スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
どうやら、五十肩?
2009-10-07 Wed 12:55
2009年10月7日(水)

旅行話の続きを書かねばならないのだけど、まだ写真の整理も
できていないので、ちょっと、つなぎ話。

仕事が特別多い時期ではなかったのだが、ここのところ、健康
診断とか歯医者に行ったり、鹿児島から届いた栗をむいたり、
夜は毎晩のように、夫にお灸(例の“にんにく味噌灸”)をしたり…
と雑用が続いていた。
すると、仕事がどんどん累積していくのである。

私はもともと夜型なので (低血圧のせいか?午前中はいつもボン
ヤリ)、「夕食後から深夜にかけて」が一番仕事がはかどるのだが、
お灸は、その時間帯にやることになるのが、どうも困る。

お灸の時間は約1時間と決めているので、本当はさほど負担には
ならないはず。
(あまり長くやると、お灸をされる方も疲れるらしい。)
が、お灸はたいていテレビを見ながらすることになるので、たまたま
面白いスペシャル番組とか映画などが放映されていると、お灸が終
わっても、ついついテレビを見続けてしまうのが困るのだ。
気がつくと、
「あら、今日やるはずの仕事ができなかったわ、明日は頑張らなくっ
 ちゃ…」
なのに翌日も翌々日も、お灸の頼まれついでに、またまたTVを見て
しまって
「ああ、明日こそ仕事を進めなくちゃ…」
ということが続いてしまっていたのだ。
(だから、テレビって好きじゃない。見てる時は面白くても、後になる
 とどうでもいいようなことが多いし。 ただし、土曜日に見た、三谷
 幸喜監督の「ザ・マジックアワー」は面白かったな。 夫と二人で
 突っ込みながら、涙が出るほど笑った。)
その結果、ここ数日は、睡眠時間を削って、必死に仕事の追い込み
をしていたのである。
…というのは、最近ブログを更新できなかった言い訳でもあるのだけ
ど。(毎日のようにのぞいて下さっていた方、ゴメンナサイ。)


ところで、しばらく前から、左の肩が“変”なのである。
私は「肩こり」は殆どしない体質だけど、これは「肩こり」ではないと
いうのはわかる。
感覚としては、最初は「あれ、ちょっとひねったかな~?」ぐらいの、
軽い異変。
2、3日で治りそうなものと思っていたが、かれこれ2週間ほど経つ
のに、ちっとも治らない。
ちょっとした仕草で、思い出したように痛む。
左腕がうまく上がらない。

…あ、もしかして、これが噂の“五十肩”か?

(以下、五十肩の話が長いので、興味がない方は、一番最後の
 「*****…」 の後だけどうぞ。)
 
[ 続きはここから… ]

「五十肩」と言えば、1学年後輩のN君が、去年、「五十肩」にな
って、ジャケットの脱ぎ着のたびに、人の手を借りていたのを思い
出す。治るのに、半年ほどかかって、大変そうだった。
しばらく前には、おかんさんのブログにも、「五十肩で腕が上がら
ない」とかいう記事
が、あったっけ。
(その後、五十肩に苦しんでいる話題は出てこないけど、最近は
 どうなのかなあ…?)

自分も、腕をいろいろ動かして試してみる。
右腕は、自由に回したり上げたりできる。
左腕は…前方に上げれば、真上近くまで上がる。
が、腕を横に伸ばして、そのまま上げようとすると、肩より高くは、
どうしても上がらない。
ただし、手のひらを上に向けた状態だと、もう少し上がる。
ひじを深く折り曲げた状態でも、結構上がる。

夫に言ったら、腕が横に上がらない時点で、五十肩に間違いない
だろうと言う。
夫 「ゴルフ好きの知り合いがね、前に五十肩になって、その間、
  腕を横に振り上げられないから、スイングが中途半端になって
  ボールがいつもちょっとしか飛ばなかった…って、言ってた」
私 「そんな状態で、わざわざゴルフしなくてもいいのに…(笑)」
夫 「みんなにそう言われたけど、それでもゴルフがやめられな
  かったらしいよ。で、治るのに2、3年かかったみたいだよ」
私 「え、そんなに長く…?」

