スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
ちゅうさんの作品+アンティークオルゴール+カゴの話(“ポエム・デ・リラ”で良かったもの)…って、タイトル長っ!
2009-12-03 Thu 23:57
2009年12月3日(木)

先月24日に、私がお友達と3人で出向いたちゅうさんの個展
については、一昨日、盛況のうちに閉幕した模様である。
( ぐずぐずしていて、開催期間中に感想をアップできなくて、
 ちゅうさん、ゴメンナサイ…。)

この日は、映画※とランチを済ませてから、個展会場のギャラリ
ー&カフェ“ポエム・デ・リラ”(柏市)に向かったので、ブログ
記事が4、5本書けそうなほど、中身の濃い一日だった。
が、そんなに書いてもいられないので、ポエム・デ・リラで、私
が心ときめいた、3つのこと…

 ・ちゅうさんの作品
 ・アンティークオルゴール
 ・カゴ(バスケット)


を、まとめて書いておこうと思う。
(…で、長いタイトルと長い文章になった。)

※ちなみに、映画は、「マイケルジャクソン THIS IS IT」を観た。
 (これももう終わっちゃったけど、…と思ったら、おっと、再公開
 されるっぽい!

 若だんなさんや、おかんさんや、伊藤ミーナさんのブログ記事
 を読んでいるうちに、全然MJファンでない私だが、いや、ファ
 ンじゃないからこそ、これは観ておきたいと思ったのだった。
 実際、観て良かった。
 マイケルジャクソンのことは、“ちょっとイカれたお人形さんみ
 たいな人”
という程度の認識しかなかった私だが…ファンの人、
 ゴメンナサイ…、これを見て、MJ観が一変。この映画を観る
 のは2度目というN井さんなんか、感動して泣いてたし…。


さて、本題。

ちゅうさんの、“ペーパーイラスト展”

まずは写真でご紹介。


ちゅうさんの本業サイトはこちら
作品「紅葉」を紹介した私の過去記事はこちら


ちゅうさんの作品は、これまでも、展覧会場やネット上で随分
見てきているが、今回は、世界の祭りと衣装のシリーズとか、
今まで見ていないものも沢山あって、とても見ごたえがあった。

お友達のN井さんや I井さんなどは、

「ちゅうさんの絵は、見ていると優しい気持ちになるわね~」
「やっぱり、ちゅうさんのお人柄がにじみ出ているわね~」


と、絶賛していた。

ちゅうさんの「作品」を誉めることには、私もやぶさかでないが、
そこで、ちゅうさんの「人格」まで誉めるのはいかがなものか?
(笑)と思い、私が

「全くもう~。 どうして、みんな、ちゅうさんのこと、そんなに
 ちやほやするのかしら?」


と言うと、ちゅうさん

「みんな、誉めてくれるよ。 僕のこと、悪く言うのは、かんち
 がいさんだけだよ
(笑)」


…ふん。
だからこそ、甘やかしてばかりではいけないと、私が心を鬼にし
て?、「けなし役」をやってあげているんじゃないの(笑)。

もちろん、ちゅうさんの「作品」自体は、とても良い。
ただ、いいなあと思う大きな作品などは、既に所有者がいたり、
結構なお値段がついていたりする。
ただし、デジタル版画(立体に見えるが、実は立体作品を撮った
写真を印刷したもの)は、割とお手頃なので、興味のある方は、
ご購入を検討されるのも、よいかも。
私自身は、カレンダーにもなっているポストカードセットを購入。
(1,000円也。)
…あとは、“形見分け”を待つか(笑)。
(ちゅうさんの方が、私よりずっと長生きしそうだけど…)


アンティークオルゴール

さて、ポエム・デ・リラのホールには、大きなジュークボックス
型のアンティークオルゴールがあった。
ドイツ製のディスクオルゴールで、ちゅうさんの情報によると
 このオルゴール、1台で5**万円もするそう…)


[ 続きはここから… ]

