スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
手帳が使えない私には、“100円ノート術”がちょうどいい
2009-03-02 Mon 22:31
2009年3月2日(月)

手帳を使いこなせる人が羨ましい。
男性でも女性でも、ちょっとこだわって選んだ感じの手帳を
慣れた手つきで繰って、スケジュールなど確認している姿は、
いかにも仕事ができそうで、めっちゃカッコイイと思う。

そんな“手帳使い”に憧れて、
「よし、今年こそは手帳を使うのだ!」
と、私は何度手帳を買い、そして何度、挫折してきたことだろ
う(笑)。

年末が近づくと書店の手帳コーナーで足を止め、う~ん、コレ
は使い勝手が良さそう…とか、こっちの手帳はココがダメ…な
んて思いながら、あれこれ手帳を選ぶのは大好きである。
そして最初の1、2カ月は頑張って使うのだが、そのうち空白
が続いたりすると、もう、手帳を使い続ける気力がすっかり失
せてしまう。

そもそも、家で内職みたいな原稿書きをしているだけだから、
月に幾つかの〆切日と出勤日、たまの打ち合わせの予定など
を書いたら、仕事に関しては、それ以上書くことがない。
遊びの予定も、月に2つ3つあればいいほうだ。
しかも殆ど家で過ごしていると、手帳を常に手の届くところに
置いておくことが意外と難しい。
何か急に手帳に書きたいことが生じた時にも、結局、そのへん
の紙やカレンダーに書き込んで済ませてしまうお粗末。
そんなわけで、手帳が身につかない。

ケータイはだいたい常に携帯しているので、最近は、ケータイ
のスケジュール、アラーム、メモ等の機能を使うことも多い。
買い物メモ等も含め、「これからすること」については、大抵
ケータイで事足りるので、そういう意味では手帳は要らないと
も言える。
ただ、ケータイへの不満は、「既に済ませたこと、あったこと、
思いついたこと、気になったモノや店の情報、本の感想」等
を記録するのに不向きだという点だ。
(写真で記録できるものに関してはかなり便利なのだが。)

E子先生が、100円ショップで買ったというスケジュール帳に、
いろいろな記録になるもの(いろんなイベントのチケットとか、
食事したレストランのカードや箸袋とか、大きな買い物のレシ
ートとか)を貼り付けていらっしゃるのが楽しそうなので、私も
真似して、記録と貼り込みの専用に手帳を使ってみたこともあ
るのだが、もともと出無精の私は、やはり空白の日や週が結構
続いてしまうのが、寂しかったりする。
そのくせ、ひとたび旅行などに出かければ、記録したいことも
貼っておきたいものも多すぎて、そのページ内におさまらない。

そんなわけで、どんな手帳を使えばいいか…というより、何をど
う使えば、自分にとって使いやすく、便利で、記録としても楽しめ
る「手帳」になるのか…その答えが長いこと見つからずにいた。

が、昨年4月、たまたま書店でこの本を目にした私は、「これぞ
私にピッタリのノート術じゃん!」と思い、即刻購入。

・「情報は1冊のノートにまとめなさい」(奥野宣之)

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
(2008/03/12)
奥野 宣之

商品詳細を見る


その時は、まだ出版されたばかりだったが、その後結構売れたよ
うだから(最近の帯によると30万部も売れているらしい)、既に
読まれた、あるいは書店で立ち読みされた方も多いのではないか
と思う。(最近は同じ著者の『読書は1冊のノートにまとめなさい
も出ている。そちらは立ち読みしかしていないが、考え方のキモ
の部分は同じであろうと思う。)
これは、コンビニでもどこにでも100円程度で売っている、A6版
ノートを使う、情報整理術である。

実際、このノートの使い方は、私には合っていたようで、今は4
冊目。私が手帳らしきものをこんなに長く続けて使っているのは
初めてのことである。



手帳だと続かない私が、なぜ100円ノートだと続いているのか?
 
