スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
今年のおせち+2才孫娘語録など
2010-01-06 Wed 22:32
2010年1月6日(水)

豆台風の2才孫娘が去ったのが3日。
翌4日は、ご近所仲間と、“はとバスツアー”で都内で遊ぶ。
昨日5日が仕事始めで、〆切が重なっている仕事の中で、一番
緊急度の高い仕事から必死にやっつける。
で、すっかり、新年のご挨拶も遅くなった。
改めまして…

   明けましておめでとうございます。

ブログ更新も、コメント等のお付き合いも無精な私だが、本年も
ぼちぼち続けていく気は一応あるので(笑)、時々思い出して覗
いてやって頂ければ幸いである。


さて、恒例のおせちの備忘録。
今回は、鹿児島から到来した食材が沢山あったので、おせちは
簡単で少なめ。
焼鯛を買いそびれたこともあり、重箱の中身はちょっと寂しい。
我が家のおせちの特徴とも言えるサバの昆布巻きだけは必須。
(これも今回は予め作って冷凍しておき、軽く煮直しただけ。)
煮しめも、今回はいり鶏にした。(参照したのはこちらのレシピ)。
普通の煮しめより短時間でできるし、家族の評判も上々だった。
きんとんはいつもは手作りするのだが、今回は実家の母からもら
った栗100%の栗きんとん(多分栗の甘露煮を作ろうとしたが、煮
崩れたため、きんとんになった?…笑)があったので、それを冷凍
パイシートでくるんで、マロンパイ風にしたら、これも好評。





鶏刺しや、鰹の刺身もふんだんに食べたし、福豚の残りも、次男
の勧めに従って、ホットプレートでサッと半焼きにしてわさび醤油
で食べ、それも美味しかった。
孫娘のKは、なまものと餅は食べなかった(与えなかった)が、そ
れ以外のものは、だいたい何でもよく食べた。
大晦日の晩など、食卓に並んでいくごちそうを見ると待ちきれない
様子で、Kは早々と着席し、食べ物を乗せたスプーンを手に持った
まま、今か今かと、「いただきます」を待ち構えていた。
おあずけ状態で健気に待っているその様子があんまり可愛いので、
Kだけ、一足先に食べさせ始めたりもした。
ちょっと意外だったのは、年越し蕎麦を「もっと、チュルチュル~」
と言って、何杯もお代わりして食べていたこと(小さな器だが)。
あと、大人たちが余り食べない黒豆も、よく食べていた。
普段から好きだというミカンは、自分で皮をむいて上手に食べる。


2才1か月のKは、今がちょうど、第1反抗期である。
「K、歯磨きしよう」──「歯磨きしないよ~」
「お着替えしよう」──「やだもん、しないもん」
「お風呂に入るよ」──「はいんない! いま、あそんでる!」
そんな感じで、とにかく悉く否定する、わかりやすい反抗期。
とは言っても、簡単に好物につられて節を曲げ、ちょっと叱られれ
ばあっさり転向する、たわいもない反抗期ではある(笑)。

泣くほどの人見知りはしないが、内弁慶。
家の中ではうるさいほどしゃべっているのに、外で人に声をかけら
れたりすると、ほとんど答えられない。
Kが苦手なのは、
 ・知らない人
 ・(中でも)男の人
 ・(その中でも特に)テンションの高い人

である。

それでテレビをつけていると、画面に複数の男性が出てきて、普通
と違うテンションで会話したり笑ったり、踊ったり歌ったりするので
「こわい、こわい、こわい、こわい~」と泣き叫ぶ。
お笑い系は特にダメ。
(確かに、お笑い芸人って、日常的に見かける人と比べたら、不審者
 みたいなテンションだもんなあ…笑)
それで、テレビ好きの夫には気の毒なことだったけど、年末年始は殆
どテレビを見られなかった(もちろん、夫は録画していた。)
子ども向きアニメ番組でも、ちょっと怖い悪者が出てくると、「こわい、
こわい~」と消してしまう。
「おかあさんといっしょ」などでも、歌のお兄さんはOKだけど、体操
のお兄さんは、妙に元気なので苦手らしい(笑)。
絵本も、「ももたろう」などは、鬼が出てくるのでNG。

以下、そんな2才1か月の孫娘語録。
 
[ 続きはここから… ]

