スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
E子先生と、笠間・益子めぐり
2007-11-22 Thu 16:08
2007年11月22日(木)

一昨日は、久しぶりのE子先生の教室だった。
今回は、2年前の益子行き(2005年10月の日記の26日参照)
以来の、“焼き物の里ツアー”である。

焼き物好きなE子先生の話では、「昔は笠間が良かったけど、
最近は益子の方が活気があるから、益子ばかり行ってたの。
でも、久々に笠間に行ってみようかしら~。もしかしたら復活
してるかもね!」と言うことで、まずは笠間を目指す。

運転はE子先生。 高速を使い、約1時間で到着した。
共販センター駐車場に車を停め、“陶の小径”を歩く。



窯元古窯(こよう)のほか、数軒の店を巡ったが、人影
はまばらで、確かにちょっとうらぶれた感は否めない。
(5月の陶炎祭ひまつりの頃なら、きっと賑わうの
 だろうけれど…。)
益子と比べると、店が点々と離れて存在するので、何軒
も回って見比べて買い物するには、不便な感じでもある。
しかし、鄙びた町の雰囲気は悪くない。
笠間を訪れるなら、焼き物店めぐりをメインにするより、
たとえば日動美術館を見て、付近を散策、ついでに笠間
焼の店も少し見る…などの計画が、いいかもしれない。

「やっぱり益子に行きましょ!」との先生の判断で、一同
益子に移動。 笠間と益子は、案外近いのだ。
 
[ 続きはここから… ]

まずは昼食をとるため、益子最大の窯元つかもとへ。
大食堂は小学生の団体が入っていたので、池の向かいの
ラウンジに入る。釜飯が人気のようだが、私が注文したナン
&カレー(素揚げ野菜入り)も美味しかった。



それから、益子陶芸村(“村”といっても、5、6軒の店の
集まり)へ。 ここは前回、E子先生が まな板みたいに
大きな角皿
2005年11月の日記の24日の記事参照)を
買われた店などがあり、数は多くないけど、作品のライン
ナップは悪くないし、値段も手頃なものが多い。
益子焼の製造販売は、もともと、ここがメッカだったよう
だが、最近は城内坂通りがキレイに整備され、オシャレ
な店が増えたので、「お客さんがなかなかこちらまで足を
運んでくれないんですよ~」と、陶芸村の店主さんたちは
嘆いていらした。

時間もなくなってきたので、城内坂通りでは共販センター
には寄らず、前回印象的だった3軒の店に立ち寄る。
・明窯(あきらがま)…ご夫婦で作った作品(ご主人がろく
   ろをひいて奥様が絵付け)を売っている小さな店。
   お出迎えしてくれるワンちゃんが可愛い!
やまに…品数が多くて、普段使いに良さそうな、手ごろ
     な値段のものが多い。
もえぎ…モダンなギャラリー風の店。

私はあちこちで、安い小物をちょこちょこと買ったが、今回
の一番のお気に入りは、益子陶芸村のクラフトKで買った、
漆器のスープ皿(椀?)だ。



焼き物を見に行ったのに、今回の私は、陶器でなく、漆器
にばかり、目と心を奪われてしまった(苦笑)。
会津漆器との出会い以来、軽くて使いやすい漆器に、どうも
ハマり気味である。
益子の漆器は、会津で見たものより、品質的には格下かもし
れないが、安価なものが多くて、普段使いのものを買うには
いいなあと思ったことであった。
欲しいものはほかにもあって、どうしようどうしよう?と、さん
ざん迷った挙げ句、E子先生に確認。
「ねぇ先生。 来年もまた、益子に来ますよね?」

…今回は見送ったのであった(笑)。
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<初孫誕生! | ミセス・かんちがいのブログ日記 | それぞれの人生カード(池袋でランチしながら)>>
コメント
-益子の方がいいですよね-
私も数年前のGWに笠間に泊まって、益子まで陶器巡りをしたことがあります。笠間市内は寂れていて、稲荷の周辺以外は特に見る物もなく、益子に向けての道沿いにある、出雲大社の支店(http://www.kaiun-goriyaku.com/08j-010.htm)とか、神社仏閣ばかり見ていました。益子はキレイに整備されていて、見応えもありましたね。
漆器というと、木曽漆器もいいですよ。漆器市(http://www.city.shiojiri.nagano.jp/ctg/280210/280210.html)に行ったことがありますが、各店の奥に蔵があり、そこまで入っていって見るんですね。しかも、振舞酒や食事を出してくれるんです。楽しいですよ。
2007-11-22 Thu 17:22 | URL | 若だんな #-[ 内容変更]
-おや!-