[ 続きはここから… ]

まず、普通のノートなので、日割りがないところがいい。
今日の日付けだったら、「090302」という数字をまず書いて、
何でも書いたり貼ったりしていくのだ。
沢山記録することがある日は、何ページでも使う。
書くことがなければ(あるいは単に書き忘れて)何日も書かな
かったりもするが、気が向いたら、またその時から再開して続
けて書けばいいわけなので、私の嫌いな「イヤな空白」ができ
ないのが、すごくいい(笑)。
また、上等な手帳だと、「中身もそれなりのことを、見た目も
ある程度はキレイに」書きたいという欲が出るが、100円ノート
であれば、どうでもいいような思いつきを、汚い字で走り書き
するのも、抵抗がない(笑)。

「情報は一元化せよ」ということは、最近の情報整理術ではよ
く言われること。
例えば、Gメールを使って、各種の資料や記録を「分類せず」に
同じところ(WEB上の自分専用の保管場所等)に放り込んで
保管し、必要に応じて検索すればいい…というのは、勝間和代
さんの『効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグ
ル化する方法』
や、野口悠紀雄さんの『超「超」整理法』にも書かれ
ていた。

私自身も、以前から、例えば仕事関係の大事なファイルなどは、
WEB上に控えを置いておくようにはしている。
(以前パソコンが壊れてデータが飛んだ時、それでかなり助か
 った。)

しかし、私が保管しておきたいものは、仕事関係でないものや
デジタルデータになっていないものも沢山ある。
わざわざスキャンしてPDFデータ化するほどでもない、ちょっと
した“紙モノ”を貼っていくのに、100円ノートはとても便利なのだ。

使用済みチケットの類はもちろん、例えば新聞の切り抜き。
例えば、ネットで注文した品の納品書。
例えば、頂き物に添えられていた短い手紙やメッセージカード。
各種の挨拶状などでも、例えば転居のお知らせだけなら、住所
録を書き換えたあとは処分すればいいが、近況報告や写真が載っ
ていれば、取っておきたい気もする。
以前は捨てるかどうか迷ったり、どこに保管すればいいかで悩ん
でいた、そういうものを、最近はあまり悩まず、とりあえず「100
円ノートに貼って保管」する。
同窓会や旅行などの写真も、良く写っていれば、飾るなりして楽
しめばいいけれど、それほどでもない写真(笑)は、ノートに貼
ればいいのだ。
写真をノートにのりで貼るのは抵抗があるようだけれど、考えて
みれば、自分にとっては友人知人との思い出の写真であっても、
私の死後は家族にとっては邪魔でしかない写真というのは多い。
整理して後生大事にとっておく必要もないのだ。(テープのりを
使えば結構キレイに貼れるし。)

A6版ノートは、文庫本と同じ大きさで、ハガキをそのまま、
あるいはA4版印刷物を4つ折にして貼り込むのに、丁度よい
大きさである。
(実際には、隅を少し切り落として貼るので、その手間を考え
 ると、もう少し大きいB6版ノートが良さそうにも思えるが、
 A6版なら、小さなバッグや、ジーンズやエプロンのポケット
 にも入る大きさなので、携帯性を考えると、やはりこの大き
 さが一番良いように思う。)



『情報は1冊のノートにまとめなさい』には、その他にもいろいろ
便利な小ワザ、小道具なども紹介されている。
1冊使い終わったら、データ化(日付とタイトルなどをテキス
ト入力)するのは、ひと手間ではあるが、私の場合は使い捨て
の情報も多いので、そんなに大変ではないし、メモしただけで
すっかり忘れていた情報も思い出せるし、何より、見返すこと
自体が結構楽しいのである。

