スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
岐阜の古い町里-その2-(白川郷・飛騨高山)
2009-10-10 Sat 19:09
2009年10月10日(土)

(※先日の「岐阜の古い町里-その1-(郡上八幡)+鷲ケ岳温泉」
 の記事の続きである。)


白川郷観光ポイント・見どころなどの概説

合掌造りの集落、白川郷。
ぜひ訪ねたいと思っていたのは、世界遺産だからということも
もちろんあるが、白川郷を何度か訪れている母から、
「白川郷はいいよ。 だいぶ観光地化されてるけど、今はまだ
 きれい。 あまり観光地ズレしないうち、少しでも早いうちに、
 一度見ておいた方がいいよ」

と、随分前から勧められていたからでもある。

ホテルを朝7時半に出発して、渋滞もなく、8時半に白川郷に
到着。観光バスとしては、一番乗りであった。
いろいろ順調だし、前日から集合時間が毎回きっちりと守ら
れていたこともあり、添乗員さんが
「白川郷の散策は、本当は90分ですが、105分にサービスしま
 しょう」
と言ってくれたのは、嬉しいことであった。
わずか15分の延長だが、90分と105分では、心理的な忙しさが
だいぶ違うものだ。

到着前に、バスの中で白川郷の地図が配られ、見学の段取り
の簡単な説明を受けた。
添乗員さんの勧めもあって、ツアー客ほぼ全員が、「合掌造り
民家園
(白川郷 野外博物館)」の見学オプションを申し込んで
いたのだが、添乗員さんが言うには、
「民家園そのものは、世界遺産ではありません。世界遺産にな
 っているのは、対岸の萩町地区です」

…え~? じゃ、オプション申し込まなくてもよかったじゃん?
と、一瞬思った。(が、ここもとても良かったことは、後述する。)

添乗員さんの説明によると、
「民家園は、ゆっくり見ればそれだけで1時間はかかりますし、
 団体には、ガイドさんが付いて合掌造りの説明などもしてく
 れるんですが、あまりのんびりしていると、肝心な世界遺産
 の方を見る時間がなくなっちゃいます。20~30分で適当に切
 り上げて、あとは“であい橋”を渡って萩町地区の方へ行って
 下さいね。あ、民家園の入場券のオマケで、どぶろくアイス
 が食べられますから、それだけは食べてから行って下さい」


世界遺産の方、萩町地区の説明については
「自由に散策できますが、民家の中に入るのは有料です。和田
 家とかは見た方がいいですね。集落全体を見渡すには、展望
 台(萩町城跡)に登ると良く見えますよ。でも駐車場から展望
 台まで歩くと、40分かかりますから、時間を考えて下さいね。
 展望台と行き来するシャトルバスもあるんですが…。あ、戻る
 バスが一番早くて10時発だから無理ですね…。ごめんなさい、
 展望台の話は聞かなかったことにしてください!(笑)」


…う~ん、そんなの聞いちゃうと、ますます展望台に行けない
のが残念でたまらない(笑)。
朝早いツアーだと、すいているうちに散策できるのは良いけれ
ど、そういうデメリットもあるんだな。
というわけで、まずは民家園の見学。

民家園

平成7年に、萩町地区が世界遺産に登録されるよりずっと前か
ら、合掌造りの民家保存の試みがなされていて、世界遺産登録
運動の原点となった場所が、ここ民家園である。
昭和42年に、加須良集落で集団離村が起こって、集落がもぬけ
の殻になり、無住の家が雪の重みで潰れたりして廃れそうにな
った時、村が民家保存モデルとして、庄川の河畔に移築し、村
立「白川郷合掌村」として整備したのが、現在の「野外博物館
合掌造り民家園」の始まりなのだ。
大小20棟ほどの建物があり、うち9棟が岐阜県の重要文化財に
なっている。古い姿がそのまま残されているものも多く、民家園
の中だけでも、結構な見ごたえがある。


