スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
ミシンが壊れて、修理・買い換えを検討中…
2009-06-04 Thu 20:42
2009年6月4日(木)

リビングの窓のカーテンが、かさばって邪魔臭いなあと、前々
から思っていたのである。
以前のカーテンは家を建てた時のオーダー品で、重みのある
生地だったから、素直に下に垂れてくれていたのだけど、今の
カーテン(8年?くらい前に買った遮光加工の施された市販品)
は、幅も長さも少し大きい上に、タックもたっぷり取ってあり、妙
に張りがあって、前後にもボリュームが出るのだ。
窓の前に置いたものに、カーテンが触ってしまう。
花が飾ってある時など、開け閉めに気をつけなくてはならない。
本当はロールアップ式のカーテンにするのが良いのだろうけれ
ど、カーテンレールを外したりするのも面倒だ。
今のカーテンの幅と丈を詰めれば、だいぶ改善されそうに思う。

…と思いつつ、長い長い間、放置していたのだが、先日ついに、
「よし、今日はこのカーテンを切って縫い詰めよう!」
と思い立った。
まずはカーテンを外して洗濯。
天気もよく、すぐに乾いたから、窓の寸法に合わせて縦横の端
を切り落とす。
縫うのは横からだ。
縫い代を折ってアイロンで癖をつけ、待ち針も打って、久々に
ミシンを取り出したのはいいのだが…。

ミシンの調子が悪い(涙)。

針が、下に入らないで、下糸の釜(ボビンケース?)に当たって
曲がり、折れてしまった。
ミシン針を探して交換。
はずみ車を前後に動かしているうちに、釜の位置が直って、針が
下りるようになったが、下糸を引き上げるのに、更に試行錯誤。
何とか準備ができたので、端ぎれで試し縫いをしてみると…。

針の穴の跡だけが点々とついて、糸が通っていない。
…上糸と下糸がからみあっていないらしい。
音も異様にうるさいし、これは本格的な故障のようだ。


しまったなあ。
先に、ミシンの調子を確かめればよかった。
もう、カーテン切っちゃったよ…(笑)。

(とりあえず手縫いするしかないのか…?)

それにしても、ミシンが使えないとは想定外だった。
これまで、たまにしか使わなくても、ミシンは必要な時には、い
つでもちゃんと動いてくれる道具だった。
でも、今回は、間が開きすぎたかもしれない。
最後に使ったのは、枕カバーかクッションカバーを縫った時で、
4、5年前だろうか?
ミシンなんて一生ものだと思っていたが、やはり、もう少しマメ
に使ってやらなければダメだったのだろう。
(針仕事は今も時々はするが、ボタン付けとか、ゴム通しとか、
 裾のほつれを手縫いでまつる、あるいはアイロン接着テープを
 使うとか…で、ミシンを出すことが最近はない。昔は、新学期
 のたびに新しい雑巾が6枚必要…子供たちが2枚ずつ学校に
 持っていく為…だったが、今は、家の掃除や汚れた鍋を拭くの
 には、刻んだ古タオルや古シーツを使っているから、雑巾すら
 縫う必要がないのだ。)

困ったな…と思う理由はもう一つあって、私のミシンは、リッカ
ー製のものだが、リッカーミシンは、もうだいぶ前につぶれた
はずなのだ。
修理してくれるところがあるのだろうか?…あとでネットで調べ
なくては…と思いつつ、自分でできる範囲のことは試してみよう
と思い、使用説明書を見ながら、あちこち取り外して、ホコリを
払ったり、注油してみたりする。
どうも、下糸の釜が、ちゃんと回転していない…ということだけ
は、わかる。
あれこれいじること、2時間ほど。
その間に、折れた針が2本、曲がった針が1本…(マズイ…)。



もう、だめだ。私の手には負えない。
修理に出すなり、買い換えるなりしなければ。

インターネットで、「リッカーミシン 修理」で検索すると、修理を
受け付けてくれるところはあるようだった。

ミシンのメーカーを問わず修理してくれる、良さそうな業者を2件、
備忘録として書いておく。

ミシン生活
 宅配修理で使う、配送用の専用ボックスが用意され、配送業者
 が自宅で梱包してくれるのが魅力。修理代金は、家庭用ジグザ
 グミシンの場合、上限(特定部品を交換した場合)が15,750円
 と明記されているのも安心。壊れていなければ、買い取りや無
 料回収もあるようだ。