こういうのって、オルゴール博物館に行かないと見られないと
思っていたので、思いがけないところで見られて大感激。
しかも、お店のスタッフの方が、オルゴールのディスク盤を取り
出して見せてくれたり、サービスで演奏を聴かせてくれたりした
ので、「ええ、いいんですか~?」と、一同、テンションが上が
りまくり。

私たちが個展を見に行った日のことを、ちゅうさんはブログに
書いていらして
、それによると

 >K姐様(私のこと)は、ちゅうの絵などそっちのけで写真や
  動画を撮っている



ちゅうさんのブログ記事からお借りした写真
(見苦しい部分はカット編集してあります。笑)

 >K姐様、右に左に移動しながら撮影に夢中である。
  ち、ちゅうの絵が涙で霞んで見えまする。


…なんて、私たちがオルゴールに夢中だったことを スネていらっ
しゃるけれど、ちゅうさんご本人だって、体をのけぞらして、オル
ゴールの撮影に夢中だったのだ。




ほらね…


私が撮った動画は、例によって編集してみた(2分弱)。
アンティークオルゴールの仕組みなんて、なかなか知る機会が
ないと思うので、ぜひご覧あれ。
後半では、12月にふさわしい名曲が、ちょっとだけ聴ける。
(ただし、録音では、音がこもって…というか、音が割れてしま
 っていて、綺麗に聴こえないのが残念なのだが…)



※YouTubeのページで見る場合は→こちら

実際には、荘厳で、豊かな響きのある音色だった。
「心が洗われるような音色ですね~」
と話して、うなずきあっていると、ちゅうさんが、私に向かって、

ちゅう 「どう? 邪悪なものが、体の外に流されたんじゃない?」

私   「……。
     誰の中に、邪悪なものがあるって?」


全く、こんな失礼なことを言うヤツが、なぜ、「いい人」扱いさ
れるのか、わからない(笑)。


【“Raga Ragaシリーズ”のカゴ

それから、ポエム・デ・リラの2階のカフェで、ケーキセットを
楽しむ。



これを見ただけでも、素敵なカフェだということがおわかりだ
と思うけれど、私のハートを射抜いたのは、テーブルの足元に
置いて、バッグ入れにする、このカゴ。



私は結構“かごフェチ(笑)”なので、カフェに入ってすぐに、見つ
けて、「あら、いいカゴね」と思った。
(どうってことないカゴのようだが、大きさ、色合いがよく、重なり
 もいい。 なかなか、こういうカゴって無いのだ。)
手に持って、また感動。
見た目は天然素材に見えるのだが、触ったら、ソフトプラスチッ
ク?というのだろうか、滑らかで優しいのだ。
カゴは天然素材に限ると思ってたけど、この見た目と手触りの良
さなら、プラスチックでもOKだなあ。
(洗うのも楽だろうし。)

で、お店の人に、
「これ、いいカゴですね~。どこで買えるんですかね?」
と、何気なく聞いてみた。

すると
「オーナーに聞いてきます」

ここでも、親切すぎる応対を受け、ちょっと恐縮してしまう。

まもなく、店員さんは、カゴが買える店名と電話番号、販売担当
者の名前まで書いたメモを持って来てくれた。

このカゴが買える店は、インテリア カーサ(CASA)。
旧6号沿いにある店だと言う。

すぐにN井さんが、ケータイで検索して住所を調べてくれた。
柏駅から徒歩8分だ。

「だったら、今日の帰りにちょっとのぞいてみようか?」
「でも、地図が小さくてよく見えないわね」


などと話していたら、オーナーさん(女性)がやって来たり、地図を
パソコンで出して印刷してくれたりと、何だか、大ごとになってきた。

オーナーさんいわく、
「担当者に言えば、手配してもらえると思います。とても安いカ
 ゴだって、わかっちゃうから恥ずかしいわ♪」



…何だか、もう、買って帰らないとマズいような雰囲気?(汗)