自分も本当に五十肩であるのかがよくわからない(思いたくない)
ので、ネットで、五十肩関連のページを幾つか読んでみた。

痛む箇所とか、痛み方が、本当に五十肩の症状に該当するの
かを調べたいと思ったのだが、思ったほど詳しい定義はなくて、
「肩が痛み腕が上げられない」「50歳前後に発症」
の条件を充たせば、それはもう立派な「五十肩」 (正式名称は
肩関節周囲炎」)であるらしい。
もっと年をとってから発症してもおかしくないような気がするが、
なぜか50歳前後に集中して起こるそうで、だからこそ「五十肩」
と呼ばれるわけなのだ。
確かに、51才の私は、その条件にドンピシャリ。
「老眼」も「閉経」も順調?に来てるし、私の体は年相応に、実に
正確に、「老化」が進んでいるのだなあと、妙に感心する。

五十肩の原因は、よくわからないらしい。
痛む仕組み?については、こちらのページの図解がわかりやす
かった。
なるほど、これを見ると、手のひらを上に向けている時には腕が
上がる理屈も、何となくわかるような…。

病院にかかるなら、整形外科らしいが、病院に行っても早く治る
わけではなく、放置しても、半年~1年くらいで自然に治ること
が多いようだ。
五十肩でない場合のために、一応、病院で診断してもらう必要
はあるらしいが(「本当の五十肩は25%」らしい)、もし五十肩だ
とすれば、重症でなければ、「肩を温め安静にする」「適度に肩
を動かす運動をする」
ぐらいしか、手立てはなさそう。
(あまり動かさずにいると、固まってしまうらしいし、逆に無理に
 動かしすぎても悪化させるらしい。)

私の「五十肩」は、軽症、あるいは初期段階なのだろう。
悪くすると、両方の肩が痛むようになったり、寝るときに痛かった
りすることもあるようだが(これから、そうなるのかもしれないが)、
今のところ、家事・仕事・運転などの日常の所作に支障はない。
普通にしていると別に痛くもないので、うっかりいつもと同じに動
いてしまって、アイタタ…となることはある。

今までに、強い痛みを確認したのは、

・車の運転席に座り、肩からおろしたショルダーバッグをそのまま
 左手で持って、助手席に置こうとした時。


・カーディガンなどのはおりものを脱ぐ時。(Tシャツなどのかぶり
 ものは大丈夫)


・ドアを後ろ手に閉めた時。

…このくらいか。
(私の場合、肩よりも「上腕」に痛みを感じるのだが、これも五十
 肩にはよくあることらしい。)
あと、重いものを両手で持って高く掲げる時(濡れた洗濯物のカゴ
を持って2階に上がる時)や、ブラジャーのホックを留める時など
も、軽く痛む。

・あ~ん、あなた、そんなに強くしたら痛いわ♪

…というような、色っぽい状況での不都合があるのかは、不明(笑)。


       **********

ところで今朝、目覚めた床の中で、「ブログに書きたいネタが随分
溜まっちゃったな~」と考えていた。

是非とも書きたい最近のネタだけでも、幾つもある。
まず、旅行話の続きが2回分。
旅行の翌日の、お友達とのランチの話も外せないな。
ふぃるーふさんのブログ記事「壁羊が知りたいこと」に刺激されて、
「私がブログを書く時に気をつけていること」というテーマの記事も
書きたいんだったっけ。
読書話は、あの本とあの本のことを組み合わせて書こうか…等々。

そうそう、夫と出かけた「あそこ」の話も書かなくちゃ…と、そこで
撮ってきた写真の風景をありありと思い浮かべながら、思った。

…?

あれ、「あそこ」は、どこだったっけ?

やだなあ、つい最近のことなのに、地名も地方も思い出せない。
ボケボケじゃん、私…と思いながら、必死に思い出そうとする。
ええっと…日帰りだったから、そんなに遠くではなかったはず。
バスツアーではなかったし、車で行ったのでもなかった。
電車で行ったんだっけ…?

あれ、そもそも、いつ、行ったんだっけ?

