スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
お上りさん的“東京観光”の一日(はとバス・とうきょう漫遊紀)
2010-01-23 Sat 21:58
2010年1月23日(土)

もう20日ほども前の話だが、1月4日のこと。
新年早々のこの日に、ご近所のお友達と“はとバスツアー”を決行
したのには、理由があった。

パン教室はもちろん、旅にランチに映画にと、長年つるんで遊んで
きたご近所仲間の一人であるT中さんが、去年の夏、ご夫婦の郷里・
長崎に引き上げてしまった。
定年退職後に郷里で飲食店をしたいというご主人の夢が、思いがけ
ないほど早く実現することになったのだ。
一番下のお子さんがまだ大学生でもあり、T中さん自身は、まだ当
分先のことだと考えていたようで、彼女としては不本意ながら?ご
主人の夢に巻き込まれたような形での引越しになった。
取手の家は、引き払ったわけではなく、3人のお子さんが留守を守
っている状況。だから、たまには家の様子を見に帰ってくる予定だ
と言う。

明るいキャラのT中さんがいなくなるのはとても寂しかったが、
「お店頑張ってね、取手の家に帰ってきた時には、一緒に遊ぼうね!」
と約束して、私たちが彼女を送り出したのが、昨年の初夏。
そのT中さんが、この年末年始、久々に取手に帰って来ていたのだ。

これはもう、彼女を囲んでランチか飲み会は必須!…と思っていたら、
どうやら彼女、「お友達とのオシャベリ」と「都会の空気」に思った以上
に飢えていて(やはり、お店を経営するというのは、肉体的にも精神
的にも大変らしい)、息抜きに、みんなで都内で一日遊びたいという
ご希望。
ならば…と、急遽、はとバスツアーを採択。
これなら移動も楽だし、バスの中も含めて、たっぷりオシャベリもで
きるしね。

利用したのは、とうきょう漫遊紀Bという定期観光コース。
皇居とか浅草とか、完全にお上りさん向けコースだが(笑)、隅田川
の川下りは、私は初めてなので、楽しみだった。

T橋さんは北海道に帰省中だったので、行くことになったのは、
T中さん、N井さん、I井さん、そして私、の4人。
図解すると、こんなメンバー。(5年前にホームページを始める時、
私がペイントで描いたイラスト。久々に日の目を見させてみる)。


それぞれの詳しいプロフィールを知りたい方は
本館サイト内のこちらのページへどうぞ。
(みんな、シワが増えた以外は、あまり変わってないなあ…)



当日朝、我が夫が、私たちを取手駅まで送ってくれた。
車の中で、「しまった、ケータイ忘れた!」と気づく。
ああもう…こんなブログネタ満載になりそうな日に、愛用のケータイ
を忘れるなんて、私としたことが…トホホ。

取りに戻るヒマはなかったので、N井さんにこう頼む。
「今日は、N井さんのケータイで写真撮ってね!」
だから、本日の記事中の写真は、「あれ撮って、これ撮って」と私が
N井さんにお願いして撮ってもらったものなのだ。
(N井さん、ご協力ありがとう!)

では、この日のコースを、以下、おさらい。
(写真が多くて重いかも。)
 
[ 続きはここから… ]

皇居前広場・二重橋・楠木正成像

東京駅からバスに乗って、シートベルトを締め終わったら、もう第1
見学地に到着(笑)。最初は皇居である。
この日はよく晴れて、風もなく暖かだった。
二重橋はこれまで何回か見ているが、こんなにくっきり綺麗な「眼鏡
橋」状態であるのを見たのは、初めてのように思う。






私は一応東京生まれだけれど、茨城県民歴の方がずっと長く、東京
のことに詳しいわけじゃないから、ガイドさんの説明を聞きながら
東京観光をするのは、結構勉強になった。

皇居前広場では、周辺の主な建造物について説明を受け、こんなクイ
ズも。

「東京消防庁の庁舎の高さは、何メートルくらいだと思いますか?」

「……?」


答え:119メートル(なるほど!)


