スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
孫娘の2才の誕生会…の予告編(笑)
2009-11-24 Tue 05:41
2009年11月24日(火)

先週土曜は、父の78才の誕生日で、実家で過ごした。
その翌日の日曜は、孫娘の2才の誕生会に呼ばれて前橋へ。
(本日24日が誕生日なのだが、22日に誕生会をしたのだ。)

取手から前橋までは、電車でだいたい2時間半である。
取手駅を9時頃に出る電車に乗る予定だったから、さほど
忙しい予定ではないはずだった。

が、朝7時半に、玄関チャイムがピンポ~ン。
まだベッドの中だった。

私 「…わ、植木屋さん、来ちゃった。あなた、出て!
  私、こんな格好(寝巻)じゃ出られないから」

トレーナーの上下をパジャマ代わりにしている夫に、応対し
てもらう。
この日は植木屋さんが来ることになっていて(それも前夜に
連絡が来たのだ)、留守の間にやっておいてくれるというこ
とだったのだが、まさか、こんな早い時間に来るとは(汗)。

それから慌てて服を着て、私も職人さんに挨拶して、それか
ら食事をし、化粧をし、職人さんのお茶の準備をし(完全な
留守中だったら、お茶出しも不要だろうが、顔を合わせた以
上は、「後で飲んで下さい」と、湯をポットに入れて置いてい
く方がいいだろう。若ければ、気が利かないのも愛敬だが、
私は“いい年”なんだし…笑)、孫へのプレゼントやら食糧や
ら大荷物を持って、いざ出発しようとしていると、

植木屋さん 「一応、概要を説明しておきます」
夫と私   「ああ、はい…」

…乗るはずの電車を1本逃した。
それでも、予定通り、上野10時発の特急草津には間に合った。
特急券を買う時、指定席は満席と言われて焦ったが、自由席
はまだガラガラだった。

私 「なんだ~、こんなにすいてるじゃん。よかったね」

贅沢に前後に1列ずつ(二人とも窓側)を取り、網棚に荷物を
乗せる。

私 「…あれ、私のハンドバッグは…?」





ない、ない、ない!!!

なんで?


ええと、さっき、特急券を買ったんだから、バッグから財布を出して…


…って、手には財布だけ持ってるじゃん!

ホントに、バッグを失くした、と、ここで初めて理解する。

きっと特急券を買う時、窓口の台に置いて、忘れてきたのだ。
この日は荷物が多かったし急いでいたから、床に置いた荷物を
2つ持って、財布をバッグに戻すのを忘れて財布だけ握ってき
てしまったのだ。

「さっきの窓口、行ってくる!」

急いで電車を降り、ホームの階段を駆け上がる。
階段を上がれば、窓口はすぐだ。
さっきから、まだ、3分くらいしか経っていないだろう。
まだ、あるかも。…いや、もう、ないかも…。
祈るような気持ち。

なかったとしても、財布を失くすよりはまだ被害が少なかった
か…(財布にはカードとか免許証とか入ってるから)と考える。
でも、ハンドバッグだって、いろいろ入ってるし、失くせば大シ
ョックだ。

窓口の人に、息せき切って
「あのっ、ハンドバッグありませんでした?」

奥の方の女性駅員さんが、「これですか?」

「…ああ、そうです! よかった~!!」

すぐに渡してもらえて、礼だけ言って、また、ホームへの階段
を駆け降りる。

…と。



発車ベル。



えええ~~~っっっ!

急いでも1段ずつだから、なかなか進まない。
(段飛ばしで降りるのは無理…)
降りきらないうちにドアが閉まるのが見え、ホームまで降りた時
には、電車は動き始めてしまっていた…。


ああああ…。

無情にも電車は行ってしまった。

夫と4つの荷物を乗せたまま…(笑)。
 
[ 続きはここから… ]

