スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
五十肩その後
2010-01-27 Wed 17:00
2010年1月27日(水)

【ホームセンターのレジで】

もうだいぶ前のことなのだけれど、自分の左肩が五十肩になっ
たと気づいて
暫く経った、10月末ごろのこと。

ホームセンターで買い物をした。
大型のショッピングカートに、直接いろいろなものを入れてレジ
に行き、カートからレジ台の上へと品物を移していた。
レジの店員さんは、それに次々とバーコードリーダーをかざし、
値段を読み上げながら、レジ台の奥へ移動させていく…という
見慣れた風景。

…と、ちょっと大型の商品をレジ台に置く時、私はうっかり左肩
の後ろを、レジ横の商品陳列棚にぶつけてしまった。
いや、ぶつけたというより、ほんの軽く触れたという程度だった
のだが、ぶつかった方向が悪かった。
わずかな力が加わっただけで、その反作用で激痛が走る。

私 「あいたた……!

左肩をおさえ、思わず顔をしかめて体をかがめた私。
(家にいたら、しゃがみこんでしまう痛さだが、少しは我慢。)
レジの店員さんもビックリ。

店員 「だっ、大丈夫ですかっ?!
私 「…いや…、だ…大丈夫……(声をやっと出している)…ちょ
  っと当たっただけで…、ただ…五十肩なもんですから…」

するとレジの人、いきなり、声のトーンが変化。
井戸端会議をする旧知の奥様同士の口調になって



店員 「あああ~、わかりますぅ~~!!
  
   私もやりましたから♪」



…何か、ものすごく共感されてる。
(しかも、嬉しそうだし…笑)


店員 「痛いですよねえ。…私、エプロンの紐、後ろで結べなかっ
  たですもん」

…(そうそう、と思いながら)うなずく私。

が、30秒もすると、激痛は去るのである。
やっと呼吸を整えて

私 「…治るの、長くかかるみたいですよね?」
店員 「ええ、私、1年かかりましたよ!」
私 「はあ…1年も……」
店員 「右と、左と、両方やりましたから!」
私 「そうですか…」

お金を払い、それでもう会話は終わりだと思っていたら

店員 「…痛いの、片方だけですか?」

私 「…ええ。左だけで…」
店員 「寝る時、痛くないですか?」
私 「いや、今のところは痛くないです」
店員 「私は寝る時が、すっごく痛かったんですよ~。眠れなくて、
  ほんと、困りました」
私 「(レジで、いつまでも話なんかしてていいのか若干気になり
  ながら)あ~…よく、そう聞きますね…」
店員 「寝る時、痛くないんなら、いいですね」
私 「(あ、後ろに並ぼうとした人、隣のレジへ行ったよ…)まだ
  初期なんで…これから痛くなるのかもしれませんけど」

商品が入った袋に手を伸ばす。

店員 「…普段は痛まないんですか?」

(…え、まだ続くの?)

私 「…ええ、今は、何もしなければ、別に痛くないです」
店員 「私はね~、右は何もしなければ痛くなかったんですけど、左
  がね、何もしなくても痛かったんです」
私 「右と左、同時だったんですか?(…って、うっかり質問しちゃ
  ったよ、私。…話を長引かせちゃ、ダメじゃん!)」
店員 「いえ、最初に右、それが治ったら、左がなっちゃって…。左
  の方がひどかったんです」
私 「大変でしたね…」
店員 「もう、大変…右と左で1年かかりました!」
私 「……(ひたすら、うなずく)」
店員 「じゃ、どうぞお大事に~♪」
私 「どうも…」


実際には、もうちょっとしゃべった気がする。
数分だったかもしれないが、すごく長く感じた。
とにかく、レジの人と、買い物と全く関係ない会話を、しかもあんな
に長く、しゃべったのは初めてだ。
(少しでもスピーディーであることが要求されるレジで、あんな会話
 して、よかったのだろうか…?)