愛知ミシン
 宅配修理を頼むときは、適当なダンボール箱を自分で用意。
 詳しい修理日誌があり、メーカーごとに、どんな機種をどう修
 理したかがわかるので参考になる。修理については無料見積り
 をしてくれ(送料のみ負担)、修理が難しいあるいは高額な場
 合は廃棄処分も頼める。修理費用は、工賃や部品代の例が書
 かれているが、処置内容により、数百円から2万円くらいまで、
 かなり幅がありそう。

一方、ミシンを新規に購入すると、幾らくらいなのか調べてみた。
 
[ 続きはここから… ]

今までのものと比較するために書いておくと、私のミシン(リッカ
ー R-202型)は、嫁入り道具の一つとして買ったもので、27~
28年前に、デパートで母と買ったものだ。
値段はよく覚えていないが、6~7万だった気がする。



今は幾らくらいするのだろう。
もとより、そんなに高機能のものは要らないから、多分、かなり
安いものがあるはず。
果たして、私が使うのに充分そうなコンパクトな電子ミシン(刺
繍などができるコンピュータミシンは私には不要)なら、1~3
万円くらいであるようだ。
ただ、調べていて気になったのは、今はフットコントローラーが
なくて、手元のスタート・ストップボタンで制御するのが主流で
あること。
私などは、ミシンは足で動きを制御して、両手で布地を押さえな
いと不安な気がするが、これは“慣れ”次第なのだろうか?
それと、ハードケースが付いていないものが多い。
今までのはハードケースに入っていたから、リビングの隅に置い
て、普段はその上に物を乗せていたのだけど、それができない
となると、収納場所を考えないといけない。
何とか、本体のサイズ的には、カラーボックスの1段にギリギリ
収まりそうだけど、ソフトカバーを付けた状態ではどうなんだろ?

う~ん、悩むなあ…。

一応、今、目をつけているのは次の3機種。

第1候補 ブラザー 電子ミシンA35-LG \14800前後
 →アマゾンで見る


 これは、価格ドットコムでの人気商品。売れ筋ランキングで
 2位。 満足度ランキングは5位で星4.7だけど、採点者数も
 レビュー数も上位のものより多いので、信用できそう。
 別売オプションで、フットコントローラー(\3,675)があるので
 あとで買い足せるのが安心。

第2候補 ジャガー 電子コントロールミシン KI-007 \12,049~

 あれ? 先日調べた時は、11,000円台だったのだけど…。 
 こちらは、アマゾンで売れ筋ランキング2位。フットコントロー
 ラーは非対応。古い機種なのか、メーカーサイトに載ってい
 ないのが不安。


第3候補 シンガーコンパクトミシン QT805ETbk型 ハードカバー付き
 \24,800


 これは、「ミシン ハードカバー」の検索で見つけた、楽天の中
 の商品。
 従来のソフトカバー付きのをマイナーチェンジさせたものらしい。
 ハードカバーとフットコントローラーが最初から付いてこの値段
 なら悪くない。黒の流線型のフォルムも、なかなかオシャレ。
 ただ、我が家のリビングは明るい色調でカジュアルな感じだか
 ら、黒いミシンは部屋の雰囲気に合わない気がする(笑)。


そんなわけで、費用的にも大差ないので、修理か、買い換えか、
悩むところ。
新しいのを買うのは簡単だけど(最近のミシンは、針穴に糸を
通すのも自動らしいから、老眼には助かる…笑)、古いのを粗
大ゴミに直行させるのも気が咎めて、あれこれ調べていた。

と、先の愛知ミシンの修理日誌の中に、私のミシンと似た感じの
リッカー製品の修理の記録
があったので読んでみると、故障の原
因は、カマギヤ割れであった。
「ああ、私のミシンの故障の原因も、多分コレだわ」と、思い当たる。



