スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
カタカタ
2009-07-03 Fri 23:49
2009年7月3日(金)

今は、鹿児島にいる。
5月には夫が一人で帰省したので、今回は私一人で来た。
例によって、義父母に“お灸”でもしてあげようと思ってのこと
である。
夫婦揃ってしばしば帰省してあげられれば一番良いけれど、
なかなかそうもいかない以上、一人ずつでも、短期間ずつで
も、ちょこちょこ帰省するように心がけた方が、親にとっては、
楽しみの回数が増えて良いような感じもする今日この頃。

さて今日は、全然大問題じゃないけど、自分的には“あり得な
い”ような失敗をした。
言い訳をすれば、家を出る時、とてもバタバタしていたのだ。

朝起きてすぐに洗濯機を回し、夫と自分の朝食。
予想外に食べ残しが多く出たので、急きょ、簡単な弁当を作り、
冷蔵庫に残っているものについては、夫に説明。
夫を、駅まで送り、いったん戻る。
ゴミ捨て。流しの始末。洗濯物干し。 ノートパソコンをバッグ
に入れたり、メガネやケータイの充電器を荷物に加えたりして
いるうちに、家を出なければいけない時間になってしまった。

しょうがない、化粧は途中でするか…と思ったが、鏡をちら見
して、やっぱスッピンはダメだ…と思い直し、とりあえずファンデ
だけ、急いで塗りたくる(口紅その他は省略)。
わお、もう時間だ、火の元や鍵は大丈夫よね…と思いながら靴
を履き、車に飛び乗って、駅へ向かう。
こういう時に限って、道路がふさがっている。
(対向車の運ちゃん同士が、知り合いなんだか、通行中に車を
 停めて、運転席ごしに話をしているよ…
 おいおい…思わずクラクション。)
車を駐車場に停めてからは、大荷物を引きずって、小走りに走っ
たけれど、最悪でも乗りたかった電車を、ちょっとのところで逃
してしまった。

まあ、次の電車でも、かなりギリギリだけど間に合うはず。
(こういう時、すぐに次の電車がない田舎はツラい。)
しょうがない、電車が遅れないことを祈るのみ…と腹を据え、座
席に座ってからは、ケータイでブログ巡りしていた。
たまたま靴に関する記事を読んで、靴のことを考え、そう言えば
今履いている靴(黒のサンダル)も、ずいぶん足に馴染んできた
わね…と思いながら、何気なく自分の靴を見ようとした。
沢山の荷物のせいで、自分の足元が見えない状態だったが、左足
の位置をちょっとずらし、首もちょっと伸ばして、足の先を見た。

…え? こげ茶のサンダル履いてる…???

あ~、家を出る時、慌ててたから履き間違えたんだわ。
黒のパンツだから、黒のサンダルを履くつもりだったのに…。

そう言えば、以前にも、予定と違う靴を履いて外出してしまったこ
とが、何回かある。
でもまあ、今回の組み合わせは、そんなに変でもない。
間違いとは言っても、ボロい普段履きの方を履いてこなくてよかっ
た…。

それから山手線に乗り換え、座れなかったので、足元に荷物を置
いて立った。
その時に、ふと見えた右足…。

ギョっ…黒のサンダル?

つまり…(汗)、

左右で違う靴を履いて、ここまで来ちゃったの、私?
( しかも、これから飛行機に乗り、このまま鹿児島に行くしかない
状況なのだが…。)
 
[ 続きはここから… ]

こんな間違いは、初めてである。
もう、夫のことは笑えない。
(夫は前に、酔っぱらって左右違う靴を履いて帰って来たことあり。)
しかも、酔ってもいないのに、間違えてる私は、夫以下じゃん。

空港から義父にメールした。

「これから羽田を離陸です。
 慌てて出てきたら、靴を※カタカタに履いてきてしまいました!(笑)
 (※鹿児島弁)
 中央駅あたりで買ってから行くので、少し遅くなるかも」

義父母は、これを読んで、「S子ちゃんもH史に似てきた!」と大笑
いしたらしい。

私は私で、ちょっと落ち着きを取り戻していた。
だって、私みたいなオバサンの足元なんて、ホント、誰も見てない
のだ。
スカートだったら、左右の靴の違いは結構目立つだろうが、パンツ
だと、爪先とヒールの部分しか出ないし、色もそんなに違うわけで
もないし、これなら、普通に街の中を一日歩いても、絶対に気づか
れない自信がある(笑)。
座ると、靴は丸見えになるが、両足を揃えずに離しておくとか、さ
りげなく足元に荷物を置いておいたりすれば、何とかごまかせそう。
よし、鹿児島での1週間、このままで通そうか(笑)。



