スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
仕掛け絵本を、コーヒーテーブル・ブックにしてみる
2008-10-22 Wed 22:37
2008年10月22日(水)

私の読書量は多くない、というか、はっきり言って少ない。
速読もできないし、寝床で寝る前に少しずつ読むだけの日が続
くと、1冊読むのに1週間近くかかることもある。

仕事柄、そんなことではいけないのだけど、もしかしたら私は、
本を読むこと自体は、そんなに好きでないのかもしれない。
むしろ楽しいのは、世の中にどんな本があるのかとか、今どん
な本がよく読まれているのかとか、読んだ人がどんなことを感
じたり考えたりしたのか、などを知ることだ。
だから、あちこちのブログで書評や本の紹介を読むのは大好き。

私がよく読むブログの中で、本に関するブログは、
noaさん“「とん ことり」の音がして
  絵本中心。女性好みの新刊書や映画の話題も魅力。
小飼弾さん“404 Blog Not Found
  書籍関係以外の記事も多いけど、私的に書評記事は必読。
  書評ブロガーとして有名な弾さんは、月に500冊以上(!)も
  本を読まれるそう(…と、ディスカヴァーの干場弓子社長が
  こちらの記事の中で書かれていた)。
smoothさん“マインドマップ的読書感想文
   ビジネス本(たまに「モテ本」)中心。smoothさんもほぼ毎日
  1冊のペースで書評を書かれていてスゴイのだけど、弾さん
  と比べると親しみやすく感じるのは、「(汗)」などの表現が多
  いせいかしら?(笑)  毎回長文で、smoothさんのブログを
  愛読するようになってから、私も自分の長文が気にならなく
  なった(笑)。
山岸清太郎さん“本読みHPブログ
  書評ブログではなく、本をネタにした妄想?(架空の作品と
  か)をマニアックに語ったブログ。記事自体が読み物として
  面白すぎる。
Dainさん“私が知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
  毎回読んでいるわけではないけれど、時々激しくツボ。
など。

その他のブログでも、本の感想などが書かれている記事は、特
に興味深く読んでしまう。
問題なのは、いろんなブログで本の紹介を読んでいると、自分も
読みたい、読まねば…と思う本がどんどん増えていくことだ。
書評だけ読んで“読んだ気”になるなんて、邪道だ!と思って、
最初の頃は、これはと思った本は、全部読もうと試みた。
が、1冊買うと、翌日にはもっと面白そうな(私にとってより興味
深い)本の記事を見つけたりして、どうしても私の読書スピード
では追いつかず、かえってストレスが溜まるのである。
で、最近は割り切って、ブログ記事では、本のエッセンスだけを
楽しむことにし、実際に本を買うのは、従来通り、書店で自分の
目で見て確かめて選ぶ、ということにしている。
(実際には、新刊書などは、誰かのブログで紹介されていたもの
 を買う場合も多々あるのだが…。)

そんな私が珍しく、ブログ記事を読んですぐに購入を決意し、そ
の場でアマゾンアタックをしてしまった(しかも2冊分!)のが、
先日smoothさんのこちらの記事で紹介されていた、「GALLOP!
という、この絵本。
(洋書だから、近所の本屋の店頭にはないだろうと思ったのも、
 アマゾンで注文した理由である。)


Gallop! (Scanimation Books)Gallop! (Scanimation Books)
(2007/11)
Rufus Butler Seder

商品詳細を見る


仕掛け絵本なのだが、説明を読んでも動画を見ても、ページ
を繰るとページの中にはさまれたフィルムが動くという仕掛け
がイマイチ理解できず、とにかくその仕掛けを、直接目で見て
知りたくなった。
(こういう、工作チック?なものには、昔から妙に惹かれる。)
それと、smoothさんの息子くん(推定1~2歳)が、この絵本を
見て、足をバタバタさせて喜んでいる動画があったので、つい、
自分の孫娘(まだ生後11ヶ月だけど)のためにも、買っておきた
くなったのだった。

でも、他人様へのプレゼントでなく、孫用ならば、自分で楽し
んだあとに、それを包装して孫に贈っても構わないわけだが、
やはり自宅にも1冊は置いておきたいと思ったのには、理由が
ある。

先日、YUKKEさん(お片付けコーチングの芳賀裕子さん)のブ
ログで、こんな記事を読んで、すごく素敵だなぁと思ったのだ。

「リビングの演出 コーヒーテーブル・ブック」
 (ちょこキャリ日記 - 整理収納アドバイザーの収納術)

そう、こんな仕掛け絵本は、コーヒーテーブルブックとして
ピッタリではないか?
 
