スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
岐阜の古い町里-その1- (郡上八幡)+鷲ケ岳温泉
2009-09-28 Mon 14:20
2009年9月28日(月)

今回(先週の金・土)の1泊2日の旅行は

1日目 7:50取手発→1箇所見学(散策90分)→ホテル17:30着
2日目 7:30ホテル発→3箇所見学(散策270分)→取手21:35着

で、所要時間から言っても、歩く距離から言っても、2日目の方
が、断然ハードなスケジュールだったはずだが、2日目の方が
ずっと楽だった。
1日目は、夕食の後、やっと温泉には入ったけれど、ひどい疲
れと頭痛で、何をする気にもなれなかった。
と言うのも、1日目は最初の目的地に到着したのが午後3時。
途中15分のトイレ休憩が3回あったものの、昼食もバスの中で
済ませ、つまり、朝から7時間ほどバスに乗りっぱなしだったの
である。
(取手から乗った私たちはまだいい方で、バスの始点・石岡か
 ら乗った人は午前6時出発だったので、9時間ほども乗り続
 けていたことになる。)
夫などは、長距離の移動に慣れているし、寝ていれば別に疲
れないと言うので、これは、人それぞれなのだろうが、私は長
い時間同じ体勢でいるのが、大の苦手なのである。
だいぶ前から、鹿児島に帰省する時に私が寝台特急を使わな
くなったのも、そのためだ。私は長時間列車に乗っていると、
飛行機でのエコノミー症候群のような状態になって、体調を崩
してしまうのだ。
(昔の寝台特急“はやぶさ”は、東京駅から終点の西鹿児島駅
 =現在の鹿児島中央駅まで、20時間以上かかった。10年くら
 い前からは、はやぶさの終点は熊本になり、途中から新幹線
 に乗り換えるようになっており、今春には、ついに、寝台特急
 “はやぶさ”自体が廃止されてしまったのであるが…。)

そんな私だが、今回の旅の2日目は、自分でも驚くほど元気一
杯で、疲れも殆ど残らなかった。
(帰宅の翌日=昨日は、お友達とのランチに出かけたほど。)

総走行距離は大差ない(むしろ、2日目の方が長かった)のに、
行きと帰りとで、どうしてこんなに疲れ方が違うのだろうと考
えてみるに、1日目は、朝起きてすぐの出発になるので、前夜
から体を殆ど動かしていない状態がより長く続くわけで、多分
それが、良くなかったのだろうと思う。

だから、私のような体質の者からすると、このツアーはコース
の組み方が良くない。
見学地は、順に、郡上八幡白川郷飛騨高山(以上岐阜)、
上高地(長野)の4箇所だったのだが、出発地から一番近い
上高地を1日目に持ってきて、バスの「連続」乗車時間を少し
でも短くしてくれる方がありがたかった。
(同じ8時間乗車するのでも、7時間+1時間より、6時間+
 2時間に分割してくれる方が楽というわけ。もっと言えば、
 2日目の見学地は2ヶ所に絞って、それぞれの見学時間を
 長めに取ってくれれば、もっとよかったのだが。)

…などと言ってもしょうがないし、まあ、そういうコースのツアー
を選んだ自分が悪いと言えば悪いので、今後はバスツアーに
参加する時は、距離よりも、「連続乗車時間」を考えて選ばね
ば…と、思ったことであった。

と、しょっぱなから文句を書いてしまったが、それぞれの見学
地については、とても良かったし、今回も、充実した楽しい旅
であったのだ。

簡単に総まとめできないほど盛り沢山な内容なので、今回の
旅日記は、
 ★岐阜の古い町里-その1-(郡上八幡)+鷲ケ岳温泉
 ★岐阜の古い町里-その2-(白川郷・飛騨高山)
 ★初秋の上高地
の3回に分けて記録しておくことにする。本日は、その1。

水と踊りの城下町郡上八幡 ( ぐじょうはちまん)

郡上踊りで有名な郡上八幡。
郡上八幡博覧館で、町の文化や見どころの簡単な説明や、
郡上踊りの手ほどきを受けた後、古い町並みを眺めるお勧め
コースの散策を開始。

実に静かな街だ。
家々の前に、きれいな水路(野菜などが洗えるくらい)があっ
て、町のどこを歩いていても、絶えず水の音がしている。
時々、チリン…と、風鈴の音が聞こえるのも似つかわしい。
その、のんびりとした雰囲気は、観光地というより、古い佇ま
いを残す“普通の町”という感じでもある。


