スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
可愛い写真と、感動した写真は違うという話
2007-12-15 Sat 11:40
2007年12月15日(土)

本日の記事は、「ババ馬鹿モード」全開。
アホクサ…と思われた方は、以下はお読みにならないほうが
よいと、予めお断りしておく(笑)。

先日、鹿児島から取手の自宅に帰って来たら、孫娘Kの写真
をC Dに焼いたものが届いていた。
夫は先に堪能済みだという。
…なに~、ズルイ~っ!(笑)
早速疲れも忘れ、100枚ほどある写真をうっとりと繰り返し眺め
ては、その晩は2、3時間ほども過ごしてしまった。




「孫が可愛い」とはよく聞く話だし、自分も、初孫ができたら
メロメロになるのかな? 多分なるんだろうな…とは思って
いた。
しかし孫の写真は、もちろん予想通りに可愛いのだが、それ
以上に、私が心打たれた写真があった。

それは、息子が赤ちゃんを抱いている写真、そして、お嫁さ
んのYちゃんが、赤ちゃんを抱いている写真だった。

次男が、不慣れな手つきで、我が子を抱いている写真が何
枚もあった。 不慣れながら、本当に愛おしそうに、大切そう
に、抱いているのである。
…その姿に、涙がこみあげてきた。
(「我が子が我が子を抱く姿」って…何か、感無量だ。
 そういう意味じゃ、私は「ババ馬鹿」以前に、やはり「親馬
 鹿」なのかも…)

そして、最後に2枚だけ、Yちゃんの写真もあったのだが、
それがまたいい。
本当に、ついこの前まで少女のようだったYちゃんが、今は
「お母さん」らしく輝いた表情で、我が子を抱いている。
その表情を見ていたら、もう、涙が止まらなくなってしまっ
た。 (もう、ほとんど「崇高」な感じ…。涙の量で言ったら、
Yちゃんの写真が圧勝だった。…こういう反応は、自分でも
予想外だったのだけれど…。)
 
[ 続きはここから… ]

その感想を、Yちゃんにメールで送った。
「 Kの写真も可愛いけど、二人がKを抱いている写真に涙が
出ましたよ」ということを。
するとYちゃんから、返事が来た。
息子がKを抱いている写真は、Kが生まれた翌日のもの。
その病院では、赤ちゃんは生まれてから2日間は、新生児室
や授乳室から外へは出られないらしく、だから、本当はこの
時点では、父親が赤ちゃんを抱っこすることはできなかった
そうだ。
しかし息子は、翌日には筑波に帰らなければならず、しかも
暫くは岩手に来られないので、何とかちょっとでも抱かせて
もらえないだろうかと頼み、看護婦さんに許可をもらって、
特別に抱かせてもらったということだった。
Yちゃんのメールによると、
「その時のS太君は、私に Kを貸してくれないほど ずっと
 抱っこしていて… 私も涙が出そうなくらい嬉しかったです」


そんなふうに感じてくれるYちゃんの思いが、愛しく、また
嬉しかった。
…息子はつくづく、果報者である。


息子がKを抱いている写真も、
YちゃんがKを抱いている写真も、
私にとっては、この上なく幸福な、特別な写真。

…でも、それらは、ほかの人が見ても感動するというもの
ではないし、公開するような性質のものでもない。
だから、ここには載せない。

(じゃ、なぜKの写真は載せるのかといえば…
 赤ちゃんの写真なら、一般的に通用する可愛さが、少しは
 あるかなと思うから。…そう、子猫の写真みたいに…笑)



その後、実は、Kの写真C Dの第2弾も届いていて、いやが
おうにも、「ババ馬鹿」に拍車がかかる今日この頃である。

が、私一人が「馬鹿」になっているわけではない。
先日など、事務所にいる夫から連絡がきて

「Kの写真を何枚か選んで、会社のパソコンに送ってくれ」

…全くもう~、誰に見せるつもりかしら?と思いながら、
選りすぐり?の写真を数枚、いそいそと送る。

その夜、夫に聞いてみた。
私 「Kの写真は、N君(社員さん)に見せたの?」
夫 「いや」
私 「誰かにメールで送ったの?」
夫 「いや、…プリントアウトして、忘年会に持ってった」
私 「や~だ、ジジ馬鹿~っ!!」
と笑いながら、「何だ、印刷するんだったら、もう少し大きい
サイズで送った方が、見映えがしたかな~?」などと、頭の
片隅で考えていたりもする(笑)。