しかし、こうして、知らない人とでも話が盛り上がる?のは、五十肩
のいいところだ(笑)。
五十肩経験者は、「あなたも~?」「私も~!」「仲間~♪♪♪」的に
盛り上がれる程度に、ほどよい頻度で、存在する。
それに、疾病といっても、深刻でなくて、どこか笑えるのがいい。

家に帰ってから、夫に、この、レジでの話をした。
 
[ 続きはここから… ]

私 「勤務中に、あんなにオシャベリしていいのかしらね? まあ
  割とレジがすいてたから良かったものの、もし、店長さんとか
  が見ていたら、あの人、あとで叱られるんじゃないかと途中で
  心配になったわ」
夫 「そりゃ、店長が見てたら叱られるだろうな」
私 「まあ、お客にとって、親しみの持てる店っていうのはいいこと
  だし、お客のトラブルに親身に対応した…という言い訳は、成り
  立つかもしれないけど」
夫 「いや案外ね、そういうのは、店員の方から見ると、“しつこい客
  で、話が長くなって困っちゃった”って、思ってたりするんだよ」
私 「ああ…。確かに、私からも、質問しちゃったんだよね…」
夫 「だろ? 話の長い迷惑な客にとっつかまっちゃったなあ…って、
  向こうは、そう思ってるわけよ。…世の中、そんなもんよ」
私 「ああ、そうかも…(笑)。 私が“困った客”だったって話ね。
  まあ、それなら、それでいいけど」


その後、私の肩は、本当に、寝る時とか、何もしていない時にも痛む
ようになった。
と言っても、耐え難いほどの痛みではない。
(私の場合、上腕の外側が痛むことが多かったが、痛み方もいろいろ
 で、肩全体が冷えたように痛むこともあれば、注射をして注射針を
 抜いた直後みたいなピンポイントな痛みだったりもした。)
五十肩生活も、慣れてくると、痛そうな所作はあらかじめ用心して避
けるようになるから、うっかりミスで激痛に苦しむこともなくなる。
私の場合、左肩だけということもあり、日常生活への支障も余りなく、
着替えとか、髪にドライヤーをあてる時が、不便という程度。
一番痛かったのは、12月だった(今は少し改善)。


【お医者のK野君の指導】

さて、その12月の中ごろ、後輩N君の芝居を見に行った時、演劇サー
クルの後輩のK野君が、いつものように、九州から日帰りで見に来て
いた。 K野くんは、お医者さん(今やベテランの内科部長)なので、
私たち仲間は、しばしば彼に、自分や身内の健康相談をするのだが、
この時も私は、「五十肩になっちゃって…」という話をした。

K野 「あらそう…肩関節周囲炎ね」
(注…K野君は、ちょっと“おネエ言葉”みたいな優しい話し方をす
 るのである。)

K野 「リハビリ、してます?」
私 「ううん…全然。 放っておいても半年ぐらいで治るって聞くし」
K野 「ダメよ、リハビリしないと、固まっちゃいますよ」

そして、芝居の幕間の休憩時間に、K野君は、リハビリの仕方を教え
てくれた。
アイロン運動というのは、ネットで調べて知っていたが、K野君が
教えてくれた運動は、それとは少し違っていたので書いておく。

五十肩のためのリハビリ運動
 1 壁から少し離れて立ち、痛くない方の手を伸ばして掌を壁に当
  て、体重をかけて体を支える。
 2 痛む側の足(私の場合、左足)を後ろに大きく引いて、体を開く。
 3 痛くない方の手足にしっかり重心をかけたまま、痛い方の腕で
  空中に大きく円を描くように、後ろ回しにぐるんぐるんと回す。
  (その際、腕だけを動かすのではなく、肩ごと大きく回す感じ。)


傍目を気にせず、K野君がやって見せてくれたので、私もやってみた。
が、腕がほとんど回らず、真面目に真似をしているようには見えない。
私がやると、肩を頂点とした円錐が空中に描かれ、その円錐も、ソフト
クリームのコーンみたいに、細くとがった形(情けない…)。

K野君が言うには、早く治すには、やはり整形外科で治療を受けた方
がいいとのこと。

K野 「よくやるのはね、静脈麻酔を打っておいてからね、腕をグリグリ
  グリグリ~って、回しちゃうの。それで治るから」
私 「ひゃあ~、考えただけで痛そう! 怖いよ、それ。…そんなこと
  して、かえって悪化しないの?」
K野 「うん、固まってるのがほぐれれば、治るんです」
私 「…そ、そうなの~?(自分の感覚としては、そうは思えない。)
  でもそれ、麻酔が切れた後も、相当痛むでしょう?」
K野 「だから1泊入院してね、暫く痛み止めも使うの。でも、その方が
  早く治りますよ」
私 「普通の整形外科で、やってくれるの?」
K野 「うん、どこでも」

