スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
霞ヶ浦周辺へ買い出し?ドライブ(志ち乃のどら焼きほか)
2009-05-31 Sun 23:57
2009年5月31日(日)

日付けがだいぶ遡るが、書きそびれていたGW中のことを。
お誘いを受け、5月3日は、霞ヶ浦周辺のドライブに出かけた。
メンバーは、竜ヶ崎“茶蔵”に行った時のママ友仲間4人。

第一の目的は、北斗の会の野菜のアイスを食べること(笑)。
あとは、帆引き船の操業を見ようという程度で、細かいことは
何も決めず、行き当たりばったりのドライブである。

土浦市から、かすみがうら市にそろそろ入ろうという頃、レン
コン畑のただ中を走っている時に、H田さんが声を上げた。
「あ、志ち乃しちの)だ! 志ち乃って、ここにあったのか~。
 ここのどら焼き、すっごく美味しいよね!」

他の3人は“志ち乃”を知らなかったのだが、H田さんの職場
では、到来物で志ち乃のどら焼きが来ると、皆が大喜びする、
有名店らしい。

「生タイプのどら焼きが特に美味しいのよ」
「じゃあ、帰りに買って帰ろう」
「いや、夕方になると売り切れちゃうんだって」
「じゃ、今寄ろう!」
と、すぐに車を戻す。
(早速、「想定外の事態」発生…笑)

改めて店のそばに行ってみて、こんな田園風景の中にある店
なのに(車の通行量もそんなに多くないのに)、駐車場に、整理
の係員さんがいることに驚いた。
店内に一歩入って、またびっくり。
レジの前に、長いコの字型に行列ができている。


撮影モード間違えてピンぼけですが…

いやはや、都内デパ地下の人気スイーツの売り場並み…。


人気の理由はすぐに納得できた。魅惑の品揃えなのだ。
(どら焼きだけで15種類くらいあった。)



私は実はどら焼きは余り好きではなくて、今まで自分でわざわ
ざ買ったことは一度もない。
が、ここのどら焼きには、かなりそそられた。
迷ったあげく、H田さんオススメの“生タイプ”の中から、“抹茶
なまどら
”と“抹茶ムースどら”を1個ずつ購入。
あと、「コレはブログのネタになる!」という不純な動機(笑)で、
デコどら”というのを買ってみた。

“デコどら”は、こんなの(笑)。





(これって、飾り付けしたホットケーキと変わらないじゃん…
 と思い、味の方はさほど期待していなかったのだが、見た
 目よりずっと軽くて、美味しかった。少し入っているあんこと
 生クリームとのバランスも良くて、夕食後、夫と二人で一気
 に平らげてしまったほど。 夫も「ここのどら焼きは確かに
 ウマイ」と、認めていた。)

クーラーボックスにどら焼きを入れて、車は進む。
どこか適当なところでランチを食べようと思ったが、かすみが
うら市内に入ると、店はほとんどなかった。
頼みのアイスクリーム工房「北斗の会」も、店は開いていたも
のの、喫茶・軽食部は休み。
(…GW中こそ、やらなきゃダメでしょ!と思うのだが、池袋
 のサンシャインなどにも出店しているので、ここの本店では
 そんなに儲ける気がないらしい。)

店を探しているうち、霞ヶ浦の志戸崎漁港に着いてしまった。
 
[ 続きはここから… ]

港(と言っても簡単な船着き場があるだけ)に隣接した歩崎公
園で、地元の人達が屋台を出していたので、屋台のもので昼食。


さすが“蓮根の里”。蓮根春巻きを食べてみました。
あとは、竹の子ご飯のおにぎりとか。


そうこうしているうちに、帆引き船の出る2時になった。

帆引き船による漁業は、霞ヶ浦では伝統的なもので、現在は
観光用に夏場の休日だけ操業されているらしい。
…ということ自体も、私などは今まで知らなかったのだが、それ
が最近注目を集めているようで、かすみがうら市のホームペー
ジ内
に、こんなお知らせがあった。

 市観光協会では、帆引き船の平成百景選定(読売新聞
 創刊135周年記念企画)を記念して、ゴールデンウィーク
 特別操業を行います。
 雄大な霞ヶ浦に白い帆を上げ、優雅に走る帆引き船を
 どうぞご覧ください。


