スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
初孫誕生!
2007-11-25 Sun 12:28
2007年11月25日(日)

次男のお嫁さんYちゃんは、お産の為、岩手に里帰り中で
あったが、一昨日の深夜、岩手のお母さんから電話が来た。
「破水したので病院に連れてきた。陣痛はまだなく、感染
 症を防ぐための抗生物質の点滴をこれから受けるところ。
 明日は様子を見ながら陣痛を待ち、なかなか陣痛が始ま
 らないようなら、遅くともあさってには、帝王切開などで産
 むことになりそうだ」
との連絡であった。

その日はもう、Yちゃんの街まで接続する電車はない。
つくばに住む次男には、「翌朝一番の電車で向かいなさい」
と指示したが、次男はいても立ってもいられなかったらしく
(できればお産に間に合いたいという気持ちが非常に強か
ったらしい)、その日のうちに東京まで移動したようだった。
そうすれば、翌日、1時間早く着くのだと言う。
(その晩は、マンキツ=漫画喫茶で夜明かしした模様。)

翌日午前中に、また岩手のお母さんから連絡。
「少し前にS太くんが来て、私と交替してくれました。
 今は子宮口が6センチほど開いたところだから、もうすぐ
 分娩台に上がるでしょう。分娩室ではS太くんが付き添
 うことになると思います」
とのこと。

昔はお産の場に男性は介入しないものだったけど、最近は
父親が出産に立ち会える病院が増えている。
Yちゃんの病院もそうであればいいなあと思っていた。
しかし立ち会いが可能だとしても、遠いので、次男が駆け
つけても間に合わない可能性も高いと思っていたのだが、
間に合って良かった。
産婦にとっては、夫の励ましが一番の支えになるはずだし、
「産みの苦しみ」を間近に見ることで、夫の側も、妻子への
感謝と愛情が増すに違いないから。

遠くから安産を祈りながら、私と夫は、それぞれの用事を
こなした。
昨日の夫は、知人の結婚式に出席する予定が入っていた。
夫のサラリーマン時代の後輩の女性(47才)の結婚式だ。
彼女はここ7、8年は中国の会社で働いていて、もう結婚
はしないのだろうと何となく思っていたが、勤務先で出会
った中国人男性と結婚することになったのだ。
それだけでも嬉しい驚きであったが、披露宴から帰って来
た夫に、「どんな花婿さんだった?」と訪ねたら、「花嫁より
18才年下の、29才のムコさんだったよ」と言うので、さらに
驚いた。 29才って……(私からすると“子世代”だ)。
写真見て、夫婦に見えるかは…う~ん、“ギリギリ”(笑)。
でも、人の縁はいろいろだ。 幸せになってほしい。

で、私の方は、昨日は日暮里の事務所で片付ける仕事が
あり、その後、実家に立ち寄った。 つい数日前が誕生日
だった父への プレゼントを持って。
その間、岩手からの連絡が全くなかったのが、ずっと気が
かりだった。息子の携帯の電源は当然切られている。
「まだまだ、かかりそうだよ」という一言でも、メールが
来れば安心できるのだが、それさえ来ないということは、
つまり、Yちゃんがずっと苦しみ続けているということでは
ないか?…と不安になる。
 
[ 続きはここから… ]

多分難産になるだろうとは思っていた。
Yちゃんは小柄で骨盤が小さいから、最初の頃は、赤ちゃ
んが十分大きくなれるかが心配だったけれど、最近では、
赤ちゃんがどんどん順調に大きくなるので、それではお産
の時、母体に負担がかかるだろうと思い、もう大きくなら
ないでいい、予定日はまだだけど、そろそろ生まれた方が
いい、と考えていた矢先だったのだ。