いや、問題は「靴を脱ぐ場面」だなあ。
脱いだ靴を並べたら、左右の違いは一目瞭然。
例えば、義父母にはいつもお寿司屋さんに連れて行ってもらうけど、
座敷に上がると、店員さんが靴を片付けてくれる。
その時に、靴が「カタカタ」というのは、さすがにマズイ。

鹿児島中央駅では、一応、靴屋をのぞいてみた。
が、高くて気に入らない靴ばかりだったので、とりあえずそのまま
夫の実家に向かう。

義母が、私でも履けそうな大きめサイズの黒のウォーキングシュ
ーズ(高価新品!)を出してくれたので、こちらでの「外出時」は、
それを借りて済ませることにした。
鹿児島滞在中、もし、安くて気に入った靴を見つければ買うかもし
れない。
が、そうでなければ、一週間後の帰路は、堂々と「カタカタ」のまま
で帰るのも面白いかも…と思っている今の私である(笑)。


それにしても、靴を履き間違えたこと以上に、玄関が散らかっていた
のがバレバレなのが恥ずかしい話ではある。
靴がきちんとそろえて置かれてあれば、こんな間違いはしないはず
だものなあ…(苦笑)。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<義母とお出かけ♪(天文館・むじゃきの白熊ほか) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 山陰旅行記その3(足立美術館が素晴らしすぎる!)>>
コメント
-きゃははは!-
やってるやってる(笑)

ソックスのカタカタはしょっちゅうやってますが、靴はまだ
したこと、ございません。エッヘンv-290

うん。きっとね、かんちがいさん、大急ぎだったからですね^^
そうにきまってる!かんちがいさんがそんなドジ、するわけ
ない!(しつこく書いてますw)

わたしは、案外靴のカタカタでも平気かも知れません。
今は後ろ前のファッションとか、肩の片方があるのかないのか
やたら出てるのとか、色々ありますからね^^
いっそのこと、これみよ~~、新ファッションだ、くらいで押し通す
かもです(笑)

ところで、かんちがいさん、写真を見て気が付きましたが、
夏でもきちんとストッキングをはいていますね^^
わたしは、長年、生足が多く、パンツのときはもし履くとすれば
ソックスです。
この間ストッキングを履いたのは・・・・ぼ、忘年会のときでした^^;
多分ストッキングは年に1、2度(笑)

お舅さまお姑さま孝行、いいですね^^
当方、孝行したいときは親はなし^^;カタカタくらいなら大丈夫、
お体に気をつけてね^^
2009-07-04 Sat 05:08 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
--
ハハハ
思わず 笑ってしまいました。
かんちがいさんのブログにはいつも「笑い」が
あるので読んでいると 私の免疫力があがる。 (●^o^●)
日々、起こる うっかりも「笑い」にすると
愉快な出来事になる。
まさに「ミセス・かんちがい教」
私・・・洗脳されてしまおうかしら(笑)

素敵な日々をお過しですね。
IN 鹿児島 義父母さま、嬉しいだろうなあ~
「笑い」の続編を楽しみにしています。
2009-07-04 Sat 09:54 | URL | noa #-[ 内容変更]
--
spacesisさん
私は、「ソックスのカタカタ」は、まだしたこと、ござい
ませんよ、エッヘン!(笑)

写真のストッキングは、靴下みたいに短いヤツです。
夏場は普段は素足で過ごしていますが、爪の手入れを
していないので見苦しい気がして、こんな外出の時だけ
ストッキング(またはストッキング風の靴下)を履いたり
しています。
しかしspacesisさん、ストッキングは「年に1、2度」なん
ですか?
(それは、下半身が丈夫ということかも?…笑)
私は冷え性なので、冬場などはストッキングを履いた上に
パンツを履かないとダメです。
冬場にスカートを履く時は、ストッキングは重ね履きしない
と怖いです(膝が冷えると、後で痛くなるのよ…(^^;)
それと、最近のストッキングは、締めつけ効果もありますか
らね、履くと、シャンとして気持ちがいいんですよ^^

noaさん
ほう、私のブログで免疫力が上がりますか?(笑)
「恥ずかしさ」を忘れ、何でも笑い飛ばし、人から笑われ
るのが快感…という境地になると、楽ではありますね。
ただし、「女」としての何かを失っているでしょう(笑)。

今回、「靴のカタカタ」は、結構「慣れる」ものだということを
知りました。
鹿児島では結局新しい靴は買わず(お出かけの時は義母
のを借り)、鹿児島からこちらに帰って来る時は、また「カタ
カタ」のまま、今度は堂々と帰って来ました。
もう全然平気、靴がカタカタであることを忘れていられるくら
いでした。

…また一つ強くなり、また一つ何かを失ったかも(笑)
2009-07-12 Sun 00:28 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。