スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
今日から鹿児島
2009-02-01 Sun 23:55
2009年2月1日(日)

今日から1週間の予定で、帰鹿(きか=鹿児島に帰省)し
ている。
鹿児島に向かう飛行機の中でパソコンを開いて、この文章
を打ち始め、鹿児島空港に到着したらすぐにアップロードす
る予定だったのだが、途中でバッテリー切れになったため、
結局、深夜の更新になった。

本当は、1月後半に夫と一緒に帰鹿する予定だったのだが、
諸事情で、計画が二転三転。
結局、夫とも別日程の“単独行”になった。
(夫は私が取手に戻ってから、行き違いの形で帰鹿する。)
それはいいのだけど、E子先生の味噌作り講習会に参加で
きなくなったのが、一番残念だった。


さて、今日の私の荷物(歩いている時)は

1.肩に掛けたパソコンバッグ
2.カラカラ引っ張るキャリーカート(中身は義父母への
 土産がほとんど。)
3.羽田空港で買ったお菓子(知人への土産)の紙袋
4.ポシェット代わりに斜めがけしている、小ぶりのショ
 ルダーバッグ

4の写真はコレ。


帽子と並べたのは大きさ比較用


別に“adidas”が好きなわけではないのだが、このバッグは
見た目より、すごく沢山モノが入るので気に入っている。



折り畳み傘、A6版100円ノート(これが何か、すぐにピンと
来る人もおられるだろう)、ポケットティッシュ、タオルハン
カチ2枚、PC用ミニマウス(青っぽいの)、ケータイ用携帯
充電器、エビオス(笑)、布製トートバッグ、財布、お菓子
(チョコとハイチュウ)、飛行機チケット、ボールペン2本…。
(このほかにも、ケータイ、家の鍵、ノド飴ひとつかみ…。)
これだけ入れて、まだ余裕がある。

鹿児島に行くときは、チョコレートまたはチョコ系菓子を
必ず、隠し持っていく。
夫の実家には、食べ物もお菓子も沢山あるのだが、私好み
のチョコ系洋菓子は、義父母が食べないせいで、殆どない。
(貰い物などがあったとしても、私が勝手に食べ尽くすのも
 気がひけるし。)
近所にコンビニなどもなく、数日いると、チョコっぽいお菓
子に飢えてくる…。
ので、そんな時に、こっそり食べる自分用なのだ(笑)。
 
[ 続きはここから… ]

ところで今日は、私の誕生日だった。
朝、取手の家でいつものように、Wii Fitで“からだ測定”をし
たら、画面でウィーボ君がパーティー帽をかぶって出てきて

 51回目のお誕生日
 オメデトウございマス!


…回数を書かれると、微妙に嬉しくないなあ…(笑)。

しかし義父母はハイテンションで、祝ってくれた。
夕方、最寄り駅に着いた私を車で迎えに来てくれた義父母は、
「S子ちゃんの誕生日だから、このまま寿司食べに行くが!」

美味しい寿司の後は、「このまま風呂に行くが!」

“風呂に行く”というのは、家の近くの市営の温泉に行くとい
うことである。(鹿児島は温泉が多いので、町の中に、普通
に温泉の銭湯?があったりする。)

私 「え、お風呂の支度、してきたの?」
義母「ちゃ~んと、S子ちゃんの分のタオルも、湯あげタオル
  も持っちょ。髪洗い粉も持ってきた!」

シャンプーを“髪洗い粉”と言う時点で若干心配だけど(笑)、
まあ、私もお風呂は大好きなので、もちろん賛成。

でも、義母がシャンプーのつもりで持ってきていたのは、トリ
ートメント…。(小さい字は読まない義母である。)

「せっけん」で髪を洗ったのは、40数年ぶりだった(笑)。

私が小学校低学年のころは、シャンプーというものがまだ世
に出回っていなくて(最初に出たのがエメロンシャンプーだっ
たのかな?)、せっけんで髪を洗うのは、普通だった。
リンスなんぞは、中学生になるくらいまでは、無かった気が
する。
…そんなことを思い出せたので、まあ、良いか(笑)。