若い頃は、「年寄りってどうしてあんなに心配性なんだろ
う?」と思っていたが、この年になると、理由がわかる。
長く生きていると、不幸な事例を沢山知っているのだ。
流産した人なんて、数知れず知っている。
無事に月満ちて、分娩台に上がったのに、初めての子が
死産だった友達もいる。
長男の担任だった ある女の先生など、あろうことか、お産
で亡くなってしまった(赤ちゃんは無事だった)…。
悪いことは考えまいとするのだが、Yちゃんや赤ちゃんに
万一のことがあったらどうしよう?と、考えるだけで涙が
出てきそうだ。

「初産は誰だって時間がかかるから、しょうがないね…」
とため息をつきながら、6時半も回り、実家をそろそろ
退去しようと、コートを羽織っていた時、携帯が鳴った。
岩手のお母さんからだった。

「今、生まれました! 女の子です。…難産でしたぁぁ…。
 分娩台に上がる前も既に相当苦しんだんですけど、上がっ
 てからが長くって…、私は、もう何度も“お腹を切って下さ
 い”と頼もうかと思いました。もう、本人に“いきむ体力”
 が無くなっちゃったんですね。 最後は先生たちがお腹
 に乗って、押し出すようにしてやっと生まれたんです。
 でも赤ちゃんは元気です」
「…よかった、よかったぁぁ…。Yちゃんも大丈夫ですね?」
感謝と安堵で、一気に涙が溢れ出た。
そばで聞いていた私の両親も、拍手して喜んでくれた。

結果だけ見れば、無事に元気な子が生まれたのだし、世間に
はよくある程度の難産だったかもしれないが、当事者たちに
とっては、やはりお産は一大事だった。

夜になって、次男からやっと報告メールが来た。

 命名: K(漢字一字)
 性別: 女
 11/24
 18:23
 2970g
 でした。
 まあ難産でしたが無事で何よりでした。いや本当に…
 よかったです。
 よかったよかった!

 今日より祖父母を名乗ってかまいませんので。


Yちゃん自身は双子ということもあり、生まれた時は1500g
の未熟児だったそうなので、3キロ近い子を生んだのは立派
だったと思う。

それにしても、名前がもう決まっていることに驚く。
多分、生まれる前から決めていたんだろう。
漢字一字(読みは訓読み)のその名前を見て

 私「…読みにくくない?」
 夫「…書きにくいだろ?」

が私たちの第一印象だったけれど(笑)、もちろん悪い名前
ではない。 親2人が気に入っているなら、それで決定だ。

祝いの言葉と、名前が既に決まっていることへの突っ込みの
メールを送ると、その返事は深夜になってから来た。

 名前は6月頃から決まってた。
 狙い過ぎでないので、かつ 他に例がなく、かつ 響きが
 この上なくかっこいいやつ…etc…ということで。

 写真は近いうちに
 では眠いからもう寝ます
 おやすみー


6月から決まっていたということは、まだ男女もわからない
うちに決めていたということだ。
道理で、性別不明の名前だ。
きっと、次男夫婦はそのKちゃんという名で、お腹の赤ちゃ
んに呼びかけ続けてきたのだろう。

しかし…「響きがこの上なくかっこいい」か…???
と、夫と顔を見合わせて、笑ってしまった。
親バカが既に始まってるよ…。

ちなみに、このメールの件名は
お酒を今まで飲まされていた
だった。
Yちゃんのご両親はお酒好きだから、一緒に祝杯をあげて
いたのだろうと、その情景が想像できた。

息子よ、そして、Yちゃんのお父さん、お母さん、お疲れ様。
そして、誰よりも、Yちゃん、よく頑張ったね。
今夜はゆっくり休んでね…と思いながら、我が家も遅まき
ながら、缶ビールを開けて、夫と乾杯した。

