スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
VistaのIMEがひどいらしいので、富士通“Japanist”に頑張ってほしい件
2008-10-20 Mon 14:24
2008年10月20日(月)

Vista搭載の“MS-IME”がダメダメらしく、こんなエントリがあった。
馬鹿なIMEと頑固なATOK(池田信夫blog)

よそで話題になっている問題に首を突っこむのは、あまり私の好
みではないのだが(平凡な主婦の私など、大した知識も見解もな
いし…)、これはどうしても声を大にして言っておきたいと思った
ので、書いておく。

池田先生のエントリや、そのコメント欄を読んでも、皆さん、
“MS-IME”と“ATOK”のことばかり語っていらっしゃる。
(今、また見に行ったら、“SKKIME”というIMEを話題になさって
 いる人もいた。)
なぜ、優れたIMEである“Japanist”のことを、誰も熱く語らな
いのか…?  私にはそれが不思議で、そしてもどかしい。
(IMEというのは、日本語変換システムのこと。だからWindows
に搭載されているIMEのことは、“MS-IME”と区別して呼ぶ。)

Windowsの“MS-IME”が、“使えないシロモノ”であることには、
きっと多くの人がイラついていると思う。
ケータイだって、もう何年も前から、学習機能・予測変換機能が
付いていて、よく使う表現などは、1、2文字入力すれば、文節
ごと変換できるのに、どうしてパソコンの日本語変換は、いつま
でも“おバカ”なんだろう?(私自身は“MS-IME”を、とっくに捨
てたが)…と不思議に思っていたが、マイクロソフトが日本語の
IMEの開発を中国にアウトソースしているらしいことを知って、
さもありなんと思った。

Vista版のMS-IME(IME 2007)の不具合を修正するパッチが最近
配布されたらしいことは、先日、ZAPAさんのブログの
「おまえは何を言ってるんだ」(の記事の後半)で読んだばかり。

※参考までに
IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラムのご案内


ところで、MS-IME否定派の人は、たいていATOK(エイトック)
を使っているようで、ATOKだと、MS-IMEよりは、だいぶ良いよう
だ。 ちなみに、ATOK愛用者のZAPAさんは、こんなエントリも書
かれている。
ATOKなら3倍速く打てる!

私自身は、“Japanist”というIMEを使っている。
たまたま文書作成ソフトの“OASYS”に付属していたので使うよ
うになったのだが、“Japanist”だけの購入・導入も可能だ。
“OASYS”自体は、ワープロ専用機“OASYS”を使ってきた人に
しか勧めにくいソフトだが、“Japanist”は、日本語入力をする全
ての人に勧められるIMEだ。
以前、長男が「パソコンの日本語変換がバカでしょうがない」と
嘆いていたので、“Japanist”を入れることを勧めたら、彼はそ
の使い勝手に感動し、自宅の彼のパソコンだけでなく、研究室
の自分のパソコンにも入れたと言っていた。

では、“Japanist”の学習・変換機能がどれほどスゴイか、実際
の入力と変換候補の例を見て頂こう。

例えば、今、私は「つ~」から始まるある文字列を打とうとしてい
るとしよう。 最初に「つ」と入力すると、こんな候補が出る。



直近で使った表現ばかりだ。
しかし、今は別の文字列を打ちたいので、さらに「ぎ」を入力。
すると、こう。



私が教材の仕事でよく使っている文字列が出てきた。
「次のア~エから一つ選び、記号で答えなさい。」にしたいなら、
それを選んで完了。
しかし今の私の目当ては違うので、さらに「の」を続けて入力。
ちょっと違うパターンが出てくる。



さらに「か」と続けようと「k」を入力した時点で



おお、私の使いたい文字列が出てきた。

私は、「次の書き出しに続けて」と打ちたかったのだ。
で、それを選んで確定する。
すると次には、何と、最初の「つ」どころか、「t」と入れただ
けで、ご覧の通り。
「次の書き出しに続けて」が、第1候補で出てくるのだ。



これは、わざわざ遠回りする例を挙げたのだが、こんな風に
入力文字数が増えるに従って、違う候補をどんどん出してきて
くれるから、実際には、1~3文字で確定できることが多い。
変換候補は、その人が普段どんな文字列をよく打っているかに
よって、もちろん変わってくるので、使い込めば使い込むほど
便利になる。
(私のパソコンで別の人が文字入力をしたら、不便かもしれ
ないけれど…笑)