もっとゆっくり見たいけど、早々に民家園を引き上げ、萩町地
区へと向かう。


白川郷萩町地区(世界遺産地区)】

白川郷については、今まで何度か写真やテレビの映像で見た程
度で、詳しい知識は、何もなかった私。
だから、世界遺産になっている現在の白川郷は、相当に整備さ
れているのだろう…と、何となく思い込んでいた。
(例えば、以前に行った“大内宿(おおうちじゅく)”などは、電線を
 地中に埋める、トタン屋根の家は茅葺きに戻す…などの整備を
 進めて、昔の風景を再現しようと努力しており、白川郷も当然、
 そんな感じだろうと、思っていたのである。)

しかし、白川郷は、そうではなかった。
電線はあるし(電信柱は木製だが)、車は走ってるし、普通に
洗濯物とかも干してあるし…。
農村風景ではあるけれど、そこにあるのは、「昔の遺跡」ではな
く、「現在の生活風景」なのだ。(集落内は全て私有地。)

え、ここが世界遺産地区…?
と、一瞬、面食らった。

写真や映像だと、合掌造りの建物ばかりがあるように見えるが、
実際には、普通の家(茅葺き屋根ですらない家)も、結構多い。
(母の証言によると、世界遺産になるより昔の白川郷は、普通
 の屋根の家なんかなくて、もっと良かったそうである。)

しかし、散策を始めて、田んぼの稲刈り風景などを眺めたり、
犬を散歩させているお婆さんと行き交ったりしているうちに、
何とものんびりした、イイ感じになってきた。
そして、ここが世界遺産に登録されている意味が納得できた。
これぞ、まさに「里山」の風景。
合掌造りの民家が珍しいとか言うだけの話ではない。
つまり、人々が今もそこで暮らしているということ、その暮らし
を含めた風景が続いていることが、貴重なのだ。
 


白川郷で見るべきは、決して合掌造りの家屋ばかりではない。
集落全体の佇まい、暮らし方をこそ、味わうべきだと思う。

例えば、家々の横に流れる水路。
前日見た郡上の町にもきれいな水路があったけれど、白川郷
のは、コンクリートなんか使っておらず、もっと素朴な、小川の
ような水路だ。
そして、その水がきれいなこと。
鯉がいるのは驚かないが、ヤマメや、ヤマメの成魚(サクラマ
ス?…ただし、斑紋をくっきり残したまま成魚になっている)
まで泳いでいるのには、びっくりした。
いくら水がきれいと言っても、人家の横の流れに、ヤマメなど
いるものだろうか?
…と思ったら、後日、母に聞いたところによると、
「それはね、自分の家の前の流れに柵をして、その中に魚を
 放しているのよ。山国だからね、そうやっておいて、魚を食
 べるのよ」

なるほど。近くの川で捕ってきた魚を保存するために、流れを
生け簀の代わりにする、暮らしの知恵なのだ。
柵の存在には気づかなかったが、そう言えば、魚はどこにで
もいるわけではなかった。

白川郷の中では、車が通る道やメインストリートを避け、田ん
ぼの畦道や小道を選んで歩いてみた。
民家は、田園風景の中に点在していて、合掌造りの家ばかり
をカメラに収められるポイントは簡単には見つからない。
(よく見かける集落の写真は、展望台から望遠で撮ったものな
 のかもしれない。)
民宿や店を営んでいる家も多いが、何の看板もなく、農業や
お勤めで暮らしている家も結構ありそうだった。
そういう、力みすぎない自然な雰囲気が、好感が持てる。
(大内宿などは、これと比べると、ちょっと作り過ぎていて、
 テーマパークの一画みたいだったものなあ…)

白川郷への観光客が増え過ぎ、かつての景観が損なわれた
ことを嘆く方もおられるようだ
が、もし、「世界遺産」になってい
なければ、今の風景も、早晩なくなってしまうものに違いない。
「世界遺産」になったことで、この風景がこれからも守られ、
若い世代が誇りを持って引き継いでいってくれるなら、幸いな
ことではないだろうか。
(…と、“昔の白川郷”を知らない私は、現状に充分満足したの
 であった。)


飛騨高山の朝市と、古い街並み

白川郷が「心静まる癒しの場所」だったとすれば、飛騨高山の
町は、私にとって「気持ちが高ぶる楽しい場所」だった。
飛騨高山に到着したのは、午前11時10分。
名物の朝市は、12時までなので、何とかギリギリで朝市の
賑わいも楽しむことができた。