…というわけで(…いや、ここまでの話とは全然関係ないの
だけれど)、明日から私は鹿児島に行ってくる。
義母が暫く前に風呂上がりに転倒し、膝の肉離れと全身の打
ち身で動けなくなっていたのだ。
最初はトイレまでのわずかな距離を這うのにも、1時間かか
っていたそうだが(義父も腰が悪いので義母を背負ってやる
こともできず)、今は何とか伝い歩きできるようになったと
言う。私たちに余計な心配をかけまいと、これまで黙ってい
たらしいのだが、本当は一番大変な時にこそ、「ちょっと来て
くれないか」と、遠慮せず甘えて欲しかったなと思う。

来なくてよいと言われているし、今さら行くのも間が抜けて
いるけれど、やはり様子を自分の目で見ないと心配だし、食
事の支度など、私がやれることはいくらでもあるだろうから、
1週間ばかり行ってこようと思う。
そんなわけで、明日からしばらく更新できない。
ネット生活は、携帯からのブログめぐりだけになりそうだ。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | “姑道”、“おババ道”修行中 | コメント:13 | トラックバック:1 | ブログトップページへ
<<“孫の顔見たさ”を実感 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | E子先生と、笠間・益子めぐり>>
コメント
-★★ 祝 ★★-
いやぁ~
無事出産おめでとうございますぅ!
これでめでたく”おばあちゃん”ですなぁ~・・・笑
・・・若いけど!
少子化社会の中、これからもすくすく育つことをお祈りします
そして二人目も・・・爆!

小生も、若い嫁さんが居たらいいなぁ~・・・気持ちだけですがね(苦笑)

義母様、の回復も、お祈り申します。
この年になると人ごととも思えないしね・・・。




2007-11-25 Sun 13:23 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
--
おめでとうございます!ミセス・かんちがいさんの家族関係の日記はいつも愛情がこもっていて心が温まります。

お義母さま、どうぞお大事に。

>若い頃は、「年寄りってどうしてあんなに心配性
>なんだろう?」と思っていたが、この年になると、
>理由がわかる。
>長く生きていると、不幸な事例を沢山知っているのだ。

ああ、そういうことだったんですね!わたしも、心配性にどんどん拍車がかかってきていて、これは単に母(心配性の女王)のDNA&年齢とともに性格が強化されているのかと思っていましたが、そういうことなんですね。目からウロコなので、わたしのブログからリンクさせていただきますね~。
2007-11-25 Sun 13:28 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
--
おめでとうございます!!
やーもー他に言葉が見つからないくらい
ホントにおめでとうございます!!
これで皆さん一段階昇格ですなー。

11月24日の誕生石は「ピンクコバルトカルサイト」
柔らかな心と輝く才能を与えられるといわれているそうです。

んー。
いい女になるね、きっと。
2007-11-25 Sun 20:36 | URL | ありくい #6elSjn0U[ 内容変更]
--

おめでとうございます。
本当に良かったですね。
「ミセス・かんちがいおばあちゃん!!!」

うふ
お孫さんにはなんて呼ばせるのかな?
「ばあば」 違うよね。
Yちゃん 大変なお産だったようですね。
くれぐれもお大事になさってください。

もっと、いろいろお祝いの言葉を書きたいけど
もう遅いし・・・
お義母様の事も大変そうなので (お大事にね)

今度、絵本で
お祝いのメッセージをしたいなあ~と思います。

本当におめでとう 
赤ちゃんのすこやかなご成長をお祈りしています。



2007-11-26 Mon 00:18 | URL | noa #-[ 内容変更]
-おめでとうございます-
お誕生、おめでとうございます
無事にご出産、本当に良かったです
お産は、やっぱ、大変なんですよね

お孫さんは、かわいいらしいですよ
メロメロに、なっちゃうらしいですよ

ミセス・かんちがいさんの
孫にメロメロ記事を、早く読んでみたいものです
2007-11-26 Mon 09:52 | URL | おかん #RR9OddmU[ 内容変更]
-おめでとうございます-
本当に、それしか言葉が浮かびません。
よかった。難産でも、あとで思い出になるようなしあわせな結果ならよかったですよね。

