スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
こんな家を建てたい!(…という夢)
2008-06-18 Wed 17:23
2008年6月18日(水)

家を建てかえたり、新しく建てる予定は、今のところ全く
ない。…と言うよりそもそも「先立つモノ」がない!(笑)

しかし、家を建てる、あるいは直す場合に、どんな家にし
たいかを日ごろから考えておくのは必要かもしれない。

そんなことを考えたのは、先日後輩夫婦の新居にお邪魔し
た時
に、いろいろな工夫に感心したからでもあり、また、
私の両親が、最近新しく家を建て(正確には家のすぐ裏の
工場を改築
したのだけれど)、きれいな家があると、将来へ
の考え方も変わってくるなあ…と思ったからだ。

私の実家は、ずいぶん前から傷んでいたが、両親ももう年
だし、家をいじる気はもうないのだろう、結局あの古い家で
大量のモノに埋もれて生涯を過ごすんだろうなあ…と、ずっ
と思っていた。
今は両親とも何とか元気にやっているが、そのうち いよい
よ老いぼれてきたり、片方が死んだり、介護が必要という
状態になった時は、当然、我が家か 妹の家に引き取って
世話することになるのだろう、妹の所はマンション住まい
でもあるから、まあ、普通に考えて我が家で面倒を見るこ
とになるだろう(…それはいいんだけど、鹿児島の親の世
話と重ならないといいけどなあ…)と、漠然と思っていた。

しかし広くて快適な家ができてみると、
「ああ、将来そういう状況になったら、私たち夫婦か、妹
 夫婦が、この新しい家で一緒に住めばいいんじゃん!」
と、現金なもので(笑)、思うのである。
実家は東京だから、いつ移り住んだって、仕事の面でも全
く困らない。
正直、自分の親の老後については、だいぶ気が楽になっ
た。少なくとも、「家」という「ハード」については、思い悩む
必要はなくなったのだ。
(もし自分の家に引き取るのなら、介護などの状況に合わ
 せて家を多少は手直しする必要があるだろうが、どのタ
 イミングでどう直せばよいのかは難しいからだ。)

…そう考えると、年をとってから家を建てるのは悪くない。
お金で残す方法もあるが、子どもが「これなら一緒に住ん
でもいい」と思えるような家を用意した方が、自分たちの
老後も楽しいし、子どもも助かる(笑)んじゃないか。
同じことを、ゆくゆくは自分もできたらいいと思う。
(経済的なことを考えると、ほぼ不可能だけれど…笑)

そんな訳で、いつか もし家を建てるなら、こんな家がいい
なあ…と思う、住まいの工夫・アイディアの覚え書きいろ
いろ…。

【後輩夫婦の新居の工夫】
 ★バリアフリー
  屋内は段差無しで、ドアは殆どが引き戸。2つあるトイ
  レの戸も引き戸で、広さも充分。車椅子でも使いやすそ
  うだった。 門の横にはスロープも。
 ★通常よりも段が多い階段
  つまり、段差が小さい階段。親のためだけでなく、自分
  たちの老後のためにも、これは取り入れたいアイディア。
 ★ペット専用タイル
  リビングの床の一部にペット専用タイルを敷いてある。
  後輩夫婦は室内で犬を飼っているので…。このタイルは
  汚れも落としやすいし、消臭効果もあるそうだ。我が家も
  将来、犬かネコを飼うかもしれないし、覚えておこう。
 ★喫煙デッキ
  リビングから出易いデッキは、夫君や客人の喫煙スペー
  スとして確保したかったそうだ。家の中でも分煙の考え
  は大切と思う。壁等にヤニの汚れがつかないのもマル。
 ★オール電化
  床暖房にはしていないそうだが、電気のヒーター?の暖
  房で、冬の間も充分暖かかったとのこと。

…これらの工夫はおおむね、真似したいところ。
オール電化だけは、私的にはちょっと保留。
(オール電化はクリーンで安全なのはいいのだけど、いろん
 なエネルギーを使えるようにしておく方が、災害時への備
 えとしてはいいかなとも思うので…。)

