父から
きた。
長男と三男は…、忘れているらしい(笑)。

まあ、つつがなく誕生日を迎えられたのは有難いことだと、地味
ながら平穏な一日に感謝していた昨深夜、約4カ月ぶりに更新さ
れているお友達のブログを見つけた。
大好きな彼女の文章がこのまま読めなくなってしまうのは寂しい
と思っていただけに、かなり嬉しく、これが私にとっては最高の
プレゼントとなった、今回の誕生日だった。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 故障とトラブル | コメント:8 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<義父母の白内障手術のこと | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 五十肩その後>>
コメント
-お誕生おめでとうございました-
忘れておりました(笑)

毎年伺っているように思うのに、憶えてないものですね。
申し訳ありません。

綺麗になった和室に行きたいので、また新年会よろしくお願いいたします。
2010-02-02 Tue 16:38 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます♪-
私の少し後に誕生日があると知っていながらうろ覚えのまま過ぎてしまいました。
どうも成人式から節分までの間の日は忘れられてしまいやすい位置にあるようです。
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます♪と同じ語句を返したりして。
たとえ外でも動物飼ったら家の美観は損なわれるものなのでしょう。
2010-02-02 Tue 19:38 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
-おめでとうございます!-
かんちがいさん、お誕生日おめでとうございます!

私も、もうすぐ誕生日なんですよ。
わ~~い、同じ2月生まれだ~~***
2010-02-03 Wed 14:44 | URL | gatto #e8aPltnE[ 内容変更]
-お誕生日おめでとうございます-
ミセス・かんちがいさんの誕生日が2月2日とは知りませんでした。K氏はそう云えば2月生まれと聞いていたような・・・
そう云えば、N準教授は4月生まれと訊いていたような・・・さだかではないが・・・
しかし、月日も経つもの私はもう53歳・・・若い頃は53歳といえば相当のおじいちゃんと思っていたが、いざ自分がその年になってみるとまだ自分は若いと思ってしまうのですが・・・

それから、ミセスのご自宅の辺りでいまだにイタチがでるとは思いませんでした。鹿児島の私の家の近くでも思いもよりませんが・・
2010-02-03 Wed 20:17 | URL | 菜が咲き #vAmAYXDc[ 内容変更]
-お誕生日おめでとうございます-
この天井裏の話、後日談が気になります。
そういえば、うちも昔天井裏にねずみが走ってました。
そちらは、ねずみじゃすまない程の大物っぽいですね・・・。
2010-02-04 Thu 02:13 | URL | 俊太郎 #-[ 内容変更]
-おめでとうございます-
おめでとうございます。

あらぁ~、お姉さまだっだんだわというのが発覚しました。

息子さま独立後のさっぱり感のあるお部屋たまりませんね。
修繕が大事じゃないこと祈ります。
2010-02-04 Thu 22:12 | URL | YUKKE #q6.UxYrM[ 内容変更]
-皆様、お祝いコメントありがとうございます^^-
若だんなさん
私も、人の誕生日は覚えていませんよ(笑)。
誕生月ぐらいは、覚えていたりもしますが。
若だんなさんは1月と、今回は覚えましたが、来年まで
覚えているかなあ…?(笑)
若だんなさんはステキな誕生日を過ごされたようでしたね。
(2回もお祝いがあったし^^)
我が夫婦の誕生日は、ホント、手抜きで地味でした。

和室は、せっかくキレイになったのに、天井のシミ
騒動が…。
何かねえ、雨漏りもあるっぽいのですよ…(TT)

若だんなさんのブログ、更新が相変わらず多く、しかも
最近は“長文”化してますね~(笑)
読み逃げばかりですが(^^;)、いつも、大いに知的な
刺激を頂いています!

