スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
アラサー、アラフォー、アラフィー?
2009-01-08 Thu 23:29
2009年1月8日(木)

YUKKEさんの「ちょこキャリ日記」に、朝日新聞の面白そうな
記事が紹介されていたっけな~
と思い出し、昨日(7日)の新
聞を引っ張りだして、「アラフォー世代 飽くなき欲求」という
記事を読んだ。 そこにちょっと引用されていた、『負け犬の
遠吠え
』の酒井順子さんと、『「婚活」時代』の白河桃子
んの対談に興味が湧いて、新聞に書かれていたURLから、
 『おばさん未満』刊行記念スペシャルサイト
の中の、「スペシャル対談 白河桃子×酒井順子」を読んで
みた。

最初はお約束の本の宣伝なのだけど、結構長い(全8ページ
もある)、一見雑談っぽい対談記事を読み進むうち、「う~む、
これはなかなか面白いぞ、女性の世代論としても、男女間の
力学論としても…」と、思ったのでご紹介。
ケータイ用サイトの方が見やすいかもしれない…)

外で働いていない私は、身近に「アラフォー」「アラサー
世代の知り合いが全くいなくて(ネット上には少しいるけど)、
親しい友人、先輩後輩、ご近所さん…のほぼ全員が、40代
後半から50代後半の間に収まってしまう。
(改めて考えてみると、非常に世間が狭い私である…苦笑)

だから、なるほど「アラフォー」とは、こういう世代か、私たち
50才周辺の世代(「アラフィー」と呼ぶらしい)とは、ここが
違うのか、というのが妙にくっきりわかって面白かった。

対談主のアラフォーのお二人によれば、「アラフィー」は
やるべきことが一つあれば、それで安心していられた世代
だそうだ。
それに対して「アラフォー」は、同時に何枚もの皿を回し続
けていたい世代
だと。

うん、「回す皿の数」というのは、とてもわかりやすい切り口。
   
[ 続きはここから… ]

より厳密に言えば、私たち「アラフィー」の女たちは、「1.5
枚の皿を回せれば上出来
」…の世代だったと思う。
私たちの母親の世代は、それこそほとんどの女性が完全な
専業主婦で、夫や子の世話をし、舅姑に仕え、自分の人生
は犠牲にするような生き方をしていた。 イヤな夫と別れたく
ても、自立する生活力がないために、泣く泣く家庭に縛られ
ていた女性も、結構多かったろうと思う。
(職業婦人もいるにはいたが、その多くは家庭や子供を持
 たないという選択をしていたわけで。)

私たちの世代は、それとは違う生き方をしたかった。
大筋は主婦でもいいのだけれど(もちろん、イヤな亭主だっ
たら離婚するけど)、教養も身につけ、男まさりとはいかなく
とも、自分でも少しは働いて、社会と関わったり、自分の自
由になるお金や時間を少しは持ったりして、できる範囲で
楽しんで生きようとしてきた。
子供が小さいうちはともかく、「子供の手が離れたら、少しは
働く」というのが、多分、アラフィー女性の世代是だ。
働き方は、パートの人もフルタイムの人もいるけれど(フル
でずっと頑張ってきた人は、やはり、子供はいても1人くら
いが多い)、私たちの世代の女性を見わたせば、自身が病
弱とか、老親の介護をしているのでもない限り、ずっと専業
主婦だったという人はまずいない。
そういう意味で、皿はほぼ「1.5枚」だったのだ。
(もちろん、2枚を上手に回してきた人もいるけれど。)


「アラフォー」の女性たちには、「常に自分たちの世代が世の
中の中心」という“センター感”がある、という指摘も面白かっ
た。 …確かに、私たちの世代は、そんなこと、思ってみたこ
ともないな~。
(少し上の、団塊の世代だと、また違うのかもしれないけど。)

ちょっと元気のない「アラサー」世代、新しい感覚を持ち始め
ているそれより若い世代についての言及も、結構納得する
ことが多かった。

興味を持たれた方、ご一読を。
(男性諸氏にも是非読んでもらいたい部分があります…笑)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々発見 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<最近読んだ本(水村美苗「日本語が亡びるとき」ほか) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 心なごんだ年賀状などのこと>>
コメント
-ふーん-
アラフォーは、カツマーですね。
バブル世代。

アラフィーは(私もそうですけど)高度成長世代。

アラサーは失われた10年世代。

ディスカバーの干場社長の言によると、
「未来が明るいと信じられる世代」(アラフィー)と、
「未来が暗いと思う世代】(アラサー)
らしい。

未来が良くなると信じている私たちに比べ、
息子世代(k木家のね)は、未来を信じられなくなっている。

そういうことらしい。
どうすか?

