スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
井上弘子さんの染織作品展のご案内(+ちょっと着物話)
2008-10-12 Sun 16:05
2008年10月12日(日)

桐生在住の知人、井上弘子さんのことは、今までにも何度か
書いたことがあるのだけど、
(・2006/12/19のブログ…作品展の紹介。
 ・2005年10月22日のミニ日記…作品展の紹介。
 ・2005年3月21日のミニ日記…ここでは I さんとして登場)
彼女のことをどう紹介すればいいのかは、いつもちょっと悩む。

染織教室をお持ちであるという意味では染織家、陶芸教室も
なさって、ご自宅に窯もお持ちであるという意味では陶芸家、
量販用の帯のデザイン等を手がけているという意味ではデザ
イナーさん。
いずれの意味でも「プロ」に違いないし、 「アーティスト」とも
「女性事業家」とも呼べるのだけれど、私の彼女に対する印象
は、ちょっと違って、もっと親しみやすい存在。
友人を介して知った、同世代の女性だからかもしれない。

井上さんに直接お会いしたことは、一度しかない。
(彼女は私と同時期に同じ大学で学んでいたのだが、在学中は
 存じあげなかった。 たまたま友人の友人だったので、3年半
 ほど前、彼女の桐生の自宅兼アトリエを訪問する機会を得た
 のだ。)
そのとき、彼女のアトリエで、驚くほど多様な手作り品を拝見
し、また、常々、彼女のブログを通して、彼女の暮らしぶりや
感性に触れていて思うことは、彼女はとにかく、手作りをこよ
なく愛する“一生活人”、“一主婦”として、素敵な暮らしを実現
されている方、ということだ。

商売になるかならぬかは関係なく、衣・食・住すべての局面に
おいて、自分が欲しいもの、使いたいものを自作なさっている。
身近に見かけるものや季節の植物や食材、時には不用になっ
た布などを見ては、「これで○○を作ってみよう」と思い立ち、
楽しみながら、それを本当に作ってしまうのが、井上弘子さん
という人だと、私は勝手に理解している。

和装の服飾品なら、帯やバッグだけでなく、半襟や帯留めや
足袋までも作ってしまうし、焼き物なら、皿やカップだけで
なく、急須や土鍋も作る。
彼女のホームページ“INOJIN”に、こんな記述がある。

 毎日遣う食器は好みのものを選びたいという気持ちで
 始めた陶芸。 料理の形や素材に合わせて替えたいし、
 食べる人にも合わせて変化をつけたいし。
 (中略)
 食器作りに関して言えば、個性表現よりも、どんなタイプ
 の器も作れる職人になりたいと思っています。


手作りが日々の暮らしに立脚していること、「芸術家」よりは
「職人」を目指したいという、彼女のモノづくりのスタンスが、
よく伝わってくるのではなかろうか。

そんな井上さんから、染織作品展の案内が届いた。
 
  INOJIN 2008
  井上弘子染織作品展
  2008年10月29日(水)~11月3日(月)
  11:00~18:00 (最終日は17:00まで)
  galleryけやき にて(地下鉄表参道駅から3分)






今回は、絣織りのタペストリー、染めた正絹紬地に刺繍を施した
帯、バッグ等の展示即売もあるそうだ。
 
[ 続きはここから… ]

井上さんの作品展は、今まで遠くて行けなかったのだが、今回
は、都内・青山のギャラリーでの開催でもあり、是非行きたい
と思った。
で、友人たち3人と連絡をとる。
梨の実会のメンバーの中でも特に親しくしている、O垣さん、O
津さん、O田さん。
(イニシャルだと3人とも、姓はOさん、名はK子さんなので、
 区別しにくいなあ…笑)
展示即売のことを考えると、初日に行くのがよいのだけど、最終
日の昼頃に行くことになった。
井上さんには、例のキモノ写真集も持って行って差し上げよう。
井上さんの作品を見られることも、旧友たちとの再会も、今から
楽しみである。

興味のおありの方、お近くまで出向かれる方は、お気軽にお立ち
寄りいただければ、私も嬉しい。
お出かけになれない方も、彼女のホームページで、各種の作品
をご覧になれるので、是非。

ちなみに、作品展に一緒に行く O田さんは、先日ちょっとだけ
紹介した、オリーブイルの本の著者
でもあるのだが、彼女から
のメールによると、彼女は、今月中にも井上弘子さんと会う約
束があって、二人で着物を着て東京博物館に大琳派展を見に
行くことになっているそうだ。

そう言えば井上さんのブログに、「美しいキモノ」を定期購読して
いて、琳派展がどうのこうの…という記事
があったっけなあ…
と思って読み直して調べると、…ああ、このイベントね!