【これ読んで】

絵本が大好きで、前橋の家から持ってきた愛読絵本のほかに、我が家
の古い絵本なども引っ張りだし、何冊でも何回でも「読んで」とせがむ
K。 夫なども、ずいぶん読んでやっていたのだが、また1冊持って、夫
のそばにやってきた、ある時のこと。

K 「おじいちゃん、これ、読んでね」
夫 「いいよ~。じゃ、一緒に読もうね」
K 「おじいちゃん、読んで。 Kは別にいい

…この時は、自分が読んでもらいたかったのではなく、面白い本だから
おじいちゃんも読んでみろ、ということだったらしい(笑)。


【おじさんの“T郎くん”のこと】

我が家の三男は、Kにとっては叔父に当たるわけだが、Kは三男のこと
を、「おじさん」でなく、「T郎くん」と呼ぶ。
三男と次男(Kの父親)は双子だから、顔は似ているのだが、髪形や雰
囲気が大分違うので、さすがにKは三男を父親と間違えることはない。
Kが三男に会うことは滅多にないので、むしろ「知らない人、苦手な男
の人」なのである。
それで、最初は三男に近寄ろうとしなかった。
が、お年玉などをもらって、最後にはすっかりなついて、三男が帰る時
(元日に皆で都内に出て、私の実家の両親や妹一家と食事会をした。
 その帰り、千葉に帰る三男は電車を途中で降りたのだが、その時)は
「Kも一緒に行く~」
と、泣きかけたほどである。
翌朝も、「T郎く~ん」と2階に呼びに行こうとするので、
「T郎くんは、昨日、電車の中でバイバイしたでしょ?」
と教えると、思い出したようで、寂しげな顔をする。
で、次男が尋ねた。
「KはT郎くんが好きなの?」
するとK、ちょっと考えて、

あんまり…。イヤ!

これには大笑いだった。(正直だなあ…笑)


【ファミレスで】

2日の夕方、次男一家を連れてスーパー銭湯に行った。
(Kは知らない人たちにビビったのか、最初は脱衣所で10分、浴場に入
 ってから5分は泣いていたが、小さい子がほかにも沢山来ていたので
 だんだん慣れ、最後は上機嫌でジェットバスなどで遊んでいた。)
お風呂の後、向かいのファミレスで食事。
Kにはお子様セットを頼んだ。
だいたい食べ終わり、デザートが来る前に、店員さんが皿を下げに来た。
最後に少し残っているKの皿を片付けようとして
「お下げしてもよろしいですか?」
大人たちがうなずき、店員さんが下げようとすると、Kはいきなり
まだ食べる!
店員さんも私たちもびっくりするような大声で、断固、皿下げを拒否。

店員 「あ、全部食べるの? えらいわねぇ…」
K  「………」
店員 「何才?」
K  「………」
店員 「いくつ? ふたつ? みっつ?」
K  「………」
店員 「お名前は?」
K  「………」

何を聞かれても答えられず、抱っこされたまま、気まずそうに、下を
向いているK…。
空気を読んだ店員さんが、もう一度確認するように
「お下げしてもよろしいですか?」
と皿に手を伸ばすと、

K  まだ食べるっ!!!

年も名前も答えられないくせに、そこだけは主張…(苦笑)。
店員さんも首をすくめて退散した。


そんなKは、前橋への帰り支度をする両親(息子夫婦)を見ながら
「おじいちゃん、おばあちゃんと、バイバイしない!」
と何度も言い張っていたので、別れぎわに泣かれると困るなあと思っ
ていたのだが、自分の家の車に乗ると安心したのか、あっさり「バイ
バ~イ」と手を振って、帰って行った(笑)。




最後に、これも恒例の我が家の年賀状公開。
(いつもは本館サイトのミニ日記の方だけにひっそりリンクするのだ
 が、最近は本館サイトが放置状態なので、堂々と?ブログで。)
いつもブログを読んで下さっている方には、目新しいことは書かれて
いないが、よろしかったら、こちらをどうぞ。

おまけとして、今年の三男の年賀状。
一応、迷路になっているので、おヒマな方はどうぞ。
(そんなヒマな人は、いないと思うけど。)





…ではでは、本年もどうぞよろしく。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | “姑道”、“おババ道”修行中 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<ケータイ使いすぎだろ、自分!…と反省 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 食材いっぱい♪(アワビ到来ほか)>>
コメント
-いやあ、面白い-
子供は面白いですねえ。