しょうがない。
夫のケータイに電話する。
「バッグはあったけど、乗りそびれた。私は新幹線で行くわ」

もともと、この特急に乗れなかった場合のことは調べてあった。
10時10分発の新幹線あさまがあるのだ。
迷う余地はない。それを逃すと、その次は間が開いてしまう。

窓口3回目。
「すみません、今の10時のに乗りそびれちゃったんで、10時10分
 の新幹線に乗りたいんですけど、この特急券はどうしたら…?」

「ええと…まず特急券を払い戻して…それと、新幹線はスイカで
 入れませんから…」

すると、例の奥の女性駅員さんがやってきて

「10時10分の新幹線ですか? 乗れませんよ。乗り場が地下4階
 ですから、ここから移動すると、10分以上かかります
から」
「ええ? …走ってもダメでしょうか?」
「う~ん、走れば間に合うかしら…」
そうしている間に、窓口の人が特急券の払い戻しと、スイカの解
除をしてくれた。

とにかく走ってみるしかない。
2階から、地下4階目指して、ダッシュ!
1階の新幹線改札に到着した時点で、残り3分。
新幹線の切符を買ってるヒマはない。

「すみません! 10分のに乗りたいんです!」

と改札で叫んでみたら、車内精算用の紙をくれたので、それを持っ
て地下4階まで、エスカレーターを駆け降りる。

…間に合った。
もちろん自由席だが、何とか座れた。

…やれやれ。
夫に状況をメール。

ちょっと考えてから、こんな追伸メールも打った。

「あなたの荷物は、あなたのバッグも含めて全部で4つよ。降りる時、
 大変でしょうがよろしく」

私は高崎で乗り換えなければならないが、目的地の新前橋には、夫
より、10分少々早く着くはずだ。
やっとホッとして、車内販売のコーヒーを飲み、ハンドバッグ一つで
身軽な私は、しばし優雅な時間を過ごした。
そして息子には、状況説明が面倒臭いので、「予定通り向かってます」
とだけ、連絡したのだった(笑)。


       **************

以下は、2才の誕生日のプレゼント選びのオマケ話。
(興味のある方だけ、どうぞ。)

孫娘のKへのプレゼントは、何がいいのかわからないので、息子夫
婦に、何かリクエストしてくれと言っておいたら、「自転車以外のオモ
チャを何か、お願いします」と言ってきた。
岩手(お嫁さんのYちゃんの実家)からは、自転車が届くそうだ。
2才のお祝いに自転車というのに、びっくり。
が、今どきは、2才から乗れる自転車(後ろに押し手が付いている
の)があって、三輪車抜きで、いきなり自転車ということらしい。

オモチャを所望されたのは、ちょっと意外だった。
たくさんのぬいぐるみを初め、Kは既に、随分いろんなオモチャを
持っているから。
でも、だいぶ知恵もついてきたから、赤ちゃん用でない、少し高度
なオモチャが欲しいということなんだろう。

ああ、シルバニアファミリーとかは、どうだろう?
息子しか育てていないので、女の子の玩具には詳しくないが、CM
などで見て、いかにも女の子が好きそうだなあと、昔から思ってい
た。
で、シルバニアファミリーのホームページを見てみたら、人形も家
も家具も、あまりにいろいろ種類があるので、自分が欲しくなった
(笑)。

…でも、2才児には早すぎかしら?

そこで、「2才 シルバニアファミリー」で検索してみる。
「うちの子はほとんど興味を示さなかった」、「2才には早い」という
記述も見かけたが、2才の誕生日にシルバニアファミリーをもらっ
て大喜びで遊んでいる女の子の様子が書かれたブログ記事も見つ
け、Kなら絶対喜ぶと確信。
(その子のタイプにもよるだろうが、夏に会った時、Kはお人形を使
 ってごっこ遊びをしていたから。)
ただ、あまり小道具が多くても、2才児は持て余すだろうし、一番シ
ンプルな入門セットでいいだろう。(1万円を超すような豪華なのも
あるけど、そんなのが2歳児に必要とも思えないし。)

「シルバニアファミリー(の一番シンプルなの)にしようと思う」と、
息子夫婦に一応打診してみると、「実は、オモチャ屋でKが一番興
味を示していたのがシルバニアファミリーでした」との返事。
おお、バッチリじゃん♪

本当は実物を見て買いたかったけど、トイザラスはちょっと遠いので
ネットで注文した。 アマゾンで、結構安く買える。

シルバニアファミリー はじめてのシルバニアファミリー DH-03シルバニアファミリー はじめてのシルバニアファミリー DH-03
(2008/04/12)
エポック社

商品詳細を見る(アマゾンへ)



(自転車と比べると、安すぎるなあ…苦笑。でもまあ、そんなとこで
 張り合ってもしょうがないし、何かまた、ほかのことで、してやれ
 ばいいよね?)


