スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
手指が冷たくなってしまう人のための、手袋の話
2009-02-20 Fri 18:29
2009年2月20日(金)

だいぶ前のテレビ(2008/12/13放映の「知っとこ!」)で、
オーダーメイド手袋のお店の紹介をしていた。

「お~、すごいな」
「これは、ちょっと欲しいかも…」
と、夫と二人、思わず見入ってしまった。

自分の手に合わせて作ってもらう手袋は、はめる時はちょっと
きついようだが、はめてしまうと手によく馴染んで、そのまま
本のページもめくれるスグレモノという触れ込み。
半信半疑のレポーターさんが、その場で作ってもらった手袋を
はめ、本をめくってみて感動する…という演出は、テレビ番組
のお約束ではあるけれど、確かに、普通の手袋と比べたら、か
なりフィット感に優れていそうである。

紹介されていたのは、
オーダーメイド革手袋専門店ブロッサム
というお店。
(今は注文が殺到して、すぐには入手できない模様。)

そういえば、手袋をはめて外出しても、財布からお金を出す時
とか、携帯電話の操作する時には、手袋がまどろっこしいので、
はずしてしまったりする。
はめたりはずしたりを繰り返せば、片方を落としたりすること
にもなりかねないので、こんな風に、いちいちはずさないで済
む手袋があれば、確かに便利だ。

夫は駅のホームで電車を待ちながら本を読む時などに便利だと
思ったようである。
しかし私がこの手袋に興味をもった一番の理由は、家の中で
はめるのによさそうだと考えたため。
冬場、パソコンに向かって仕事をしていると、手指がそれはそ
れは冷たくなってしまうからである。

私は若い頃から冷え性だ。
冷え性の人には同感してもらえると思うのだけど、手首、足首
から先は、まるでずっと水に浸けているように、冷たく感じる。
足の方は、靴下の3枚履き(ストッキング+靴下+靴下カバー!)
で、何とか対処できるし、机の下には電気ストーブも置いてある
ので、そう困ることもないのだが、手の方は如何ともしがたい。
仕事中に一番寒さを感じているのは、“手”なのだ。

ピアノなどを弾く時もそう。
最近はずっとピアノも弾いてないけれど、まだレッスンに通って
いた中学生のころ、冬場は指が冷たくなり、動きが悪くなって困
るものだった。
教室でのレッスン中はそんなことはなかったから、ある時先生に
尋ねてみたことがある。
「家で練習している時、手が冷たくなるんですけど…」
すると先生は、あっさりと答えられた。
「ああ、それは、部屋の温度が低いからよ」
(…そう言えば、実家のピアノは北側の寒い部屋にあった。)

経験から言うと、冷え性の私の指が冷たくならないためには、
室温が相当に高くないとダメなのだ。
(ある程度、薄着でもいられるくらいに。)
でも、家で一人で仕事をするときに、そこまで部屋全体を暖め
るのは、無駄に感じられる。(眠くなりそうだし…。)
だから、オーダーメイドの革手袋が、もし素手のようなフィット
感があるなら、仕事用に1双、欲しいのである。
 
[ 続きはここから… ]

外出の際には、必ずしもこの革手袋でなくていいとも思う。
今年の冬は、指先が切れていて、指先にかぶせる部分がフード
のように付いている手袋を、結構見かけた。
指先部分が付いていると、いわゆる“ミトン”の状態。
ワンタッチで指先部分だけをはずし、電車の中でケータイを操
作している若い女性などを見かけると、「あら、便利ね」と思う
ことだった。(さすがに、紳士物は無さそうだけど。)

そんなことを思いながら、結局新しい手袋は買わずに過ごして
いた、この冬。
が、先日ホームセンターに行ったら、指先の出る手袋が98円で
売っていた。(多分、百均でも売っていそうなシロモノ。)

「ああ、仕事の時、こんなのをはめたら、少しは暖かいかも」
と思って買ってきた。
これが、思いのほか快適で、早くも手離せない状態。


安物だから、指の穴のかがり方とかは粗雑なんだけど。


手袋から出ている指先はやっぱり悲しいほど冷たいのだけど、
何というか、これをはめていると、寒さの感じられ方が全く違
うのだ。
これって、かなりエコな、ウォームビズの一環かも?
そして、キーボード入力は勿論、資料の本などもそのままめく
れるし、かなり便利。
水仕事の時以外は、ずっとはめていたいくらい。
これはピアノの練習時にも使えそう(指がちゃんと横に1オクタ
ーブ分とか広がるし。)

もうすぐ春になっちゃうけど、もっと早くから、これを使えばよか
った…と思うことであった。

そんな訳で、パソコン仕事などの時、指が冷たい…と感じてお
られる方は、まず、この安い「指出し手袋」を試してみてはいか
がだろう…というお話。
(…え? その程度の工夫は、とっくにやってます?)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 便利モノ、すぐれモノ、こだわりグッズ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<夫が投げた本(伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 生きていたビーフシチュー(笑)>>
コメント
-工夫はしていないけれど-
気温10度程度あれば特に工夫しなくても大丈夫なのだけれど、冷え込みのある日は冷たくなります。
脚は冷えても手は暖かいとか、なぜか手だけ冷たいとか、体調のせいなのか気候によるものなのか。
キーボード操作は、10倍効率アップ狙いではないので、多少冷えていても支障はないけれど、ピアノはだめでしたね。
2009-02-20 Fri 19:55 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
--
宇治大君さん
宇治大君さんもやはり、手指が冷える場合がありますか。
特に冷え性でなくても、環境や体調によって、冷えるの
かもしれませんね。
私も、指が冷えると言っても、キーボード操作には殆ど
支障はありません。(私はもともとキー操作は遅いし、
私の仕事は、そんなに速く大量に文字を入力する必要
もないのです…)
だから、問題は単に「手が寒い」ということだったので
すが、指出し手袋をはめてみたら、心なしか、指の動き
も少し軽快感があるような…。
仕事も家事も体調管理も、こういうちょっとの工夫で何
かが改善すると、嬉しくなります。
ピアノを弾く時は…やはり、手指が温かい方が、よく指
が動きますよね^^
2009-02-21 Sat 17:31 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。