Japanistは、設定もいろいろ細かくカスタマイズできる。
例えば学習機能は、私はこんな風に、設定している。
 
[ 続きはここから… ]



カタカナの語は2字以上で覚えさせるようにしているが、これ
は1字以上から選べるのだ。

変換候補や、入力予測候補の表示設定に関するカスタマイズ
は、こんな感じ。



予測候補は、私は「1文字の入力」で「1文字以上の候補」が
出るようにしているが、こうしておくと、固有名詞などで難しい
漢字を何度も出さなければならない場合などに、大変便利。
もちろん、全く表示させないこともできるし(表示させなければ、
Japanistを使う意味がないけど)、いろいろ好みに合わせられる
ということは、これでおわかりだろう。
(私はJapanist2002を使っており、2003では、これほど細かく
 カスタマイズできないという噂もあるが。)

《追記》
この件については、Japanist2003をお使いの宇治大君さんが
「Japanistの入力予測の補足」
という記事を書いて下さり、私がここに掲げた動作環境の
設定画面と同じ画面のJapanist2003バージョンのものを
載せて下さったので、ご参照いただきたい。
宇治大君さんは、環境スタイルは「OAK」を選び、入力
予想候補のリストは「2文字の入力で1文字以上の候補を」
表示するようにするなど、私とは若干設定の仕方が違って
いるのだが、Japanist2003でも、カスタマイズの自由度は
概ね変わっていないようだ。
これで安心して、Japanist2003を人に勧められる。
宇治大君さんの情報に感謝!
ちなみに、宇治大君さんのブログでは、日本語入力-親指
シフト
」というカテゴリー
があって、Japanistや親指シフト
に関する記事がこまめにアップされているので、実際に
Japanist2003の導入をする上で、参考になると思う。


私は“Japanist”と“ATOK”と両方を使い比べてみたわけでは
ないので、安易に優劣を判断することはできないが、ZAPAさん
ATOKなら3倍速く打てる!の記事の中の

>「入力途中」という単語を2度目に打つときは、「にゅう」と
 打ってTabキーを押せば「入力途中」が候補に現れてEnter
 キーを押せば入力完了です。

という記述を読む限り、“Japanist”の方がずっと優れていそう
に思える。
Japanistは、一度確定した語を2度目に打つ時は、3文字も
打つ必要はない(設定次第だが)。
今、「入力途中」を一度漢字で確定してから確かめてみたが、
ご覧のように、「n」という1キーだけで、「入力途中」の語が、
第一候補で表示された。



しかも、変換候補は、Tabキーなど押さなくても、打っている
そばからどんどん出てくる

後は、変換したい候補が出てきたら、カーソルで選んでEnter
キーを押すだけだ。
この記事を書くのに、Japanistという語が頻出しているが、
最初「じゃぱにすと→Japanist」で変換確定したので、今は
「z」を打つだけで「Japanist」が第1候補に出てくる。

親指シフトキーボードでの、かな入力と合わせて使えば、さら
に強力で、日本語入力環境としては最高のはずだ。
残念ながら、親指シフト自体もマイナーな存在になってしまい、
親指シフト搭載機は種類が少なく高いので(安いのでこれくらい)、
私は泣く泣く普通のキーボードで、ローマ字入力しているのだ。
(※親指シフトについては、当ブログ過去記事の
 ・「親指シフト賛歌(そして哀歌)」
 ・「勝間和代さん効果に期待すること」
 など参照。)

そのほかにも、Japanistの便利な機能の一つとして、ある単語
を入力し、変換キー(又はスペースキー)を2回押すと、候補と
して、漢字表記だけでなく、ローマ字表記が出てくるというの
がある。
外来語なら、英語表記等も出てくる。
これは、WEB上にアップする画像ファイルに名前をつける時など
に重宝している。
MS-IMEと比較してみよう。
例えば、「みるく」と入れて変換キーを2回押すと、Japanist
では、こんなに候補が出てくる。


…全角の英文字は要らないけどね(笑)


ATOKでも、英語表記とローマ字表記は出るのだろうか?
(ATOKを持っていないので、確認できない。悪しからず)


これほど、日本語IMEとして優れた“Japanist”が、そもそも、
その存在すらあまり知られていないのは、本当に残念である。
多分、OASYSとか親指シフトとの組み合わせでないと使えな
い特殊なIMEと思われているのではなかろうか?
そんなことはなくて、Japanistは、どんなテキストエディタで
も、ワープロソフトでも使える。
もちろん、“Word”でも、問題なく使える。