宇治大君さん
お返事遅くなりました。
「成人式から節分までの間の日は忘れられてしまいや
すい位置」…というのは、あるかもしれませんね(^^;)
もっとも、だんだん、自分でも忘れがちになっております。
51才が52才になっても、もはや代わり映えもなく…(笑)

動物は、外で飼うのも難しいですね。
そういえば昔、猫を半分外で飼っていたことがあるのですが、
ご近所の家の網戸をよじ登るので、苦情を言われ、以来、
外に出さないようにしたことがありましたっけ(^^;)

そうそう、冬の小物は鮮やか系で…という記事が先日あり
ましたね。私はマフラー、ストール系は沢山持っているの
だけれど、前に宇治大君さんの影響で買った鮮やかなオレ
ンジ色のはとても気に入っていて、この冬もこればっかり
使ってますよ^^

gattoさん
こまめにコメント下さって、ありがとう。
(古いコメントから返信するのが本当だけど、とりあえず
 新しい方から少しずつ返信することにしました…(^^;)ゞ
gattoさんも、お誕生日おめでとうございました♪
私のブログのお友達は、なぜか晩秋から冬の間にお誕生日
という人が多いような感じです。
これからもブログを続けて、来年もお互いにお祝いメッセージ
を言い合えると良いですね♪
(…というのは、最近ブログ更新もコメントもレスもサボっ
 てばかりいることへの自戒なのですが…(^^;)

あ、だいぶ前のことで言いそびれてたけど、gattoさんの
写真、カッコよかった~!
“女スパイ”、地で行けそうよん♪(笑)

菜が咲きさん
ええと…、2日ではなく1日ですが、それはどうでもよいで
すね(^^;)
N准教授(今は教授だと思う)は、そう言われれば4月生ま
れだったかも。…って言うか、なんで、菜が咲きさん、そん
なに、いろんな人のデータ、覚えてるの?(笑)

イタチはねえ、確かに珍しいというか、そもそもあまり人に
姿を見せないので、いても気づきにくい動物なんだろうと思
います。(まあ、イタチとはっきり決まったわけじゃありま
せんが…。)
そう言えば、鹿児島(の霧島)の畑は、アナグマに荒らされて
いたことがありますよ。(アナグマを見たわけじゃないけど、
地元の人たちが、穴を見てそう言ってました。)
鹿児島市内は…、さすがに野生の獣はいそうもないですけど^^

そう言えば、車、大変でしたね(^^;)
「当たり」にちなんでの、お嬢さんの良い結果をお祈りしてます。

俊太郎さん
おお、ネズミの運動会、聞いたことがありますか?(笑)
私の東京の実家も、一時期、ネズミ退治が大変でした。
家を見に来た住宅会社の人も言っていましたが、ネズミは、
今は田舎よりも都会の方が多く生息しているそうで、ビルなど
の高層階にまで出るそうです。
大阪も、結構いるのかも…?

我が家に出没しているのは、ネズミでないことは確かなようです。
ネズミだったら、物音は夜しか聞こえないのだとか。
イタチっぽいのを見かけた話をしたら、イタチは初めてだ…って、
住宅会社の人はビビっていました(苦笑)。

YUKKEさん
そうです、私の方が「お姉様」です、エヘン!…(と、年齢ぐ
らいでしか、威張れない私です(^^;)

子供の独立後の部屋と言えば、YUKKEさんの先日の記事で、
息子さんのお部屋のものを全部処分して、ゲストルームに変身
させたお話、もう、驚嘆・喝采しながら拝読しました。
「母親の仕業とは思えない」という息子さんのセリフには
笑いました。…男の子って、そういうとこ、ありますよね~^^
自分は母親のことなど忘れて暮らしているくせに、母親は、
離れていても自分のことをいつも思ってると思ってる…(笑)

我が家は、3人息子の机などが残っていて…しかも次男と三男
のは、机の中身までギッシリ!
(それも、子供の頃に集めていたゴム製の昆虫のオモチャとか
しょーもないものばっかり!!)
何とかしたいのだけど、本人たちに片付けさせようとしても、
いつになるかわからない…と言うか、もう無理っぽいし、
私も、YUKKEさんほど大胆にはいかないまでも、私が勝手
に処分する方向でいこうかなあと思いました。
それにしても大量で、時間がかかりそうですが…(溜め息)。

子離れはできているつもりなのですけどね、大量のモノを捨て
るのは、エネルギーがいりますね…。
2010-02-09 Tue 10:53 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-おかげさまで-
娘は私立はなんとか合格しました。
それから、畑をあらしたのはきっとアナグマではなくてモグラだと思いますよ・・・
2010-02-23 Tue 21:25 | URL | 菜が咲き #vAmAYXDc[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。