人形一体では寂しい気がしたので、一応赤ちゃんうさぎも付けた。

シルバニアファミリー ショコラウサギの赤ちゃん・家具セット DF-11シルバニアファミリー ショコラウサギの赤ちゃん・家具セット DF-11
(2008/02/09)
エポック社

商品詳細を見る(アマゾンへ)


お母さんうさぎを付けようかとも思ったけど、お父さん不在というの
に何となく抵抗があり…何か、息子が可哀相(笑)…、かと言って、
お父さんとお母さんを揃えて最初から3体というのも、2歳児には
贅沢すぎるだろう…というのが、私の感覚。…せこいかしら?
でも、こういうのって、少しずつ増やしたりレベルアップさせていく
のが楽しいし、様子を見て、また買い足してやればいいと思う。

ネットで買うなら、配送先は、息子の家にしてもよかったのだが、
せっかく誕生会に呼ばれていくのだから、持って行って、直接Kに
手渡してやりたいと思い、それが、この日荷物がかさばっていた理
由でもあったのだ。


あとは、Kに冬の上着を買ってやりたいと思っていた。
(今年の正月に、ケープ式のオーバーを買ってやったけど、もっと
 実用的で動き易いジャンパー風のが必要だろう。)
結局、あまり気に入ったのがなくて、上着は買わなかったのだけど、
女の子の服って、見ちゃうとダメ。
予定外のKの服をいろいろ買ってしまった…。




これ全部にスモックを1枚プラスして、合計で
5,000円台だった…西松屋、安っ!



…というわけで、誕生会自体の話はまた次回に。
(ああ、なんて長い予告編!)

今日(24日)は、ちゅうさんの個展にも行かなくちゃ…だし、ああ忙し!
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | “姑道”、“おババ道”修行中 | コメント:4 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
<<孫娘の2才の誕生会(とんとん広場で豚しゃぶ+群馬フラワーパーク) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | お友だちのペーパーイラスト展と、お芝居のご案内>>
コメント
-おかしいったらありゃしない!-
一瞬、自分のブログを読んでる錯角に~~(笑)
かんちがいさんもなかなかやるではないですか!

Kちゃんのお誕生日、おめでとうございます。
わたしも子供たちの買い物は本当に楽しかった^^
夫もわたしも子供時代はおもちゃなど持ったことがないので
誕生日やクリスマスと、楽しみながら悩みながら、あれや
これやと探したものです。

モイケル娘にはシルバニアファミリーではなくて、「ムーミン
ファミリー」でした。今でもそのまま残してあります^^

かんちがいさんのおばば○カぶりが、そのままブログに
現れ^^
誕生日のご報告、楽しみにしてます。
 
ちゅうさんの個展、いかがでしたか?
こちらも待っておりまする^^
2009-11-25 Wed 05:11 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
-西松屋!?見えない~。-
読んでいて、とっても楽しくなりました!駅のドタバタぶりも楽しいし、おもちゃ選びも楽しい。そうかあ。「おばあちゃん」をするって楽しいんだ~!!と思いました。(←必要以上に年下目線)

シルバニアファミリー、いいですね!うちの娘も2歳ごろから遊んで、小学生になってもポケモンの家にしたりして遊んでいました。懐かしいです。それにしても写真の服、西松屋ですか?上の写真なんか特にBEBEとかかなあ、って思っちゃいました。西松屋は、見る人の選択眼で違うんですよね!!秋らしくて可愛い~。本篇を楽しみにしています(^O^)/
2009-11-25 Wed 08:12 | URL | Carina #-[ 内容変更]
--
あらま。もう2歳ですか。おめでとうございますー。

うちも三輪車ナシで自転車でしたわ。
買おうかどうしようか迷ってたら、お友達のお母さんが
「買ったけどあまり乗らないんだよー」と、タイミング良くぼやいてくれたので。
(脚力を必要とする割に進まないからじゃないか、と推測してました。)