と考えていて、気づいた。
旅行以来、夫婦でどこかへ遊びに行くヒマなどなかったはず。


………。




…出かけたの、「夢」じゃん。

そう思ってみると、さっきまでありありと思い浮かんでいたはず
の、外出先での風景も、全く思い出せなくなっていた。

夢の中で、私は夫とどこかへ出かけて、何か面白いものをいろ
いろ見て、写真を撮り、「これもブログに書かなくちゃ、ああ、
まだ、旅行のことも書き終わっていないのに、ネタがまた溜ま
っちゃったな~」などと、考えていたのだった。

…我ながら、恐ろしい「ブロガー魂」(笑)。

と言うか、夢と現実の区別がこんなにつかなくなっているなんて、
“おつむ”の方も、相当“老化”が進んでいるよね、私。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<岐阜の古い町里-その2-(白川郷・飛騨高山) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 岐阜の古い町里-その1- (郡上八幡)+鷲ケ岳温泉>>
コメント
-夢ブロガー-
恐ろしい、夢もネタにするのではなくて、夢の中でもブログのことを考えているなんて。

ブログ脳ですね(笑)
2009-10-07 Wed 13:36 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
--
あはは。まさか夢落ちとは。
完全に不意を突かれてしまいました。

あたしも少し前に腕が肩より上がらなくなりました。
3週間ほど治らなかったのですが、
ああ、五十肩だったとは・・・
少しは運動しなきゃナと思いました。
思っただけですけど。
2009-10-07 Wed 15:33 | URL | ふぃるーふ #-[ 内容変更]
--
 大根とかぼちゃの買い物した翌日とか、ノートパソコン入れたバックもっただけで、翌日筋肉痛です。これは50肩とはいわないか?
 わきの下も痛くなり、乳がんをうたがったり・・・しました。

お体バランスは、つらいですね。全部更年期のせいにしたくなっちゃう。

ブログネタ、困っている人のほうが多いのに、ありすぎて困るのは素敵です。
じっくりお待ちしますんで、アップ楽しみんしています。

ブログに書くことのポリシーも興味あります。
2009-10-07 Wed 16:20 | URL | YUKKE #q6.UxYrM[ 内容変更]
--
グググっと一気に読んでいって、最後の「オツムの方も」を「オムツの方も」と読んでしまい「へっ!?」と思って二度見したら「オツム」でした(^^ゞ 私、老人介護グッズ脳??

おそらく近日中にくるであろう五十肩のシミュレーションができてとってもありがたいです。私は以前、おかしな動きをしたときに肋間神経痛になり、「ムムっ?さては狭心症?」と心配したこともあります。年相応を超えて順調すぎる老化の歩みです(>_<)

YUKKEさんも書いてらっしゃるようにブログのポリシーも楽しみです。お待ちしてますので、無理なさらず書いてくださいませ♪
2009-10-08 Thu 09:05 | URL | Carina #-[ 内容変更]
-こちらもまた出た!-
同じく50になって直ぐ50肩になりました。
わんこ友達のお医者に聞いたら、記事にも在るように、
「何をやっても治らないから1年ぐらいガマンしな」と
云われ、その通り1年後にはなんでも無くなったのですが、
このところまたしても軽い症状が出て来てます。
どうもストレスも関係しているのかも???
ここ暫く急ぎのポスター仕事や、降ってわいた相撲部屋の撮影なんかに
振り回されていたし、そうなるとマウス使っていても気がつかないうちに力が入ったりしているようですし・・・、それらが原因なのかも!? 
そのうち自然と治るのを待っていますが、小生の場合50肩より
メタボな50過多の方が深刻かもね!?
毎日おかゆで随分セーブしているのですが・・・・。


2009-10-08 Thu 12:07 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
--
リンク、ありがとうございます

ずっと長い間「肩凝り」だと決め付けていたのでよ
どうも痛みが「肩凝り」以上にあるなぁ
もしかしたら年齢的に「五十肩」か?
それとも、何か他の病気かもしれないし・・・
病名をつけてもらいに、春に整形外科を受診
「五十肩」という病名をつけてもらってきました
今思えば、その頃が最悪の状態でした

私は右腕なので、運転席でシートベルトをするときに
以前は肩越しにひょいと腕を伸ばして、引っ張っていたのですが
身体をひねって引っ張り出さなければならなくなりました
コレが自然にできるまでは「ア、イタタタタ・・」と何度運転席で固まったことか・・・
ブラは、前でホックぐるりと回転という「それは、どうよ」ってな方法をとってたことも
朝、痛くて起き上がれない時期もありましたが、最近はそういうこともありません
腕を上げてみたら、春よりは上がるようになっています!!

