スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
憧れの、手作り箒(ほうき)を買った!
2009-11-09 Mon 20:45
2009年11月9日(月)

若冲の絵を見た日のことだったが、感動の余韻も醒めやらぬ
まま取手駅に帰り着いて、私はホームを急ぎ足で歩いていた。
駅ビルの本屋に、夫を待たせていたからだ。
(我が家は車が1台しかないので、2人とも出かける場合は、
 駅のそばの駐車場に車を停めておいて、先に帰った方が、
 後から帰った方を迎えに行くのだが、帰宅時間が近い場合
 は、1度の手間で済むよう、駅ビルなどで待ち合わせて一
 緒に帰るのだ。)

…と、上りエスカレーターに向かう人の流れの中、前方に、
人の頭に混じって、箒が見えた。
先を上を向けた、柄の長い座敷箒が2本。
持っているのは、おばさんだ。

……!

ピンと来た。
「筑波の箒売り」のおばさんではないだろうか?

うわっ、チャンスチャンス。
以前に、実家の母から見せてもらった、行商のおばさんから買
ったという、手作りの座敷箒
にすっかり惚れ込んだ私は、機会が
あれば、ぜひ自分も1本買い求めたいと思っていたのだ。
(今どき手編みの箒なんて、なかなか売っていないし、我が家
 の方に、行商のおばさんが来ることもない。この機会を逃した
 ら、次はいつ買えるかわからない。)

小走りに走って、エスカレーターの途中でおばさんに追いつく。
(エスカレーターでは、右側を急いで上がって、おばさんのす
 ぐ後ろに割り込んだのだ。)

私 「…あの、この箒、売ってらっしゃるんですか?」
おばさん 「そうだよ。筑波の箒だよ」

よっしゃ!
心の中ではもう買うことは決めているけど、そこでおもむろに
物欲しそうに交渉開始(笑)。

私 「いい箒ですねえ…。お高いんでしょうねぇ…」
おばさん 「こっちが7,000円。こっちが3,500円…。でも売れ残
  ったから、安くしとくよ。 こっちが5,000円、こっちは3,000円
  でいいや」

エスカレーターを上りきり、改札前の広くなった通路の端で、改
めて箒を見せてもらう。

私 「私、実家が東京なんですけど、前に実家の母から、箒売り
  のおばさんから買ったっていう筑波の箒を見せてもらって、
  私も欲しいなあと、ず~っと思ってたんですよ」
おばさん 「ああ、東京にも売りに行くからね」

私 「ええと、こっちが5,000円で、こっちが3,000円?」

おばさん 「そう。こっちは、13玉、こっちは9玉。 ほら、こっちは
  4玉多いからね、しっかりしてっでしょ」

なるほど、高い方のは、ほうき草の束の数が多い。
安い方も、それだけで見ると良い箒なのだが、2つ並べて見ると、
やはり、高い方の箒の方が、作りが断然良い。
使ってあるほうき草も、良いところを選んである感じだし、糸の
かがり模様も手が込んでいて綺麗だ。

私 「あ~、こうして見ると、やっぱりこっちが欲しくなりますね。
  う~ん、5,000円か…」
おばさん 「そう、ほんとは7,000円だけど、5,000円にすっから」

5,000円なら、“買い”だなあ。
座敷箒なんて、滅多に買うものじゃないし。

…と思いつつ、一応

私 「う~ん、もうひと声!」

私としては、それ以上の値引きはなくても買うつもりになっては
いたし、もし、500円でも引いてくれたら“めっけもの”のつもりで、
とりあえず言ってみたのだが、おばさんはあっさり
「じゃ、4,000円でいいや」

