スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
若冲の「動植綵絵」に心奪われる!(「皇室の名宝展」)
2009-10-30 Fri 23:50
2009年10月30日(金)

鹿児島にいる間、「早寝」の義父母に合わせて、宵っ張りの
私も、早めに消灯していた。
休む部屋は別々なので、義父母が寝てからこっそり夜更かし
すれば良さそうなものだが、義父母は夜中に何度もトイレに
起きるので、私の部屋から灯が漏れていたり物音がしたりす
れば、起きているのがバレるわけなのだ。
私は「早起き」の方は義父母に全然合わせていないので(そ
ういうところで頑張らないのが「良い嫁」のコツなのだ…笑)、
夜の10時、11時では、まだ眠くならない。
それで一度、夜中の1時近くまで起きて仕事をしていたら、
「そんなに夜更かししたら体を壊す」と、ものすごく心配され
てしまった。
で、早めに消灯して床に就き、枕元には本を読めるようなラン
プもないので、真っ暗な中、ケータイでブログ巡りを1~2時
間もするというような“隠れオタク”的な生活をしていたので
あった。(まあ、自宅に戻ってきてからも、ブログ巡りは殆ど
ケータイでしているのだけど。)

そんな風にして、鹿児島にいる間に、この記事を読んだ。
 ・「皇室の名宝展に行ってきました」(若だんなの新宿通信)
もともと皇室の名宝展はちょっと気になっていたのだけど、こ
れを読んだら、どうしても若冲(じゃくちゅう)の「動植綵絵」を
見たくてたまらなくなって、こっちに戻ったら、すぐに見に行こ
うと決めていたのである。
(若冲の絵が見られる1期は、11/3まで。)
 
伊藤若冲なら夫も興味を持ちそうなので誘ってみると
夫 「う~ん、仕事が忙しくて時間が取れないよ」
私 「でも、“動植綵絵(どうしょくさいえ)”の30幅がすごくいいみ
  たいよ」
夫 「うむ…でも無理。 それに、俺は前に京都に仕事に行った時、
  細見美術館で若冲の絵を結構見ているんだ」

それで、私一人で、仕事帰りに上野の東京国立博物館に見に行
くことに。
予習として、「奇想の系譜」(辻惟雄)を読んでから行った。
 
[ 続きはここから… ]

最後の数日間はきっとものすごい混雑になるだろうからと思い、
昨日の木曜に見に行ったのだが、それでもすごい混雑。
しかも殆どの人が、若冲の「動植綵絵」がお目当てのようで、そ
の30幅の前ばかりに、人だかりができている。

でも、本当に見に行って良かった。
もう、「動植綵絵」以前の「旭日鳳凰図」1枚を見た時点で、その
見事さに息を飲んでしまった私だった。
「動植綵絵」30幅の素晴らしさと言ったら、もう筆舌に尽くし難い。

以前に、北斎の肉筆浮世絵の鳳凰図屏風を見た時、身震いする
ほど感動した
のだったが、それと同じぐらいの感動が、今回は数
多くある。しかも、1枚1枚のサイズが、結構大きい。
1枚だけでも唸って余韻に浸ってしまいそうなほどの見ごたえな
のに、こんなに沢山連続して感動するのは、何だか勿体ない気が
してしまうほど。

緻密にして大胆。
リアルなのに幻想的。

実物を見てしまうと、パンフレットや画集じゃ、そのすごさが全然
伝わらないということがよくわかる。
そして若冲の絵がすごいのは、拡大すればするほど、その精細さ
に驚かされるところだ。
会場の一隅に、作品を部分拡大して解説したパネルがあったのだ
が、「雪中鴛鴦図」の一部分を大きく拡大したものなど、そのまま
ポスターに欲しいなあ…と思うほど美しかった。
できることなら、すべての絵をこんな風に拡大して細かに観察し
たいものだ。

若冲の描く絵は、動物も植物も、擬人的だ。
花などにも、「立ち姿」というか、「表情」がある。
30幅、どれもそれぞれに良いが、私的な好みを言えば、鶏の絵
なら、「南天雄鶏図」と「群鶏図」。
摩訶不可思議な雰囲気の「蓮池遊魚図」も好き。
1枚だけ家に飾るなら、鮮やかな「雪中錦鶏図」がいいかなあ…。
30幅もあると、見る人それぞれで気に入る作品も違うだろう。
ミュージアムショップも大混雑で、「動植綵絵」関連のグッズが飛
ぶように売れていた。