それにしても、K木さんがすっかりおじいちゃん顔なのに驚きます。

おじさんを名前で呼ぶのは、お父さんがそう呼ぶからでしょうね。自分も叔父さんをちゃん付けで読んだりしてましたねえ。呼び捨ての叔父さんもいたなあ。親がそうすると同じ呼び方になりますよ。

でも、好きじゃないんだ(笑)
2010-01-06 Wed 23:23 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-今年もよろしくお願いします-
あ、Kちゃん、ほんとにかんちがいさん似ですね~。

お正月らしいことを殆どしなかったので、この記事でお正月気分を味わっています。今年もよろしくお願いします!
2010-01-07 Thu 16:49 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
-あけましておめでとうございます。-
Kちゃん、激しくかわいいですねえ。眼がきれいで愛くるしい~。それに年賀状のミセス・かんちがいさんの若々しくお美しいこと!!

栗きんとんのパイ包み。娘が大好きな栗とパイの組み合わせなんで、すごくそそられました。おせちもおいしそう。Kちゃんを囲んで笑顔のはじけるお正月が眼に浮かぶようです。

昨年はミセス・かんちがいさんに出会うことができ、ほんとにうれしかったです。若冲は見れなかったけど、今年は京都にも等伯展が来るので、こちらは見ます!!(よく知らないんですけどね(^^ゞ)今年もどうぞよろしくお願いします。
2010-01-08 Fri 15:58 | URL | Carina #-[ 内容変更]
--
若だんなさん
伯父伯母はともかく、若い叔父叔母は独身だったりもして、
「おじちゃん・おばちゃん」では、呼ぶ方も呼ばれる方も
抵抗があったりしますね。
私の妹も、うちの息子たちに、ちゃん付けの名前で呼ばせて
いました(すっかり本物の“おばちゃん”になった今も…^^)

双子どうしは、呼び捨てで呼び合っているのですけどね、
お嫁さんのYちゃんは、T郎を君づけで呼びますから、孫の
Kも、君付けになるのでしょう。

Kが、父親そっくりさん?のT郎が好きじゃないのは、面白い。
でも、母親そっくりさんのYちゃんの双子のお姉さんのことは
好きなんですよ^^
今は、Yちゃんのお姉さんを、母親とは別人だと認識できて
いますが、赤ちゃんの頃のKは、母親姉妹を見ると、母親が
二人になった感じで、興奮して喜んでいたそうです(笑)。
むしろ、お姉さんの方にベッタリだったらしい(母親と違って
余り叱らないから…笑)

Yさおりさん
あ、私、本当にKに似ていますか~? 嬉しいかも(^_^)
アメリカではきっと、クリスマスの方が大事で、お正月は
おまけみたいな感じなのでしょうかね。
我が家のおせちも、かなりいい加減なんですが(^^;)、
それでも、ちょっとは「日本のお正月っぽさ」を感じて頂けま
した?
私は私で、Yさおりさんのブログで、いつもアメリカの香り
を楽しませて頂いています。
ご紹介なさっているアメリカのサイト…自分一人では決して
のぞくことがなかったサイト…などをのぞくと、それだけで
異国の空気が感じられるよう…。私にとっては、Yさおりさん
のブログは、異次元への扉の一つなんですね。

今さらですが(遅れすぎですが…(^^;)
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いします♪

Carinaさん
孫娘ともども、お誉めにあずかり、ありがとう(^_^)
「栗きんとんのパイ包み」は、初めてやってみたのですが、
見た目的にも味的にも、我ながら、なかなかのヒットでした。
…まあ、たいていのものは、パイで包んだら美味しくなるわ
けなんですが(^^;)

去年はCarinaさんと出会えて、私も嬉しかったですよ~。
とにかく、あれだけ毎日のように「今日はどんな話かな~?」
と楽しみにさせてくれるブログを書けるって、すごいこと!
センスとパワーを兼ね備えたCarinaさんには、本当に敬服し
ています。

長谷川等伯は、私もあまり知らないんですが、狩野一派と対
決するほどの実力者だったようですね。
もうすぐ東京展が始まるので、見に行きたいと思います。

ええっと…、Carinaさんにも、新年のご挨拶をしていません
でしたね(^^;)
ことしもよろしくお願いします♪
2010-02-11 Thu 17:04 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。