私 「え、4,000円でいいんですか?」

…急に申し訳なくなる私
(4,500円にしてほしかったという、微妙な金銭感覚…笑)。

おばさん 「軽くなる方が、私もいいから」
私 「そうですか、じゃ、何だか悪いわねぇ…」

と言いつつ、お金を払って受け取る。

私 「あ~よかった~! 嬉しい!」

こういう職人技の手作りのものを値切っちゃいけないよな…と、自
分の品のなさに少々落ち込んだが、とにかく、憧れの箒が手に入
ったのだから、もう嬉しくてたまらない。

それから、夫が待つ本屋へ急いだ。
はっと気づくと、ビジネススタイルのまま、むき出しの長い箒を
持って、駅ビルの中を歩いている私の姿は異様だ。
何となく、周囲の視線を感じる。
しかも、コレ持ったまま、本屋に入って行くのも、かなり変(笑)。

でも、しょうがないから、本屋にずんずん入って行って、夫を見つ
けるやいなや、テンション高めに
「ホウキ、買っちゃった~! 前から欲しかった手作りのホウキ。
 今、箒売りの行商のおばさんに会ったのよ!」
…それは、夫への報告というより、周囲への言い訳だった(笑)。
 
[ 続きはここから… ]

家に帰って来て、見ればみるほど、良い箒!
もう、惚れ惚れする。
(って、箒にうっとりしているのも、いかがなものか…笑)


普段、和室は使っていないし、掃除をする時もたいていは掃除機を
使ってしまうから、座敷ほうきの出番は少ないのだけど、それだけ
に、大事に使えば一生使えるだろう。


ちなみに古い箒はこちら。


こちらは、11玉。古いけれど、つくり自体は悪くありません


これは、結婚した時にはもう家にあったから、多分、義母が買った
ものだろう。
取手で買ったのかどうかはわからないが、30年近く前なら、どこの
町の荒物屋さんでも、ほうきは普通に売っていたのだと思う。


ちなみに、ネットショップで座敷ほうきを調べると、一見似た感じの
2,000~3,000円代の手編みの箒も出てくるが、それらは、国産品
ではないようだ。
「日本製」と明記されていると、だいたい1~2万円前後。
アマゾンでは、「茨城県つくば市で製作されているほうき」を扱っ
ていて、価格は20,000円である。

MADE IN JAPAN 熟練の職人が作る 日本製 最高級手編みほうき(手編みホーキ) 13玉 長柄MADE IN JAPAN 熟練の職人が作る 日本製 最高級手編みほうき(手編みホーキ) 13玉 長柄
()
中野産業

商品詳細を見る


筑波では農家の副業として昔から箒が作られていて、「大穂の箒」
として有名。
今も職人さんは、少しは残っているようだし、行商のおばさんも、
何人かいるのだろう。
が、私が箒を買ったおばさんと、実家の母が箒を買ったおばさんは、
同じ人だったかも…と、後で気づいた。

以前聞いた母の話を思い出したのだが(母は、箒売りのおばさんと
いろいろ話したようで)、母が、「おばさん、これからどうやって筑波
まで帰るの?」と聞いたら、「取手まで電車で帰ると、息子が車で
迎えに来てくれるんだ」と言っていた…そんな話だった。
取手で降りていたのだから、どうも同一人物っぽい。

急いでもいたし、念願の箒を買って舞い上がって、さっさと帰って
きてしまったけど、あのおばさんと、もうちょっと話をすれば良かっ
たな。
こうしてブログに書くのだったら、写真も撮らせてもらって、名前と
電話番号くらい聞いておくのだったな…。(この記事を読んで、注
文したいと思う人もいるかもしれないし…。)
※…と、ここで過去記事「つくばのホウキ売り(手作り箒の話)」
 読み返してみたら、「私がその場にいたら、連絡先を聞いて、ブ
 ログで(地味ながら)宣伝してあげたんだがな…。」
なんて、書い
 ていた。
 いざとなったら、ダメじゃん、私…。
 しかも、すっかり忘れていたけど、過去記事には、箒を1本作るの
 に、2日かかることも書いてあった。
 そんなものを値切ってしまった私って…人非人やん…。
 なお、大穂帚協同組合(つくば市前野2259)の連絡先は、最新の
 ものが確認できないが、2007年の“たびなび茨城”(PDFファイル)
 によると、Tel:029-864-0088である。