おやまぁ、益子にお出ましになったのですねぇ
買い物には確かに益子の方が、笠間に比べて
容易ですね、でも製品は笠間もかなり魅力です。

益子の代表的なお店は網羅した様子ですが
残念だったのは、もえぎの下、城内坂の交差点にある
日下田藍染工房、茅葺きの江戸時代そのままの工房と
未だ当時にこだわる藍染が素敵でしたのに・・・
また、その隣の陶庫、は塚本本店の親戚筋で
益子焼らしい製品がお得に買える、雰囲気のあるお店
それと、未だ職人技の古い益子焼を販売する、篠原陶苑も
お奨めでした。 食うのは、いささか・・・ですが、
地元でも人気のうどん屋が良い味です。
次回は是非、是補、おこしくださいな。
良ければご案内しましょう。
2007-11-23 Fri 03:36 | URL | koba2106@mac.com #-[ 内容変更]
--
なつかしさに胸がきゅんとしました。10年以上前に、笠間へ行ったことがあります。その時に買った花瓶、アメリカへ持ってきてるんですよ。
2007-11-23 Fri 14:44 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
--
若だんなさん
笠間も良さはあると思うのですが、人を呼べず、従って
予算を使って町起こしもできず、さびれる一方…という、
悪循環に陥っている気がします。
盛り返してくれるといいですね。
笠間が、益子と張り合えるような町になってくれると、
訪ねる方も楽しいですしね…。

木曽の漆器祭、すごく良さそうですね~。
教えて頂いたページを見て、「これは絶対行きたい!」
と思いました。できれば来年にも夫と行けたらいいな♪

koba2106さん
ウフフ、そうなの~、kobaさんの縄張りを勝手に歩いて
きちゃった!
勿論、kobaさんのことも思い出して、どのお店と親しい
のかな~なんて、考えていたのでした。
オススメの「日下田藍染工房」、「陶庫」、「篠原陶苑」…
次回はぜひ立ち寄ってみますね!
(E子先生にも教えてさしあげなくちゃ!)
こういう情報をコメント欄に書いて頂くと、備忘録に
なるので助かるわ~^^
都合が合えば、kobaさんに案内して頂くのも楽しそうね♪
その時はよろしくお願いしま~す!
(おばさんパワーに呑まれないように~!…笑)

Yさおりさん
わ~、笠間で買った花瓶を今もお使いなんですね。
そういう思い出の品って、出かけた時のいろんなシーンが
よみがえってきて、いいものですよね。
キュンとなる気持ち、わかるような気がします^^
機会があったら、ぜひまた、笠間へ、そして益子へ
いらしてみてください。素敵ですよ。

「いい夫婦の日」の記事、読みました。
「私にできることは……家をくつろげる空間にすること」
という姿勢が、いいなぁ…と思いました。
Yさおりさんは、いい奥さんですね。
我が家も、夫婦仲はまあ良い方とは思いますけど、
でも「新婚気分を持続させるための秘訣」は、20位まで
のうち、半分ほどしか実践できてないかな…(^^;)

空気みたいな相手でも、時々は、意識して優しい気持ち、
新鮮な気持ちを持たねば…なんて思ったことでした^^
2007-11-23 Fri 23:54 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
--
わが家は子供がいませんし、2人とも仕事志向&ひとり暮らしが長かったので、気をつけないと、「夫婦の同居生活」じゃなくて「同棲生活」(なんかニュアンスが違うかなあ)になっちゃうんですよ。実際、自分の中に「妻」というアイデンティティーがしっかり確立されてなくて。というわけで、今さらながら、こんなこと考えてるんです(恥)。
2007-11-24 Sat 15:18 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。