「美しいキモノ」「婦人画報」共同企画
きもので楽しむ「大琳派展―継承と変奏―」特別鑑賞会


閉館後の会場を借り切って、琳派芸術を楽しむ会。
(何て、きらびやか!)
きもので参加できる人、75組150名に限ってのイベントだ。
井上さんはこれに応募して当たったとのこと。
ペアで参加するのに、O田さんに声をかけていたわけだ。

それにしても、着物を着て、光琳の鑑賞とは!
…はあ、素敵…と、ため息。
(二人とも素敵な女性だから、似合うだろうしねぇ…)


「年を重ねたら、時には和服を着る生活がしたいものだ」という
憧れは、若い頃から抱いているけれど、今の私の生活は、そん
な優雅さには、まだまだ縁遠い。

着物を楽しむには、多分、お金と時間と心のゆとりが大切で、
中でも一番大切なのは、“心のゆとり”だろうと思う。

着物自体は、例えば、母や義母のをもらうこともできるだろう
し、古着を利用したっていい。
時間は、いくら仕事が忙しいとは言っても、もう子育ても済んだ
ので、たまに着物でおめかしして外出するくらいの時間が、作れ
ないはずもない。
いろんなことを理由にしてみても、要は、やる気があるかないか
だし、結局、着物の出し入れや手入れが面倒臭くて、億劫にして
しまっているだけなんだな…と気付く。

もちろん、着物を楽しむためには、その前に しなければならな
いこともある。

まずは着付けの習得
(今は、浴衣を着るのがやっとだから。)

そして、それ以前の問題は…。






家の中の片づけ!


…である。

(だって、今の状態で着物を出しても、着る場所がないし、そもそも
 着物が汚れちゃいそうで、怖くて出せないのだ…笑)



《追記》
この記事を書いた後、ちょうど若だんなさんが、大琳派展
いらっしゃった記事をブログに書いておられることに気づいた。
 ・大琳派展に行ってきました(「若だんなの新宿通信」)
かなり良かったらしい。


>デザインをやる人は見た方がいいと思います。
 自分がマックでやっていることが幼稚に見えるでしょうから。


…こんな風に書かれると、私自身はデザイナーでもMac使い
でもないのだけれど、何となく鼻の穴ふくらませて、
「ふむ、大琳派展、私も見て来ようじゃないの!」
なんて思ってしまう。 …どういう勘違いか?(笑)

  
スポンサーサイト
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<2台目のプリンタ複合機(多機能プリンタ)を導入するときは… | ミセス・かんちがいのブログ日記 | ジャンケン主義>>
コメント
-着物着るのいいですよね-
おっしゃる通り。
心のゆとりですね。着物は。

うちでも着物着るんですが、なかなかその心のゆとりが無いです。
一日がかりになるし。なんだか知らないけど。

年に数度着るんですが、その前後は、家の中が悲惨です。
着ているときはいいんですけどね。
2008-10-12 Sun 23:00 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
--
若だんなさん
大琳派展、行っていらしたのですね!
今朝、ケータイで記事を見つけてビックリしました。
(昨日はRSSリーダーでまだ更新が反映されていなかっ
 たのか、気づかなかった…)
しかし、「夕方、思いついて」、フラリと行かれてしまう
なんて、都内在住の人がやっぱり羨ましい!
(私は都内にいても、そんなに軽いフットワークでの行
 動はできそうにないけどね…)
私の記事の本題とは関係ないけど、追記にちょっと
記事を引用させて頂いたので、トラックバックさせて
いただきました(^^;)

若だんなさんご夫婦は、着物を着慣れていらっしゃると
思っていましたが、やはり、着物を着ると、「家の中が
悲惨」になります? …安心しましたよ(笑)。
私も少しずつ、着物を着ることを心がける方向でいき
たいとは思ってます(気持ちだけは…(^^;)
2008-10-13 Mon 12:26 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-ぜひ、どうぞ-
いつもは、こんなに気軽には行かないのですが、ちょっと逃避したいことがあり(笑)行ってきました。
思ったよりも混んでおらず(身動きできないほどではなかった。時間も遅かったのですが)、堪能しました。

勘違いでも何でも(笑)、ぜひ、見てやってください。

トラバありがとうございました。











































2008-10-13 Mon 14:21 | URL | 若だんな #-[ 内容変更]
--
若だんなさん
…逃避行でしたか(笑)。
この手の展覧会は、評判が良いと、だんだん混雑して
きますから、早めの日程に行くのがいいでしょうね。
何とか私も行きたいと思います^^

…それにしても、「美しいキモノ」「婦人画報」の共同
企画で、キモノを着て琳派の世界を楽しむって、なか
なかすごい企画だと思いません?
(そういう世界があるなんて、思ってもみなかった…(^^;)
最近は花火大会なんかでも、浴衣を着ていくと何らかの
サービスが受けられたりするのがありますよね。
京都では、観光客が舞妓さんに扮して街を歩けるのとか。
(ほかの観光客も、それを見て喜ぶわけで。)
いろんな形で、「キモノを着る機会を作る仕掛け」が
増えているようにも思い、キモノ姿って、見るだけでも
嬉しいから、良いことだな~って思ってます^^
2008-10-16 Thu 23:03 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。