飛騨高山は、やはり前々から訪ねたいと思っていた町だ。
というのは、夫が仕事で何度か飛騨高山を訪れたことがあっ
て、「古い街並みがすごくいいから、あんたも一度、見るとい
いよ。俺も仕事でなく、観光で行ってみたい」と、常々言って
いたからである。
しかし散策の制限時間が90分では、「結局、仕事で行った時
の方がのんびり見られたくらいだったなあ…」と、夫は後で
苦笑していたけれども。

しかし、夫も、朝市は今回が初めてとのこと。
そこでまずは、「朝市」の行われている宮川沿いの道に突進。
そのあとは、とにかく、夫が勧める「古い街並みの散策」に
絞って楽しむことにした。
(高山観光のポイントとしては、「屋台会館」や「春慶会館」
 の見学、白線流しで有名な、斐太(ひだ)高校の近くの散
 策なども良いようだが、とにかく時間が足りないので。)

古い街並みは、予想以上に面白くて、私は大興奮。
しっとりした古い街というより、活気のある街だ。
一言で言うなら、以前に行って楽しかった千葉の佐原の街
を、もっとパワーアップしたような感じ。
買い物大好き、ウィンドーショッピングも大好きな私は、で
きることなら、全ての店を片っ端から、しらみ潰しに見て回
りたかったくらいだった。
(それだと、お金も相当使ってしまいそうだけど…笑)
夫も酒屋さんで地酒「鬼ころし」を買って知人に送ったりして、
楽しそうだった。



う~ん、この街、もう一度ゆっくり訪ねたい。
その時には、街の食事処で、美味しい飛騨牛料理も食べたい
ねえ…と、夫と話し合う。
(この日の昼食は、頼んでおいたお弁当。それは、高山駅の
 有名な駅弁、金亀館の「飛騨牛 しぐれ寿司」というもの
 で、ローストビーフも入っていて、かなり美味しかった。
 ただ、バスに戻ってから、移動中に食べたので、何となく落
 ち着かなかったけれども。)



この日は、念願の白川郷と飛騨高山の観光ができて、とにか
く楽しかったし、2回のフリータイムはずっと歩き通しだったの
で、ほどよく体も使って、もう、身も心も大満足。
次に向かう上高地は、私も夫も以前に行ったことがあるから、
もう上高地には寄らないで、このまま帰途に就けばいいのに
…と思っていた。

が、久々に訪れた上高地は、やっぱり溜め息が出るほど、素
晴らしかったのだ。
(次回に続く…)
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<初秋の上高地 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | どうやら、五十肩?>>
コメント
-k木さんの写真が-
脱サラしたペンションのマスターみたいですね(笑)

似合いすぎです。
2009-10-11 Sun 12:39 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
--
わぁ~、住まいに興味がある私としては、絶対行きたい白川郷です。

予習させてもらいました、しっかりと!

 ミセス・かんりがいさん、とっても美人だわ!イラストのイメージから全然違うもん。ご主人様、素敵ですね。
味わいある大人カップルって感じです。このままテレビのいいたび特集に出演できそうな感じ漂ってますよぉ。
2009-10-11 Sun 22:43 | URL | YUKKE #q6.UxYrM[ 内容変更]
-ミセス・かんちがいさん、こんにちは~-
仲良しさんご夫婦だ~。わ~すごく素敵なお二人です*
写真からも、とても穏やかな空気を感じます。

白川郷の集落の写真、、、。秋田の、父方の実家の方の
景色を思い出しました。13歳まで私も秋田におりましたが、
両親の仕事の関係で、家族が皆引っ越してきたので、
それからなかなか帰ることが少なく、遠い記憶の中の、
美しい景色となりましたが、こちらの記事で、
なつかしい郷愁を味わえました。ありがとうございます*

どぶろくアイスと、飛騨牛のにぎり寿司にゴックンです!!!
2009-10-13 Tue 12:12 | URL | gatto #e8aPltnE[ 内容変更]
--
高山の古い町並みは観光のお客様でいつも活気がありますね
飛騨牛のにぎり寿司は知りませんでしたので・・・ ( ..)φメモメモ