もし、IMEを“MS-IME”に切り替えたい時は、「shiftキーと、
Ctrlキーの同時押し」をすれば一瞬で切り替わる。
(もちろんタスクバーのアイコンからの切り替えも可能。)
もっとも、わざわざ、不便なMS-IMEに切り替える必要は全く
ないのだが。(先刻は比較の為に、切り替えてみたけど。)


ただ、“Japanist”にも、全く欠点が無いわけではない。
一番の問題は、使用者が少ないためか、“Japanist2003”
以降の新バージョンが作られていないということだろう。
その為、新しい言葉は、すぐには変換できない場合がある。
(例えば「ぶろぐ」で「blog」という変換候補は出てこない。
 勿論、学習機能や単語登録で覚えさせることはできる。)
また、ブラウザのIE7とは相性が悪く、不具合が指摘されて
いるにもかかわらず、対応策がとられていない

(それで私はIE7はやめて、IE6に戻してしまった。
 firefoxでは、確かめなかったのでわからないが、不具合の
 報告はないみたいだ。)
あと、全角記号と半角記号の区別がわかりにくい。
例えば、「、」(全角の句読点)をコンマに変換させたい
場合、変換候補はこうだ。


慣れれば、カーソルの大きさでわかるのだが…



しかし、こうしたささいな点を除けば、私はXPで、今も
“Japanist2002”を使っているのだが、何の問題もない。
また、Vistaに対応したアップデートパックは配布されているの
で、Vistaで使うことも問題ないようだ。

それと、以前は、“Japanist”の無料体験版(一部機能無し)
があったので、人に気軽に勧めて、使ってみて気に入ったら
購入してもらうことができたのだが、今は最初から有料で買
うしかないのも、ちょっと勧めづらいところだ。

それでも、“ATOK”の価格と比べて高いわけではない。
(むしろ、安いくらい。)
価格ドットコムの“富士通Japanist 2003価格比較”で見ると、
最安値では¥3768(税込。ちなみに定価は6,090円)。

使えばきっと気に入ってもらえる可能性が高いと思うし、日本
人にとって、日本語入力機能は毎日使うものだから、決して
高い投資ではないと思うのだが、どうだろうか。
(私だけが言っても説得力がないので、どなたか、新たに導入
 してみてレポートして下さると有難いのだが…。)

ちなみに、池田先生がこだわっていらした、「X」のキーに
「ん」を割り当てることが、Japanistでできるのかどうかは、
私にはわからなかった。
環境設定から「ある機能を一部のキーに割り当てる」ことは簡
単にできるが、「ある文字を別の文字のキーに割り当てる」方法
がどうもわからない(「X→ん」の単語登録では意味ないのだろ
うし…)。確認できず、申し訳ない。
しかし、Japanistなら、一回でも「unnnunn→云々」と変換して
おけば、学習機能で「unn…」くらいで変換できるはず。


それにしても腹立たしいのは、開発元の富士通のやる気の
なさなのだ。
親指シフトキーボードにしても、IMEの“Japanist”にしても、
これが標準になっていたら大きな国益だったろうと私は思うし、
今も地味に愛用者はいるのに、富士通は、多分もう、後続の新
製品を出す気はないんじゃないか、と思われる。

親指シフトキーボードは、ハードの問題もあるので、今さら普及
させるのは難しいかもしれないが、“Japanist”は、もっと頑張
って売り出せば、必ず支持を得られるソフトだと思うだけに、
富士通には本当に頑張ってもらいたい。
せめて、富士通製のパソコンにはJapanistをデフォルトで搭載
すれば、評判を呼んで、Japanistを導入する人も増えるのでは
ないだろうか。
もし、富士通自身がやる気がないのなら、日本人全体の利益の
為に、Japanistのノウハウを他社に売るべきではなかろうか?