記事によると、このタイプのミシンの故障はカマギヤ割れであるこ
とが多く、部品の入手が困難で(プラスチックのシンプルなギアだ
が、壊れていない古いミシンから取るしかないらしい)、常に何人
ものお客様が待っている状態らしい。
つまり、修理に出しても、直るのがいつになるかわからないのだ。
電話で問い合わせてみると、「いつでもゆっくりでいい」ということ
なら預かるけれど、一番最近の人の場合で、修理に3~4カ月待
ったそうで、さらに数人が待っている状態らしい。
修理費用は、だいたい1~2万くらいだろう(部品交換と分解して
調整する手間がかかる。もしかしたら、カマギヤ以外の故障もあ
るかもしれないので)ということだった。

……。

直るのに、半年とか1年とか(あるいはそれ以上?)かかるかも
しれないのでは、やはり不便だ。
直しても、また同じところが壊れる可能性があるとも言われた。

しばらく考えて、やはり新しいのを買うことに決めた。
で、古いのは、ゆっくり直してもらえばいいし、ダメなら処分して
もらえばいいので、とりあえず送料だけは出して、修理の見積もり
を出してもらうことにしようと思う。
(粗大ゴミに出しても、どうせ回収費用400円はかかるし。
 それに、もし、修理ができなくても、無事な部品を他のミシンの
 修理に活用してもらえたら嬉しいし。)


修理見積もりに出すとなると、ミシンの状態が気にかかる。
プロが見れば、ミシンがどんな風に扱われてきたかは一目瞭然
であろう。
私は、決してミシンを大切にはしてこなかった。
で、糸くずやホコリだらけなのだが、このまま見積もりに出したら、
いかにも粗末に扱われてきたと思われそうで、この子が可哀相。
そこで、ミシンの本体もカバーも、ホコリを払い、汚れも拭いて綺
麗にした。(ミシンをまともに掃除したのは初めてだ。)

…もしかしたら、このままお別れかもしれないしね。
そう思ったら、拭きながら、センチな気分になった。

今まで、自分のミシンに特別な思い入れは持っていなかったのだ
が、今さらながら、愛着を覚えるのである。
今まで、いろんな家電製品を買い換えてきたけど、ほかの家電を
手放す時にはなかった感慨がある。
今までに縫ったいろいろなものを、思い出してしまうからだ。
そんなにしょっちゅう使っていたのでもないけれど、長い間には、
ずいぶんいろんな物を縫ったなあ…。

長男の出産前には、おしめを沢山縫った。
(当時は布おむつが主流だった。)
お腹の子が、どんな顔をして生まれてくるのだろうと想像しながら
子供のためのものを縫うのは、とても幸福な時間だった。
出産が夏だったので、自分用の簡単なマタニティウェアも縫った。
次男と三男の出産前には、長男を鹿児島に預けていて時間があ
ったので、やはり、よくミシンに向かっていた。
水色のサッカー地で、子供用の夏のパジャマを、2着縫ったっけ。
(お腹の双子が男の子だということは、わかっていた。)
とりあえず、長男が着られるサイズで作って、長男が着たあとに、
双子が着られるようにしたのだった。

私は洋裁の心得はなく、中学や高校の家庭科で被服制作をした
ことがあるだけだが (しかも、決して得意ではなく、仕上げはいつ
も母に手伝ってもらっていたような…笑)、それでも、家庭科の学
習を通して、ミシンは何とか使えるし、洋服の構造や、縫い方の
手順もだいたいはわかる。
ごく簡単なものなら、やる気さえあれば、ソーイングの本などを参
考に、何とか縫えるわけだ。
ポルトガル在住のspacesisさんが、ポルトガルの学校では家庭科
がないので、子供たちに裁縫を仕込みそびれてしまった…というこ
とを何度か書いておられたが(コレとかコレとか)、全く、学校の家
庭科というのは、ありがたいものである。
(家庭科の被服制作で、「浴衣」を縫うのもよくあるようだが、私は
 浴衣の縫い方は習わなかった。 それで困ることはないけれど、
 いまだに、和服の構造がちっともわかっていないのは、家庭科で
 縫い方を習わなかったからだなあ…と思う。)

昔より衣類が安く買えるようになって、だんだん衣類を縫うことは
なくなったが、それでも、エプロンとか、子供用の袋物とか、枕の
皮やカバーとか…、思い返すと、結構いろいろ縫ってきたのだ。

