スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
夢の話(…孫の父親は誰?)
2008-12-09 Tue 23:39
2008年12月9日(火)

見た夢はほとんど忘れてしまう私だけれど、つい先日
見た夢は、妙に覚えている。

孫娘のKが出てくる夢だった。
お嫁さんのYちゃんが何日か留守をしなければならなく
て、夢の中で私はKを預かることになるのだが、取手の
家で面倒をみているわけではなくて、私自身も移動しな
がら、ホテルの小部屋のようなところにいたりするので、
「あら、しまった、ここに紙オムツ持ってきていないわ。
 Kのオムツを替えてやりたいのに…」
などと、いろいろ困ったりしているのであった。

そうこうするうちに、Kの父親だという男が、Kを迎えに
来た。あとは、Yちゃんが帰ってくるまで、自分が面倒を
みると言う。
Kの父親とは、もちろん我が息子(次男)であるはずなの
だが、夢の中ではなぜか、よく知らない、ちょっと胡散臭
い男である。

 …はて、この男がKの父親であったろうか?
  Yちゃんのダンナって、こんな男だったっけ…?


と、夢の中で私は必死に考えている(笑)。

男が誘拐犯などの悪い男だったら、Kを渡すわけにはい
かない…と、警戒している私。

しかし、さすがに、「あなたがKのお父さんでしたっけ?」
などと、失礼なことを尋ねるわけにもいかない。

私は夢の中で一生懸命、親子3人の情景を見た時の記憶
を辿り、「そういえば、この男に確かに見覚えがある」…と、
納得する。
それに、父親でもなければ、このタイミングで、わざわざ手
のかかる幼子を引き取りに来るはずもない…。

そう思って、内心一抹の不安を感じつつも、Kを渡した私は、
その後、親子3人がそろったところを見て、「ああ良かった、
この男がKの父親だった…」と安心する。

…という、変な夢だった。





息子はとうとう出てこなかった(笑)。





父親って、影薄っ…!


…と、目覚めた時、苦笑した。
 
[ 続きはここから… ]

夢の中で、Kも、Yちゃんも、リアルな本物だった。
なんで、息子だけ、他人と入れ替わってたんだろ?
(後で思えば、父親だと名乗る男に見覚えがあったのは当然
 だった。TVで見たことのある俳優さんの顔だったから…笑)

夢の中では、私が保護や愛情を注ぐべき対象は、KとYちゃん
の二人であって、Kの父親は、その圏外というか、何だか他人
みたいな存在だった。

もちろん、実際には次男は私の可愛い息子だし、息子はなか
なか子煩悩で、Kをよく可愛がっているのだ。

しかし、私は孫のKを思う時、やはり、Yちゃんのことを一緒に
思い出していることが多いなあと、気づく。
ケータイメールで連絡を取ったりするのも、息子とより、Yちゃ
んとの方が圧倒的に多い。

…何だか、息子が「ムコさん」状態だな(笑)。
まあ、逆(私が息子にベッタリ)よりは、いいんだけど。

それにしても、男って可哀相…と、思ったりもする。
(こんな夢を見た母を、許せ、息子よ)


実際のYちゃんは今、岩手に1週間ほど、お里帰り中。
(もちろん、Kを連れて。)
そのことが頭にあったから、こんな夢を見たのだろう。

あんまり面白い夢でもなくて、失礼。

お口直し?に、以前に書いた夢話(ラブラブな夢)でもどうぞ。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | “姑道”、“おババ道”修行中 | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<ビール酵母を偏愛する私(+眠気防止薬) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 山岸清太郎さんの思い出>>
コメント
-そんなときは-
この本をお読みになってはどうでしょう。

「できそこないの男たち」福岡伸一  光文社新書
2008-12-10 Wed 14:27 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
--
どっちの夢も笑えた。(笑)
2008-12-10 Wed 20:39 | URL | syomin1 #vbu/5PMA[ 内容変更]
--
若だんなさん
面白そうな本ですね。
何といっても、タイトルがいい!
…と思ったら、ディスカヴァーの干場社長も、同じ
こと書いてらっしゃいましたね(笑)
ぜひ読んでみます!

syominさん
そお? どちらの夢も「笑えた」なら良かった。
笑えってもらえるのは、私には多分一番の快感!
(↑どういう性格なんだ、私?…笑)
2008-12-10 Wed 22:29 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。