スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
おババのタイムカプセル
2007-12-31 Mon 23:03
2007年12月31日(月)

26年間ラム酒に漬けておいたフルーツを使って、お嬢さ
んの結婚祝いのケーキを焼かれたという話を E子先生
から聞いた時(こちらの記事参照)、すごくいいなぁ…と
思った。

それで私も、生まれたばかりの孫娘が いつか嫁ぐ時の
ために、今からドライフルーツを洋酒漬けにしておこう
と思い立った。

私は、E子先生のように、引き出物としてお客様たちに
配るほど、沢山のケーキを焼くことはできない。
でも、フルーツケーキを1つか2つなら…家族で祝う分を
焼いてやることくらいなら(もし、その時私が元気でいら
れたなら)、きっとできるだろう…。

そう考えて、ここ鹿児島に来る前の晩に、孫娘のKの
ために、フルーツを漬けた。

お酒はラム酒でなく、私のお気に入りのリキュールの
コアントロー

ドライフルーツは、レーズン等のほか、ボンタン漬けを
使った。


ボンタン漬けというのは、鹿児島名産の昔からある菓子
だが、いわば砂糖漬けのドライフルーツだ。
鹿児島には、ボンタン(文旦とかザボンとも言う)という、
大きな蜜柑(直径は15~20センチほど)がある。
ボンタンは皮と実の間の白いワタの部分がとても厚く、そ
のワタの部分を砂糖漬けにして乾かしたものが、ボンタン
漬けだが、義母にもらったものがちょうど家にあったのだ。
※自分の備忘録として、文旦漬け(ボンタン漬け)の作り方
 追記しておく。
 《追記》文旦漬の作り方(有田柑橘さんのチラシより)
 ・文旦の皮をむき、油皮*を削って適当に切り、高温で水炊き
  します(約20分くらい)。
 ・それを一昼夜水にさらしニガミと油性分を取除きます。
 ・晒した皮を手で軽くしぼり、その分量の重さと同量の砂糖を
  使って炊き揚げます(高温で約1時間)
 ・取揚げて砂糖をまぶし出来上りです。
  *ボンタンの厚い白いワタは“油皮”というらしい。
  *“炊く”というのは、普通に茹でたり煮たりすること。





孫娘のKが結婚するのが、25~30年後くらいだとして、
その頃のKや私自身がどうなっているのかを想像するの
は、ちょっと難しい。
だが、小学生くらいの少女になった K のことなら、割と
想像しやすいし、その頃なら、自分もまだまだ元気でい
られる可能性が高いだろう。

…で、私はこんな夢想を楽しんでみる。
 
[ 続きはここから… ]

少女になったKが、取手の我が家に遊びに来た時、私は
Kに、このリキュール漬けのフルーツの壜を見せる。

「これはね、K、お前が生まれた年に、お酒に漬けたフル
 ーツなの。 いつか、お前が大人になって、やがて愛す
 る人ができて結婚することになった時、お祝いに、この
 フルーツを入れてケーキを焼くためにね。
 …その時、おばあちゃんが元気で生きていられたら、
 ケーキはおばあちゃんが焼いてあげる。
 もし、おばあちゃんが死んでいたら、その時はお母さん
 に、これを使ってケーキを焼いてもらいなさいね」

そして私は、壜のフタを開け、ほんのちょっぴりだけ、
Kにフルーツの味見をさせてやる。
そして、ニヤリと笑って、
「あとは、お前が結婚する時のお楽しみ!」
と言って、またフタを閉めてしまうのだ。

…そんな日が来ることが、今の私のささやかな夢。


その後、実際にKが結婚する時まで生きて、ケーキを焼い
てやり、その様子をブログで報告できるくらいに私自身が
元気で長生きできれば、もちろん最高。
でも、もし、その時私がこの世にいなかったとしても、
こうしてフルーツを漬けておいてやることで、Kが結婚
する時に、私からの祝いのメッセージが、K に届くような
気がする。

いわば、この壜は、今の私の、Kの幸福への祈りと愛を
封じ込めたタイムカプセル。
開かれる時点での、私の生死など関係ない。


願わくば、何十年かの時を経て、いつか、
この壜が開かれる めでたい日が訪れますように…。

(「いや~、おばあちゃん、私は独身主義よ♪」
 なんて、笑い飛ばしてくれるな、孫娘よ…笑)


 ~鹿児島の家のリビングで紅白歌合戦を見ながら記す~
  (私の隣で、三男はやはり自分のノートパソコンを広げ、
   TVを時々見ながら卒論資料整理中…そんな大晦日。)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | “姑道”、“おババ道”修行中 | コメント:4 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
<<謹賀新年2008 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 格安旅行チケットで、鹿児島に帰省>>
コメント
-開けましておめでとうございます。-
年が明けて、ビール片手に、ネットタイムです。
Kちゃんの喜ぶ顔を私も想像しちゃいました。
小学生くらいの女の子に、目を細めるかんちがいさん。
にやにや。(笑)

鹿児島のお正月ですね。
私は、千葉でのんびりしています。
飛行機のチケット、よかったですね。
突然、自分の名前があって驚きましたが。(^^);
2008-01-01 Tue 00:47 | URL | 美緒 #5Bglkylo[ 内容変更]
-お金で買えないプレゼントですね!-
わたしも、こちらのブログでE子先生のケーキのお話を読んだ時に、「心のこもった、いいアイディアだなあ」と思いました。お金で買えないプレゼント、本当にいいですね。
2008-01-04 Fri 04:00 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
--
美緒さん
単なるババ馬鹿なのですけれど、小学生くらいになった
孫とのやりとりを想像するのは、すごく楽しい。
これは、「親」の時には味わえない楽しみかもしれません。
できれば、「西の魔女が死んだ」に出てくるおばあちゃん
みたいになりたいものだなぁ…^^

鹿児島行きチケット代、お蔭様でかなり節約できましたよ。
美緒さんに会った時には、何かご馳走しなくっちゃね!(笑)

Yさおりさん
「心のこもった」プレゼントになるのか、ケーキを焼く日が
果たして来るのかもわかりませんけれど、「年月がもたら
すマジックの効果」に、期待している私です(笑)

人から学ぶことや受ける刺激は、大きな糧になりますね。
もっと早くに知っていればよかった…と思うこと、沢山
あります。
ラム酒漬けのフルーツは、結婚した時に自分で漬けて
毎年、結婚記念日のたびに、そのフルーツでケーキを
焼く(フルーツは補充していく)…という使い方もあるよう
です。
素敵だなと思えることは、自分にできる範囲、自分流の
アレンジでいいから、取り入れたいと思っています^^
2008-01-06 Sun 00:30 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-トラバさせていただきました。-
こんにちは~。

昨年、このお話を読んで以来、「すてきだなあ」とずっと思っていたので、今回、わたしのブログで紹介させていただきました。ひいおばあちゃんの代からの愛情が詰まっているなんて、ほんといいですね~。
2008-05-19 Mon 12:11 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「ほぼ日」(ほぼ日刊イトイ新聞)からメールが届きました。 こんにちは、ほぼ日刊イトイ新聞です。 約束のメールをお届けにあがりました...
2008-05-19 Mon 09:55 サリーちゃん温泉
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。