2009-01-08 Thu 23:38 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
--
若だんなさん
干場弓子社長がそう書いておられたのは、私もよく覚えてますよ。
干場社長は、プロフィールを拝見する限り、「アラフィー」に近い
「アラフォー」ですかね?(笑)
勝間和代さんは、40才になられたばかりで、まさに「アラフォー」
ど真ん中!ですよね。

前に若だんなさんも書いておられましたが、今は「AかBか」の
二者択一の時代じゃなくて、「AもBも」の時代ですね。
「仕事(+名声)」も「子ども(しかも3人!)」も手に入れる勝間
さんの生き方は、まさにアラフォーな生き方の成功例というわけ
でしょう。

私や若だんなさんのような高度成長期に育った世代(…と、一緒
の世代に括ってしまうのは、何だかお気の毒ねぇ、4学年も違う
のに…(^^;)は、多分、歴史上稀なほど、幸福な子ども時代を過ご
したのかもしれません。
今の子どもたちは将来に夢が持てなくて可哀相だなあ…というの
は、私も子育て中、ずっと思ってきました。

ただね、うちの息子たち(現在20代前半)の世代はね、就職難、
結婚難で割りを食ったロスジェネ世代=「アラサー」ともちょっと
違う感じがする…。
あまり悲壮感はなくて、結構、のんびり、こぢんまり…。
初めから、野心や上昇志向や競争心がなくて、そこそこの幸せ
で満足できるタイプが多いような印象を受けます。
でも酒井順子さんたちも対談でおっしゃってましたが、男女間の
距離は今までになく近い世代かもしれない。
そう思うと、昔とは違うところに豊かさを求める文化が育ちつつ
あり、少子・晩婚化もゆっくり改善していくのかなあ…という気
もしないではありません。

ところで、若だんなさん!
水野俊哉さんの、「2008年 ブロガーマトリックス」への登場、
快挙でしたね!(拍手、拍手!)

あとね、若だんなさんのブログのことは書かれていなかったんだ
けど、今日たまたま調べ物をしていて、検索で見つけた「海洋学
研究者の日常」 http://blogs.dion.ne.jp/hiroichiblg/ というブロ
グを見てたんですが、サイエンスアゴラのこととか、横串会に入会
した話も出てきてね、それも何だか嬉しくなっちゃいました(^_^)
2009-01-09 Fri 17:21 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
--
アラフィーのYUKKEです。ご紹介いただきありがとうございます。

私はとても、1.5枚のお皿まわしはできないですわ。
1枚の回転を止めて、別の1枚をまわすって感じ。
仕事か、家庭かの、両立は無理っ!私は、どっちかに傾いちゃいます。

2枚とはねぇ・・・欲張りだな!

うちの20代前半も、まったく上昇志向がありません。
ほどほどでよくて、ワークシェアリングで、たるーんって感じが理想みたいです。
生まれたときから、ほどほどに満たされていた世代だからでしょうし、まったくハングリーな根性はありえねぇ~って感じ。

この世代にも興味津々ですが、あまり観察すると嫌がられそうです。

水森亜土さんのイラストなんですね。さっそく予約しました。また読後感は、ブログで・・・。
2009-01-11 Sun 23:48 | URL | YUKKE #q6.UxYrM[ 内容変更]
--
YUKKEさん
あまりYUKKEさんの記事自体の紹介になっていない
トラックバックで、すみません…。
でもきっと、YUKKEさんは、アラフォーやアラフィー
の話題に興味を持って下さるのでは?と思っていました。

もともと専業主婦で、その経験や感覚を生かして起業され
たYUKKEさんは、私などから見ると、女性の生き方として
理想的というか、憧れですよ♪
今や第一線で働いていらっしゃるYUKKEさんですから、
お皿2枚を上手に回していらっしゃるようにお見受けする
のですが、ご本人の感覚では、そうでもないのですか?
(ちょっと意外でした…笑)

YUKKEさんのお宅の若者たちも、
「ハングリーな根性はありえねぇ~」って、感じですか?
(よかった、うちの息子たちだけじゃないんですね…笑)
確かに「生まれたときから、ほどほどに満たされて」いる
と、そうなるのかもしれません。

水森亜土さんのイラストは、アラフィー世代にとっても
懐かしいですよね。
というか、今でも現役で、可愛い女性を描き続けている
亜土さんて、スゴイです。
「おばさん未満」は私も読んでみたいと思っています^^
2009-01-12 Mon 22:52 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-そうなんですう。-
はじめまして。高齢出産だったもので、周囲にアラフィーがいなくて、やっと辿り着いたのがここでした(マンションの住人は殆どが団塊世代)

野心や上昇志向や競争心がなくて、
そこそこの幸せで満足できる。

このフレーズにはほっとしました。よりどころができたというか。
あまり話題になりませんものね、団塊の次の世代って。
2009-09-26 Sat 21:40 | URL | chiyoko60 #o.trGIrQ[ 内容変更]
-引き寄せの法則って本当よ!-
こんにちは。
アラフィーの検索でこのブログに辿り着きました。
私は現在海外に住む48歳なのですが、周りにアラフィーの方がいなくて、実際がどんななのかリサーチしていたところだったのです(笑

なるほど。このスペシャル対談を読んで、「そうなのか!」とおもわされましたよ。

私は既に自分を「アラフィー」と呼んでいるのですが、もしかしたら特徴でいえばアラフォーの端っこにいるという感じなのかもしれませんね。

大変に楽しませていただきました。
今後もこちらのブログをときどき覗かせていただきます。
よろしくお願いしますね♪
2010-02-26 Fri 05:10 | URL | 雅ランティエ #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。