スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
蚊取り線香(と布団)は、侮るなかれ
2008-09-19 Fri 20:30
2008年9月19日(金)

私は一年を通して、寝る前には風呂に入らなければ気が済
まない方である。
シャワーで我慢したり、風邪などで入らないことも年に数
回はあるが、基本的には、湯船に張った湯に浸かりたい。
そして風呂上がりは寝巻に着替え、そのまますぐに寝るの
が好き。
早めに風呂を済ませてしまうと、夜、夫を駅まで車で迎え
に行く時に困る。
寝巻で運転というのも嫌だし、冬場など、体が冷えて結局
寝る前にもう一度風呂に入り直すはめにもなるので、夫の
帰りが遅い時でも、風呂には入らずに待っている。
それで、私の入浴タイムは、だいたい深夜の12~1時頃に
なる場合が多い。

さて、昨夜も夫は12時近くに帰って来たのだが、それから
二人で、現在夫が執筆中の著書の内容のことを話していて、
「うん、それは書くべきよ!」
…などと話がすっかり盛り上がり、気がつくと3時半近く
になっていた。

「あら、こんな時間…。私、ザブっとお風呂入って寝るわ」
(せっかく沸かしてあるんだし…)と立ち上がる。
夫はソファーベッドにゴロリと横になり、
「オレは、もう寝る」

夫は季節を問わず、風呂に入らずに寝てしまうことが結構
ある。(そういう場合は一応、翌朝に、風呂かシャワーを済
ませて出勤する。)
最近は涼しくなったので、寝室のベッドで夫と一緒に寝る
ことも多いのだけど、
「風呂にも入ってない臭い男と一緒に寝るのはイヤ!」
と、以前私が言ったことがあったので(笑)、夫は、とに
かく眠い時は、さっさとリビングのソファーで横になる。
風呂に入るつもりがない、という意志表示でもある。

というわけで昨夜は別々に休み、今朝は「やはり3時半まで
起きてると朝が辛いな~」と思いながら、私が階下のリビン
グに降りてくると、夫はまだ寝ているようだった。
私ももう一度寝ようかと思いながら、声をかける。

私 「起きないの?」
夫 「起きるよ…火事になるところだった…」

…火事?

夫 「蚊取り線香の置き場所が悪かったらしい」
私 「…なあに、どこか焦がしたの?」


見ると、ソファーカバーに、くっきりと円状に、焼け焦げの
穴ができていた…。





 
[ 続きはここから… ]

昨夜、夫はいったん眠りかかったが、蚊がうるさくて目が覚
め、蚊取り線香を点けて、また寝たそうだ。
それはいいのだが、火をつけた蚊取り線香は、寝具などが触
れると危ないし、蹴って倒したりしてもいけないから、テー
ブル等の上に置くとか、床に置くならば、寝場所から離れた
所に置くのが当たり前だと思う。
だのに、夫はまさに、その危ない置き方…ソファーのすぐ真
横に置いて寝て、寝ている間に、ずれ落ちてきたカバーが蚊
取り線香の缶に覆いかぶさっていたわけだ。
全く、いい年して、何やってんだ。

私 「…まあ。…で、煙いとか、熱いとかで、夜中に目が覚
  めたの?」
夫 「いや、いま少し前に、目覚ましが鳴って目が覚めた。
  そしたら、焦げてた…

私 「…って、そのまま寝てたら、危なかったじゃん!」


焼け跡を見ると、直接線香に触れて燃えたというより、熱く
なったフタの金属部分に触れて、長時間かかって、餅のよう
に?(笑)、じっくり焼けていった感じ。



多分、就寝後まもない頃から、ゆっくりくすぶり続けたの
だろう。
昨夜、早い時間に休まなくて、よかったかもしれない…。






夫 「布団も、ちょっと焦げてた

私 「…えっ!?」

夫が、肌掛け布団の端を示す。
…濡れている。 コップの水をかけて消火した模様(笑)。




たしかに「ちょっと」だけど…。



肌掛け布団の中身は化繊のワタだから、もう少し燃えていた
ら、マジで危ないじゃないか。

私 「…あなた、家が火事になる前に、煙で死ぬところよ。
  それに、布団って、いったん火がついたら、なかなか消
  えないのよ」

まあ、大事に至らずよかったけど…。


今回は肌掛け布団だったし、消火もコップの水で済んだけど、
布団は燃えると怖いものなのだ。
そのことを、私は若い頃に友人から聞いて、強烈に覚えてい
るので、書いておく。