でも、かんちがいさんに「おばあちゃん」は似合わないですね。k木さんは、おじいちゃんと呼ばれたがっているような気がしますけど。

先日、52歳の「おじいちゃん」と話していて、なんと呼ばせているのか聞いたところ、名前にちゃん付けでした。
「おじいちゃん」だけは絶対嫌だそうです。

なので、そんな感じでお願いします。
2007-11-26 Mon 09:53 | URL | 若だんな #-[ 内容変更]
-◎◎◎おめでとう!◎◎◎-
いやー!めでたい!○木家では、初めての女の子誕生!
若くして、ジジババ!    ”かわいいぞ~!!”
2007-11-26 Mon 11:37 | URL | 近隣の萌より?? #-[ 内容変更]
-おめでとうさん!-
なにはともあれ母子ともに元気なご様子、
心からお祝い申し上げます。

お嫁さん、お孫さんと女性が増えて
勘違いさん一家も男性勢力の強かったこれまでとは
変わっていくでしょうね^^

ちゅうさんもわたしも、先を越されましたが、これからの
ブログネタが更に楽しみです。

ご主人のご両親も初ひ孫で、きっとお喜びでしょう。
怪我もふっとんでくれますように~~^^

気合入れすぎて、体調くずさないようにね、勘違いさん。

2007-11-26 Mon 22:14 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
-良かった~!-
無事に出産されたとのこと、
本当におめでとうございます♪
読みながら涙が出ました。
自分の過去を振り返る思いでした。
息子さん、出産に間に合って良かったですね!
かんちがいさん、養母様のお世話、
大変ですけれど、頑張ってください。
早く良くなりますように。。

2007-11-26 Mon 22:54 | URL | syomin1 #vbu/5PMA[ 内容変更]
-おめでとうございます-
これから,お孫さんを中心に
またいろいろな思い出が増えて行きますね♪
ブログもますます楽しいお話が増えそうです。
無事のご誕生おめでとうございました^^
2007-11-27 Tue 02:22 | URL | きゃしー #-[ 内容変更]
-おめでとうございます!-
おしい!あと1日遅かったら、うちの母親と同じ誕生日だったのに。あっ、おまけに阪神の岡田監督も。関係ないですね(笑。とにかくおめでとうございます。
2007-11-29 Thu 02:45 | URL | 俊太郎 #-[ 内容変更]
-おめでとうございます。-
無事に生まれて、本当によかったわ。
おばあさまですね。(^-^)

今は、鹿児島かしら。
お疲れ様です。
早いご回復をお祈りいたします。
2007-11-29 Thu 12:53 | URL | 美緒 #5Bglkylo[ 内容変更]
-皆様、ありがとうございました(^_^)-
皆様からのお祝いメッセージ、嬉しかったです。
ずいぶん遅くなってしまって間が抜けていますが、
一言ずつお返事申し上げます。
(年賀状など印刷しながら…(^^;)

koba2106さん
「気持ちだけ」なんて言わず、若いお嫁さんを、いや若く
なくて年上でもいい?から(笑)、今からでも是非お嫁
さんを探して下さいよ^^
この高齢化社会、結婚適齢期なんてないのだと実感する
例が、結構ありますよ!

Yさおりさん
紹介記事と、トラックバックまで頂いて、有難うござい
ました。
自分のお産の時は、不安はあっても、あまり心配はしな
かったのですよ。なのに子世代のことは、どうしてこん
なに心配なんだろう?と考えたとき、理由は1つしか
私には思い浮かばなかったので、「目からウロコ」なんて
言われると何だか気恥ずかしいくらいです(^^;)