「動植綵絵」と比べると、他の作品はどうしてもかすんでしまう
観はあったが、皇室の名宝展では、若冲作品以外にも、さすが
皇室と思うような、珍しい面白いものがあった。
例えば、「萬国絵図屏風」(安土桃山~の作品だが、世界地図に
ポルトガルやパリの町の風景や、世界各地の民俗衣装なども組
み合わせて書かれている)とか、「春郊鷹狩・秋庭観楓図壁掛」
(一見絵のようだが、大正期に川島織物が寄進した巨大な織物)
とか。
まあ、とにかく見る価値は充分。
興味を持たれた方は、残り数日のうちに、大混雑覚悟で、若冲の
「動植綵絵」だけでもご覧になったらよいかと思う。
あるいは、これだけ若冲人気が高ければ、また展示される機会も
あるだろうから、その時にはぜひ逃さずに。
私も今後は、近場で若冲作品の展示がある際は見に行こう。

そう言えば、若だんなさんもすっかり若冲にハマっておいでのよ
うで、「皇室の名宝展」だけでなく、その後、京都でのお仕事の
ついでに、滋賀は信楽の「MIHOミュージアム」の「若冲ワンダー
ランド」にまでお出かけになったご様子。(「ミホミュージアムなう」
詳細エントリのアップが楽しみ♪)
なお、「若冲ワンダーランド」の方は、12/13まで。


《追記》
 ※若だんなさんが、MIHOミュージアムのことを書かれ、
  その後さらに、書きそびれた感想を追記記事にしていら
  っしゃった。
   ・若冲ワンダーランドの感想を追加します
  それを読んで、私も、書き忘れていた感想を、自身の
  メモとして、追記しておくことにした。
 
若冲の絵は、細部の技巧も圧倒的だけど、本当にすごいの
は、「着想」と「構図」だろうと私は思っのだった。
だから、古くない、「新しい」のだ。
「動植綵絵」は(もちろん彼の作品の中でも最高峰のものに
違いないが)、多分、どの時代の、どの文化圏へ持って行っ
ても、評価されるんじゃないだろうか。
何のため、誰のためでもなく、この30幅を、若冲は、己のた
め、己の興味と能力をとことん追求するために描いたのだと
思う。 
おそらく、狂気じみた執念と、秘かな自己陶酔を伴って。

「動植綵絵」が総国寺に寄進された時、京市民の間で評判
になったそうだが、若冲のねらいは、現世での評判だけでは
なかったろう。 きっと、後の世の人にも見せて、価値を問いた
いと思っていたに違いない。
200年余の時を超えて、今の私たちに「どうだ?」と迫ってく
るような、その、矜持、気概、気迫…。
そんな画家の魂に、私は涙が出そうになったのだった。

  
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・アート・音楽・芝居 | コメント:6 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
<<母に本を選ぶ(見舞いにお勧めの本) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 帰って来たら…>>
コメント
-ありがとうございます-
ご紹介にトラバまでありがとうございます。

もう、若沖すばらしいですよね。
しかも、あの30幅が同時に見られるのは、なんと3度目だそうです。

相国寺で一度勢揃いしたのと、東京では83年ぶりだったかな。
2000年に京都でやった若沖展でも15幅ずつ。

だから、あれを見損なうのは一生の損です。
K木さんは惜しいことしたと思うな。

MIHOの話はまた書きます。
2009-10-31 Sat 07:49 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-わたしも「心奪われ」たいです-
こんにちは。

「身震いするほど感動」とか「心奪われる」という経験を最後にしたのはいつだったかなあ、と考えてしまいました。しかも、考えても思い出せず。

来月、小旅行を予定しているのですが、「心奪われるものをさがす旅」でテーマ決定です。
2009-11-01 Sun 07:38 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
-ほんと、心奪われたい。-
毎日、ぼんやりしているので
ミセス・かんちがいさんのこの記事を拝見しなかったら、
展覧会の存在すら知らないで過ごしたと思います。