私のミシンよ、ありがとう。



古いミシンの発送や、新しいミシンの購入は、近日中にしようと思
う。(すぐにしてもいいのだが、読者の中に良い情報やアイディア
をお持ちの方がいないとも限らないので、ちょっとだけ待ってみる
のだ。)

もし、首尾よくこの古いミシンが修理され、また私の手元に戻って
くることがあったら…。

その時は、もっと大切に、マメに使ってあげよう。

そして、その場合は、新しい方のミシンは、お嫁さんか、姪っ子に
でも譲ることにすればよいかな…と思っている。
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 故障とトラブル | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<パワポを使わないプレゼンテーションの話 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 霞ヶ浦周辺へ買い出し?ドライブ(志ち乃のどら焼きほか)>>
コメント
--
いつもながら、何でも自分で出来るところはやってみようとされる
かんちがいさんの姿勢に感心しています

フットコントローラーは、必要ですよね
電動じゃなくコンパクトで軽い足踏みミシンがあればいいな~

我が家のミシン(不調ですが)は、手元操作しかできないので上手に縫えません(そのせいにする?)
おまけに下糸巻きが回らなくなっているし、大きな音をたてるようになったし
買い替えたいと思いつつ、一年以上放置しています

針穴に糸を通すのも自動になっているのですね
それは大変助かります 
針穴に糸が通すのにどれだけ時間がかかることか・・・(泣
2009-06-05 Fri 11:51 | URL | おかん #mQop/nM.[ 内容変更]
-たぶん?きっと??-
我が家のミシンは母のかたみ。
小生が小学生の頃のものですがいまだに動いてくれてます。
確かJUKI製。全てが頑丈な鋼鉄と鋳物?で出来ていてサイズは同じようですが10Kは有りそうです。家庭用電気ミシンの草分け的な機械で、昔の機械みたいにたっぷりグリスがついています。年に一度使えは良い方ですが、未だに押し入れに保管してあります。K木さんのはずいぶん我が家のよりは新しい様子ですが、強化プラスチック製かしらん!? きっと油が切れたせいでそんなことになってしまったのかも?今時の電気製品駆動部の不調はオイル切れが多いようです。昔のVHSビデオが壊れる原因もおおかたはこのオイル切れと電気屋さんに聞いたことがあります。インクジェットプリンタなんかもきっとそうでしょうし!?、今時の電気製品はシリコンオイルを使っている様子で、スプレー式にシュシュッとやるだけ! 秋葉あたりに出向いたときに買ってきて試してみては? 今時のヘナチョコミシンよりは、K木さん嫁入りミシンの方が良さそうだし
・・・シリコンスプレーオイル。お試しあれ。
2009-06-06 Sat 02:14 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-たかがミシン、されどミシン…-
おかんさん
やっぱりフットコントローラーを最初から一緒に買った
方がいいかも…と、おかんさんのコメントを読んで思い
ました(笑)。
針穴への糸通しは、前回使った時(何年前だ?)には
問題なかったのですが、今回は老眼で難しくなってい
て、老化を痛感したことでした。

足踏みミシン…懐かしいですね。
今は中古でないと、手に入らないのではないかしら?
ミシンって、そう頻繁には使わないけれど、やっぱり
ないと不便な気がしますね。
それに、調子のいいお気に入りのミシンがあれば、も
っと気軽に、何かを作る気になれそうな気がします^^

koba2106さん
お母様の形見のミシン、足踏みでなく、電動なのですね。
昔、家庭科室にあったようなタイプでしょうかね。
JUKIというと、業務用・工場用ミシンのメーカーという
イメージでしたが、調べてみたら家庭用のもあるんですね。
結構、値が張るので、今回は候補外ですが(笑)、確かに
丈夫そうではあります。

私のミシンも、本体は金属製で、結構重いんですよ。
(横から差し込むようになっているテーブル部分だけが、
 プラスチック製。 中の部品も、今回割れたカマギヤ以
 外は、全部金属です。)
シリコンオイルスプレーというのは、知りませんでした。
何にでも(今回も)、KUREの556ばかり使っていました
が、シリコンのスプレーだと、ベタつかず、金属以外にも
(ゴムとか、敷居などにも)使えるようですね。
ホームセンターなどにもあるようなので、早速買ってこ
ようと思います。