さて、箒は、新築祝いの贈り物にされることも多いようだが、確かに、
きれいな箒は、きれいな和室に似合う。

……。



残念ながら、我が家の和室に、この箒は似合わない(悲)。


この箒が似合う和室にしたいなあ…。

我が家の押し入れのフスマは、現在あり得ないくらいオンボロ。
自分で2回張り替えたのだけど、重ね貼りしたのがいけなかったの
 か、重なった紙が下紙ごとはがれてきて、最近はベニヤむき出し…
 という悲惨な状態。しかも、息子たちが小さい頃押し入れにぶつか
 っていたから、ベニヤも割れまくっている。)
さすがに見苦しすぎるから、プロに頼んで、建具ごと交換してもらわ
なければ…と思っていたのだ。

しかし、襖だけ替えても、畳がなぁ…。

この際だから、畳も替えようか。

改築は(費用的に)望むべくもないけど、フスマと畳だけでも替えた
ら、だいぶ小綺麗にはなるだろう。

うむ、インターネットで畳屋を探してみるかな…。


…と、ここまでをブログに書こうと思っていたら、今日、セールスの
電話がかかってきた。
畳屋さんからだ。

…おお、願ってもないタイミング!

年末に向けて、今は畳替えが安くなっているとのこと。
聞いてみたら、フスマの方も、対応してくれるようだ。

普段、セールスの電話はすぐ切ってしまう私だが、ここはもう、渡り
に舟で、“乗る”っきゃない。

で、無料見積もりを、とりあえずお願いした。
私にしては、素早い決断。
いつもの私なら、今は忙しいから、とか、散らかってるから、とかいう
理由で、先延ばしにしてしまったことだろう。

グズグズな私の背中を押してくれたのは、新しい箒だったのだ。
大げさに言うと、1本の箒が、暮らしを変えるきっかけになったわけ
で、こういうのって、面白いなあと思う。


…で、今日は一日、和室の片づけをしていた。
(見積もりに来てもらうための準備…笑)

もう、畳も襖も、替えることは、私の中では決まっている。
が、電話口では、「う~ん、じゃ、見積もりだけお願いすることもで
きますか…?」と、迷い加減に言っておいた。

もちろん、頑張って、できるだけ「値切る」のである(笑)。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 便利モノ、すぐれモノ、こだわりグッズ | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<我が家のアスベスト?(笑) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 母に本を選ぶ(見舞いにお勧めの本)>>
コメント
-たくましい!-
先ほどメールをば送りましたよ!
K姐様の逞しさに免じて“人○人”とか“人○無し!”とか
罵ることはいたしません。
でも、漢字変換出来なかったな!?

写真を見て誰かのセリフではありませんが
『良い仕事をしてるね~!』ですな!

我が家も、居間の畳を年内中に変えなければと悩んでいます。
費用は? もちろん「絵が売れたらv-291考えようっと!」とね。
2009-11-10 Tue 10:39 | URL | いろいろに行動ちゅう! #-[ 内容変更]
-つくばの箒いいですね-
大穂が箒の産地だったなんて、知りませんでした。
それにしても、箒やさんにあったり、畳屋さんから電話がかかってきたり,タイミング良すぎですね。

どっきりじゃないですよね(笑)

あの和室がきれいになるのかあ。楽しみに新年会のご連絡をお待ちしております。
2009-11-10 Tue 10:45 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-すてきな箒ですね!-
民芸の美しさっていうんでしょうか、すてきですね~。
2009-11-10 Tue 10:48 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
--
ちゅうさん
メール拝読。ありがとうございました(^_^)
電車+バスで行くと思うけど(知らない道を車で走るのは
苦手なので…(^^;)、ちゅうさんが会場にいらっしゃる日に
伺います。
日にちは、N井さんの都合も聞いて、また連絡しますね^^
2階のカフェで、お茶ぐらい、ご一緒できるかしらね?
楽しみにしています。