私 「Kの写真、可愛いって言われたでしょ?」
夫 「いや、別に…」
私 「いや、言うでしょ! 普通、赤ちゃんの写真を見たら
  “可愛い”って言うわよ、お世辞ででも!!」

…全く、しょもないジジババの会話をしている(笑)。

しかし、生まれたての頃の写真は、結構、ブサイクな写真も
多いのだが、日を経るにしたがって、目なども次第にぱっち
りとしてきて、人間の赤ちゃんらしくなってくる。

特に一番最新の写真なんか…



ヤバイ…。





カワイイ…。






いつまでも見ていたい…。






こんな可愛い赤ちゃんが自分の孫だなんて、何だか、もったい
ないと言うか、信じられないと言うか…
(ああ、ババ馬鹿モード、炸裂!)

で、パソコンのデスクトップの壁紙にも してしまった。
(デスクトップ壁紙は、いつもは、koba2106さんのサイト
 四季折々の美しい風景写真を使っているのだけど、当分は
 孫の写真になりそうだ。 …kobaさん、ゴメン…笑)








…これ、画面一杯で見ると、ほぼ実物大で、柔らかそうな唇や
ほっぺも、思わず手で触れたくなるほどリアル。

…いや、もう、たまらんわ~。

って、一人でニヤニヤ見ている分にはいいのだけど、ブログ
なんかに書いて、ババ馬鹿ぶりをさらすのは、見苦しいよね。
(わかってる。)


…スミマセン。スミマセン。

(以後は、少しは 自重しよう…笑)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | “姑道”、“おババ道”修行中 | コメント:9 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<つくばのホウキ売り (手作り箒の話) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 更年期なのに…>>
コメント
-立派なバババカです(笑)-
そこまで、バカっぷりを赤裸々にされると、かえって清々しいですね。

何だか、こちらまで写真が見たくなるほどです。
新年会楽しみにしています(笑)
2007-12-15 Sat 17:30 | URL | 若だんな #-[ 内容変更]
--

ヤバイ・・・

カワイイ・・・

いつまでも見ていたい・・・

同感でした。
赤ちゃん、かなり美形だよ。うらやまし~い!!!

<我が子が我が子を抱く写真>
想像しただけで泣けてきます。
私は我が子が何をしても泣ける親です。
<親ばか>は幸せです。

それにしてもカワイイ赤ちゃん 
また、最初から見てしましました。写真だけ・・・
かんちがいさんの文は不要でした。(笑)
2007-12-16 Sun 00:32 | URL | noa #-[ 内容変更]
-かわいいじゃん!-
孫ともなると、手放しでかわいいと言うが本当にいずこも同じだね。
確かにかわいいし、親の指を掴んでるちっちゃな手には、もうなにも言うことありません! 感動的な写真ですね。
でも、あのコメントどうして分かったの!?
2007-12-17 Mon 00:02 | URL | テニスちゅう #-[ 内容変更]
-負けたぁっ!!-

小生の壁紙より、さすがに超かわいいお孫さんの壁紙には
とても、とても、かないませ~ん・・・・
重ねて、おねでとうぅ~~~っ!! \(^O^)/
2007-12-18 Tue 02:01 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-追伸-


しかし、マジ可愛い、この子!!