最近の安いミシンは、確かに「ヘナチョコミシン」という
感じ(笑)で、耐久性も不安…。
古いミシンが戻ってきたら、ちゃんと手入れしながら
使ってやりたいと思ってます。
kobaさんも、年に1回くらいでも、ミシンを使うなんて
エライわ~。 壊れないよう、雑巾縫いでもいいから、
ぜひ時々使ってあげて下さい^^
2009-06-06 Sat 15:42 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-パソコン用に-
>雑巾縫いでもいいから、ぜひ時々使ってあげて下さい

そうですね!
ここ一二年出してないし、あまり釣りもしなくなって、
釣り竿の袋縫いもやらなくなったから、
今度はPCカバーでも縫ってみようと考えてます。
利用する布は、いつも古くなった衣料をほどいて使ってますが
最近はボロになっても着続けてるのでなかなか素材が出ないんですね~(笑)
でもそのうちにPCカバー縫おうと考えてます。
APPLEマークのアップリケでも付けるべぇ~
2009-06-06 Sat 21:20 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-あら、かんちがいさん!-
実はわたしもついこの間、30年来使ってきたミシンが
故障しちゃったのです。
それで写真も撮り(もちろんかんちがいさんのように
解剖wなんかしませんからミシンそのものの画像^^;)、
今度ブログに、と思っていた矢先に風邪にやられ、
そのままになっていました。

本当言うと、ここ数年、忙しくてわたしのミシンは
出番がなかったのです。それに、ミシンを使うと言っても
わたしの場合はせいぜい小袋とかカーテンを縫うくらいの
ものです^^;それでもあれば便利ですものね。

で、ある日、例のベルミーラおばさんに、「ミシンが故障
しちゃったのよ」と愚痴りましたら、
「そりゃ奥さん、しばらく使っていなかったのなら油を
点しなさい!」
早速彼女翌日自分のをもってきて油を点しましたら、
なんとまぁ、がたがた動き出しました!

「カマギヤ割れ?」もそうかもしれませんが、上で
どなたかもおっしゃってます、一度そのスプレーを
試してみるのもいいかも^^

ミシンてそうそう簡単に壊れるものではないと聞きます。
骨董品のミシンの美しいこと!
亡くなった義母のがそのタイプで、未だに動いていますよ^^
2009-06-07 Sun 03:06 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
--
koba2106さん
そう言えば、kobaさんが手作りなさった釣り竿の袋を
ずいぶん以前に拝見したような…。
あれはメール添付で頂いた画像だったかしら?
和風の生地で、洒落たツートンカラーのものだった気
がしますが。

古布を使って何かを作ると、すごく満足感があります
よね。
私は材料にする古布はいっぱいあるんだけど、「これ
で何か作ったら良さそう…そのうち作ろう」と思っては、
つい、ボロをためこんでしまっています(笑)。

PCカバーを縫うのはいいですね。
APPLEマークのアップリケを付けるの、すごくイイわ!
そのアイディアを頂いて、私も、アップルのマークを
付けたノートパソコンの袋でも縫おうかな。
(中身はWindowsなのが、お茶目でしょ?…爆)

spacesisさん
ミシンの話をすると、私たちぐらいの年齢の女性は、
みんな、故障や買い換えの経験談があるようです。
spacesisさんのミシン、注油で復活したのなら、良か
ったですね。
ベルミーラおばさん、グッジョブ!です^^

私のミシンも、後から思うに、真っ先に注油をすれば
よかったのかも…。
あれこれいじって負荷ををかけているうちに、カマギ
ヤの割れが大きくなっちゃったのではないかと、今は
考えています。

spacesisさんのミシンより、お義母様のミシンの写真を
ぜひ拝見したいですね(笑)。
足踏みミシンなどは、ほどよく使い込まれたものは案外
壊れていませんよね。
伸びたベルトなど交換すれば、100年も200年も使えそう
な気がします。
機械類は、だいたいシンプルなものほど長持ちしますね。
最近の、コンピュータを導入したミシンなんか、ひ弱な
感じ…多分、10~20年しかもたないのでは…と思ってし
まいます。
2009-06-08 Mon 15:55 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。