これは、茨城県民としては、是非、一度は見ておかねば!
…と思って、見に来たわけなのだ。

ライフジャケットを着た観光客たちを乗せた随伴船が、何隻か
出航した。
「帆引き船は、岸からも見えるよ」と地元のおばちゃんたちが
言うので、私たち4人は、寒風に吹かれながら、土手に座って
待つことにした。
岸には、ほかにも見学の人々が集まってきている。
高まる期待。
霞ヶ浦は、琵琶湖に次いで日本で2番目に大きい湖で、海みた
いに広い。曇っていたので、湖面は鉛色だったが、広々した景
色を眺めていると、のんびりした気分にはなった。

と、湖上遠くに、帆引き船が2艘、出現。
「おお~、あれがだんだん近づいてくるのね」

…が、待っても待っても、船の姿が大きくならない。


白い2つの点が帆引き船


部分拡大…


う~ん…

肉眼で見ると、一応「帆」の形がわかるのだけど、ケータイ
のカメラでは、ズームを最大にしてもこれが限界…。

やがて、随伴船が次々と戻ってくる。
帆引き船も、帆を降ろしてしまった(多分、強風のせい)。

…あれ…

おしまい…?

これでブログ記事を書くはずだった私の計画は…?(笑)
「霞ヶ浦で帆引き船を見た!」ってタイトルで、美しい帆引
 き船の写真も、ど~んと載せる気満々だったのに…。)
※一応、イメージ画像はこちら
 (まあ、ここまでの写真が撮れると期待していたわけではな
  いけど、帆引き船の形も判別できない写真しか撮れないと
  は、さすがに思わなかった…)

随伴船の乗船代(一人2,000円)をケチった私たちも悪かったけ
ど、これは、思うに、かすみがうら市のやり方も悪い。
だいたい、帆引き船がどこから出発してどのルートを進むのか
も、事前に調べられなかったし。
「どうぞご覧ください」と言うなら、岸から見ても、帆引き船が
せめてもう少し大きく見えるコースを航行させるべきでは?
あるいは、もっとよく見えるような見学場所を指定するとか。
(そうすれば、観光客ももっと集まるのに。)
あるいは、随伴船に乗らないと、帆引き船はよく見えないという
ことをもっとアナウンスして、乗船料ももっと安くして、もっと船
を多く出すとか。
せっかく「平成百景」とやらに選ばれて、観光の目玉ができたの
に、これじゃ、町の活性化にも全然つながらない…。

気を取り直して、近くの茶室「あゆみ庵」(ボランティアの人が
お茶をたててくれ、200円でお菓子とお茶を楽しめるという)に
行ってみる。
あゆみ庵に隣接する、旧福田家住宅(民家園)がイイ感じ。
よく手入れされているが、見学客は、私たちのグループ1組だけ
で、何だかもったいない。
あゆみ庵の方は、残念ながら3時までで終了(!)していて、ちょ
っとのところで、お茶は飲みそびれた。



あゆみ庵も、もっと宣伝して時間を長くやれば(お茶代はもっと
高くていいから)、女性グループ客が結構来そうだけどなあ。
つくづく、商売っけのない街だなあと思う。
このあたりは、湖のほとりだから、古くから人が住んでいたらしく、
古墳とか史跡とか、観光資源は結構あるのだが、どうも、観光で
儲けようという気は、さらさらないようだ。

しかし、商売っ気がない→人が来ないというのは、非常に良いこと
でもあって、全く荒れたところがないのが、いい。
地方の街に行くと、潰れた店やガソリンスタンドの残骸など、うら
ぶれた風景を目にすることが結構多いように思うけれど、ここは、
そもそも、荒廃の原因になるほどのものがないのだ。
ゴミの山などもない。
このあたり(霞ヶ浦の北側)は鉄道も通っていなくて不便だし、多分
人口も少ないのだろう。
道路だけはきれいに整備されているものの、車は殆ど通らず(GW
中だったにもかかわらず)、何十年も前からの里山の風景が、その
まま、静かに、豊かに、残っている感じ。
車の窓から外を眺めながら、こういう景色は好きだなあ…と思うこ
とであった。
(うん、この街は、このままでいい。活性化なんて不要なのだね。)