にしても。女の子の服ってホントに目移りしちゃいますね。
かわいいのが多すぎる。
楽しいけど選ぶの大変だろうなー、と思います。
・・・・めんどくさがりの自分は、男の子でよかったのかも。
2009-11-25 Wed 10:28 | URL | ありくい #RdrASfiE[ 内容変更]
-お返事、大変遅くなりました…m(_ _)m-
spacesisさん
うふふ、ご自分のブログみたいな錯覚が?(笑)
そうでしょうとも!
駅での自分のドタバタ劇を書きながら、何だかspacesisさん
のブログに出てきそうな話だな…と思っていたのよ!(笑)

孫とのかかわりは、「子育て」の楽しかった部分だけを
追体験できる感じです。
しかも、子育て当時より、いろんな意味で自分に余裕が
あるから、買い物なんかは本当に楽しめます。
ただ、子育てに一番必要な「体力」が、今はない…。
うまくできてるもんだと思います^^

ちゅうさんの個展レポート、昨夜(12/3)、ようやくアップ
しました。
ちゅうさんに言われっぱなし、撮られっぱなしじゃ、悔し
いですからね(^^;)

Carinaさん
「おばあちゃん」をするのは、いいものですよ。
Carinaさんにも、「その日」が来ますように!
(…って、まだまだ先のことですね~(^^;)

Carinaさんは、私の妹と同学年なんですよ。
(妹は昭和37年の早生まれなので。)
そして、妹にも、中学生の子どもがいます。
で、何となくCarinaさんは、私にとって“妹分”の感覚が
あるんです~(と、勝手に姉貴ぶる…笑)

西松屋の服のチョイス、いいですか?
BEBEというブランドは知ってさえいなかったけど、嬉しい
なあ!
ベビー用の服の間は、あまり全身コーディネイトとか考え
ようがなかったけど、これからは、こんな服の組み合わせ
を考えて買えると思うと、楽しみ♪

息子しか育ててないから、女の子の服を買うのはメッチャ
楽しいところがあります。
最近は大人用の服を見ていても、つい“可愛い系”に目が
行ってしまって、「お嫁さんに着せたいなあ~」って思うの。
年齢不相応の服を眺めている私に、店員さんが声をかけて
くると、慌てて、「あ、私じゃなくて、娘用に見てるんです!」
って、言い訳しちゃいます(^^;)
店員さんは、それで、すごく納得した顔をしますよ…(笑)

ありくいさん
孫の誕生の時にも、お祝いコメント頂きましたが、あっと
いう間に、2才ですわ。
ありくいさんとのお付き合いも長くなりましたね^^

そう、ベン君も、“いきなり自転車”でしたか?
私自身やうちの息子たちは、三輪車も結構愛用しましたが…。
確かに、三輪車って、漕ぐ効率が悪いですよね。

うちの場合は、男の子がわさわさ3人もいたので、「大変で
しょう」ってんで、ご近所じゅうから、服や三輪車やおもちゃ
などのお下がりが回ってくるし、良いものは、じいちゃん、
ばあちゃんが買ってくれるし…。で、子どものものを自分で
買うことは、あんまりなかったです。

女の子の服選びは、楽しいけど「面倒臭い」という感覚はわ
かります。
孫なら、「たまに」だからいいんですね^^
って言うか、男の子しか育てていない母親って、「男の子の
母親的性格」が、共通して形成されると思いません?
男の子の子育てって、「細かいこと気にしたって無駄じゃん?」
…な世界ですもんね。
元来こまやかな人も、細かいことを気にしなくなりそうだし、
私のように生来ズボラな人間は、ますますそれに拍車が…。
(…と、同意を前提に話を進めてますが、別に、ありくいさん
 が後者とは言ってません。笑)

ベン君ネタ、いつも楽しみです。
今どきは、九九のマスターも大変なのね(^^;)
ベン君は、うちの長男の小さい頃に似てるな~って、いつも
勝手に親近感、感じてます^^
2009-12-04 Fri 12:09 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
何を思い出したか、大学時代の旧友の奥さんの名前でググッテみた。そこからどう行き着いたかその旧友の奥さんがなんと3.4年前から書き綴...
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。