それから、

「オフィスビルの建ち並ぶ丸の内、住んでいる人が少ないことは
 ご想像がつくと思いますが、丸の内地区(1~3丁目の全て)に
 住民登録をしている人の数は、どれくらいだと思いますか?」



「……(う~ん、もしかして100人くらいとか?
 さすがに、そこまで少なくはないかしら?)」








答え:3人(…マジ? 少なっ!)

…なんていう豆知識も面白い。


六本木ヒルズ・東京シティビュー

六本木ヒルズには去年何度か行く機会があったが、森タワー52階の
屋内展望室(東京シティビュー)には行ったことがなかった。
東京シティビューの通常のチケット(\1,500)は、森美術館の入館券と
セットになっているので、森美術館に行く時に…と思っていたのだ。
今回は、団体チケットで、東京シティビューだけを楽しむ。
洒落たバーやレストランもあって、夜なんか最高だろうなあ、と思う。
(お店の料金は、結構手ごろそうだった。 でも、そこまで上がって
 いくだけで料金がかかるわけなので、デートなんかで利用したい
 時は、ペアで使える美術館無しの割引クーポン=こんなのとかを
 使うのがいいみたい。)



六本木ヒルズの中って、方角がわかりにくくて覚えづらいなあ…と、前
から思っていたのだが、これは、出向くたびに新しい発見があるよう、
わざとわかりにくい設計にしてあるのだそうだ(ガイドさん談)。


和膳・道灌かがり

昼食は、田町の道灌かがりでお弁当。


ここは、はとバスグループ直営店らしいけれど、日本酒のソムリエ
いるそうなので、プライベートで行くなら夜がいいかも。


隅田川遊覧船で川下り

遊覧船のコースは、日の出桟橋から浅草に向かったので、正確には、
「川下り」でなく、「川上り」。
「冬場に川下りなんて、メチャメチャ寒そう」…と思って防寒対策を
ばっちりしていった私だが、船(水上バス)は屋根までガラス張りで、
快適だった。
勝鬨橋(かちどきばし)から吾妻橋(あづまばし)まで、12の橋をくぐり、
所要時間約40分で浅草に到着。
遊覧船発着場の対岸には、建設中の東京スカイツリーが見えた。




浅草観音・仲見世

浅草ではフリー散策をして、浅草寺裏の駐車場に集合するのである。
フリータイムは50分の予定だったが、まだ正月気分の都内は道路が
すいていて、ここまで非常に順調に来たので、70分ということになり、
ラッキー♪

下町出身の私は、子供の頃、よく親に連れられて浅草に来ていたの
で、雷門通り近辺の有名なお店・土産は、だいたい知っている。
が、ツアーのパンフレットに載っていた、江戸通りの浅草むぎとろ
とろりんとう」(とろろの入ったかりんとう)は知らなかった。
土産に良さそうねと買いに行き、美味しいので皆で試食しまくり(笑)。
とろりんとう」も、「三代目(ぬれおかき)」も、柔らかくて美味しく、
迷ったあげく、結局両方購入。
雷おこしや人形焼きには飽きたなあ…という人には、オススメできる
浅草土産かと思う。
浅草ねぎとろのオンラインショップでも買える。)

それから、雷門の方へ。



仲見世通りは押すな押すなの混雑なので、脇道に入り、行列のできてい
る甘味処の梅園や、天麩羅の大黒屋(あ~、昔、母方の祖父ちゃんに
天丼食べに連れてきてもらったな…)などは、横目で素通り。
浅草寺への参拝も遠方から軽く済ませ(笑)、時間はまだまだあったの
で、どこかでお茶&オシャベリしよう、ということになった。

そして見つけた、レトロな「ローヤル珈琲店」。
ここがすご~く、私好み♪
昔ながらの喫茶店と言っても、私たちが若い頃によくあったような、
「静かで落ち着く系」の喫茶店ではない。
もっと古い、「ミルクホール」とか「カフェ」なんて言葉を連想してしま
うような雰囲気。(そう言えば、娘時代に、赤白の派手なTシャツ着て
たら、実家の祖母ちゃんに「そんなカフェの女給みたいな服を!」と
叱られたこと、あったっけな~。)
ローヤル珈琲店の店内は、テーブルと椅子を置けるだけ置いちゃい
ましたという雑然とした感じで、今どき珍しいことに「分煙」もしてい
なくて、中高年客が一杯笑いさざめいていて、騒がしいんだけれど
も、そのざわめきが妙に心地よい…そんな、浅草らしい店だ。
また浅草に来たら、寄りたい店かも。