それから、遊び心で私が付け加えたいこととして…

【私のこだわり?の夢のアイテム2つ】
 
[ 続きはここから… ]

 ★滑り台つき階段
 後輩宅の段差が小さい階段は、すごく良いと思ったのだ
 が、できればもっと階段スペースを贅沢に取り、段数はも
 っと多く、傾斜は更に緩やかにする、そして階段の横幅
 も広くして、端に滑り台を付けるのが私の理想!(笑)
 足が弱ると、「上り」より「下り」が大変だと聞く。 滑り台
 があったら、下りるのが楽~!(笑) ちょっとした荷物を
 下ろすのにも使えそう。孫とかが来た時も遊べるし、エレ
 ベーターを付けるより、楽しい感じ♪
 ちなみに私が通っていた幼稚園は、私の卒園後2階建て
 に改築され、階段の端はすべりだいになった(多分、緊急
 時避難用のため)。私自身は滑ったことがなくて、いつも
 羨ましく思っていた…。
 ★大きな帽子収納棚
 これは、帽子好きの私の、若い頃からの夢(笑)。
 ウォークインクローゼットは、今は普通になってきたが、
 作り付けの、帽子専用棚がある家は、きっと少ないはず。
 帽子は重ねて収納するのではなく、玄関のそばに陳列し、
 見た目も楽しめるようにする。 ホコリよけにガラスの引
 き戸も必要だろう。ショーウィンドー風もいいかも…。
 出かける時は、その日のファッションに合わせ、「今日は
 どの帽子をかぶろうかしら~」
…なんて選ぶのは、最高
 に優雅♪(…と思うのは私だけ?)

【実家の新居で父が自慢していた2つのモノ】
 ★壁掛けテレビ
 父はお酒も煙草もやらないし、自営業のため3食とも家で
 食べ、外でお金を使うのは月に一度の散髪代の3,000円くら
 いだと豪語してきた人。仕事が趣味のような人で、私の知
 っている父は、いつも一人で夜遅くまで工場で残業をして
 いる働き者であった。そんな父が、昔からお金を使うのが
 家電製品。母が嫁に来る前から、当時としては珍しいテレビ
 もあったので、結婚前の母は「すごくお金持ちなのかしら」
 と、誤解(笑)したそうである。
 そんな父の家電道楽?のおかげで、私たち家族はクーラー
 もカラーテレビも、かなり早い時期からその恩恵に浴するこ
 とができたのだった。
 大型の液晶テレビも、かなり前からあるのだが、今回、新居
 用にまた新しくテレビを買ったと聞いたので、先日見せても
 らったら、それは壁掛けテレビだった。


 新居は3月の末頃に完成したのだが、両親はまだ、昼の仕
 事や食事などは、ゴチャゴチャした古い家の方でしていて、
 夕飯と風呂を済ませてから、新居の方に行き、テレビを見て、
 新しいベッドルームで寝る…という生活をしているようだ。
 そのため、新居の方は生活感がなく、ホテルのよう。
 だんだん、生活の場を新居の方に移していく予定なのだそ
 うだが、できれば新居の方は、あまりゴチャゴチャになって
 ほしくはない(笑)。

 ★センサー付き小便器
 実家は商売をしているので、今回、店のお客さん用に、古
 い家と新居との間に、小さなトイレ棟?を建てた。
 流しと普通の洋式トイレのほかに、センサー付きの男性用
 小便器があって、それが父の自慢だった。
 (小便器の写真なんか載せる私もどうかなあ…笑)



 父が言うには、「男の人は本当はみんな、家にも小便器が
 欲しいと思ってるんだよ。 小便器は“男の夢”なんだ!」






 …“男の夢”だったの~?!

 (知らなかった…笑)

 しかし、だとすれば、父のその夢は、齢76才にしてやっと
 かなったわけである。

 夢がかなって、良かったね、お父さん!