義母としゃべりながら、お湯と水風呂に交互に何度もつかり、
すっかり夜になってから、鹿児島の家に到着。

玄関前のしだれ梅がつぼみをつけ、水仙が香っていた。
どちらも、鹿児島の家では初めてである。
…この季節に鹿児島に来たのは初めてだ、と気づく。

鹿児島人の夫と結婚して、今年で27年。
今では義父母の顔を見たとたん、つい鹿児島弁が出るよ
うな、“さつまおごじょ”な私だが(東京出身なのに)、まだ
まだ「知らない鹿児島」があるなあ…と、何だかわくわくし
た、今日の私であった。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<“お灸屋さん”になってます(笑) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 日暮里らしい店(ミニカー専門店とか、おにぎり屋とか)>>
コメント
-遅くなりましたが-
ミセス・かんちがいさんも冬生まれだったのですね。
お誕生日おめでとうございました。
知っている限り冬生まれにチョコレート好きが多い気がします。
2009-02-02 Mon 06:00 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
--
お誕生日おめでとう!

エビオスには笑います。

おない年だけど・・・
私には せっけんで髪を洗った記憶がありません。
>せっけんで髪を洗うのが、普通だった。
そうだったのか?う~ん
脳は記憶を 自分の都合で編集してくれるので・・・
私はメリットシャンプーを使っていた記憶しかない。

「さつまおこじょ」として
義父母様の親孝行をしてさしあげて下さい。
良い日々になりますように。
2009-02-02 Mon 08:21 | URL | noa #-[ 内容変更]
-お誕生日-
おめでとうございますv-315

石鹸で髪を洗っていたのは意外^^
かんちがいさんとは一回りほどの年齢差がありますが、
それこそわたしは子供の頃から石鹸で洗髪して
いました。シャンプーを使い始めたのはいつ頃だったかしら?

石鹸で洗ってもトリートメントもしくはリンスがあれば
なんとかカッコつきますね(笑)

かんちがいさんの鹿児島探検、楽しみにしています^^
2009-02-02 Mon 08:38 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
-いい仲ですねえ-
鹿児島に帰省すると「帰鹿」とは、すばらしい(笑)

小学校6年生のときにリンスを洗面器3分の1のお湯に溶かして使うというのを知りました。

石鹸で頭を洗っていたのは小学校低学年までかなあ。
男子特有のトニックシャンプーが苦手でした。
2009-02-02 Mon 09:42 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-お誕生日おめでとうございます-
お誕生日、おめでとうございます
かんちがいさんは、ステキに年を重ねておられるなぁと
ブログを読みながらいつも感じております

今回のシャンプーですが
石鹸で洗ったという記憶はないのですが
遠い昔のこと、忘れているのかもしれません
銭湯で小さな容器に入ったシャンプーを購入したように記憶しています
もったいないので、小さな一本の容器を何回かに分けて使っていました(笑)
それから、エメロンやシャワランと使い続け
いったい、何種類のシャンプーにお世話になっているのだろう?


かんちがいさんは私より、も少しお姉さんだと思っていたのですが
私、来月「いそじ」に突入です(ここだけの話)

2009-02-02 Mon 16:10 | URL | おかん #-[ 内容変更]
-鹿児島なんですね。-
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます!
ふだん、石けんで髪を洗っています。そして酢リンス。外では酢リンスというわけにもいかないのでシャンプー使いますが。

桜島が活発なようですが、影響はどうなのでしょうか。
わたしもしばらく行ってないので、行きたいなぁ。
2009-02-04 Wed 20:44 | URL | まめたろう #qbIq4rIg[ 内容変更]
-お返事、遅くなりました…m(_ _)m-
宇治大君さん
チョコは一年中食べますが、やはり冬場の方がよく食べ
る気がします。最近は季節限定のチョコも多いですしね。
「チョコレートとコーヒーさえあれば生きていけそう」と
思ったこともあるチョコ好きの私ですが、バレンタイン
の売り場が混まない時期を「買いだめ時期」と決めて、
チョコをいろいろ買っておられる宇治大君さんには、とて
もかないません…(笑)
宇治大君さんのブログ見てたら、チョコが食べたくなっ
て、バッグのチョコを出して頬張ってしまいました(^^;)