オーナーさんが去ってから、私たちは囁いた。
「“安いカゴ”って言っても、お金持ちの人が言う “安い”だか
 ら…、どうなんだろね?」(笑)


本当に安ければ、買って帰ってもいいけれど、まだ、見たばっか
りだし、用途も決めていない。

しかも、そのお店には、「帰り道の途中だから」と、ちゅうさん
が車に皆を乗せて連れて行ってくれた。
ますます、「これは買うっきゃない!」という流れである(笑)。


インテリアカーサは、こだわりの家具やインテリア雑貨を揃えた
いいお店だった。
件のカゴは、同じシリーズで色や大きさの違うものが、店頭ディ
スプレー用に2個あっただけで、売り物としては置いていなかっ
た。仕入れておいてくれるということだったので、また、そのう
ち立ち寄りますと言って帰って来た。
…正直、ちょっとホッとした(笑)。

お店で、メーカー名と商品(シリーズ)名はしっかり見てきた。
ミズムジャパンの“Raga Raga シリーズ”というのだ。
ネットで取り寄せられるのではないかと思ったが、メーカーペー
ジに紹介はある
ものの、どうもネット販売はしていないようだ。
…とすれば、メーカーに直接連絡して取り寄せるか、インテリア
カーサまで買いに行くしかないだろう。

今考えても、やっぱり、いいカゴだと思うので(値段も1,500円く
らいで手頃だったし)、そのうち、用途と数を決めて、本当に買っ
てこようと思う。


帰る前に、ちゅうさんには、こんなことを言われた。

「かんちがいさん、僕の作品、ちゃんと見てくれたの~?
 何だか、僕の見ている限り、かんちがいさんは、笑ってるか、
 オルゴールに夢中になってるかのどちらかだったような…」



ちゃんと見ましたよ、ちゅうさん!

でも、一番先に、ちゅうさんの作品を見て良かった。
先にオルゴールを見ていたら、ちゅうさんの作品への感動は、ちょ
っと薄れたかもね…とは、思っている(笑)。
  
スポンサーサイト
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<宴会やパーティーにお勧めの、CMソング楽譜集 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 洗濯機の修理をしてもらう>>
コメント
-う~む!?-
相変わらず、誉めてくれているのか?けなしているのか!?
まっ、愛情の裏返しと思っておこう。
昨日の大雨の中、新宿へ出向き購入してくれた
作品の額縁を新品に変えた。包装した額縁4点。
途中、気に入ったブーツを購入。これが、箱がでかい!
バックを袈裟懸けに抱え、二つの大袋を持ち
傘を差しながらの帰途。まるでお上りさん状態。
雨で寒いのに汗だくで帰りました。
個展の後始末(?)はまだまだ続く。
(1)お借りした作品の返却とお礼。
(2)購入してくれた作品を某所で手渡しの準備。
そうそう、門前の大看板(ポスター)。本来はあの大看板ですが
ちゅうの作品の雰囲気に合わないと言うことで
(オーナーも納得!)ちゅうが持参したB3ポスターを
掲げることと相成ってのです。
2009-12-04 Fri 23:24 | URL | 後始末ちゅう! #-[ 内容変更]
--
ちゅうさん
誉めているのか、けなしているのか…だなんて、こんなに
愛情(愛のムチ?)たっぷりの記事にしてあげたのに(笑)。

看板は、小さかったけど、確かに、縦書きの大看板では、
“さかいちゅうワールド”には似合わないわね。

後片付けは、会場内のことだけでなく、借りた作品を返
したり、売れた作品を渡したり、ということもあったのね。
そろそろ、落ち着いた頃でしょうか?
後片付けも含めて、本当にお疲れさまでした。
連日賑わっていたご様子、嬉しいです。
私たちも、いろいろと「予想以上に」楽しませて頂いたし(^_^)

次の機会にもきっと見に行きますよ!
また、いろんなアイディアを絞って、楽しい作品を作り
ためておいてくださいね~♪
2009-12-07 Mon 23:53 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。