スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
ケータイでケータイ小説を読んでみた(『あたし彼女』)
2008-09-27 Sat 23:26
2008年9月27日(土)

昨日は、“ケータイ小説”に関するブログ記事を幾つも読んだ。
読んだ順にご紹介すると、

最近時々読んでる
藤代裕之さんの「ガ島通信」で
瀬戸内寂聴さんの携帯小説「あしたの虹」
 86歳の瀬戸内さんがケータイ小説を書くというチャレンジに
 ついて、藤代さんは
 「社会的に高い評価を受けている人が、評価が定まっていない
  分野に挑戦するというのは、「もし失敗したら」「評価を失ったら」
  というリスクもあり、なかなか出来ることではなく、すごいとしか
  言いようがありません

 と述べておられる。
 私なんぞは、話題になった『恋空』が書籍化された時、「どんな
 もんかな~」と書店で手に取ってみたのだけど、数ページ読ん
 で、「ついていけん…」と棚に戻してしまったクチなので、自分
 の頭の柔軟性のなさに少し反省。 そして、瀬戸内さんが書い
 たケータイ小説なら(別にファンではないのだが)、今度読んで
 みよう…と思ったのだった。

それから、結構前から、秘かに?読み続けている
ululunさんの「煩悩是道場」の
そういや、第二回携帯小説ってあまり話題にならなかったような
 ここでも瀬戸内さんの作品が話題かと思ったら、こちらは、第3回
 日本ケータイ小説大賞受賞作品のことが話題だった。
 ululunさんは、この受賞作を「内容そのものにはそれ程の新味を
 感じなかった
」としながらも、「表現の方法論としては面白い」と
 評価なさっている。
 なるほど、ケータイ小説にも面白さはありそうだし、表現形態の新
 しさは注目していいことだよね…と、うなずく。
 (この時点では、受賞作品そのものにはさほど興味はわかず、
  作品タイトルも確認しなかったし、リンク先の「読まずに舐めるな
  も読まなかった。)

更に、これもよく読んでいる
dankogai(小飼弾)さんの「404 Blog Not Found」
404あたしも彼女も見つかりません
 これで、第3回~の受賞作品名が『あたし彼女』という題名で
 あることと、ブログの文章を、「あたし彼女」風に変換してくれる
 ジェネレーター「あたしブログ」の存在を知る。このジェネレータ
 は、具体的には、文章の句読点を全て抜いて、短く文を折り返
 して、行間あけて、時々「…みたいな」と入れてくれるもの。
 公開作品リストとして、変換後の例が読めるのだけど、その中に
 やはり愛読しているZAPAさんのブログがあったので、のぞいて
 みたりもして、『あたし彼女』の文体が何となくわかってくる。
 そうしているうち、オリジナルをちょっと読んでみようかという気に
 なってきた。


…ここまでのブログ巡りをケータイからしていたので、そのまま
ケータイから受賞作にアクセスしてみる。
せっかく「ケータイ小説」なんだから、「ケータイ」で味わってみ
ようじゃないの。
(通信料金は定額制にしてるから、問題なし。)

 第3回日本ケータイ小説大賞「あたし彼女

何? 全編で400ページ強?
と、表紙ページを見てちょっと驚いたが、読み始めると、1ページ
あたりの行数、文字数はすごく少ない。
第1章の世界は、私にとってはほぼ異次元の世界(笑)だったが、
まあ、感覚としてはわからないでもないし、この後、主人公はきっと
恋をして変わっていくんだろうな…ということは予測できるので、
読み進めてみる。

設定は結構“ベタ”なんだけどね…。

不覚にも(笑)、涙をいっぱい溜めながら、読んでしまう。
  
[ 続きはここから… ]

最後まで読むのに、思ったより、時間がかかった。
次のページに進むのに1回1回アクセスするから(混み合ってる
のか、時々うまくアクセスできなかったりもして)、もしかしたら、
読んでいる正味の時間より、接続時間の方が長かったかもしれ
ない。

でも、「早く読めない」、それが、多分、いい。

画面を少しずつスクロールして、次のページまでに間があって。

いやでも、咀嚼しながら読むことになる。
書籍だと、こうはいかない。
ululunさんもおっっしゃるように、「携帯小説、という手段を最大
限生かした書き方
」ということなんだろう。


興味のおありの方は、ご一読を。

 あたし彼女

もちろん、パソコンからも読めるが、ケータイのデータ通信を定
額にしておられる方は、是非、ケータイでどうぞ。


今回、改めて思ったのは、どんなジャンルでも、評判になるよう
なものには、やはり良さがある、ということ。
「読まずに舐めるな」…食わず嫌いや先入観は禁物と思う。
『恋空』も、ちゃんと読んだら、きっと良さが見えるんだろう。





ところでちょっと話題がズレるが、小説ではなく、実話系で、
掲示板等でのネット上の書き込みが、リアルドラマのような展
開を見せ、話題になることがある。
私の印象に残っているものをご紹介。

有名な『電車男』は、私は読んでないのだけど、
書籍にもドラマにもなった『今週妻が浮気します』は、なかなか
感動モノだった。
こちらのページで、「回答順に表示」にして、どうぞ。)

以前にご紹介した『妻からの間違いメール』も、泣けた。

恋愛モノではないけど、書籍化もされた、『ブラック会社に勤め
てるんだが、もう俺は限界かもしれない』も読みごたえがあった。
(これは、「ホームページを作る人のネタ帳」のyamadaさんの
 記事「IT業界を震撼させた2chスレ『ブラック会社に勤めてる
 んだが・・・』ここに終焉。泣いた。
」から、リンクを辿って
 スレッドのまとめを読んだのだった。)

これらの実話系は、どれもかなり長い(特に「ブラック…」は日を
分けて読まないとしんどい)、そして、読むのなら最後の最後まで
読まないと本当の良さがわからない…ということはあるのだけど、
読み通す覚悟があるなら、いずれも読んで損はないと思う。
お時間のある時に、是非!
 