どうぞ、無理をなさらずお大事に

記憶力の低下や、体の変化
私も順調に「老化」の道を歩んでいます

2009-10-09 Fri 11:14 | URL | おかん #mQop/nM.[ 内容変更]
--
若だんなさん
「ブログ脳」ね^^
ホントに、ブログ以前とブログ以後の脳は違う気がする。
夢の中でまで…というのはどうかと思うけど(笑)、
「常にネタを探す」感覚は、発達しますよね?
そして、例えば以前は、ただ「きれいな花ね~」とだけ
思っていたのが、今は「何ていう花だろう?」とか、「な
ぜそんな名前なのだろう?」とか、興味が深化してきた
気がします。
やろうかやるまいか迷うことがあっても、「失敗したら
ネタにすればいいんだから、やってみるか!」なんて
思ったりもして(笑)、行動にも影響を与えている気がし
ます。

いろんなブロガーに“ブログ脳”を語ってもらったら、本
が1冊できるかも…なんて思って、今、「ブログ脳」と
いう言葉を検索してみました(←これも“ブログ脳”?)
いくつかありましたが、まだ定着語ではないようなので、
本を企画するなら今がチャンスかもしれませんよ^^
「ブログ脳チェッカー」
http://japan.cnet.com/blog/analog_man/2007/06/06/blog_brain_chec/
というのがありました。
ちなみに私はまだイエスが2~3個で、初心者レヴェル
でした(笑)。
…該当するのは、2?(ケータイで写メ専門なので)と、
6?(でも1日3個は無い日もある^^) あと、9もかな。
あと、「アルファブロガー脳という病気」という面白い
エントリーを見つけました。
http://d.hatena.ne.jp/RPM/20081217/1229452245
まあ、ネタなんですけどね、確かにアルファブロガーの
言いそうな言い回し(某D氏っぽいのとか)が満載でした^^

ふぃるーふさん
「夢落ち」は、基本的には反則だと思うんですけどね、
今回のは、私自身が自分の夢に騙されて焦る…という、
本当にあったおバカな話でしたから、そのまま書くしか
なかったのですよ(^^;)ゞ

ふぃるーふさんも、肩が上がらなくなったことが…?
でも「五十肩」どころか、「四十肩」にもまだ早いでしょう?
(ふぃるーふさんは30代前半くらい…と、特に根拠もなく
 勝手に想像している私です(^^;)
いえ、正解などおっしゃらないで下さい。
別に年齢を知りたいわけではないのです。
私にとって、ふぃるーふさんは、いろいろ謎の多い人で、
それがまた想像力をかきたてるのですよ^^
男性なのか女性なのかもよくわからないし。
(プロフィール欄は可愛い女の子だし、ありくいさんの描いた
 似顔絵も可愛かったけど、私は、「ふぃるーふさん=男性」
 説を、どうも捨てきれないのですよ。
 第一印象が男性的だったから。
 …あ、私、ありくいさんのことも、最初の頃、男性だと思い
 こんでいましたけどね(笑)。多分、彼女のギャグのキレ
 が良すぎるからだと思いますが。)
台風の進路の記事で、ふぃるーふさんの居住地が太平洋
側らしいというのは、わかりましたけど(笑)

YUKKEさん
カボチャと大根で筋肉痛とは、YUKKEさんも、か弱い
ところ?がおありですね(笑)
かく言う私も、ちょっとクラクラすると「脳梗塞かしら?」
なんて思ったり、夜休む時に気分が悪いと「もう、朝が来な
いかも…」なんて思って、世をはかなむことがあります(笑)。
(人からは「長生きしそう」と言われますけど。笑)
更年期の障害は幅広いですね。
私の場合は、すぐ眠くなったり、集中力が続かないところを
更年期のせいにしたくなりますが、それは違うかも(笑)。
ホットフラッシュだけは、時々あります。
急に暑く感じて顔に汗をかくのだけど、気温のせいか、自分
の体のせいなのかがよくわからなくて、「今、暑い?」なん
て、しょっちゅう夫に聞いているこの頃です^^