ところで、100円ノートの話からは逸れるのだけれど、A4版の
紙を8つ折にして、中央部に1箇所切り込みを入れて折り畳む
と、簡易メモ帳ができるのをご存じだろうか?
先日、YUKKEさんのブログで紹介されていて、彼女は、
 >短期のプロジェクトや、ちょっとした出張、旅行、1日だけの
  イベントなどには、手帳(注)にはさんで、一日イベント中だけ
  使用して、その後は破棄。

という使い方をなさっているそうだ。
(注…YUKKEさんの手帳はもちろん100円ノートなどではな
 く、伊東屋オリジナルのカバーを付けた“クオバディス”をお
 使いである。…カッコイイな~)
この簡易メモ帳は、無地の紙で作ってもよいのだけれど、YUKKE
さんが紹介なさっていたのは、用途に合わせて、週間スケジュール
や方眼マス目などを選んで簡単に印刷できるサイトである。
詳細は、以下でご覧あれ。
「すごいツール見つけちゃいました!!Pocketmod」
 (ちょこキャリ日記 - 整理収納アドバイザーの収納術)


なるほど、コレは使い方によっては便利そう。
私にとっては、とりあえず今すぐ必要ではなかったけれど、どう
やって折り畳んでメモ帳にするのかという“工作”的部分にすごく
興味があったので、早速、紹介されていたサイトで印刷をして作
ってみた。
(折り畳む前に自分でページナンバーを書き込むとわかり易い。)


なかなか良さげでしょ?


え? 中身も見たい?

いや、だから、試しに印刷しただけなので、ビジネス用ではなく…







表紙、裏表紙以外は全ページ、SUDOKU数独にしてみた(笑)。
ページごとに異なる問題が印刷されるのだろうか?という興味も
あって。(ちゃんと、全部違う問題だった。)

しかし、問題のレベルが、思いのほか高い…。
以前、中級のSUDOKU問題集?は1冊終わらせた私だけど、
これには、かなり苦戦…。

って、こんなことして遊んでいるようでは、「カッコよく手帳を
使いこなせる大人の女性」への道は、まだまだ遠いよね…(笑)。



《追記》
その後、こんな記事も見かけたので、ご参考までに。

「ほぼ日手帳カバーに100円ノート2冊セットする情報管理術」
(シリアル・ポップな日々)


100円ノート術のいいところは、こんな風に、使う人のアイディア
次第で、いろんな工夫・カスタマイズができるところではないかと
思う。

 
スポンサーサイト
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<今年のひな祭り | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 夫が投げた本(伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」)>>
コメント
-私なんか遠いどころか-
プライベートで手帳に物書きしていない私は永遠に大人になれそうもありませんね。
職場では外回りで書くことはあるのですが、レベルブックという小さくて固い表紙のノートに会話の内容を殴り書きですので、全然カッコよくありません。
ちっとも雅のない私には読んでて恥ずかしくなりそうな記事でした。
2009-03-02 Mon 22:42 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
-1冊ノートはいいですね-
手帳は、ほぼ日手帳で書き込み、
仕事ごとに手帳を変えて、打ち合わせない用などを書いています。
今の仕事は、毎日連続的に何をしたか、書きとめていると便利ですね。日付を自分で書くタイプの日記は先のことがかけないという不便さがあるのですが、毎日のことを書いておく(記録しておく)には、カンチガイさんの方法がいいかも。

手帳の用途が記録か(あったことを書く)、記憶か(予定を書く)の違いかもしれません。
2009-03-03 Tue 11:07 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
--
「情報は1冊のノートにまとめなさい」を読んでいたので
かんちがいさんの鹿児島行きの荷物の中のノートを見たときに
「あっ、あのノートだ」と思ったのですよ