[ 続きはここから… ]

「コーヒーテーブル・ブック」とは、欧米などで、お客様が座る
ソファーの横のテーブルに常備しておく本のことらしい。
お客様にお茶を用意する間などに、パラパラと見て頂くための
本。それがあることで、お客様との話の取っかかりにもなると
いう、暮らしの知恵、社交の知恵を感じさせるものだ。

短い時間に楽しむ本だから、文字を読む本よりも、写真集とか
図鑑とか、ビジュアルで楽しめるものが好ましいわけで、そう
いう意味では、ちょっとサプライズのある、こうした仕掛け絵本
も、コーヒーテーブル・ブックにふさわしいだろう。

我が家にお客様が来る機会なんて、あまり多くないのだけれど、
それでも、「コーヒーテーブル・ブックを常備しておく暮らし」
というのに憧れた私は、早速、届いたばかりのこの仕掛け絵本と、
例のキモノ写真集とを、リビングのソファーの横に置いたのだ。
こうしておけば、お客様にさりげなく本を勧めて、ちょっと
ハイセンスな会話ができるかも♪

…そんな夢とともに。


その翌日、知人のF氏が、新米を30キロも持ってきて下さった。
玄関にドサリと米袋を置いて下さったF氏に、私は
「まあまあ、こんな重いものをわざわざすみません。
 どうぞお茶でも上がって下さいな」
と、家の中に招き入れた。

…が、習慣というのは恐ろしい。
気の置けないF氏が来て下さった時にいつもそうするように、
私はうっかり、リビングのソファーでなく、ダイニングテーブル
の椅子の方に誘導してしまった
のだ…。



その日のF氏の話題は、ひたすら、F氏の息子さんや娘さんの
進路に関する愚痴や相談だった…。
(そのこと自体は、別にいいのだけれどね、…まあ、そんな訳で
 私のささやかな夢は、初回は失敗したのだった…笑)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<オシャベリ赤ちゃん? | ミセス・かんちがいのブログ日記 | VistaのIMEがひどいらしいので、富士通“Japanist”に頑張ってほしい件>>
コメント
-ご紹介ありがとうございます-
ミセス・かんちがいさん、こんばんは。
記事のご紹介ありがとうございます。
しかも、アマゾンアタックまで(涙)。

「親バカ」って言われちゃうかな、と思いつつ、ムスコ動画を載せて良かったです(笑)。
でも、ムスコにはホントにツボみたいで、未だに読むと大喜びしております(ちょっと単純?)。

それと、ブログの長文は、ホントに申し訳ないです。
弾さんみたいに、サクっとまとめられるといいんですが、なかなか難しくて・・・。

これからもおヒマな時に覗いてくださいね!
2008-10-23 Thu 02:55 | URL | smooth@マインドマップ的読書感想文 #Mh5FjhoU[ 内容変更]
-コメントありがとうございます!-
smoothさん
お忙しいところ、わざわざコメントを頂き、恐縮です。
長文は、私は肯定派です!(笑)
私自身も、以前は文章を短くしないと読んでもらえないの
では?…と思っていたのですが、どんなに長いエントリでも、
興味が持てる内容で読みやすければ最後まで読んでしま
うものだ…ということが、smoothさんほか、いろんな方の
ブログを読むうちにわかってきたので(…私がそういう文章
を書けているかどうかは、自信ないですが(^^;)、
最近は、書く時も読む時も、長さは気にしていません。
長文も、短文も、それぞれのブロガーの持ち味かと…。
ムスコ君の動画は、説得力ありましたよ!
(アレがなければ、自宅用のしか買わなかったかも…)

それにしても、smoothさんは、お仕事もなさりながら、
日々本を読まれ、毎日、力の入ったブログ記事も書かれ
て、どんな生活をしていらっしゃるんだろう?と常々疑問に
思っておりましたが、こちらへのコメントも、とんでもない
時間に投稿なさってますね…。
ちゃんと、寝ていらっしゃるのか?
家事や育児は手伝っておいでなのか?
…と、つい「息子への母親目線(笑)」で心配してしまう
ことです(^^;)
お身体に気をつけて、ご活躍下さいませね。
今後の記事も楽しみにしております^^
2008-10-23 Thu 12:01 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-コーヒーテーブル本-
ご紹介いただいてありがとうございます。はいはい、覚えています。