…私みたいな者がこんな生意気なことを言うのは、本当に気が
引けるのだが、Japanistのことを語ってくれる方がいないので、
思い切ってエントリにしてみた次第。
(何か勘違いがありましたらご容赦のほどを。)


※ちなみに、私がブログを開設する前、初めてホームペー
 ジ(本館サイト)の“ミセス・かんちがいの部屋”を作った時、
 “PC大好き”のコーナーで、真っ先に作ったのは、
 「おすすめIMEの“Japanist”の話」
 というページだった。
 その頃、体裁に妙に凝ってみたかった私は、本文を小さな
 別ウインドウで開く設定にしてしまい、下層にもぐり込んだ
 そのページは、検索して読まれることも殆どない。
 (さっきアクセス解析を見てみたら、月に10回くらいしか読ま
 れていない…笑)
 そこで、その内容をコピーしたものを、古い日付でブログの
 エントリにしておく。テキストだけの拙い内容だけれど、
 興味のおありの方がいらしたら、ご一読を。
 「オススメIMEの“Japanist”の話」(ブログ版)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | PCネタ・親指シフトネタ | コメント:11 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
<<仕掛け絵本を、コーヒーテーブル・ブックにしてみる | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 2台目のプリンタ複合機(多機能プリンタ)を導入するときは…>>
コメント
--
Japanistのバージョンは2003で止まっていますが、機能的にはかなり完成されているので、新バージョンがどうしても必要な状況でもありません。
もちろんJIS2004とか64bitとか対応してくれるといいのですが、利益が出にくいので進まないのでしょう。
富士通だけでなく、ユーザーも普及のために頑張らないと理想的な日本語入力環境の維持は難しいと思います。
2008-10-25 Sat 08:56 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
-コメント、ありがとうございます!-
宇治大君さん
お返事遅くなりまして、スミマセン…。
Japanistについては(私は2002を使用していますが)

>機能的にはかなり完成されているので、新バージョンが
 どうしても必要な状況でもありません。

というのは、確かにそうで、私も別に不便を感じているわ
けではないですし、Japanistの日本語入力機能自体を
改善してほしいわけではありません。
ただ、PCの環境はどんどん変わりますから、環境が変わ
っても使い続けられるようなフォローだけは続けてほしい
…と思うのです。
(ささいなことですが、IE7への対応とかも含めて。)
そうしてくれないと、「人に勧めづらい」からです。

>ユーザーも普及のために頑張らないと

というのも、確かにその通りですね。
「見放さない、使い続ける」という消極的な支持だけでは
なく、何とか少しでも「普及」させる方向に持っていきた
いと、私も思っています。
私は殆ど家にこもって仕事してますから、なかなか人に
勧める機会もないのですが、こうしてブログに書くことが
少しは役に立つかな?(少なくとも、親指シフトやJapanist
の存在や、良さを知ってもらえるかな?)と考えて、書い
てみたりしています(^^;)

宇治大君さんのブログ、少し読ませて頂きました。
宇治大君さんが、「日本語入力-親指シフト」のカテゴリ
を作っていらっしゃるのに、感激!
もともと“OASYS”愛用者ではない方が、親指シフトや
Japanistを愛用し、評価して下さっているのは、本当に
嬉しい限り。
今後も時々のぞかせていただきますね(^_^)
2008-10-27 Mon 11:25 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-いちおうOASYS経験してます-
自身のブログでは確かに載せていませんが、OASYS経験者です。
OASYSでPCの世界も体験しました。
現在使用しているキーボードもFMV-KB611ですし。
OASYSはほとんど使うことはないのですが、OASYS V10まで持っています。
富士通にはいままで見捨てることなくサポートしてくれて感謝しています。
当方Vista+IE7ですが、とくに不自由していないので、IE7使っています。
2008-10-27 Mon 20:37 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
--
ミセス・かんちがい様
こんにちは。はじめまして)^o^(
私は親指シフト歴2カ月、ATOK2週間、そしてJapanist2日目のカスタマイズ初心者です。趣味で小説を書いてまして、熱中しすぎて、腱鞘炎になって。それで、できるだけ楽に入力を、と模索しているうちに、その3つのツールにたどり着きました。
こちらのブログ、そしてサイトを拝見して、こういう情報がほしかった~と思わず小躍りしてしまいました(^_^;
デスクトップとか、ショートカットの割りつけ方とか、とても参考になりました。(私はフリーソフトを使って、キーも相当いじってます)
親指シフトは最高ですね♪実はATOKと親指シフトの組み合わせがうまくいかなくて、Japanistを使うようになったのですが、予測変換はとても身体に優しいと思いました。
日記やメールでは確実に活躍してくれそうです。
ただ、まだ慣れてないせいもあり、小説を書くときには返って気が散って進まなかったり……。
どちらのツールもこれから使いこなして、どちらが自分のスタイルにあっているか、見極めようと思っています。