 
[ 続きはここから… ]
長良川への飛び込みで有名な新橋↓


こちら↓は、全国名水百選の第一号の名水、宗祇水(そうぎすい)。


古い町なので、郡上本染めの大きな鯉のぼりとか、いろいろな
伝統工芸品もあるが、面白いことに、この町は、ロウ細工の食
品サンプル作りも盛んな町なのだ。
東京の合羽橋道具街でも、ショーウィンドウ用の食品サンプル
 の店がある
けれど、もともと大阪にあったこの会社が、戦時中
 に郡上八幡に疎開したことから、ここで盛んになったらしい。)



ただ、郡上八幡を訪れるなら、やはり郡上踊りの時期がいいかも
しれない。
夏の間は、町のどこかで連日、郡上踊りが行われていて、人出も
かなり多いようだが、今の時期は閑散としていた。
静かなのは結構なのだが、閉まっている店が多かったのが残念。
今は、街全体が、郡上踊りで「燃え尽きた後」という感じが否めな
い(笑)。
たまに開いている洒落た小物店などあっても、「ちょっと外出す
るので4時まで店を閉めます」なんて、張り紙があって、鍵が掛
かっていたりする。
何とも商売っ気がないというか、完全な“脱力モード”で、観光地
としてはどうなの?…と、苦笑してしまう。
それと、この街は、実質1時間強の散策では、駆け足になってし
まう。 のんびり横道に入ったり、店を覗いたり、古風な喫茶店
でお茶など飲んだりして、2~3時間かけて回ることができれば、
もっと良かったのになあ…と思うことだった。


鷲ケ岳温泉レインボーホテルの食事が絶品!

鷲ケ岳高原ホテル レインボーは、スキー場のホテルで、オフシ
ーズンの今は、やはり閑散としていた。
ホテルでの、“お箸で食べるフレンチ”が好評なのだと、添乗員
さんから聞いていて、とは言っても安いツアーだから、そんなに
期待はしていなかったのだが、これが本当に本格的で、びっくり
するほど美味しかった。
今までのツアーで食べた夕飯の中で、一番美味しかったと思う。
夫など、「ここのシェフ(+パティシエ?)の腕は相当なもの。悪
いけど、ここにいるのは勿体ないな…」
と言っていた(笑)。



メニューの控え
お箸で食べるフレンチ(初秋のメニュー)

・お食事前の一皿
 鱧のエスカベッシュ ライム風味
・オードブル
 鮎のテリーヌ 鮎タテのサワークリーム
 胡桃・銀杏と洋野菜のサラダ 松茸添え
・スープ
 コーンポタージュスープ
・お魚料理
 郡上特産 紅鱒(※鱸に変更)のポワレ 白ワインビネガーのソース
 スナック豌豆、白菜のブレゼ添え
・お肉料理
 牛フィレステーキ マデラ鮭木の子ソース
 里芋、姫竹の天婦羅添え
・デザート
 ひるがの牛乳のニンジンクリームブリュレ
 栗のアイスクリーム
 デミタスコーヒー
《パンとバター》


ステーキは、味でなく肉質がイマイチだったけど(安いツアーな
のに、つい飛騨牛かも…なんて期待したのが間違いだな。笑)、
あとは満点。 私的には、特にデザートが絶品!と思う。
朝のバイキングも良かったし、ここの食事は本当に素晴らしい。
宿に着いた時は、気分が優れなかった私も、夕飯を食べている
間は、現金なもので、脳からドーパミンが出まくりだった(笑)。

が、ペロリと完食して部屋に戻ると、やはり“ぐったりモード”に
陥る。
本当は、ケータイからブログ更新もしたかったのだけど(多少の
長文も書けるように、ポメラまで持参していたのだけど)、そんな
気力はとてもなく、温泉だけは堪能して、翌日に備えて、早々と
休んだ私なのであった。
(大興奮の「その2」に続く…)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<どうやら、五十肩? | ミセス・かんちがいのブログ日記 | バスツアーで、岐阜方面に行ってきます!>>
コメント
-ポメラいいなあ-
そこに食いつくか>おれ

ポメラの使い心地って、レビューされてましたっけ?

