スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
E子先生のパン教室(+衣装ケースのミニ菜園!)
2009-05-29 Fri 10:28
2009年5月29日(金)

26日(火)は、パン教室だった。
私は2月の味噌作り講習会に参加しなかったので、E子先生に
お会いするのは、昨年12月にシュトーレンを頂きに行った時
来。 パン教室としては、約1年ぶりだ。

先生はお元気で、いつも通りパワフルだった。
1年前と違うのは、リビングに続いている和室に、以前は学習
机が3つあったのが、2つになっていたこと。
(R君の机はリビングに移動して、先生の机になっていた。)
そして、部屋のあちこちにR君の写真や作品がすごく増えてい
たこと。
先生のお宅は、もともと子供たちの写真や作品が沢山飾られて
いたけれど、そこに、R君関係のものが更に増えたのだ。

R君の思い出の品がこんなに沢山あったのでは、辛くなるので
はないかと思うほどだが、E子先生の場合は、いつもR君の笑
顔に囲まれ、いつでもそばにR君がいることを感じていらっしゃ
りたいようだった。
「Rのものばかりでごめんなさい」
とおっしゃりつつ、
「Rのことは、本当に、可愛かったこと、楽しかったことしか思
 い出さないの」
と、笑顔でおっしゃる。
「自分の子供たちを育てる楽しみが“お給料”だったとしたら、
 Rは“ボーナス”だったんだわ」
とも。

失ったものよりも、得られたものを考える。
それが、先生の悲しみの昇華の仕方なのだと思う。


さて、今回のパンはフォカッチャ
フォカッチャは、サンドイッチ向きの薄いパンだ。
以前にも1度焼いたことがあって、その時は小さめの楕円形
に焼いたのだが、今回は大きく焼いて、大きなサンドイッチを
作って切り分けた。
これだと人数をきっちり考えなくていいし、目の前で切り分け
る演出効果も楽しい。


 
[ 続きはここから… ]

スープに入れた味噌は、先生いわく「スペシャルな味噌よ」。
どう特別なのかと思ったら、R君が去年作った味噌だという。
R味噌”と名付けられていた。
きゅんと切なくなり、思わず
「私たちなんかが、頂いちゃっていいんですか…?」
「いいの、いいの。どうせ今年じゅうに使わないと」

窓際には、卒業した下宿生から母の日に贈られたという
カーネーションの鉢植えもあった。

「先生は、本当に沢山の子の“お母さん”なんですねぇ」
と言うと、
「この前数えてみたら、全部で29人だったわ」

…29人!!
(ご自身のお子さん、下宿生、里子ちゃんたち…さらに一時預
 かりしていた数人の里子ちゃんも含めて。)
それだけの子供たちを育て、世話をしてきたのは、本当に並
大抵ではなく、改めて先生の“スゴさ”を思う。


新しいものを抵抗なく取り入れたり(普通のケータイをやめて
iPhoneをお使いになっていた…数独にハマり中らしい…笑)、
暮らしの中で、いろいろ面白い工夫をしていらっしゃるのは、
相変わらずだった。
古いプラスチックの衣装ケースの底にドリルで穴をあけ、プラ
ンターにして野菜を育てているというので、帰りぎわにお庭を
見せていただいた。



なるほど、邪魔になった衣装ケースを、こんな風に活用する方
法もありか。
これだと、移動したり(結構重いだろうけど)、ネットで覆ったり
もしやすそうだし、いろんな意味で管理しやすそうだ。

「でも、深い衣装ケースは向かないでしょうね」
と先生がおっしゃると
「深いのは、大根なんかを作ればいいんじゃ…」
と、N井さん。

衣装ケースの畑から、大根を引き抜く様を想像すると可笑しく
て、皆で笑ってしまった。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | E子先生 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<霞ヶ浦周辺へ買い出し?ドライブ(志ち乃のどら焼きほか) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 麻布十番の夜と昼を堪能!(ばんげ+浪花家総本店)>>
コメント
--
こんにちは!
まだ咳をひきづっていますが、だいぶ調子が
戻ってきたところです。

E子先生の記事にはいつもひきつけられます。
わたしには例えて「観音様」とわたしが
密かに呼んでいる年下の親友がいますが、この
E子先生には博愛を感じます。

普段わたしは「そういう人なら会ってみたい!」など
あまり思わないタイプですが、E子先生に関しては
「どういう方なのか」「どんなお顔をしてるのかな?」と
別ですね^^

願わくはうちのモイケル娘を下宿させたかった!(笑)


2009-06-02 Tue 23:12 | URL | spacesis #0cAxI0w.[ 内容変更]
-病み上がりのところ、どうも…^^-
spacesisさん
だいぶお元気になってきたようですね。
体調を崩したときの回復の速度は、年齢とともに遅くなり
ますが、1週間余りで仕事に復帰なら、やっぱり「まだまだ
若い」と、自信を持っていいですよ(^_^)
(親たちなど見てると、いったん風邪ひくと、治るのに1カ
 月はかかるようで、すごく「予防」に気をつけてますね…)

しかし、たまにはベッドにもぐって読書三昧も良かったの
ではないですか?
(あとは、日本食さえあればね…笑)
「新平家物語」(私は読んでなくて、昔、NHKの大河ドラマ
で見ただけですが)を、日本語教育の教材に…なんて夢を
ふくらませるのは、すごく楽しそう。
組織の中で教育にかかわると、どうしてもカリキュラム等に
縛られますから、自分でいろいろ創意工夫できるお立場は
(大変でもあるでしょうが)、羨ましさも感じます^^

E子先生は、まれに見る逸材で、spacesisさんが心ひかれる
のも、むべなるかな。
私がホームページを始めたのも、E子先生のことを書きたか
ったというのが、大きな動機の一つでした。
私も他のお弟子さんたちも皆、先生から元気を頂き、多少な
りとも感化を受けているところがあります。
(先生のレベルには逆立ちしても届きませんけど…。)
「うちの子も先生のところに下宿させた~い!」っていうのも、
みんな言ってましたっけ。
我が家の息子たちも、できれば1年ずつでも預けたかった。
(先生に接したら、息子たちは私の「ダメ母ぶり」に気づいて
 しまうじゃん!…というデメリットはありますが。笑)

先生の雰囲気は、下宿生いわく「平野レミ」(ご存じ?)。
あんなに高い声ではないけど、全体の雰囲気とか、テンショ
ンの高さは、確かに似ています^^
2009-06-03 Wed 13:18 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。