スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
きもの写真集のご紹介+出版記念パーティのことなど
2008-09-07 Sun 21:09
2008年9月7日(日)

野崎麗(のざき・れい)さんという、創作着物のデザイナー
さんがいる。
もともとの知り合いではないのだが、縁あって、その麗さんの
作品集(キモノ写真集)を、夫が企画することになった。
最初に企画を持ち込んだ出版社では、編集部員は乗り気だっ
たのだが、部長クラスで却下され(社長にまで話が届かなかっ
たらしい…こんな裏話を書いていいのかしら?…笑)、ちょっと
悔しい思いをしたりもして、その後、旧知の出版社の社長さん
に相談したところ、幸い、そちらで出版して頂けるという話がま
とまった。

野崎麗さんご自身にとっても初めての作品集だが、もとより夫も
写真集を企画するのは初めてなら、その出版社も写真集を出す
のは初めて、請け負ってくれる印刷会社も写真集を手がけるの
は初めて…という、いわば「初めて集団」によるプロジェクトに
なったのだが、それだけに大胆に話が進んだようである。
幸運なことに、その出版社の社長さんが、『美しいキモノ』の
元編集長さんと知り合いでもあって、その協力を仰ぐことがで
き、撮影や編集に関わる一流のスタッフも揃い、思いがけない
ほど、良い写真集ができあがったのであった。

 野崎麗きもの作品集 (発行:論創社
 「銀座の粋(ぎんざのいき)」

銀座の粋―野崎麗きもの作品集銀座の粋―野崎麗きもの作品集
(2008/08)
野崎 麗

商品詳細を見る


Amazonの書影があまりキレイでないので、自分で用意した画像
も(笑)。



この写真集のスゴイところは、プロのモデルさんを一人も使って
いないこと。モデルは全て一般の方(野崎麗さんの着物のご贔屓
さん)。年齢は30~60代?くらいと様々。 細めの方も太めの方も
いらっしゃるのだが、プロによるヘア・メイクを施され、プロの
カメラマンによる撮影で、皆さん女優さんのように美しく、優雅
である。(知らない人が見たら、きっと、全員が和装モデルさん
だと思うだろう。)

夫は女性の着物のことなどさっぱり分からないものだから、
「とにかく綺麗な本ができたけど、肝心の内容…着物自体がどう
 なんだか、俺にはよく分からないよ(笑)」
と言って、本ができるとすぐ、私に見せてくれた。
もとより完成を楽しみにしていた私だが、予想以上にクオリティー
が高く、
素敵!
と、ため息をつきながら、全ページゆっくりと眺めたのだった。

野崎麗さんの着物は、刺繍がメインである。
その刺繍のデザインが、題材も配置も新鮮で(キモノに象とか猫
とかの柄なんて初めて見たけど、これが全然違和感なく、むしろ
イキな感じ)、目も心も楽しませてくれる。
着物と帯のデザインをお揃いにして、ドレスのようなオシャレさ
を出したものがあったり、同じデザインでも、着物の地色や糸の
色を変えると、ガラリと雰囲気が変わるのも、すごく面白い。
(そういう色違いの作品を並べたページもある。)


 
[ 続きはここから… ]

「絵画を身にまとうような」と、本の中にも書かれていたが、本
当に、日本のキモノというのは、四季おりおりの季節感を、人と
一体化させて表現する芸術品なのだと感じさせられた。
(野崎麗さんは、「きものは人が着て、はじめて完成する」という
 信念をお持ちだそうだが、作品集を見ると、それがよくわかる。
 また、刺繍の着物というと、普通は超高価なのだが、麗さんは
 リーズナブルに提供したり、着物のレンタルなどもなさって、
 着物の普及に努めていらっしゃるようだ。)

 ★参考までに、野崎麗さん関連のお店
  ・デザイナーズブランド 麗キモノ
   (銀座8-7-5 金春ビル1F TEL:03-3571-2545)
  ・Ray's Collection(旧店名=和文化倶楽部 麗
   (浅草1-28-10 タナカビル1F TEL:03-5806-2253)


「うん、この本、いいわよ! 余り見たことないような、珍しい
 着物も多いし。…女の人だったら、みんな、こういうの見るの、
 好きだと思うな~。 本を買うかどうかは別として(笑)」
と、私は夫に太鼓判を押した。
実際、鹿児島に行った時も、義父母や伯母や従姉にこの写真集
を見せたが、「良かね~」と、大変好評だった。
3,800円は、気軽に買うにはちょっと高いのは事実。が、着物が
好きな人とか、例えば美容院など、女性客が多く集まる店に置い
ておくには、かなりオススメできる1冊と思う。
置いてある書店はそう多くないと思うが、もし見かけられたら、
是非是非、手に取ってご覧になってほしい。