浅草はツアー最後の見学場所だったから、考えてみれば、私たちはここ
でツアーを離脱して、ゆっくり浅草をぶらついてから上野駅に向かえば
よかったのだが、ガイドさんにそんなことは言ってなかったので、定刻
にバスに戻り、東京駅にて解散となった。
すぐには電車に乗らず、有楽町まで歩いてから帰途に就く。


国際フォーラムのイルミネーションの前で


こうして、T中さんとともに過ごす 楽しい一日は終わった。



最後に、長崎市内でT中さんご夫婦がやっているお店の宣伝。
コミュニティカフェ・ヤムヤム
お店のサイトを拝見すると、演奏会やキャンドルナイト、パンを作る会等
のイベントも開催する、素敵なお店のようだ。
地元の方はもちろん、官公庁街にも近いようなので、ビジネスや観光で
長崎に出向かれた方、よろしかったら、ご利用のほどを。


T中さんの話によると、毎年2月には、長崎ランタンフェスティバル
が開催される。それがとてもいいらしい。


長崎ランタンフェスティバルのサイトから画像借用。


で、T中さんのお店訪問がてら、このランタンフェスティバル2010を楽しみ、
ついでにT中さんの案内で市内観光も…という、欲張りな長崎旅行の実現
を狙っている私たち。
(…実はもう、計画を進めているのだよね。うふ~楽しみ♪)
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<五十肩その後 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | ぶら下がり健康器を買おうかな>>
コメント
-はとバスもいいなあ-
改めて東京を見て歩くのっていいですね。

長崎ランタンフェスティバルは、2003年に結婚10周年で行きました。
素敵ですけど、すごい人でしたね。町中でさだまさしがかかってました。今年は龍馬のこともあって、人気なんでしょうね長崎。
2010-01-24 Sun 11:20 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-いいなあ~-
現在東京在住でも、改めて行きたいところ、行っていない所
沢山あるので、『はとバスツアー』、いつか絶対乗りたいです。
いいなあ~。

東京消防庁の庁舎の高さ→119メートルは、
知りませんでした!ひとつ勉強になりました。うれし~!

それにしても、かんちがいさんのブログの食べ物の写真、
本当に美味しそうです。(食いしん坊でスミマセン)

前記事のおせちの写真も、ものすごく美味しそうだった。
かんちがいさん、お料理上手なんだろうな~、、、。
2010-01-25 Mon 12:05 | URL | gatto #e8aPltnE[ 内容変更]
--
若だんなさん
ランタンフェスティバル、ご覧になったことありましたか。
若だんなさんも、何げにあちこちお出かけになってますね~。
しかも、奥様と一緒というのが感心^^

さだまさしは長崎出身ですものね。
あの「精霊流し」のイメージが強いですが、去年お義父様の
初盆だったT中さんに、精霊流しの写真を見せてもらったら
すごく賑やかで派手だったので、びっくりしました。

都内はとバスツアーも、なかなか良いですよ。
機会をみて、ぜひどうぞ^^

gattoさん
東京に住んでいても、東京中を知っているわけじゃないで
すものね…。
私も東京出身なので、人からは、東京のことに詳しいだろ
うと思われがちなのですが、実際には激しく田舎モンです。
渋谷や新宿なんか、滅多に行かないし、相当気をつけない
と、迷子になります。…いや、それどころか、あの人ごみを
見ただけで、「人あたり」して、どっと疲れます…(笑)

はとバスツアーも、ナイトツアーとか、いろいろ面白そうなの
があって、オススメですよ。
地方のお友達や身内の方と、たまには東京見物をなさるの
も、悪くないと思います。

料理はねえ…別に得意ではなく、普通だと思います(^^;)
写真が美味しそうに見えるように、青みを抜くとか、若干の
加工はしてます(笑)。
gattoさんのブログでも、時々料理の写真が載ってますね。
お料理自体も美味しそうだけど、テーブルセッティングが
お洒落だなあ…と、いつも感心してます^^
2010-02-10 Wed 15:40 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。