高校の時に親しかった友人4人と、大学生になってから久し
ぶりに会った時に聞いたのだと思う(あるいは、社会人になっ
てからだったかも)。
互いに近況報告などしていたのだが、Cちゃんが、ボヤ
起こした失敗談をしてくれた。

彼女は当時スモーカーで、ベッドで寝煙草をしていたのだが、
疲れていて、よく火の始末をせずに寝てしまった。
夜中に焦げ臭くて目が覚めたら、布団から煙が出ていた。
彼女は布団をパタパタ叩いて火を消し、また休んだ。
すると、また焦げ臭くて、目が覚めた。
布団がまた燃え始めていた。
で、彼女は、もっと念入りに火を消し、また休んだ。
これを繰り返すこと、3回。
最後は水を少しかけたと言っていたと思うが、それでも、また
もや布団がブスブスと…。
(話しぶりがおかしいので、聞きながら、私たち友人は大笑
 いしていた…)
彼女は、よほど眠かったのだろう。
彼女の部屋からはベランダへの出口があるのだが、腹を立て
た彼女は、また消火して、その憎い布団をベランダに放り出
して、また休んだそうである。
すると、彼女が寝ている間に、布団はベランダで、どんどん
燃え上がった…らしい。
何と、消防車が来て目覚めたそうだ。
しかも彼女の家は、東京葛飾は柴又なのだが、葛飾区の消防
車ではなく、江戸川の対岸、千葉県は国府台市だかの消防車
が出動していたのだそうだ。

広い江戸川の向こう岸から、異変を発見され、消防車が駆け
つけてくるって、どんな大火事だよ!
…と、笑い事ではないが、みんなで大笑い。

幸い、彼女の家は無事だったが、彼女が消防署からこってり
油をしぼられ、始末書を書かされたのは言うまでもない。

その時、消防署員さんから布団は危ないという話を聞い
たそうだ。布団(昔ながらの綿布団)は、いったん燃えると、
完全に消火するのが難しく、消えたと思っても火が残ってい
て、それが元で火事になることは、よくあるのだそうだ。

笑い話になるような程度で良かったけれど、このボヤ騒動の
直後、彼女は暫くは「ひどく落ち込んだ」と言う。
(そりゃ、そうだ。…ご近所にも、顔向けできないよね)


滅多にないことだろうけれど、布団の消火作業は、
皆様、どうぞ念入りに。

そして、蚊取り線香の置き場所にもご注意を。

…というお話。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 夫ネタ+バカップル夫婦 | コメント:4 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<ケータイでケータイ小説を読んでみた(『あたし彼女』) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 夫の怒り>>
コメント
-大事にならずに良かった!-
全く、大事にならずによかったですね
我が家では蚊取り線香は使いませんが、ヘビースモーカーで
たばこの消し忘れだけは充分気をつけていますし、
決して寝室での寝たばこはしないようにしています。
寝てるうちに焼死ではあまりに間抜け過ぎるし・・・笑

布団の出火も怖いですが、先々月体感した
車の火災も凄いものがありましたよ。
友人が企てた故意の火災なんですが、
訳あって、友人と二人でその車を引き上げに出向きましたが
車の中は燃えるものが無いくらいに綺麗に燃えていました
しかも、その車を移動した後の地面には
ロウソクでも垂らしたかのように、エンジンのアルミ部分が
溶け出していて、ものすごい高熱になっていたことを物語っていました。

