スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
内祝いに“お吸い物最中”ってシャレてるなあ(姪っ子の成人式)
2009-01-13 Tue 15:20
2009年1月13日(火)

昨日は、姪っ子M子の成人式だった。
昼ごろには、祖父ちゃん祖母ちゃんのところへ晴れ着姿を見せに
行くと聞いていたので、私もケーキと花を持って実家へ出かけた。
(お金でのお祝いは、ほんの少しばかり…女の子のお祝いはお金
 が掛かるから、伯母としてはホントはもっとはずむべきだったな
 あ、と後から思ったけど…、暮れのうちに渡してあった。)
写真撮影は、写真館での前撮りを暮れのうちに済ませたそうだけ
ど、やっぱり晴れ着姿は“ナマ”で見るに限る。
と言うより、身内として、こういうのは「直接見て誉めてやる」こと
が、一番の「祝う」ことだろうと、私は思っている。
息子しかいない私は、姪っ子が生まれた時から、彼女の成人式の
晴れ姿を見るのを、とても楽しみにしてきたのだ。

はあ~、やっぱり女の子の晴れ着姿って、いいな~…。
そばで見てるだけで、こっちの心も華やぐと言うか。
(息子たちは、成人式と言っても地味なスーツ着るだけだったし、
 写真すらまともに撮らせてくれなかったもんね…。ホント、男の
 子はつまらん。)

母が昼食を用意してくれていて、両親や妹一家と一緒に、簡単な
祝宴をする。
TVには新成人たちの姿がたくさん映ったけれど、
「いや、どの娘より、M子が一番可愛い、初々しいね~!」
と、みんなですっかり“身内バカ”になって盛り上がる。
笑わば笑え。 これぞ“身内の祝い方”の王道なのだ(笑)。

姪っ子は3時から高校の同窓会に出席するということで、妹一家
は早めに退散した。 帰り際、妹が“内祝”の品をくれた。
妹 「はい、お赤飯とお吸い物!」
私 「え、お吸い物…?」

母に聞くと、モナカの皮(麸?)の中に具が入っていて、お湯を注
ぐとお吸い物になるもの(上品な、インスタントのお吸い物?)らしい。

母が言うには、「お菓子なんかたくさんもらっても、もう年だし、
糖尿だし、そんなに食べきれない…」と思っているところに、最近、
頂きもので、お吸い物最中やら味噌汁最中を貰い、これはイイわ、
シャレてるわね~ということで、ここのところ実家ではちょっと
ブームになっているらしい。
母が教えてくれたブランドは、不室屋(ふむろや)さんというお店
の「お吸い物最中」。本店は金沢で、いわゆる“加賀麸”の店の
品。都内では、日本橋の三越、高島屋、池袋西武などで買えるよ
うだ。 が、かなり人気があるらしく、母が暮れに三越に行ったら、
バラ売りのものも、全部売り切れていたそうだ。

妹がくれたのは、不室屋のではなく、林久右衛門商店(はやし
きゅうえもんしょうてん)
という、福岡の店のものだった。
(伊勢丹系で入手できる模様。)
最中が紅白の貝の形をしていて、とても上品で洒落ている。



軽いし、日持ちもするし、こういう内祝いの品としては好適だな
あと思う。
種類もいろいろあり、慶弔のお返しとしてはもちろん、大人ばか
りの家へのちょっとした手土産や、中元歳暮などのお遣い物に
も良さそうなので、覚えておきたいと思うことであった。

以下、写真と身内ネタ。
 
[ 続きはここから… ]


…苦情が来たら、モザイクかけるかも(笑)
《追記》苦情は来なかったけど、身長は
「166センチ」という訂正が入った(笑)。

  
振り袖というのは、世界の民俗衣装の中でも、最もゴージャス
で華やかな部類のものだろうと思うが、考えてみれば、せっか
く日本女性に生まれても、振り袖を着る機会なんて、生涯に
そうそうあるわけではない。
(私自身も、振り袖は結局、成人式の1回しか着なかった。)
娘がいれば、花嫁姿を見るのも親の楽しみの一つであろうが、
花嫁姿には、別のニュアンス、感慨も生じるわけなので、純粋
に、その若さや美しさを愛でて喜べる最大のチャンスは、やは
り成人式をおいて他には、なかなかないわけだ。

成人式に華美な晴れ着を着ることの是非をめぐる論議は、昔か
らある。成人式は、社会的、精神的に大人として自立したこと
を祝うものであるから、晴れ着なんぞを着るのは贅沢でもあり、
無駄でもあるという考え方。
それは勿論よくわかるし、理屈としてはその通りなのだけれど、
女の子の場合は、やはりちょっと違う意味もあると私は思う。
今も毎年、多くの娘さんたちが成人式に振り袖で着飾るのは、
本人の希望もあろうが、やはり、娘を一度は着飾らせたいとい
う親心があるのだろう。