この記事、もう何度も読んでいるんですが
心のなかの「劇的体験センサー」が稼働して、
「見たかったあ」と思い続けています。

さおりさん同様、心奪われたい。
息をのみたかったです。

若だんなat新宿さんの記事も拝見しました。
ミホミュージアムもこれまた関西にいるのに知らなかったです!
ここなら、がんばれば行けそうv-91

展覧会といえば、珍しく娘が興味をもったので
11月1日に「だまし絵展」に行ったのですが、
70分待ちで、もうえっらい大変な騒ぎでした。
美術展初体験というお子さん連れも多いとかで
有名作品の前では、5重6重の人の列。

みんなそれぞれ「だまし要素」を探すのに時間がかかり、
それを子どもや恋人に解説するのにも時間がかかり、
さらには、それを相手が理解するのにも時間がかかり・・

心を奪われる余裕はなかったものの
体力は思いっきり奪われました(-_-;)
2009-11-05 Thu 10:41 | URL | Carina #-[ 内容変更]
--
若だんなさん
サイエンスアゴラ、お疲れさまでした^^(←遅っ!)
3回にわたるMIHOミュージアムの記事のアップ、
楽しませて頂きました。
トラックバックも、ありがとうございました。

前回、東京国立博物館に行ったのは、去年の大琳派展
の時でしたが、その時も、若だんなさんの記事に刺激さ
れて行ったのだったけなあ…と、思い出しました。
今回も、若だんなさんの記事のおかげで、行く気になっ
て、見てきて、本当に良かった! 大感謝です。

ブログでツイッターのログなども拝見しましたが、まだ
まだ若冲ネタ、尾を引いておりますね^^
リンク先も、読んできました。
MIHOミュージアムの館長、辻惟雄さんは、私が若冲
を見に行く前に読んだ「奇想の系譜」の著者でもあり
ますよ。

若冲は作品も多いし、最近の新たな発見もあって、
ハマると長く楽しめそうですね。
それにしても、今は若冲ブームというんですか、若冲
ファンが多くてびっくりです^^

《若だんなさんへのレスの追記(笑)》
若冲ワンダーランドの感想の追加も、今朝(11/7)
拝読しました^^
そう、若冲は「実に現代的」なのよね。
私も、書きそびれていた感想があったので、追記しま
した。(この記事の末尾への追記ですが。)

若冲ワンダーランドのは、彩色画でなく、水墨画が
中心だったんですね。
「若冲は、殺到する注文に対しては、こうした即興
 的な水墨画を描いて与え、その代として米一斗を
 受け取るのが常で、米斗庵あるいは米斗翁という
 彼の号は、このことに由来するとされる。肩ひじ
 張らないで描かれたものだけに、ここには晩年の
 若冲の天真なユーモリストとしての素顔が、よく
 あらわれている」(『奇想の系譜』より)
だそうです。
水墨画もまた面白そうです。

Yさおりさん
私は、物事にやたら感動する性分なので、私の感動は
ちょっと安っぽいかもしれません(^^;)
でも、「絵」を見て、涙が出そうなほど感激したのは、
今回の若冲と、以前の北斎との、2回だけかな。

50年生きてきても、まだまだ自分の知らない、自分の
想像を越えた素晴らしいものが、世の中には沢山ある
なあと、感じることはしょっちゅうです。
音楽でも、自然の景色でも、文学作品などでも。
年齢のおかげで、良さがわかるようになったものもあ
るし。
Yさおりさんも、まだまだこれから、素敵なものと
いっぱい出会うのではないでしょうか。
旅行で、「心奪われるもの」と出会えるといいですね^^

そう言えば私、飛行機の窓から見る雲海が大好きで、
雲海を見るたびに、「こんな素晴らしいものを見たら、
もう死んでもいい!」って思うくらいに感動してます。
(いや、死んでもいいと思うのは、その時だけなんで、
 まだ死にたくないですけど…(^^;)

そうそう、出張所のサイトの記事、素敵♪
今後も楽しみにしています^^

Carinaさん
あはは、「体力は思いっきり奪われました(-_-;)」って
いうオチが、Carinaさんらしい^^
「劇的体験センサーが稼働」ってのも、いいなあ。
私はCarinaさんの斬新な表現に、日々、感じ入ってますよ。