noaさん
もしかしたら、私の実家ではシャンプーの導入が、世間
より遅かったのかもしれません…(^^;)
私は子どもの頃は祖母とお風呂に入っていたので、そのせい
もあるのかな? あるいは、「子どもにシャンプーなんて
贅沢」みたいな雰囲気があったのかも…?
そう言えば母などは、1回分ずつ袋に入った、粉?のシャ
ンプーを使っていたような気もします。
(でも、それが何才頃の記憶なのか、はっきりしません。)
メリットシャンプーは、私の記憶の中では結構新しい(笑)。
同じ年齢だと、昔のアニメや歌の話題で盛り上がったりし
ますが、こういう「暮らしの風景」みたいなのは、家ごとに
結構違っていたのかもしれないですね。
いろんな人に聞き取り調査をしたら面白いかも…。

spacesisさん
皆さんのコメントを読むと、私ぐらいの年齢だと、石けんで
髪を洗った記憶がある人、ない人、まちまちのようですが、
spacesisさんの頃は、100%、石けんで洗髪でしょうね(笑)。
…いやいや、単に「年寄り扱い(笑)」しているのではなく、
多分、その頃は、東京文化と地方文化の差も結構大きかった
と思います。
今は東京も地方も差がなくなりましたが、同じ年の夫と話
をしていても、昔は東京の文化が、何年も遅れて鹿児島に
届いていたという時間差が、実感できることがあります。

若だんなさん
そうそう、初期のリンスは、湯で溶いて使うのでしたね。
すっかり忘れていましたよ(^^;)

北海道では、「帰鹿」に当たる言葉(「帰道」とか?)は
ないのでしょうかね?
鹿児島の両親とは、もはや「家族感覚」なので、特に「仲が
いい」という意識はないのですけど、客観的に考えてみると
確かに、私と義父母との仲はいいと思います。
(義父と義母の仲はイマイチなんだよね…苦笑)

拍手コメントの方で「別れてって、お義母さん大胆ですね」
とおっしゃってましたが、私は結婚当初から、義母には
「もしH史が浮気をするようなことがあったら、H史の方
 を勘当するから、S子ちゃん、出ていかないでくれ」
と懇願されています。(嫁は強し!…笑)

おかんさん
私も、おかんさんは私より2、3才は年下かと思っていまし
たが、どうやら1学年違いのようですね^^
わ~い、早く「こっち側(五十路側)」へ おいで~♪
(早生まれは、ちょっと得した気がしますよね…笑)

noaさんへのレスにも書いたけど、石けんで髪を洗っていた
当時の我が家は、ちょっと世間より「遅れて」いたのかも
しれません。
ぼんやりした記憶の当時のシャンプーなどのパッケージ、
見たら記憶がよみがえりそうで、見てみたい気がします。
シャンプーに限らず、お菓子(グリコのバタープリッツとか)
のパッケージなども、並べてみたら、きっと懐かしいで
しょうねえ…。

まめたろうさん
石けんで洗髪、酢リンスをお使いとは、さすが“自然派”
のまめたろうさんですね。
シャンプーとかリンスって、体にはあまり良くないらしい
ですよね。(長男は界面化学を学んだのですが、「人が普
通に触れるものの中で一番危険なのはリンスだ」…という
ようなことを言っていました。それを聞いて以来、シャン
プー後だけでなく、リンス後も丁寧にすすぐことを心がけ
てはいます…(^^;)

桜島の噴火は、こちらに来た日にありました。
煙の形がどんどん変わっていくのが面白いので写真に撮り
たかったけど、電車の中にいたのでムリでした…。

まめたろうさんとは、鹿児島とか筑波とか、共通の土地
の話題がありますね。
そう言えば今度、真壁の雛祭りに行くのです。
まめたろうさんは、いらしたこと、あるかな?
2009-02-07 Sat 01:29 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。