これからもまたこちらのブログでお勉強させていただきたいと思ってます。
どうもありがとうございました。
2008-11-03 Mon 14:27 | URL | 星 #-[ 内容変更]
-お返事遅れてすみません…(^^;)-
宇治大君さん
宇治大君さんは、OASYS経験者でしたか?
OASYSはもう、使っている人は少ないですね。
私は仕事で国語の解答用紙など作る時に罫線を使うことが
多いので、罫線が縦横自由に引けるOASYSがやはり手離せま
せんが(ワードやエクセルで作ると死ぬほど大変…(^^;)、
今は同業者でも、OASYSを使っている人を見かけないし、
版元さんへも、ファイル形式を変換して提出しなければな
らない状態です…(TT)
かつてのワープロ時代は、出版業界ではOASYSが主流だった
のですけどね…。

「親指シフト」キーボード自体は、少数派とはいえ、熱心な
支持者が、今も結構いますね。
(私の夫も、会社の同僚も、完全な親指シフター。)
親指シフトに関する記事を書くと、必ず“はてブ”(はてな
ブックマーク)を付けて下さる方もいます。
宇治大君さんの記事にも、「親指シフトウォッチ」の
ぎっちょんさん
http://thumb-shift.txt-nifty.com/contents/
が、はてブを付けていらっしゃいますよ。
↓こちらのページで確認できるかな?
http://r.hatena.ne.jp/feed/http://agemaki.cocolog-nifty.com/blog/atom.xml

でもJapanist愛用者の声は、WEB上でも殆ど見かけなくて、
とても残念に思っていましたので、こうして、Japanistを
お使いの方と知り合いになれたのは、とても嬉しい。
ブログを通じて、少しでも親指シフトやJapanistの良さを
発信していけるといいですよね^^

XP+IE7だと、WEB上でコメント等を書き込みたい時に、
Japanistの起動が変なのですが、Vistaでは問題ないのなら
安心です。…そういう情報も貴重です。
宇治大君さんのブログ、こまめによく更新されていますね。
ひそかに?(笑)、読ませて頂いていますよ。
今後ともどうぞよろしく。

星さん
おお、ATOKと、Japanist、両方をお試し中ですか?
Japanistは予測変換候補がどんどん出るので、「気が散る」
というのはあるかもしれませんね(笑)。
(私は慣れているので、何ともないですが…)
ATOKもそうかもしれませんが、Japanistは、使い込んで、
自分にとって便利なように育てていくところがありますから、
本当の快適さを知るためにも、ぜひ、しばらく使い込んで
見て下さい!
上でコメントを下さった宇治大君さんのブログも、親指シフト
やJapanistの記事が多いので、参考になると思います。

私の拙い記事が少しでもお役に立てたなら嬉しいです。
(本館サイトの記事も読んで下さったようで、ありがとう
ございます^^)

小説を書いておいでなのですね?
星さんはご自身のサイトはお持ちでないのですか?
作品、拝読してみたいです^^
2008-11-06 Thu 16:03 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-はてブ?-
ブログは無計画かつ急に始めてしまったので、はてブとか知らないのです。
最近私ばかりがJapanistと親指シフトの記事を掲載していて、ちょっと目立ちすぎと感じています。
職場のPCではIME2007とOADGで一般ユーザー扱いのため理想的な環境を構築することはできないのです。
このあたりの事情もあってJapanistと親指シフトが玄人向けとしての普及にならざるを得ないかと思います。
2008-11-08 Sat 09:30 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
-Japanistについて-
こんにちは。この間コメントを入れさせていただいてから、すぐにATOKを試したのですが、結論がでました。
私にはJapanistが最適です(^。^)
もう、省力入力以外では打てません(^_^;
入力速度だけで言うならば、もしかしたら一気に変換のATOKが速いのかもしれませんが、打鍵数の少ないJapanistは指と手首に優しいです。
そして、懸念していた候補がたくさん出すぎて気が散るのでは、という問題もくあえてその候補から選ばないことで、表現の幅が広がる事がわかりました。
打つ前に推敲してしまうので、今は以前より時間がかかりますが、これも、きっとすぐ慣れるでしょう。
ミセスかんちがい様がご紹介されているサイトやブログにもお邪魔させていただき、色々情報収集させてもらってます。
そこで、Japanistを導入するきっかけとなったATOKの不具合も解決しました! ……とはいえ、Japanistに満足しているので、もう遅いのですが(^_^;
これからも色々なことを教えていただきたいです♪
あ、小説サイトは実は年齢制限ありのちょっと特殊な分野なんです……。付属日記にはそれこそ親指シフトのことなど色々書いてますが検索よけを入れてるので、多分ヒットしないと思います。ちなみに、キーボードは普通のものですが、色々と便利グッズを活用して、快適な親指シフト環境を満喫できてます♪
小説に興味を持っていただけて嬉しいです~~。
いつか、普通小説にもチャレンジしたいと思ってますので、そのときは是非アドレスを残させていただきますね。