2007-12-18 Tue 02:02 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
--
上手く言えないんですが
新しい命を抱く若いご夫婦の写真は、どうかこのまま公開しないでください。
その方が感動がリアルに伝わる というか
貴重な瞬間を共有した気分になれる というか
なんか、そんな感じがします。

んで。
なんざましょう、この赤ちゃん。
めちゃめちゃ美人じゃないですか。
正直、よその子で「かわいい」って思う事ってないんですが
でもかわいい。
腹立つくらいにかわいい。
ゼヒウチの愚息の嫁に。(マテ
2007-12-18 Tue 10:11 | URL | ありくい #6elSjn0U[ 内容変更]
--
Kちゃん、可愛い美人さんですねー!
私ね、泣いちゃったよ。。
なんだろうね。。かんちがいさんの感動が伝わってきちゃったのね。
ジジ、ババ、のお馬鹿ぶりもいいじゃありませんかぁ!
生まれたての命の感動と息子やお嫁さんを愛しいと
思うかんちがいさんに また感動してしまったー。
忘年会に写真を持っていったジジ、、可愛い。。

2007-12-18 Tue 21:23 | URL | syomin1 #vbu/5PMA[ 内容変更]
-かわいい!-
小さいときかわいい子はおおきくなると?
わたしがそうよ
2007-12-18 Tue 23:13 | URL | 山田 #-[ 内容変更]
-マジで可愛いんです…(爆)-
若だんなさん
「清々しい」ほどの馬鹿っぷりですか?(笑)
そう言って頂けて、安心しました。
孫自慢なんて、男女間のノロケ以上にタチが悪いよなあ…
(読者に引かれそう…)とも思い、書くのにちょっと
ためらいもあったのですが、思い切って開き直って
書いてしまいました。

noaさん
正直、この写真は実際以上に可愛く撮れているかも?(笑)
とも思うのですが、ホめられれば、やはり嬉しいババ馬鹿
です。
「我が子が我が子を抱く姿」…、胸いっぱいになりますよ。
noaさんにも、そんな我が子の姿を見る日がきっと、そう
遠くなく訪れますよ^^

ちゅうさん
悪いわね~、本当に可愛くて!(笑)
例のコメントが、どうしてちゅうさんのものだとわかっ
たかですって?
や~ね~、あれで本気で名を秘したつもりだったの?(笑)
文体や内容だけでも、多分ちゅうさんだってわかったと
思いますけど、決定打は、「次男」くん誕生の時の秘話と
いうことかな?
だって、コメントを下さるお友達の中で、息子さんが
2人以上いる人って、そう多くないのですよ。
しかも、女性でないことが明白ですし!(笑)

koba2106さん
「マジ、可愛い」ですか♪
そんなこと言われたら、さらに調子に乗っちゃいますよ(笑)
kobaさんの作品にもいつものように心惹かれているのですが
(今日見た「枯れ葉のダンス」の壁紙もすごく好きだわ~)、
「孫の壁紙」って、やっぱり強力なのよね~(^^;)

ありくいさん
息子やYちゃんの写真を載せなくても、それを見た時の
感動だけは書き記しておきたいと思っていたので、
その感動をありくいさんが受け止めて下さったのが、すごく
嬉しいです^^
ご子息の嫁に…というお申し出、光栄です!(笑)
でも、ベン君もモテモテ少年ですもんね~(運動会の時の
写真でしたか、彼の困った表情にかなり笑った記憶が…)。
いや、嫁になるにはライバル多そうだな~(笑)

syominさん
泣いてくれたというのが、syominさんらしいな~。
共感というより、心の震えに共鳴してくれたんだね~(^_^)
私自身、写真を見て泣き、この記事の文章を書きながら
その時を思い出して、また涙を浮かべていましたから…(笑)。
ババ馬鹿、みっともないかもしれないけど、幸せなことだと
思っています。
夫のジジ馬鹿ぶりも、妙に嬉しかったりするのね…(^^;)

山田さん
ご訪問&コメント、ありがとうございます^^
(コメントを頂くのは、初めてですよね?…それとも私の
 存じあげている山田さんかしら?)
赤ちゃんはみんな可愛いので、おおきくなるとどうなるか?
はまた別の楽しみですよね。
どんな風に育っても、孫が幾つになっても、孫への愛情は
変わらないと思います。
親とか祖父母って、そういうもんだと思います。
山田さんもきっと、小さいころからずっと、たっぷりの
愛情を受けてこられたことでしょうね~(^_^)
2007-12-30 Sun 00:02 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。