でも、車からわずか2M足らずの葦林は焼け跡もなく
ただ高熱をあびて枯れた状態でしたから、
車内だけ、まるで焼き物の窯状態で熱が上昇したと思われます。
もちろん人間も・・・・
車の火災にも気をつけましょう。

今年は突発的に作業を迫られる事が多くて
なかなか自身のHP用撮影もままなりません。
撮ってはいますが、それは仕事用で
なかなか楽しめる撮影は出来ない現状が残念です。

その代わりと云うか、パソコンお宅に拍車をかけ
Macも自作Windowsもハードのパワーアップを楽しんでます
おまけに、このところ友人のパソコン修理持ち込みが多くて
なんだかパソコン修理屋みたいです・・・苦笑
まぁ、楽しみながらやっておりますが・・・笑

O嬢の年寄りの冷や水スポーツはしませんが、
代わりに、パソコンパーツで年寄りの冷や汗かいてます(苦笑)




2008-09-20 Sat 01:21 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-面白すぎます-
このぶろぐって、私以外にも後輩見ているんでしたっけ。

K木先輩、ぼろぼろですね。
面白すぎます。

2008-09-20 Sat 02:36 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
-義務付け!-
もうそろそろ、「熱・煙感知器」を設置したら?
今年か来年にも義務付けられている筈。
ちなみに我が家はまだです。気にかけてはいるのだが。
ブログの記事に似たような事を見ました。若い頃、近所でボヤ騒ぎ。
布団だけが一部燃え、大事に至らず濡れた布団を干したらば
一時を過ぎて、布団が燃えだし今度は家まるごと全焼でした。
布団綿は怖いと言うことです。ご用心!
2008-09-20 Sat 09:46 | URL | 台風一過!テニスちゅう! #-[ 内容変更]
--
koba2106さん
車の故意の火災…って。何やら恐ろしげですね。
そんなに集中的によく焼けてしまうのですか。
…どんなワケ有りか知りませんが、あんまり危険な
ことに手を出さないでね。

PCオタクぶりは相変わらずのようですね。
最近は修理屋さん?(笑)
お友達の依頼では、報酬は飲み食い程度でしょうが、
でも楽しみながら試行錯誤している様子が、目に浮
かぶようです^^
(↑の若だんなさんも、ちゅうさんも、Macユーザーよ。
 なぜかMacユーザーの男性と、相性がいい私…笑)

いずれにしろ、冷や汗かきながらもお元気ならば、
安心です。時々はまた、コメント下さい。
(kobaさんの生存確認のためにも…笑)
ホムペの更新は気長に待ってますよん(^_^)

若だんなさん
このブログをよく読んでくれているリアル後輩は、
ふくゆきと、大田原のHちゃんくらいですかね。
K野Y子ちゃんは、昨日久しぶりに読んでくれたみ
たいで、E子先生とも面識があるので、R君のことに
ショックを受けていました。
(彼女は職場経由で事件を知っていたけど、まさか、
 先生の家の里子ちゃんとは思わなかったようです。)
ぼろくそ?に書いた夫のことは、実物を知っていると、
多分、口調や表情も想像できて、面白いでしょうね^^
笑ってもらえると私も嬉しいです。
夫は笑われてること、知らないけどね…(^^;)

ちゅうさん
熱・煙感知器の設置が義務づけられるなんて、知らな
かったです。
さすが、ちゅうさん、消防パトロール員…じゃなかった、
防犯パトロール員でしたっけ?(笑)
うちも設置を検討してみます。

しかし、布団ってホントに怖いのね。
鎮火したつもりの布団の火が原因で、全焼とは…。
こういうことは、知らないといけませんね。
最近は、羽毛や羊毛の布団が増えているから、布団も
目に見えて燃えそうな気がしますが、綿布団の怖さを
息子たちに教えておかなければ…と思ったことでした。
2008-09-20 Sat 21:36 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。