…さて、宣伝はそのくらいにして(笑)、先日の夜のこと。

夫 「明日、例の写真集の出版記念パーティーがあるんだって。
  呼ばれてるから行ってくるよ」
私 「ふうん、どこでやるの?」
夫 「銀座のアルマーニのビルに入ってるレストランだって」
私 「アルマーニ! さすがにすごいとこでやるわね」
夫 「どこにあるか、知ってるか?」
私 「知ってるも知ってる。いつも、アルマーニを目印にして、
  その角を曲がって、別の店に行くのよ!(笑) アルマーニ
  のビルの中には、入ったことないけど」

いいなあ~、私も行きたかった…と言うか、中を見てレポートし
てみたかった(笑)。けど、そんな高級レストランでは、飛び入
りでついていくわけにもいかない。
それにしても、夫は、私以上に ブランドとは無縁な輩。
ブランドから一番遠い、そんなヤツが、ブランドビルに出かける
機会ができるのだから、世の中、面白いものだ。

…と、大事なことに、はたと気づいた。

「あなた、着ていく服がないじゃない!
 昼のうちに言ってくれれば、買いに行くこともできたけど…」

夫は自由業みたいな商売だし、ものすごく暑がりだから、基本
的にスーツを着ない。
クールビズなんて言葉ができるよりずっと以前から、夏場は上着
など着ないし(半袖ワイシャツ+スラックス)、取材等がなけれ
ば、ポロシャツ姿という軽装で、仕事に出かけてしまう。
夏用のスーツも1着くらいあった方がいいと、実は今年買ったの
だが、買って数週間後には、上着を電車の網棚に忘れて、そのま
ま紛失してしまった…
(安物のスーツではあったけど、本当にガッ
カリさせられた…。過去にも、似たようなことが何度かある)。

とにかく、今さら格好のつけようもない。
高級スーツで有名なアルマーニのビルでのパーティーに行くのに、
上着を着ないで行く男性なんて、きっとほかにはいないだろうけ
ど、半袖Yシャツ姿という非常識な格好も、夫の“キャラ”なら、
まあ、アリかなあ…(笑)。

というわけで、夫はいつも通りの服装に、ネクタイだけは締めて
出かけたのだった。

夫が帰って来てから、参加者の服装を尋ねてみた。
女の人たちは、予想通り、着物姿の人が多かったようだが、男性
にも和装の人が結構いたらしい。
もちろん、上着無しのスタイルは夫だけだったそうだ。

夫 「知り合いの人から言われたよ。『K木さんは、ワイシャツ
  の胸ポケットにペンを差して、全くいつもと変わりがなくて、
  すごいですね!』って…」

…なるほど、そんな見方もあるか(苦笑)。



※ちなみに、食器もカトラリーもアルマーニのこだわりで揃えら
 れているという、レストラン“リストランテ”の食事は、とても
 綺麗だったそうだ。
 「皿にスプーンが並べられていて、それぞれのスプーンに一口
 ずつ、料理が乗ってた」というのが、どんなのかなあ?と思っ
 てブログ検索してみたら、同じ出版記念パーティーに出席され
 た、アロマテラピストの方の記事
を発見。写真もちょこっと掲
 載されているので、興味のおありの方はそちらへどうぞ。


そしてこちらは、パーティーのお土産。
深紅の薔薇のプリザーブドフラワー。


麗さんのブランド名“RAY”の字が入ってます

 
スポンサーサイト
この記事のURL | 夫ネタ+バカップル夫婦 | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<50歳になるころには(´;ω;`) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 渋谷で鹿児島のくろいわラーメン食べられます!(9/10まで!)>>
コメント
-確かに、縁遠そうな-
K木先輩から、一番縁遠そうな場所ですね。
そこにアルマーニを着ていかないというのも度胸のいる話。

下手なスーツを着るくらいなら、私も着物にするかもしれません。
着物は、うちの妻が好きなんで、今度、本見せてください(買う気がない、ひどい後輩(笑)
2008-09-07 Sun 21:32 | URL | 若だんなat新宿 #-[ 内容変更]
--
若だんなさん
若だんなさんは着物を着慣れていらっしゃいますもんね^^
(拝見したことはないけど、着物姿、似合いそうです。
 来年の新年会はご夫婦で和装でいらっしゃいません?…笑)
下手なスーツを着るより…と感覚は、すごくわかります。
アルマーニのスーツ(しかも夏物)を持っている人も、
そう多くはないでしょうしね…。
夫の場合も、ハンパに格好をつけるよりは、いっそ普段着
のままの方が潔い(笑)だろうと判断しました。
今回は、悩む時間がなかったこともかえって幸いしました。
前々から招待がわかっていたら、悩んだかもしれません。
(どうせ、高級スーツを買う気はないもの…笑)

写真集、今度お貸ししますね~(^_^)
(余分に手に入れば差し上げてもいいのだけど…あまり
 もらえないらしい…)
2008-09-08 Mon 23:20 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。