これからどんどん親指シフトやソフトを使いこなして、また経過を報告させていただきますね。

どちらも、普及してほしいな……と心から思います。
2008-11-08 Sat 17:37 | URL | 星 #-[ 内容変更]
-トラックバック不可-
トラックバック送っていただいたそうですが、届いておりません。
こちらも何度か送ってみたのですが、成功しません。
ココログ内部でテスト用に送信して成功しているので、フィルターか何かに引っかかっているのだと思われます。
世間にはけっこう事例があるみたいですが、双方向ともだめとは・・・。
2008-11-10 Mon 21:11 | URL | 宇治大君 #-[ 内容変更]
-親指シフトやJapanistのことを語り合える方がいて、嬉しいです^^-
宇治大君さん
トラックバックは、何かの加減で、うまく送れない
場合がたまにあります。
私のブログの管理画面では「送信済み」となっている
のですが、念の為、再送してみました。…でもやはり
届いていないようですね…残念!
少し記事が古くなったためかもしれません。
またの機会に試してみますね☆

“はてブ”のことは、別に気になさる必要はないです。
ただ、ブログのエントリというのは、本人も知らない
ところで読まれたり評価されたりしている場合があり
ますよ、ということをちょっとお知らせしたかっただ
けです^^
ソーシャルブックマークサービス=SBMは、はてな
だけでなく、Yahoo!とかGoogleとか、いろんなのがあり
ますし、自分のブログにどんなブクマがついているか
(あるいは全くついていないか…)は、私自身も把握
していなくて、ただ、はてブだけは時々チェックして、
たまに1個でもついていると励みになったりもします。

旧来のブックマーク(Windowsの「お気に入り」とか)
は、サイト全体に対して付けることが多かったと思いま
すが、SBMは、1つ1つの記事ごとに付けられ、人と
共有もできるものなので、興味のあるテーマに関する
記事を集めたり、話題の記事を探したり…と、人によっ
ていろいろな使い方をしているようです。
特に「はてブ」は、一大勢力を誇っていますが、何とい
うか、パソコンに詳しい上級ユーザーが多くて、私など
にはちょっと近づき難いところがあります…。
ただ、たまたまRSSリーダーは、私ははてなのを使っ
ていますので、自分がRSSに登録したブログの記事に
ついては、はてブ数がわかるし、数百ものはてブが付い
ている話題の記事を見かけると、読んでおこうかな…と
いう程度に利用してます^^

宇治大君さんは、親指シフトのことに詳しくて、具体的
な操作のことや、新しい情報や要望も発信しておられて、
とても良いですね。私にも参考になることが多いです。
今後も是非、そういう情報を発信し続けて下さいね^^

星さん
ATOKにはATOKの良さがあると思いますが、確かに「打鍵数
の少なさ」という意味では、Japanistが勝るでしょうね。
それに、親指シフトとの組み合わせという意味でも、
同じ富士通のJapanistの方が相性はいいはずですね。

最近は、親指シフトも少しずつ注目を集めたり、使い
始めたという人もいるようなので、そういう人たちから
でも、Japanistが広まっていくといいなあ…。

まだまだ知名度の低いJapanist、ユーザーを増やす以前に
まず知名度をあげないと、その為には、根気よく話題に
取り上げていかないと…と思っています。

星さんの小説も、親指シフトの記事も、現在読めないの
はちょっと残念ですが、是非また、経過報告、聞かせて
下さいね(^_^)
2008-11-12 Wed 23:53 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-11-14 Fri 14:29 | | #[ 内容変更]
--
japanist
で検索していて、見つけました。
私の知る限り、一番分かりやすくかつ客観的なJAPANISTの評論だと思います。
 ひとりでも多くの人が,このブログをみてほしいですね。
2009-11-26 Thu 18:16 | URL | 通りすがりのものです。 #-[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
日本語入力に特化した入力環境の研究の代表的なものは富士通OASYSへと続いてきた
2009-04-21 Tue 21:48 総角
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。