スポンサーサイト
この記事のURL | ブログ・ケータイ・ツイッター | コメント:2 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
<<今年の“栗の渋皮煮”作り | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 蚊取り線香(と布団)は、侮るなかれ>>
コメント
-デジタル時代-
まるほどねぇ~
世の中どんどんデジタル化で書籍も全てデジタルになる時代も
そう遠くなく来るのかもしれないな。
携帯電話は持っていてもiモードすら利用しない小生は
ひたすらパソコンで読もう・・・苦笑

読むで思い出しましたが、Windowsの文字表示は
針金みたいで読みづらいですね、書体デザインもよくわからなくて・・・、以前にも書いた通りMacだとちゃんと書籍のように
文字のデザインがきっちり表示されるので、読んでいてもなんだか
ありがたみが違います・・・笑

っと、今時のビスタに搭載された新しいWindowsの文字だけは
なかなか綺麗で見やすいですね?【メイリオ】って云うFONTですが
WindowsXPでも利用できるのを知っていましたか?

MicrosoftのWebで、メイリオ ダウンロード で検索してみてください。 正規Windowsユーザーなら誰でも無料で利用できます。

ただし、DN&インスト下だけではだめ!
画面のプロパディーから、デザイン>効果>スクリーンフォント設定を【Clear Type】に設定後、IE等のフォント表示もメイリオに設定する必要があります。

1書体だけですがWindowsでも綺麗な文字が表示されて読みやすくなりますよ~・・・・お試しあれ。

2008-09-30 Tue 14:16 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-メイリオのこと、勉強になりました。-
koba2106さん
私は結構、ケータイのヘビーユーザーです^^
ブログの長文などは、案外ケータイが読みやすくて、
老眼のせいもあるのでしょうが、特に、1行が横に長す
ぎる(字詰めが多い)サイトとか、文字が小さすぎる
サイトなどは、わざわざケータイで後で読み直す…なんて
こともあります。

そう、フォントの問題もあるでしょうね。
kobaさんは昔から、「Windowsの文字表示は針金みたいで
読みづらい」っておっしゃってましたね^^
(Macユーザーは皆さん、同様のことをおっしゃいますね)
私自身は、慣れてしまっているので、そこまで読みづら
いとは感じないのですが…。

メイリオという書体のことは知らなかったので、ちょっと
調べてみました。
確かにキレイそうですね。
ただ、自分で使うだけなら、自分にとって「良い環境」
にすればいいのだけど、HPやブログを持っている場合、
他の人のパソコンから見てもなるべく同じように見える
…というのを大事にしたいというのも、ありますよね。
自分の環境が良いと、他のパソコンでは、自分で思って
いるように表示されていないことに気づかないことが
あるから、私のようなモノグサは、ある程度「悪い環境」
を前提にしてページ作りをするのがいいかな、と思ったり
もします。
ブラウザも、上級者はFirefoxを使ってる人が随分増え
ているようだけど、私のブログの訪問者は今も8割以上
がIEなので、やっぱりIE標準で考えてます。

ブログのフォントは、CSSで指定されているので、
見る人が設定するのはちょっと厄介ですよね?

私のブログのCSSを確かめたら、フォントの指定は

font-family: "FF2DFF3320FF3030B430B730C330AF",
"30D230E930AE30CE20Pro20W3",
Osaka,sans-serif ;
}

となっていました。
3種のフォントが指定されていて、最初がMSPゴシック、
次がヒラギノ角ゴ Pro W3(多分)、そしてOsaka。
2番目と3番目はMacの書体ですよね?
(最後のsans-serifは「ゴシック体風」を表す総称らしい。)
左のものから順に優先されるらしいのだけど、kobaさんの
パソでは、多分、全部入っている?ので、MSPゴシックで
見えているのかな…?

このCSSをいじって、指定フォントの中にメイリオも入れ
れば、メイリオを入れている人にはメイリオで見えて良いか
も…と思って調べてみたのだけど、
「文字化け防止のために、Macの書体を最初に指定しなくちゃ
 いけない」(ええ~? だったら、私のブログのCSS、
 ダメじゃん!)とか、
vista機を使っている人ならいいけど、ただメイリオを入れ
ただけで「ClearType を使う設定をしていない人が、メイ
リオ指定のサイトを開くと、ギザギザだったりつぶれていた
りと、汚いメイリオで表示されてしまう」
とかいう記述も見つけたので、面倒臭くなって、今のところ
は、まだいいや…と、断念しました(笑)。

でも、勉強になりました!
また、いろいろ教えて下さいね(^_^)
2008-10-01 Wed 23:31 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
バスの中で集団女子校生がオナカップで実験 無料サンプル動画 動画ダウンロード ■あたしブログ ■ケータイでケータイ小説を読んでみた(『あたし彼女』) ■あたし彼女 みたいな ■今週のファンレター。あたし同人 ■あたしブログ ■変換してみた み...
2008-09-28 Sun 00:17 youtube動画最新情報集!
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。