白川郷は、まだ行ったことがないのです
是非、一度行ってみたいと思い続けてもう何年だろう?
子供が中学生の頃学校から見学に行っていて
そのときに「お母さんも、行きたいなぁ」と話した記憶がありますので
10年あまりも恋焦がれている(大げさ)のです
ここは、どぶろくアイス・・・っと  ( ..)φメモメモ

この3連休は高速道路も、インターから白川郷への道も渋滞していたようです
平日に出かけるのが良さそうですね
2009-10-13 Tue 17:38 | URL | おかん #mQop/nM.[ 内容変更]
--
若だんなさん
「脱サラしたペンションのマスター」!(笑)
おお、確かに、そんな感じです。
夫は若い頃は何を着せても似合わなかったのですが(笑)、
年とともに、目指すべきファッションが見えてきました。
仕事をリタイアしたら、白髪(の残っているの)を長く
伸ばして後ろで一つに結ばせ、作務衣を着せるのが、私の
計画です。それとセットで、バンダナキャップも良いなと、
今回思いました。
日本のオジサンは作務衣がサマになると、私は思うの。
みんな、オフの時は作務衣を着ればいいのに(笑)。
ダンディーな装いや、チョイ悪オヤジ風のオシャレが似合う
ようなカッコイイ男性は、作務衣でなくていいかもだけど。
若だんなさんは、和服もお召しになるから、作務衣なんかも
きっと抵抗ないでしょう?
若だんなさんも作務衣がきっと似合うわ!
…あれ? 私、間接的に若だんなさんをケナした?(笑)

YUKKEさん
夫ともどもお誉めにあずかり、ありがとうございます!
でも、夫婦して、すぐに図に乗って、木にも登りかねない
タイプですので、あまりおだてないほうがいいです(笑)。
YUKKEさんのご主人こそ、すごく素敵!
トライアスロンに挑戦なさった時の写真(小さかったけど)、
体型も若々しいし、こんなカッコイイ“ダーリン”なのか!と、
目を凝らして見ちゃいましたよ(^^;)

白川郷の家屋…素人の私が見ても、いろいろ興味深かっ
たので、住まいと暮らしのプロであるYUKKEさんがご覧
になったら、いろいろ気づかれることが多そうですね。
機会があったら、我々のような団体ツアーでなく、ぜひ
半日~一日くらいかけて、ゆっくりご覧になるとよろしい
でしょうね^^

gattoさん
「仲良し夫婦」なのは、gattoさんとこも一緒じゃないですか^^

白川郷の風景は、日本人にとって、「心のふるさと」的な
風景だと思うのですが、実際に子どもの頃に見た風景に
近いと、特に感慨深いでしょうね。
雪景色なんか、きっと切なくなるのでは?
私は秋田にはまだ行ったことがなくて、行ってみたいので
すよ。白神山地とか、憧れです!

どぶろくアイス、飛騨牛のにぎり寿司は、オススメです^^
機会がありましたら、是非どうぞ^^

そうそう、ご紹介されていたココさんのブログで、愛のある
食卓=クリスマスディナーの記事を拝見。
感動しました。
百均の食器、見直そう…
(↑と、そこに反応してどうする?!笑)

おかんさん
旅行となると、つい遠い所ばかりに目がむいて、住んでいる
所から比較的近い観光地って、案外、行っていなかったりし
ますよね。
白川郷、ぜひ平日にゆっくりといらして下さい。
どぶろくアイスのほかにも、そばアイスとか、きびアイス
とか、珍しいのがありましたよ^^
お菓子は、どぶろく入りのを買ったら…不味かった!(笑)

高山の街は、ほんと、賑わってました。
海外からのお客さんも一杯で、外国人観光客にショッピング
してもらうには、最適の街かも…なんて思いました。
食べ歩き用には、飛騨牛の串焼きにも興味あったのですが、
夫がとにかく「これが旨い!」と言うので、にぎり寿司にし
たのです。美味しかったのでオススメ!
窓口越しに、おせんべいに乗った寿司が出てくるのも面白い。
皿代わりにお煎餅って、ゴミが出なくていいな…と、妙な
ところにも感心してしまいました^^
2009-10-13 Tue 23:38 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。