今回、もし姪っ子が、何らかの理由をつけて「晴れ着を着ない」
と言い出したら、私は相当ガッカリしただろうし、「いや、頼むか
ら、レンタルで一番安いのでもいいから着て、写真だけは撮っ
てくれ」と懇願し、私がその費用を出したかもしれない。
(まあ、私が出さなくても、私の両親がそうしただろう。)
写真を撮っておくということも大切だ。
私の成人式のとき、母は「二十歳の写真は、後年いくら金を積
んでも撮れないんだよ」と言って、写真館で立派な写真を撮っ
てくれた。そういうものがなくても、人生何も困ることはないけれ
ど、あれば、それはやはり宝物の一つである。

今回の姪っ子の成人式は、もともと楽しみにしていたことでは
あったけれど、実際にその晴れ姿を目にして、私は、思ってい
た以上に大きな喜びを感じた。
チヤホヤされて本人も嬉しいだろうけれど、それ以上に、祝っ
てやれる周りの大人たちが幸せなのかもしれないと思う。
自分の娘でなくても、こんなに幸福を感じるのだから、自分の
娘だったら、どんなに嬉しいだろう…。

そう思うと、気になるのは、お嫁さんのYちゃんのことだ。
Yちゃんの故郷の市では、成人式の式典を夏休み中に行うそ
うで、暑い盛りでもあり、みな洋装で済ますのだそうだ。
そこで振り袖を着そびれたYちゃんだが、本来なら、知人や親
戚の結婚式など、着ようと思えば、まだまだ着る機会はあった
はずなのだ。
が、うちの息子とこんなに早く結婚したばかりに(結婚式も洋
装のみだったし)、もう、振り袖を着る機会がなくなってしまっ
た…。

Yちゃん自身は、そのことを別に不満に思ったりはしていない
だろうけど(振り袖を着たことがないからといって、不幸という
ことは全くないわけだし)、ただ、私自身の気持ちとして、その
ことが何だか可哀相で、負い目を感じてしまうのである。
Yちゃんのような可愛い娘がいたら、岩手の親御さんだって、
一度は晴れ着で着飾らせたいと思っていたろうに…。

Yちゃんが若くて可愛いうちに、折を見て、一度振り袖を着せ
て写真を撮ってあげようかな…。

そんなことを、昨日からひそかに思い始めた私である。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | “姑道”、“おババ道”修行中 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<シワ消しテープ、使ってみたけど(笑) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 最近読んだ本(水村美苗「日本語が亡びるとき」ほか)>>
コメント
-振袖に込められている思いなんですねえ-
成人式は、大学ホールで働いていましたねえ。裏方として。

カンチガイさんには、ぜひ、孫娘の成人式を見ていただきたいものです。私も見たいですね。そのころまで「新年会」を続けていただきたいです(笑)

お麩のお吸い物セットはお歳暮でも人気商品で、我が家でもお菓子を送るにはちょっとという親戚には候補に上ります。
実際、いただいた事がありますがおいしいですしね。

2009-01-13 Tue 16:04 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-旨そう-
こりゃ美味しそうですね
栃木の田舎じゃ見かけませんが
麩最中に入ったお吸い物に惹かれました。
今度是非食してみよう~。

お湯いれたらどんな風にふやけて見えるのかも
興味津々!

2009-01-14 Wed 03:37 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
--
若だんなさん
若だんなさんは、ご自身の成人式の日に、「裏方」の仕事を
なさってたの?
…まあ、男の子の成人式なんて「どうでもいい」んですが(笑)。

私自身は、晴れ着はお正月(冬休みの帰省中)のうちに着て
写真を撮り、成人式の当日は着ませんでした。
昔の成人式は1月15日でしたね。私たちの時は、大学会館
ホールでの式典?は、なかったと思います。
当時桜村村民だった私たちは、村の施設に出向くのも面倒な
ので、サークルの同学年のメンバーで、ちょっとだけオシャレ
して、レストラン(男爵)で食事しましたっけ。
(まだ全く恋人でなかったK木君=夫も一緒でした^^)
孫娘の成人式は、まだまだ先だなあ…。
元気でその日を迎えられたら幸せですが、どうでしょう…?