今年もミスドの手帳を使っています
すでにこの時点で、大人の女性とは言い難いです
ここ数年バッグに収まるサイズで月ごとのページと、一週間ごとのページがあればよいということに落ち着きました
月ごとの方には、ライブに行く日とか、映画に行くとか、ランチだとか、お茶だとか(遊びばかりじゃん)主に予定を書き入れてます
週のページには、子供に送金したとか、美容院に行ったとか、ランチの参加メンバー、どこのお店だったとかの記録をしています
友人がストーブを出した日だとか、扇風機を出した日、衣替えをした日を記録していると聞き、そういうのも手帳に書いておくと、季節の移り変わりもわかって良いかもと思ったのでした(思っただけで、記録していません)

2009-03-03 Tue 11:47 | URL | おかん #mQop/nM.[ 内容変更]
-なんと言う偶然!-
うわぁ~。御紹介ありがとうございます。

すごい偶然、明日からのフライト準備で、機内で読もうと「情報は一冊のノートにまとめなさい」を買ったばかりです。

スケジュール管理は手帳が必須で、なくしたらオオゴトなんです。明日の予定を覚えていられない私。
TO DO Listも兼ねてます。

でも打ち合わせ、アイディア、企画の概要、ちょこっとした覚書用のノートが散乱中。
今月中に考えまとめたいです。
ちょっと息抜きに、ダーリンのもとへ、しばしのアミーゴ!
2009-03-03 Tue 13:03 | URL | YUKKE #q6.UxYrM[ 内容変更]
-参考になりました。-
なるほどねえ~

私はE子先生と同じだな
日常の記録は あくまで自分が楽しめればいい程度のもの
”思い出”が好きでないし ”空白”が好きなので ( 笑 )
機能的なものである必要がない。
それでも、レシートなどを貼っておくと 後で何かと便利な事が多いな。

「読書は一冊のノートにまとめなさい」
はい、この本は読みました。
でも、まとめなかったので (>_<)
もう、本は読んでいないのと同じ・・・
ほっといてよ 。 ( 涙 ) 再読するもん

でもねー
仕事関係は機能的に整理できないと駄目ね。
私は なんでもかんでも とりあえずファイルに入れて
その月の予定は ひと目で判るようにしているつもりなんだけど
つもりだけで・・・ (T_T) 超~ カッコ悪いです。
かんちがいさんの ”100円ノート術” は 目からウロコ !
私は4月から新たな職に就きますが 参考になりました。

A4版の紙を8つ折にして中央部に切り込みを入れ・・・
これは図書室では 「豆本」用 にいつもカウンターに置いてあります。
クレヨンや鉛筆を一緒においておくと
図書室に来た子どもはそれで 豆絵本を作っていますよ。
私も外出する時は持っています。
その場でスケッチからメモまで出来ていいです。
2009-03-03 Tue 14:35 | URL | noa #-[ 内容変更]
--
宇治大君さん
私の中に勝手に「手帳信仰」があるだけの話ですから(笑)、
そんな風にお感じになる必要はないですよ(^_^)
手帳を使わない人だって沢山いますし、お仕事によっては
手帳にいちいち書くのは非効率ということもあるでしょう。
ただ言えることは、人間、長く生きていると、雑用とか、「自分
以外」の人間に関する用事がだんだん増えてくるのですね。
(主婦なんかは、家族全員のマネージャーみたいなところも
ありますし…) しかも覚えはどんどん悪くなる…(^^;)
…ですので、年齢とともに、手帳の重要度が増してくる面
はあるかもしれません。
ブログを書くのも、私の場合は「自分のための備忘録」の
意味合いが、かなり強いです。
私も若い頃は、職場で配られる教務手帳(教師でしたので)
以外は使っていなかったです…。

若だんなさん
「ほぼ日手帳」という選択は、何となく、若だんなさんらしい
なあ…と思いました^^
しかし、「仕事ごとに手帳を変える」のは大変そうですね。
(私なら混乱しそう…笑)
手帳の用途が「記録」か「記憶」か、というのはありますね。
私の場合、先のこと(スケジュール管理)は、ケータイで
充分ですが、その日や数日内のことは(特に雑用が重なって
いる時)、100円ノートに、To Do リストを書き出すことが
よくあります。
「記録」(過去の記憶)の重要性は年々感じています。
人から聞いたことも、自分で思いついたことも、つかまえて
おかないと、すぐに忘れてしまう私なので…(^^;)

