スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
焼きりんご・その後(+ゴディバのチョコ♪)
2009-02-13 Fri 22:06
2009年2月13日(金)

5人家族だった頃は、焼きりんごを焼いても、焼き立てを
1人1個ずつ食べるだけで終わってしまい、食べ方を工夫
する余裕はなかった。
しかし今回は4個焼いて、ぜ~んぶ私の分!(笑)
(4個で十分と思ったのだけど、もっと焼けばよかった…
 冷蔵庫で1週間やそこらはもつはずだもの。)

レンジで温めて、またバニラアイスを添えてもよかったけど、
ふと思いついて、よく冷やした焼きりんごに、甘いざくろ
リキュールをかけてみた。

…いや、ヤバい、美味しすぎる。 コレは、大人の味♪


ざくろリキュールは合同酒精の品。
カクテル用に買ったけど、普段カクテルなん
て作らないから、こういう使い方がいいね。


コアントロー等の、他のお酒でもいいだろうが、ざくろリキュ
ールは、赤い色が 見た目にも美しくてバッチリ!
これ以上の相性はないだろうと思えて、残り3個は全部この
食べ方をしてしまった。

ただ、ざくろリキュールは、そうそう出回っているわけではない
から、例えば、赤ワイン(またはブランデー)とガムシロップを
かけるのも、イケるだろうと思う…試していないが、多分。
(焼きりんごは結構酸味が強いから、甘くないお酒をかける場
 合は、甘みを補う必要があると思う。)

しかし、この、ざくろリキュールがけ、我ながら傑作!
レストランでも出せるよね~と、つい妄想が始まる(笑)。

コーヒーか紅茶をつけて、ティータイムセット。
林檎の季節だけの季節限定、そして1日15セット限定とかで。
(10セットか20セットかで悩んだので、中間をとった…笑)

お値段は幾らにしようかなあ?
手間を考えると1,000円くらいにしたいけど、自分がお客の立場
だったら、それはちょっと高い気がする。
客が喜ぶ値段だと…、う~ん、儲けがないなあ~(笑)。

客の中には子供やお酒の苦手な人もいるだろうから、ソースは
数種類用意した方がいいだろうな。
例えば、こんな感じ。

「お客様、ソースの方は、ざくろリキュール、メープルシロップ、
 スイートヨーグルトソース、チョコレートソースの4種類の中
 からお選びくださいませ」


もちろん、シェフのオススメは、ざくろリキュールだ。
(シェフって誰だよ?…笑)

ざくろリキュールをかけると、もうアイスクリームは要らないと
いうくらい、完成された味なのだが、オプションでバニラアイス
添えも頼めるようにしておこう。
(もちろん、別料金。プラス100円にサービスしとくか…。
 100円じゃハーゲンダッツは使えないけど。)

…なんて、ほとんど“白昼夢”状態(笑)。
脳内には、小洒落たレストランの昼下がり…というシチュエ
ーションもできあがっている。

でも、こういうのを考えるのは、結構楽しかったりする。
 
[ 続きはここから… ]

今日は妹のところから、エクスパックの小包が届いた。
何かと思ったら、先日の姪っ子の成人式の写真と、チョコレート
だった。



やったね、GODIVA(ゴディバ)のチョコだ~っっっ!

バレンタインギフトじゃなくて、「内祝い」として来たのだか
ら、夫の帰りを待たずに食べてもいいよね?

…というわけで、一つ味見。
やっぱ、美味しい~♪
続けて食べたくなるけど、お値段も考えて、大事に少しずつ
食べよっと(笑)。


ところで今日は、次男のところと、三男のところに、荷物を
送った。 鹿児島で買ってきたラーメンとかお菓子とか、あと、
そのへんに転がっている食料とかお茶とか油とか調味料と
か、いろいろ詰め込む。
(長男は「一切自炊をしないので、食料はいらない」と言う
 ので送らない。お菓子だけだったら、わざわざ送るほどで
 もないし…。)

せっかくバレンタインデーに届くのだからと思い、安物だけ
ど、チョコレートも入れた。

次男宅へのチョコには、お嫁さんの「Yちゃんへ」と書いた。

三男へのチョコには、何て書こう?
「義理チョコ」でも「友チョコ」でも「営業チョコ」でもないし、
「憐れみチョコ」と言うのもひどすぎる気がする(笑)。


暫く考えて、

「一応チョコ(笑)」と書いた。

「一応、バレンタインだからね、一応、あげとくわ」
…そんな意味合いで。

私と息子との「距離」は、ちょうどその程度である。
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 料理レシピ&手作りスイーツ | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<生きていたビーフシチュー(笑) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | ひとりを慎む食卓(フキノトウの天ぷら、焼きりんご)>>
コメント
-おいしそうすぎます-
K木さんがいない間に、そんなに「贅沢」してどうするんですかあ!

おいしそうだなあ。連日。

ザクロのリキュールは想像がつきません。
ザクロ自身を良く知らないので。

今度なめさせてください(笑)
2009-02-13 Fri 23:25 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-豪華-
適当な食事しかしていない私から見れば、十分シェフの料理です。
成人式の写真も綺麗で、チョコレートも見事で、華やかさいっぱいですね。
2009-02-15 Sun 00:08 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
--
若だんなさん
お金は使っていないから、「贅沢」と言えるのどうか…(^^;)
でも、手間ひまをかけることが、つまりは贅沢なのかも。

生のザクロは、私も2、3回しか食べたことないですね。
プチプチ歯ごたえがあって、味は甘酸っぱくて、葡萄に
近いかしら?(そんなにクセのある果物でもないです)

新年会に、焼きりんごを用意するのもありかもね~とも
思ってます。少しずつになるでしょうけど。
それと、新年会の頃(いつだ?)に、紅玉がまだ手に入
ればの話ですけど…(期待薄…笑)

若だんなさんは、もう確定申告も済ませて、還付金の
皮算用(笑)も進めておいでのご様子。
いいな~、テレビが買えそうなほど戻ってくるなんて。
私は、今年度はそもそも納税額が少ない(つまり所得が
少ない)ので、あんまり楽しみがないです…(^^;)

宇治大君さん
Japanistの記事で、また私のブログ記事を紹介して下
さっていましたね。有難うございます(…と、モノグサな
私は、ここでお礼を言う…笑)
バレンタイン期間の、宇治大君さんの一連のチョコ記事
こそ、とても贅沢で、ため息ものでしたよ。
私は、メサージュ・ド・ローズも、ゴディバも、自分のため
には(いや、夫のためにも)買えません。
でも、もらうと超嬉しい、現金な私です(^^;)
ゴディバを貰うのは数回目だけど、やっぱり美味しい。

宇治大君さんも、職場でのストレスが多いようですけど、
チョコは確かに精神安定剤的なところもありますね。
脳は糖分を消費するそうですからね(牛乳は甘くないけ
ど、ヒトの母乳が甘いのは、脳の発達のためと聞いたこ
ともある)、「頭を使う人にはチョコは必需品」…と、
甘党を弁護する私です(笑)。
2009-02-15 Sun 01:01 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。