お麸の吸い物、お歳暮の人気商品なんですか?
さすが、都会人の若だんなさん、情報通ですね。
田舎者の私すら知るようになったからには、これからどっと
ブームが来るかも?(笑)
やはり、「ちょっと目新しくて、自分がもらった時、同じもの
を今度は人にあげたいと思えるもの」が強いですよね。

koba2106さん
年賀メールも年賀状も頂いたし、先日ホームページも更新さ
れていたので、「よかった、kobaさん元気らしい」と、生息
確認(笑)して、安心していたところでした。
初日の出の撮影は寒かったでしょうね。
ちなみに現在、PCデスクトップの壁紙にさせて頂いている
作品は、遠景に富士山が写っているやつです!

麸最中のお吸い物は、茨城にも売っていませんよ。
“お味”もよろしいらしいけど(まだ味見していない…(^^;)、
何より、洗練された“見た目”にやられましたね。
目でも味わえるところが、いかにも日本的というか、日本人
好みだと思うことです。 いい漆椀で味わいたいですね。

kobaさん、最近はお仕事がお忙しいのでしょうか?
寒さも本番、インフルエンザなども流行ってますから、どうぞ
お気をつけてお過ごしくださいね。
2009-01-14 Wed 18:52 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-ありがとう!-
ご心配、ありがとう。
昨年初めから、降ってわいたように某都内デザイン会社のサポートが出て、一年それに追われていました。
とにかくデザイン作業以前にパソコンのメンテからしなけりゃならなかったので、なんだか慌ただしかったです。
そんな訳で、仕事で撮影はしても、なかなか壁紙用の撮影までは手が回りませんでした・・・苦笑
さらに、昨年までの愛用のデジ一眼では画素数も仕事用では非力なため、こなれた価格になったEOS Kiss Xを購入したので、これから新調デジカメに慣れようとこまめに撮りたいとは考えています。
でも、突発的で納期の無い作業が多いから・・・・苦笑
まぁ頑張りたいと考えてますので、是非また壁紙利用ください。
今年はWindowsな自作愛機もCPU4個入りにアップグレードしようと画策中です(笑)
2009-01-15 Thu 12:09 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
--
わあ~
綺麗な姪っ子さん
可愛いなあ
ご成人おめでとうございました。

我が娘も成人式には着物を着ましたよ。
さんざん、「私は着ないわ」と言っていたけど・・・
無理矢理に 私が 着せました。(笑)
いまでも
あの時、着物を着せて 写真を撮影して良かったと思います。
もう、すでにあの若さはないもん (笑) まだ23歳だけど。。。

あの時にしか、出来ない事だったのだなあ~
どんなかたちであれ、親は子どもの晴れ姿をみると
幸せなんだよね。 理屈抜きで・・・。


2009-01-16 Fri 19:09 | URL | noa #-[ 内容変更]
--
koba2106さん
栃木の田舎(失礼!)と、都内デザイン会社との往復
だったのでは大変でしょうね。
しかも、パソコンのメンテまで?(笑)
でも、お仕事でご活躍されているのは何よりです。
せっかくのkobaさんのセンスは、社会にどんどん
発信していってほしいですから。

カメラをグレードアップなさったのですね。
今までのだってすごく綺麗な写真だったけど、仕事用
には非力なんですか?
(相変わらず、ケータイのしょぼカメラしか使っていない
 私には、レベル高すぎてよくわかりませんが…笑)

自作パソコン…今度はCPU4台?
そんなことできるんですか?
(私の頭では、メモリ増設をイメージするのが精一杯(^^;)
恐ろしくハイスペックになりそうですね。
そんなマシンでどんなことができるのか、そのうち、
わかりやすく説明して下さいまし^^

noaさん
どうもありがとう(^_^)
若い時は、その若さが今だけのものだということが、ピン
と来ないんですよね。
でも、お嬢さんは23才、まだまだ可愛いでしょうに(笑)。

「着物を着ない」と本人が希望する話は、割とよく聞きます。
E子先生にも4人のお嬢さんがいらっしゃるわけですが、
上のお嬢さんたちは、成人式のとき、着物を着る費用を
留学に当てたいということで、着物を着ませんでした。
それはそれで、もちろん素晴らしい選択。
ところが、一番下のお嬢さんだったかな、着物を着たいと
言って、写真も撮ったのですね。
そうしてみたら先生は、やはり上のお嬢さんたちの写真も
撮っておきたくなって、同じ着物を上のお嬢さんたちにも
次々着せて、写真を撮ったのです。
そのお気持ちはすごくわかる気がしました。
本当に理屈じゃなく、若い娘の晴れ姿は良いものですね。
花と同じで、女の子にも「見頃」があるので、「その時」を
何らかの形で残しておくのは大事かなという気がします。
無くてもよいものだけど、あれば心豊かになれるものの
ひとつでしょうね^^
2009-01-17 Sat 00:13 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。