ありくいさん
「これで皆さん一段階昇格」と言うのが笑えました。
母ちゃん→ばあちゃん、ばあちゃん→ひいばあちゃん…と
確かに一段階「昇格」ですな^^
11月24日の誕生石のことは、Yちゃんへのお祝いメール
の中に、引用させて頂いちゃいました♪

noaさん
孫が生まれてすぐに、noaさんのブログで、「赤ちゃんの
ゆりかご」の絵本紹介にことよせてのお祝いメッセージを
頂いて、嬉しかったのに、ずっとお礼を言いそびれていま
した。あらためて、ありがとう(^_^)
我が家はごく普通の家族ですけど(^^;)、皆で祝福して
大騒ぎして、赤ちゃんを迎え入れることができたのは
幸福でした。

おかんさん
すでにメロメロです(笑)。
最近は、ご近所さんに孫のいる家が増えて、「私もいつかは
孫を抱ける日が来るのかしら?」…と、つい、この春先まで
は思っていたのですよ。
おかんさんのところでも、きっと、そう遠くない日に
同じ喜びが味わえるのではないかしら?
(結果論から言うと、「できちゃった婚」も悪くないです。
 当初は肝をつぶすけどね…笑)

若だんなさん
夫のところにも、お祝いの電話を下さったそうですね。
ありがとうございます。
私は、孫に「おばあちゃん」と呼ばれるのは、全く抵抗ない
ですね~。 別に「おばあちゃん」に悪いイメージもないし…。
ただ、息子たちまでが便乗して私を「おばあちゃん」と呼ぶ
ようだったら、それは断固として拒否します!
どんなに年取っても、子世代には「お母さん」ですもの。

近隣の萌、こと、ちゅうさん
ウフフ、そうなの~、「男の子」の子育てしかしていない
もんだから、「女の子」の登場に、もうドキドキよ~^^
ジジババの気分は悪くないですよ。
ちゅうさんも早く追っかけておいで~(笑)

spacesisさん
ウフっ♪ お先に失礼しちゃいました。
今はすべてが「結果オーライ」と思え、幸福に感謝して
います。
もいちゃんとこも、きっともうすぐよ~。
あ、案外、ジュアンくんが先かな~(^_^)

syominさん
syominさんも難産だったのな~…。
お産は、無事に済むまでは本当に心配ですよね。
それに、受験でも何でもそうだけど、子供の番になると、
なぜか自分の時より心配になるんです(^^;)
ともあれ、幸せな結果を迎えられて何よりでした。
立ち会った息子にも、いい経験になったと思います。

きゃしーさん
あまりババ馬鹿になってはいけないと自戒してはいるの
ですが、家族が増えるのは、本当にいいものです。
きゃしーさんも、まずは生涯の伴侶から、そろそろどう
ですか?
きゃしーさんの優秀な遺伝子も、世に残すべきだし…^^
お産も子育ても体力が要りますから、できれば若いうち
にするのがいいですよ。仕事の方は、少々年取ってからで
もできますからね。
…なんて、つい余計なことを言ってます(笑)。

俊太郎さん
11月25日は、俊太郎さんのお母様と、阪神の岡田監督の
誕生日なんですか?
25のほうがキリがいいし、どうせなら同じ日だったら
トリプルで誕生日のお祝いができたのにね~!
(…って、どういう組み合わせのトリプルだ?!…笑)
お母様の誕生日、しっかり覚えてしまいました^^

美緒さん
お気遣い、ありがとうございます。
美緒さんこそ、風邪が長引いて大変でしたね…。
美緒さん、孫の話なんて、まだ他人事みたいで、「ウチの
娘はまだまだ…」なんて、思っているでしょう?
子供の成長はこれからが早いのよ~、ご覚悟あれ!(笑)
2007-12-16 Sun 15:21 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
わたし、とても心配性なんです。しかも、その傾向は年齢に正比例。心配性の母からDNAを受け継ぎ、年齢とともに強化されたのか、と思っていたのですが、このたび初孫が生まれた(お...
2007-11-25 Sun 14:31 サリーちゃん温泉
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。