女性雑誌論議は、盛り上がりましたね~^^
「40代向け雑誌は、困ったちゃん!?」の考察が鋭くて、
至極納得。
私もいろいろ考えて、コメントしようとも思ったのですが
それだけで記事が1つ書けそうなくらい長くなりそうだっ
たので(何たって、新雑誌の企画とか、タイトル、通称ま
で…と際限なく妄想が進んだもんだから…笑)、そのまま
失礼してしまいました。
尼さんになる話も、もう
「面白すぎるぞ、Carinaどん!」
(↑なぜか、「どん」付け…(^^;)
と思いながら、拍手だけして読み逃げでした。

そうそう、本題の若冲ですが、ぜひ機会を作ってご覧
下さいまし。
(特に「動植綵絵」を見る機会があれば、何がなんでも!)
私も、いずれ、京都を拠点に、MIHOミュージアム+細見
美術館という「若冲追っかけの旅」を実現させたいと思
っております^^
2009-11-06 Fri 23:58 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-今頃しつこくすみません。-
昨日、MIHO MUSEUMに行ってきました!そして今、ミセス・かんちがいさんが「動植綵絵」30幅をご覧になったことに、ものすごくジェラシー(笑)激しくジェラシー。昨晩から「もっと知りたい 伊藤若冲」を何度も何度も見て、「どこが天才なのか」を頭のなかでいろんな言葉で分析して、自分なりに納得したり、添削したりしています(笑)ああ、でも30幅を前にしたときの感動たるやほんとにどれだけか!!

ミセス・かんちがいさんが記事にかいていらっしゃるように、若冲自身「1000年後の人々に理解される」という言い方をしているようです。

200年余の時を超えて、今の私たちに「どうだ?」と迫ってく
るような、その、矜持、気概、気迫…。
そんな画家の魂に、私は涙が出そうになったのだった。

というミセス・かんちがいさんの文意が今はよくわかります。MIHO MUSEUMの作品でもそれが伝わりました。

次は、石峯寺の仏像を見て彼の晩年の世界に浸りたいと思っています。

新しい記事も拝見してコメントしたいこともあるのに、すみません!でも、どうしても伝えたくて!ミセス・かんちがいさんの記事に触れてよかったです(^O^)/
2009-11-22 Sun 11:45 | URL | Carina #-[ 内容変更]
-わ~、Carinaさんもハマりましたね(^_^)-
Carinaさん
ああ、MIHOミュージアムにいらしたのですね。
Carinaさんが若冲を見て下さったこと、すごく嬉しいです!
「動植綵絵」のことで「激しくジェラシー」って(笑)、
そんな感覚も嬉しい。
実際、「嫉妬されるに値する“感動体験”」でしたからね^^

「もっと知りたい 伊藤若冲」、良さそうですね。
(早速、アマゾンのショッピングカートに入れちゃった!)

>「どこが天才なのか」を頭のなかでいろんな言葉で分析
 して、自分なりに納得したり、添削したりしています(笑)

って言うのを読んで、私はCarinaさんの秘密を垣間見たよ
うな気がしました。
Carinaさんの表現力…というか、意表を突きつつ核心を突く
ような言葉選びに、私はいつも本当に感嘆していて
(コピーライティングのお仕事もなさっていたというプロフ
 ィールに最近気づいて激しく納得したのですが)、
なんで、Carinaさんは、あんなに縦横無尽・自由闊達に、
言葉を組み合わせられるのだろう?(私なんかには絶対マネ
できない…)、やはり発想力の違いなんだろうな…とは思っ
ていたのですが、若冲が絵にこだわったように、Carinaさん
は言葉にこだわっているのだな…と、天才は能力だけじゃなく
努力もしてるんだな…と、(Carinaさんを、若冲と並べて語
るのも変かもしれませんが(^^;)、思ったことでした。
2009-11-26 Thu 18:36 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
だいぶ時間が経ってしまいましたが、今日は会場も暇なので、 サイエンスアゴラ会場でブログを書いてます。 ミホミュージアムなう と書い...
2009-11-02 Mon 12:09 若だんなの新宿通信
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。