※「打ち合わせない用」って、「打ち合わせをしない仕事用」?
 と、暫く考えてしまいました。
 「打ち合わせ内容」ですね(笑)

おかんさん
ミスドの手帳、いいじゃないですか(笑)。
私も使ったこと、ありますよ(短期間で挫折したけど…)。

鹿児島行きの荷物の中のノート、やはりお気づきでしたね。
おかんさんの本棚に、「情報は1冊のノートにまとめなさい」
ありましたものね。
(お互い、何げにチェックしてますなぁ…笑)
そう言えば、先日、ラジオ番組を聴くために、ケータイの
アラームがセットされていた話がありましたね。
私もケータイのアラームは、よくそんな風に利用してます。

手帳に書く内容は、私もおかんさんと似てますよ。
ただ、100円ノートにしてからは、以前は手帳には書かな
かったような漫然としたことも書くようになって、そういう、
「何でもアリ」な感じが、ちょっと面白かったりします^^

YUKKEさん
フライト準備でお忙しい時に、拙い記事をお読み頂き、
コメントまで頂いて、ありがとうございます。
そうですか、飛行機の中で「情報は1冊の…」を読まれる
のですね。ネット上で、そういうタイミングの偶然にびっくり
することってありますね^^

YUKKEさんの場合、たとえご自身が採用しない整理法で
も、お仕事上、知っておかれることは大事なんでしょうね。
私から見るとYUKKEさんは、お手本のようなカッコイイ
手帳使いでいらっしゃるけれど、それでも、きっと、手帳に
収まりきらない雑多な情報もおありでしょうから、とにかく
何らかの形で、時系列で紙モノをどんどん貼っていく方法
は、参考になるかもしれないと思います。

YUKKEさんのお仕事をいつもさりげなくサポートして下
さる素敵なダンナ様と、ゆったりした時間を楽しんでいら
してくださいね(^_^)

noaさん
「”思い出”が好きでないし ”空白”が好きなので ( 笑 )」
…って、私からすると、かなり大胆なセリフだなあ(笑)。
私はきっと、noaさんより、ずっと欲張りなんでしょう。
「思い出にひたる」のは好きじゃないと言うか、それはもっと
年を重ねてからでいいと思うけれど、「何でも物語にしておく、
モノやコト自体よりもそれにまつわる物語を作っていく」…
つまりは思い出作りの為に、私はせっせと生きているような。
そして“空白”を楽しむゆとりは、どうも先天的に欠けている
ような(笑)。

“モノトーン”の静けさにも惹かれるけど、私自身はやっぱり
“カラフル”が好きで、“バタバタ”が好きなのかも…。
そんな話、前にもしましたが、ちょうど、以前にnoaさんが紹介
なさっていた「パリのおばあさんの物語」の絵本を読んだところ
なので、そんなことも思い出しました。

折って作る「豆本」は図書室のカウンターに…なるほどねえ。
そんな知恵を知っていれば、私も子育ての間、そんな豆本を
家の中に常備するんだったわ…
(そうしたら、子どもたちの落書きも「手作り絵本」ぽくなって、
 記念に残しておきたいものもできたでしょうに…)
外出時に「その場でスケッチからメモまで出来て」というのも
いい。特に「スケッチ」に惹かれます。
あちこちに出かけてはスケッチして歩く…というのは、昔からの
夢の1つなのです。(まだ、やったことないけど…(^^;)

4月からは、新しいお仕事をなさるのですか?
今の時期、書店には4月始まりの手帳も並んでいるし、今後
どんな手帳なりノートなりを使っていくかを考えるのには、
ちょうどいいタイミングかもしれませんね^^
2009-03-04 Wed 15:27 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。