帰りは、北斗の会でアイスを食べ、土産のアイスを買い込み、志ち
乃のそばの豆腐専門店「十二屋(とうふや)」で、豆腐製品をあれこ
れ買いこんだりして帰途につく。




この日は、いろいろ「ハズレ」もあったけれど、予想外の収穫も
あり、お土産いっぱいの、楽しい「買い出しツアー」になった。

主婦たちはやっぱり、転んでもタダでは起きないね(笑)。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | グルメ&食べ歩き(茨城・千葉編) | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<ミシンが壊れて、修理・買い換えを検討中… | ミセス・かんちがいのブログ日記 | E子先生のパン教室(+衣装ケースのミニ菜園!)>>
コメント
-出不精ですが・・・-
ここ数ヶ月出不精? 当然連休も自宅でMacいじりしていましたが、こして記事を読ませていただくと、出かけてみたくなってきます。ケーキの様なドラ焼きは凄いですなぁ!! 栃木市にもなんだかおいしいと云われているどら焼き屋が有って、いろんなバリエーションをそろえています。興味があればO嬢がきっと知っていることでしょうから・・・。
(バイパス沿いコジマ電気の向側、店名は忘れた・・・苦笑)

出不精と云っても、知り合いのMACの修理やら、安価で小生にも手が出しやすくなったMac G5 の中古をヤフオクでGETしていじくり回しており、我が家のMacは4台に・・笑
しかし、なかなか自作新調Windows機は完成の日の目を見ることができません・・・あと数千円CPUが安くなるまでじっとガマンガマン・・・苦笑

また、今日は初めてうどん打ちに挑戦してみましたよ
先週、ご近所さんの集金に便乗し!?埼玉の羽生まで出かけた折に、地元で名高いうどん粉と云うので購入(260円/1k)2時間ほどこね回したり、踏みつけたりしてから寝かせて、早速先ほど食してみましたが、なかなかのおいしさです。腰があるのに柔らかく、しかもつるつる!!(自画自賛か)明日の昼前までさらに生地を寝かせて、ご近所さんにもお昼に振るまおうと思いま~す。(笑)
けっこうはまりそう~(運動にもなりそうだし!?)

2009-06-03 Wed 20:21 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-お元気そうで何より(^_^)-
koba2106さん
パソコンいじりや、手打ちうどん作り…
相変わらず、kobaさんらしく、「趣味人」ぶりを発揮して
ますね^^

パソコンは随分安くなり、種類もいろいろあるようだけど、
実際に選ぶとなると、意外と選択肢が少なくて、自分が
本当に欲しい機能を追求すると、やはり自作になるので
しょうかね。
私が本当に欲しいパソコンも、市場にありません。
ちなみに私が欲しいのは、モバイル向きの軽いノートパ
ソコンで、バッテリー駆動時間が長く(最低5、6時間)、
なおかつ親指シフトキーボード搭載(これが鬼門!)の
もの。OSは、XPで充分。
(上記の条件が揃えばMacでもいいけど、あり得ないか…)
現実には、親指シフト搭載のノートPCというだけで、機
種も限定され、価格も20万円強です…(できれば10万円
強くらいで欲しいけどね~(^^;)
kobaさんに注文できたらいいけど、親指シフトのノートな
んて、こればかりは、部品が手に入らないでしょうね…。

うどんを打ったことは一度だけありますが(PTAの研修
で)、普通の小麦粉(強力粉か中力粉)だったけど、すご
くおいしかったです。
こだわりのうどん粉で、2時間もこねたのなら、さぞ美味
しかったでしょうね。
うどんをこねるのは、確かにいい運動になりそうだし、
是非ハマって研鑚を積んで下さい。
(そのうち私も御馳走になるから…笑)

“デコどら”は、見た目は胃がもたれそうだったけど、
ケーキより軽く、ケーキみたいな満足感がありました。
「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」と言いますが、
食べ物も(先入観持たずに)「食うてみよ」ですねぇ^^
2009-06-05 Fri 21:41 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。