ブログのネタが溜まってしまうのは、生来がグズなだけです。
YUKKEさんみたいに、質も量もはこなせるとよいのだけど、
私は、どうしても量は無理だから、少ない記事の1つ1つを
せめて丁寧に書こう…なんて思うと、ますます時間がかかって
その割に大した記事は書けず…と、お恥ずかしい限りです(^^;)

Carinaさん
「老人介護グッズ脳」って…(笑)
「オツム」は確かに、「オムツ」と読めちゃうかも。
(「おつむ」に直してみたけど、少しはいいかしら?)

この記事、五十肩のシミュレーションになりました?(笑)
誰でも五十肩になるわけではないけれど、もしなっても、
もう、心の準備は万全ですね?(笑)
でもまあ、五十肩は、恐れるほどのものではないです。
程度にもよるのでしょうが、慣れたら結構付き合える感じ。
(むしろ、そのネーミングイメージによる精神的ショックが
 大きいのかもしれません…)

ブログのポリシー、楽しみです…なんて、YUKKEさんと
お二人から言われちゃうと、プレッシャーだなあ…。
ポリシーなんて無い…ってところから書き始める予定なん
だもの(笑)。 まあ、あまり期待しないでおいてください。

そちらへちっともコメントしてなくて、ゴメンナサイ。
毎回、記事もコメント欄もしっかり拝見して、楽しんでは
いるのですけど。
私と長く付き合って下さっている方は、みんな私の「無精
キャラ」を許して(あきらめて?)下さっているんですが、
Carinaさんには、最初からそういうお付き合いを強要して
しまったようで、心苦しいです…
と、一応は思ってます(^^;)

koba2106さん
ああ、kobaさんも五十肩をなさったの?
やっぱり同世代ね~(と、嬉しいような、寂しいような?)

一度治ったのに、また軽い症状が出ているなら、気をつけ
ないといけませんね。
やっぱり、デスクワークをする人に多いらしいですよ。
肩回しの運動など、こまめになさってね。

「相撲部屋の撮影」とはまた、いつもとは毛色の変わった
お仕事ですね。
kobaさんの写真て、風景とか花のものばかり見ているから、
人物、それも動きのあるものの写真は、イメージしにくい…
やはり、撮り方が全然違うでしょうし、それなりに面白さは
ありそうですけど。

「メタボな50過多」!…最近のお姿は見ていないけど、
話の塩梅では、だいぶ恰幅が良くなっておられるような。
「毎日おかゆ」ねえ…。
でも、その分、ビールを余計に飲んだらダメなのよ(笑)。
我が家も、夫と二人になってから、時々おかゆ(中華粥風)
にするのだけど、そう言えば、夏の間はほとんどしなかっ
たなあ…。
ことことと煮込むのは、これからの季節に合いますね。
夏の間にちょっと太ったから(私はいつも夏に太るの)
我が家もおかゆ作戦にしてみようかな。

おかんさん
五十肩、今はだいぶ良くなられているのですね。
右肩だと、左の場合より、ご不便も多かったでしょう?
でも、経過がいい話を聞くと安心します。
(自分のために…笑)。

何度か痛い思いをすると、動作に臆病になりますね。
あ、これをしたら痛いかも…なんて、ためらっちゃう。
今日はビールを買いに行ったのですが、重いものを持つと
痛みそうで、夫についていってもらいました。
夫がビールの箱を車に積んだり降ろしたりするのを初めて
見ました。
(普段は力仕事は私の役なんですよ。夫は腰が悪いから。)

ブラのホック、私も今は前で留めてグルリと回してます(^^;)
昔、そういう付け方を習ったような気もするので、あながち
間違った付け方でもないのかもと思います。
車のシートベルトは、もともと体をひねって締めてまし
たけど…(^^;)

「老化」の道は逆らえないですが、それなりに、新たな
道(今まで知らなかった道)が見えてくる気もしています。
こんな裏道あったのかよ!…てな感じで、楽しんで歩こう
と思います(笑)。
2009-10-10 Sat 00:01 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。