 人間、年をとってから叶う夢もあるのだ。
 …だから私も、「滑り台付き階段」とか、「作り付けの帽子
 棚」というアホみたいな夢を、まだまだ捨てずにおこうと
 思った次第なのである。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<脱出ゲーム「赤い部屋」の小説版『クリムゾン・ルーム』を私が勧めるワケ | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 新米ママは一人で頑張りすぎないで! (お嫁さんのYちゃんへのメール)>>
コメント
-同感!-
お父上の男の夢には同感ですねっ
2008-06-20 Fri 01:14 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-お~っ! kobaさん、生きてたん?(笑)-
koba2106さん
良かった、良かった…。
最近、HPの方も、ベネッセの「自分の楽しみ」の方も
ちっとも更新がないから、気になっていたんですよ。
お忙しいだけならいいのだけど、体調でも崩されてい
やしないかな…と。
メールした方がいいなあと思いつつ、そのままになっ
ていました…(^^;)

父の“男の夢”に同感ですか?(笑)
男性用トイレって、一般家庭では確かに ないがしろ
にされていますよね。
最近の男性(特に若い世代)は、家庭のトイレでは
小用を足すのに「座ってする派」も増えているそう
ですね。
(トイレを汚すと母親や妻に叱られるかららしい…)
ちなみに夫は、「立ってする派」です。
(…ドアくらい閉めろよっ!…笑)
2008-06-20 Fri 11:25 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-手が回らず・・・-
今年に入って、思いがけなく毎週でかける用事が増え
以前から知り合いの都内デザイン会社をサポートしてます。
おまけに、手白澤や奥鬼怒温泉郷から、奥鬼怒の地図製作を
頼まれたんですが、これがなかなか大変な作業でした・・・
っと云っても、思いがあるから自然に凝ってしまって自ら
大変にしてしまったのですが・・・苦笑
そんなわけで、HPの更新もままならない状態でした
やはり気持ちに余裕がないとね~~・・・笑
ようやく奥鬼怒温泉郷案内図は数日前に完成し一段落です。
昨晩ようやく、自身のホームページだけは、取りあえず更新しました・・・汗!
2008-06-22 Sun 09:15 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-やはりお忙しかったのね~^^-
koba2106さん
要求された以上に、つい凝った仕事をしてしまう気持ち、
わかります!
特にkobaさんのお仕事は、「形」が残りますものね。
ぜひ、ご自身で納得のいくものに仕上げて下さい!

手白澤温泉は良かったよね~と、今もお友達と時折話題に
なります。
kobaさん作の新しい地図を片手に、また歩きたいなあ!

HP、拝見しました。
目に染みる緑や、水しぶき、さざ波…。
風の気配や音まで感じられそうな、いつもながら素晴ら
しい写真です…早速、デスクトップ壁紙にしましたよ(^_^)
2008-06-25 Wed 19:42 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-ありがと!-
早速Photo壁紙ご利用くださり感謝!
6月の奥鬼怒は新緑真っ盛りで
一年で一番美しい季節です。
今週月曜にも、湯西川と奥鬼怒を回ってきました。
この時期に数週間居候していたい気分ですが
なかなかそうはゆきません・・・
また、おともだちや旦那様とでも手白澤温泉へ
行ってってみてくださいな~~。
2008-06-26 Thu 13:33 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-奥鬼怒に思いを馳せる…-
koba2106さん
手白澤にゆっくり滞在できたら、すごく贅沢ですよね^^
私が手白澤温泉に行ったのは、確か8月末(O垣さんた
ちと)と、10月初旬(ご近所さんと)で、どちらも良かった
けれど、次はぜひ紅葉の時期に…と思っていましたが、
紅葉の時期って、年によって違うし、結構タイミングが
難しいですよね…。
それよりは「新緑」を目指した方がいいかなあ…。
kobaさんが「一年で一番美しい季節」なんておっしゃると
心を動かされます。
冬場の「雪景色の露天風呂」…も憧れなんですが(笑)。
2008-06-28 Sat 10:46 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。