いいですか?
2009-09-28 Mon 15:00 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
--
楽しそうですね~。以前、日本へ帰った時に、はとバス・ツアーに参加したことがあるんですが、この記事を読んで、もっと遠くへ行くバス・ツアーもいいかも、と思いました。
2009-09-28 Mon 15:19 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
--
以前、友人と泊りがけで出かけたバスツアーでは
朝から、午後3時頃の到着までバスの中でずーっとおしゃべり
長時間でも疲れることなく、見学先でもホテルでも元気にしゃべり続けました
が、帰りはさすがにおしゃべりもつきて
友人も私も疲れきり、途中からガーガー寝ていましたけれどね

郡上は、飛騨や北陸方面へ車で出かけるときの通り道です
近辺のドライブインや、道の駅にはよく寄ります
けれど、ゆっくりと散策したことはないのです
山や川のある静かな田舎町で、家にいても同じですから
郡上踊りは子供の頃行ったようです。人ごみを歩いたという記憶があるようなないような・・・


確か、食品サンプルを作る体験もできるんですよね
一度ゆっくりと郡上散策に出かけてみるのも良いかもしれませんね

白川郷(行ったことないのです)・高山のレポートも楽しみ



2009-09-29 Tue 00:09 | URL | おかん #mQop/nM.[ 内容変更]
-ミセス・かんちがいさん、こんにちは*-
おかえりなさ~い^^
旅行のお写真見て、思わず深呼吸してしまいました。
風情溢れる静かな町ですね、、、。
「水の音」と「風鈴の音」を聞きながら城下町を探索なんて良いなあ~。

自然な食材を生かした、日本的なフレンチが、とても美味しそう~~。
コクのある白ワインも良いですが、むしろ日本酒が
合いそうですね。(と、酒の話ばかりすみません)

丁度今、すご~~くお腹が空いているので、
焼き鮭のマグネットにまでヨダレが、、、?!
リ、、、リアルです。笑
2009-09-29 Tue 12:38 | URL | gatto #e8aPltnE[ 内容変更]
--
若だんなさん
あはは、ポメラに反応する気持ちはわかりますよ^^
私も発売当初から気になっていて、さんざん迷って、
この夏、鹿児島に帰る直前にやっと買ったのです。
鹿児島にはいつもノートパソコンを持っていくのですが、
8月の帰鹿は日数が短かったので、わざわざ持っていく
ほどでもないかな、でも、少しでも時間があったら、
仕事のテキスト入力部分や、ブログの下書きができれば
いいな…ということで、購入に踏み切りました。
本当は高機能なモバイルパソコンが欲しいけど高いし、
ポメラなら、もう15,000円切ってましたから。
行きの飛行機の中で、隣に座っている息子に自慢したら
「こんなの、誰が買うの?って思うようなものだよね」
と、笑われました。

使い勝手は…すごく良いとは言えないけれど、悪くない。
まあ、値段に見合ったくらいの働きは、してくれますね。
とにかく持ち運びが楽だし、起動が速くて手軽。
私的にはJapanistが使えないのが辛いのと、長い単語の
登録ができないので(全角18字まで)、HTMLタグの
入力が不便。
あと、私の場合は、帰省中か旅行中ぐらいしか使わないの
で、まだレビューが書けるほど使いこなしていません(^^;)
若だんなさんみたいに、お仕事で移動なさる方には、
結構便利なんじゃないかしら?
ポメラの「親指シフトキーボード版」があれば、夫にも
絶対勧めたいけど、そんなの出るわけないよなあ…(^^;)

Yさおりさん
はとバス・ツアーは結構面白いのがありますよね。
今は、地方へのバスツアーも、いろんな旅行会社が、日帰り
から数泊のものまで、いろいろ企画していますから、上手に
利用すると、安価で手軽に楽しめると思います。
中高年の夫婦やグループで参加している人が多いですが、
親子、特に母娘という組み合わせも、結構いますね。
Yさおりさんも、今度日本に帰られた時には、お友達や親御
さんとご一緒にいかがでしょうか?