ちゅうさんとこも、畳替えを考えているの?
畳はいろんなランクがあって、国産のいぐさを使ったもの
で、1畳7,000円前後(工賃込み)が売れ筋のようです。
今回は、そんなには値切れなかったわ(少しは値切った
けど…(^^;)
詳しくはまた、後日記事にしますね^^

若だんなさん
うふふ、「大穂」の地名に、反応してしまいますよね。
でも私も、最近まで、箒の産地とは知らなかったの。
本当に良い箒で、見れば惚れ込むと思います。
若だんなさんのとこは、クイックルワイパー専門というお話
だったと思うけど、和風の住まいにお暮らしの方へのお勧
め品として、覚えておかれるとよいかもです^^

我が家の「あの和室」(「あの」が意味深ね…笑)が、少しは
快適になる予定。
どぞ、お楽しみに^^
…もっとも、新年会で若だんなさんがお泊まりになる場合は、
和室ではなく、リビングの床に寝袋で寝て頂くとかになってし
まうことが多い気がするけど…(笑)。

Yさおりさん
こういう、「飾る」のではなく「使う」民具・伝統工芸品に、最近
は心ひかれます。
自分で「作る」ことには関われなくても、「使う」ことで、少しでも
応援できたらいいな…と思います。
(応援と言うなら、値切っちゃダメなんだけど…(^^;)

「10歳若く…」の記事のリンク先の写真、興味深かったです。
みんな素敵に変身していますね。
いろんなポイントを見比べながら、何度も見てしまったわ。
襟元は、殆ど例外なく、afterの方が広くあけているなあ…
(V字型も多い)、それに、大きめアクセサリーを組み合わ
せて、視線を縦に誘導してるなあとか。
ウエストをマークするのに、ベルトより、幅広リボン?みた
いのを使っているなあとか…。
普段用には難しいけど、お出かけ、ドレスアップの時に参
考になりそうだと思ったことでした。
そちらにコメントせず、ここで失礼(^^;)
2009-11-11 Wed 23:51 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
--
使ってこその機能美ですね~。それに、わたしがこの秋「はまって」いる、やっちゃんさんの"持つこと"→"使うこと"への変換というコンセプトにも通じますね。

記事へのコメント、ありがとうございます。あちらでいただいても、こちらでいただいてもうれしいです!今日は、映像編です。写真よりも効果がよくわかると思います。
2009-11-12 Thu 11:22 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
--
Yさおりさん
Yさおりさんのとこで「整理収納やっちゃんです」を
知って以来、私もずっと読んでます!
やっちゃんさんは、芳賀さんとこのスタッフさん(お弟子
さん?)でしたよね。
なかなかあそこまで徹底できないけど、あちこちのお片付
けブログを読んでいると、少しずつは学習効果?が出てく
るようで、私も最近、モノを「死蔵」させずに「使う」こと
を、かなり意識するようになりました。
(「捨てる」がなかなかできないから…(^^;)

「10歳若く」、YouTube版も大注目ですね。
ご紹介の3本以外も、少しずつ見たりしてます。
(英語がわからないのが残念だけど、映像だけでも面白い!
あれだけ、内面から輝くような変身を目の当たりにすると、
自分も少しは努力しなくては…なんて思いますね~。
2009-11-15 Sun 21:10 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-陽気な箒屋さん♪-
今日、ウチにも箒屋さんが来たそうです。里帰り中の姉が購入しました。
私はその時、家に居なかったのですが、嬉しそうに姉が見せてくれたのは、素敵な箒でした。
一番安い小さな箒を買ったのですが、大きな箒を買えば良かったと、後悔していました。

仕事から帰って来た母も私も買いたいと言って何処の箒屋さんか、と聞いたのですが、つくばから来た 陽気な箒屋さんと、しか分からない。その箒屋さんは、両国国技館の大相撲の箒は、俺が造ったんだぁと言っていたそうです。

そこで携帯で調べた所、ミセスカンチガイさんのブログに辿り着いたのです。
2010-02-20 Sat 20:50 | URL | みっころり #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。