時々よらせていただきながら、読み逃げていました。
息子のピアノの先生の家のコーヒーテーブル本に安野光雅の「さかさま」の絵本があって、なぜかピアノのお稽古よりもこれを熱心に見ていたかった息子です。

絵本はいいわね!私もどんな絵本を置きたいか、考えてみたいです。素敵な暮らしのヒントをありがとうございます。
2008-10-23 Thu 18:45 | URL | YUKKE #q6.UxYrM[ 内容変更]
--
『GALLOP!』
す、すごい この仕掛け絵本
錯覚か・・・不思議だわ。 リンクされていた
「You Tube」を何回も何回も見てしまった・・・

さすが サブタ
天才ですね。
いつも サブタの仕掛け絵本には魅了されています。
私も欲しい!!この仕掛け絵本が。絶対に買うぞぉー

と熱くなったけど
私は基本的に 仕掛け絵本に好意的ではありません。
長い間、図書館などで子どもへの「絵本の読み聞かせ」を
してきた者として思うのですが、特にブックスタートの
赤ちゃんなどは 体の成長にミルクが必要なように
耳から入ってくる 音としての言葉、目の前に見える絵
それを自分の好きな大人が抱っこして読んでくれたら
とても「気持ちいい」安心できる時間を持てるのではと
思うのです。
そして そこには「しかけ」などは いらないと考えています。

でも、やはり仕掛け絵本はワクワクしますね。
特にサブタの本は素晴らしいから。

私の家はいつもコーヒーテーブルにも窓ぎわにも
キッチンにも トイレにも 絵本が置いてあります。
絵本って季節感や笑いや ふっと微笑んでしまうものが
多いので かなり”こだわり”のインテリアになりますよ。

この記事は最高でした。
おかげさまで 2時間は楽しむことが出来ました。
ありがとう かんちがいさん!!

ところでE子先生はお元気でお過ごしでしょうか?
球児の食卓~チビのつぶやき
と、E子先生の食卓を拝見していると 私は元気が出ていたの
だけど。更新がないようで寂しい・・・
2008-10-23 Thu 23:54 | URL | noa #-[ 内容変更]
--
YUKKEさん
バリバリご多忙のYUKKEさんに、こちらにまで来て
頂いて恐縮です。
私の方が一方的に存じ上げているだけだと思っており
ましたが、ご記憶頂けていたなんて光栄です。
(ところで私、以前にもご挨拶申し上げたんでしたっけ?
 …どうも、記憶力が弱くて…(^^;)ゞ

安野光雅さんの絵本は、だまし絵とか、不思議ワールドの
ものがありますね。小さなお客様のためだけでなく、そう
いう本をコーヒーテーブル本にするのも良さそうです^^
↑でコメントを下さったnoaさんは、絵本を家の中のいろ
んな場所に飾って、インテリアとしても活用なさっている
ようで、それも素敵だなあと思います。

YUKKEさんのブログでも、時々本のこと、話題になさ
っていますね。
リンドバーグ夫人の「海からの贈り物」は私も好きな1冊。
何ヶ月か前に紹介なさっていた「ハリスおばさんパリへ
行く」は、実は取り寄せて、この夏に読みました!
素敵なお話で、孫娘が大きくなったら読ませたいわ~と
思った1冊でした(気が早すぎますが…笑)

noaさん
さすがnoaさん、濃い反応ですね~(笑)
まず、作家に着目するところからして違う!
サブダって、smoothさんのとこで「こんなの息子に見せた
ら秒殺ですがな」って紹介されていた、すごい立体絵本の
作者ですよね。
うっかりしてましたが、この「GALLOP!」も、ロバート・
サブダの絵本なんだ!(と、裏表紙を見て気づいた…)

絵本は赤ちゃんの、いわば心のミルク。
“そこには「しかけ」などは いらない”というのは本当に
そうね。心に留めておきます^^

仕掛け絵本というのは、もしかしたら、子供以上に大人
が夢中になってしまうものなのかもしれませんね。
実を言うと、私、この絵本がもう1冊欲しいかも。
何のためかというと…分解用!!(笑)
絵を変えて、自分で作ってみたい気がするから(^_^)

E子先生のことは、私も気になっています。
葬儀の時は案外しっかりしておいでだったけど、やはり
じわじわと寂しさを感じておいでかも…。
前向きな先生のことだから、きっと、パン教室もまた
再開なさってくれると思ってます。

それにしても、noaさんのお家、キッチンやトイレにも
絵本が…?
素敵ねぇ! noaさんちに遊びに行きたいよ!
2008-10-24 Fri 11:21 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。