YUKKEさんのところのコメント欄で書いていらっしゃ
いましたが、モノを所有する贅沢と対極にあるのが、旅と
いう贅沢かもしれません。
私も暫く前に、母から「これからは、服なんか買わないで
その分、全部旅行につぎ込みなさい」と言われて、なるほど
それもアリだな、と思ったことでした。
(私は服やモノを買うのが好きだから、なかなか買い物は
 やめられないと思うけど…(^^;)

おかんさん
ああ、盲点だった、乗り物の中でのオシャベリは、体調キー
プに役立つ気がしますね。
身体をあまり動かさないからエコノミー症候群っぽくなるわ
けだけど、動かすのは、“口”でもいいのかも(笑)。
女同士で旅行に行くと、とにかくよくしゃべるけど、ツレが
夫だと、そんなには、しゃべらないもんなあ…(^^;)
(夫は、今回のバスの中でも本を読んでたし…)

ところで、息子さんたちの長い夏休みの間、お疲れさまでした。
コメントをとうとうしそびれてしまいましたが、「休みたい」
の記事で「家事放棄宣言したい」って読んだ時、ああ、わかる
~~と、しみじみ思いました。
私は、息子たちが3人とも高校生だった頃が一番キツくて、
毎日、食事の支度のことばかり考えていなければならず、
「ああ、もうイヤ、こんな生活~! 夫も子供もうっちゃって
 一人で暮らしたい~!」って、いつも思ってました。
夫婦二人になって、一度楽な暮らしに慣れてしまうと、もう
息子たちの世話はしたくないわ~。
(たまに数日程度なら楽しみだけど…(^^;)

夏休みも終わったので、おかんさんも、またのんびりご自分の
時間を楽しまれてくださいね。
お友達や妹さんとの散策もいいかもしれませんよ。
郡上の街、踊りシーズンでなくても、土日なら店も結構開いて
るみたいだし(笑)、郡上八幡城の方も、良いらしいですよ。
食品サンプルの制作体験も、面白そうだし。
(要予約で無理だったけど、本当は、やってみたかった!)

そうそう、ご紹介なさっていた、うさこさんのエクセル予定表、
私も脳の活性化のため、挑戦してみたいと思ったことでした。

gattoさん
焼鮭、リアルでしょう?
お皿に乗せたら、本物にしか見えません。
売り物じゃなかったけど、「割った焼き芋」のサンプルなんか、
もう芸術的なくらい。本物以上に美味しそうでした^^

飛騨地方は、美味しい日本酒も多いのですよ。
お料理を頂きながら、ビールのほかに、地酒の「鬼ころし」と
いうお酒を飲みました。
お風呂上がりには、蓬莱というにごり酒も…(体調が悪かった
と言ってる割には、しっかりお酒は飲んでる私…笑)
今回の旅では、「しっとり」「どっぷり」「わくわく」「すっ
きり」…いろんな気分を楽しめました^^

ボンドガール風・女スパイのイラスト、いいなあ!
ご主人が気に入って、トイレに貼っていたというのも、何だか
わかります。
カッコよさと、愛嬌を兼ね備えていて、gattoさんのイメージ
にぴったり!?
私の中で、gattoさんを思い浮かべる時のイメージとして定着
しそうです^^
(ウラちゃんて、常連キャラなの? また見たいです^^)
2009-09-30 Wed 23:20 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
--
バスでの長時間移動はホント大変ですよね。
夜行バスは高くても「ゆったり」ってのにした方がいいと、今回痛感しました。

ところで、橋の写真。
肝試しで飛び込むんですか?
夜中に飛び込むのは危ないんじゃないかと。
ちょっと心配になりました。
2009-10-02 Fri 14:51 | URL | ふぃるーふ #-[ 内容変更]
--
ふぃるーふさん
お帰りなさい&お疲れさま~(^_^)
夜行バスで行かれたということは、結構遠くまで
いらっしゃたのでしょうね^^
シルバーウィークが過ぎてから出発なさったところ
に妙な親近感を感じつつ(笑)、動向を気にしてお
りました。
私は夜行バスにはまだ乗ったことがないのですが、
「ゆったり」というタイプもあるなら、確かにそちらが
良さそうですね。
バスの前の席の人が、リクライニングをマックスに
していたそうで、それも窮屈そうだなあ…と思って
いたら、私の乗ったバスでは、「後ろの座席の人の
ため、リクライニング禁止」でした。
う~ん、全然リクライニングできないのも窮屈…。
(走行中、寝ていく気満々だったのに…(^^;)

郡上八幡の橋からの飛び込みは、「肝試し」と言っ
ても、夜中にやるわけではなく、昼にやるようです。
(「度胸試し」と書けば良かったかな…(^^;)ゞ

オリンピック、リオに決まりましたね。
招致関係者にはお気の毒ですが、私もやっぱり
「リオでいいじゃん、日本でやるなら東京以外がい
いのに…」と思ってました。
そもそも、国民が一丸となって熱くなっていない時点
で、負けてますよね…(^^;)
2009-10-03 Sat 02:08 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。