1泊入院ぐらいなら時間もとれるし、費用だって大したことないだろう。
夫にも検討してみろと言われ、ネットで調べてみたけど、とにかく絶対
に、ものすごく痛い治療だということだけは確信できるので、どうも気
持ちが乗らない(笑)。
それに、もっと早い時期なら考えてもいいけど、発症して既に3カ月は
経ってるし、あと3カ月も我慢すれば、自然に治るじゃん…。 

さらに、K野君が「マニプレーション」という療法も良いと教えてくれ
たのだけど、調べてみると、マニプレーション療法をやっている所って
まだ、あまり多くない。
(茨城では石岡に1軒。まあ、千葉か東京にも通えるけど。)
それに、マニプレーションがどんな症状に効くのかを読んでみると、
五十肩にももちろん良いのだけど、どちらかと言うと、夫が治療を受け
た方が良さそうな治療法だ(慢性の腰痛改善の為)。
五十肩ごときで、わざわざ遠方まで治療に受けに行くのもなあ…と思え
てくる。
何より、別にそれほど辛い思いをしている訳でもないし…という感覚が
ある。
(我慢できないほど痛いなら、すぐにも治療に行くだろうけど…。)

そんなわけで、K野君にはせっかくのアドバイスをもらったけれど、治療
は見送ったまま、忙しさに紛れて、年も越してしまった。

最近は、腕が少しは上がるようになり、痛みもいくらか軽減している。
例のリハビリ体操をすると、円錐形も“開きかけの傘”ぐらいには広がる
ようになった(笑)。
まあ、“時間薬”だから、だんだん治っていくんだろう。
ホームセンターの店員さんみたいに、次は反対側が痛くなってはたまら
ないから、右肩も回して、予防に努めている私だ。


【夫の苦労】

女房が五十肩だと、亭主も思いがけないところで苦労するようである。
秋のある晩、夫はこんな川柳を詠んだ。





 妊娠より 体位が難しい 五十肩


(講評…「字余り」が「持て余してる感じ」を効果的に表現している。)


まあ、そんな苦労してまで、なんでわざわざ…という、野暮なツッコミは
ご遠慮願っておこう(笑)。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<天井裏の怪!(…何か、棲んでる!) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | お上りさん的“東京観光”の一日(はとバス・とうきょう漫遊紀)>>
コメント
--
おはようございます!

ミセス・かんちがいさん、コメントへのお返事、気遣いまったく不要です!!気にしてないですから。gattoさん同様(*^_^*)

いやあ、レジの会話から旦那様との会話、さらには療法、そして川柳。もう、川柳で爆笑した~。私、旦那さまのファンにもなりつつあるんですよねえ。こう、かんちがいさんの話を受け流す感じ。絶妙。

いやあ、それにしてもかんちがいさんの若かりし頃の美貌伝説もgattoさんところのコメント欄で拝見しました。確かに今もかわいいし、お孫さん超絶可愛いし。てことで失礼します。また来ます。ではでは(^^)v
2010-01-30 Sat 10:52 | URL | Carina #-[ 内容変更]
-ども、遅くなりましたっ!-
Carinaさん
いや~、お言葉に甘えて?、すっかりレスをサボってしまい
ました。
これから徐々に遡りながら、書いていくことにします(^^;)

夫の川柳、笑って頂けて何より。
ブログを通しての夫のファンは、なぜか結構いますよ。
(リアル世界では、いないんですが…笑)

美貌伝説?は、困ったデマでした(^^;)
でも、30年も前のことを、デマだと必死に証明するのも空し
いので、過去の栄光、自慢材料にすることにします。

Carinaさんのブログは、すっかり人気ブログになっちゃって
すごいね~!
Carinaさんのブログを知った時から、これは面白い!人気
が出る!と思っていたので、予想通り(いや、スピード的には
予想を上回る)展開になって、ほらほら私の見立て通り!と
自分の手柄のように喜んでおります(^_^)

ところで私の中では、知的でキリリと若々しいCarinaさんの
イメージ像がこれまで出来上がっていたのですが、今は
“黒縁メガネの鳳啓介”が浮かぶようになりました(笑)。
…でも。
意外と悪くなかったりする(爆)。
2010-02-09 Tue 11:17 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。