スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
ブログ本、3冊購入!
2007-11-11 Sun 21:49
2007年11月11日(日)

最近本屋に行くたびに探していたブログ本が2冊あった。
1冊は、6/25に刊行された「しろくまおやこ」。
もう1冊は、9/14刊行の「片付けられない女魂」。

発売から日が経ってしまったせいか、近所の本屋ではなか
なか見つからず、都心の本屋に出た時にでも買おうと思っ
ていた。
そうしたら何と先日、私が日参している大好きなブログ
7人家族の真ん中で。」も書籍化、発売されたとのこと。
わーお、これはもう待ちきれない!と思い、3冊ともネット
で注文した。



実は同時に届いたわけではなくて、今月6日に発売されたば
かりの「7人家族の真ん中で。」は、9日にやっと入荷し、他の
2冊より遅れて、昨日届いたのだ。
(今回はそんな事態も想定して、単品配送でも送料がかから
 ないように、 Amazonでなく、セブン&ワイでのコンビニ受取
 りにしておいたのは正解だった。)

3冊ともオススメだが、1冊ずつ簡単にご紹介。

7人家族の真ん中で

7人家族の真ん中で。7人家族の真ん中で。
(2007/11/06)
バニラファッジ

商品詳細を見る


バニラ・ファッジさんのブログ「7人家族の真ん中で。」に
ついては、以前にもご紹介したことがある。
3児の母であり(うち二人が双子の男の子というのが、そも
そも私が親近感と興味を抱いたきっかけ)、2人のお姑さん
(お義母様と、その妹の叔母様)と同居して、7人家族を切り
回しておられる主婦の、ユーモラスな絵日記ブログだ。
ひたすら笑ってしまう日もあるが、何でもないような日常の
笑いの中で、家族の絆を巧みに描いていて、じ~ん、ホロリ
…と来てしまうこともしばしば。
特に、姑シスターズに対する“立ち回り(笑)”の智恵と優し
さは絶品で、いつも唸らされてしまう。

このブログは随分前から知っていて、過去記事も殆ど読み
尽くしてしまっているから、本を買うのは、今さら内容を知り
たいからではない。
何より、普段楽しませて下さっているファッジさんへの応援
と感謝の気持ち! そして、この本を知人に貸して、この面
白さを、ファッジさんのブログを知らない人にも味わっても
らいたいなあ~という気持ちからなのだ。

ファッジさんのブログのことも、本のことも、2人のお姑さん
たちは知らないそうだ。お子さんたちは、本になったのを読ん
だそうで、双子ちゃんの感想が、「イタすぎ」というのも
笑える。
…そう言えば、私のホームページの存在を我が家の双子たち
が知った時の感想も、「痛過ぎて読めない」だった(笑)。
もっとも、バニラ家の双子ちゃんの言う「イタイ」は、本に
描かれている自分たちの昔のエピソードが痛いという意味。
我が息子が言う「イタイ」は、「自ら“かんちがい”と豪語し
て、本当に勘違いぶりを発揮しちゃっている母親の姿自体が
痛々しい」ということで、微妙に意味が違うんだけど…(笑)。

 たてば つかわれ
 すわれば よばれ
 7人家族の真ん中で。
       (-7人家族の真ん中で。5カ条より-)

ファッジさんがブログを始めたのは、専業主婦業の日々にイラ
イラが募っている時に、ダンナ様に勧められたからだそうだ。
その結果、大人気ブログとなり、こうして書籍化され、ファッジ
さんの為にも良かったし、本来なら埋もれてしまう彼女の苦労
や楽しみを沢山の人で共有できて、本当に素晴らしいことと
思う。 (ダンナ様にも拍手!)

ファッジさんの忙しい日々はこれからも続くだろうが、今後
の健闘も楽しみだ。
ブログの継続と、本の続編の刊行(気が早っ!)を祈っている。
 
[ 続きはここから… ]

しろくまおやこ

しろくまおやこしろくまおやこ
(2007/06/25)
白伊 くま

商品詳細を見る


大人気の白伊くまさんのブログ「しろくまおやこ」をよく読む
ようになったのは、半年ぐらい前からだろうか?
私は、2、3日分ずつくらい、まとめて読むことが多い。

こちらも、子育て絵日記ブログとして秀逸。
「ほんわか+汗汗」のしろくまワールドは、現在子育て中の
人の共感も呼ぶだろうし、私のように子育てが遠い日々に
なってしまった者にもとっても、懐かしく、優しい。
書籍化された時、ブログでプレゼント企画があって、
コメント欄で応募すると抽選で3名ずつに、以下のA・Bの
うち、希望の賞品が当たるというのがあった。

 A「しろくまおやこ」の本にイラストとメッセージを
  入れたもの・・3名様
 B  手書きのしろくまおやこのイラストとちょこっと
  プレゼント・・3名様

普段は読み逃げ専門の私だが、この時ばかりは応募(笑)。
本も欲しかったけど、あえてBを希望した。
その理由は「本の方は、お店で買えるから」。
結局抽選は外れちゃったのだけど、「本はお店で買える」な
どと書いちゃった手前、本を買わないと…と、義理堅い?私
は、ずっと思っていたのだった。
もちろん義理だけで買った訳でなく(笑)、過去記事をまとめ
て読むのに、本の方が読みやすいなあ…という理由もある。
読んでみて、やっぱり買って良かった~!と思った。
子育て本は、やはりあったかい気持ちになれる。
これもきっと続編が出ると期待している。

(あとは、私がHPを始めた当初、Yahooジオシティーズの
旧むすこみっく」の頃からずっとファンである、高沢浩里
 さんの「むすこみっく」の書籍化が実現すると嬉しいんだがなあ…。)


片付けられない女魂

ものすごく散らかった汚部屋を、一念発起して、片付けていく
様を綴ったブログ「片付けられない女魂」の書籍化。
写真入りで、まさにドキュメンタリー。

片付けられない女魂片付けられない女魂
(2007/09/13)
夏目♀

商品詳細を見る


夏目♀さんのこのブログを知ったのは結構最近で、書籍化
のこともほぼ同時に知ったから、「機会があったら本で読も
う」と最初から考えてしまい、実はブログの方は、あんまり
読み込んでいない。

読む前は、実はためらいもあった。
…というのも、我が家も、すごく散らかっている。
こんな本を読んだら、「我が家はまだマシよね…」なんて安
心して、片付ける気が失せるのではないか?という心配があ
ったからだ(笑)。
しかし、発売日に買ったありくいさんも「めちゃめちゃ面白
い」
と書いていらしたし、おかんさんも「良い本です お勧
めです」
と書いていらした。
私は常々、ありくいさんやおかんさんのセンスが好きだなあ
と思っているので、この2人がオススメというなら、やっぱ
り読んでみようと決意したのだった。
案外厚い本で、しかもブログ本にしては珍しく縦書きの本。
読みごたえがあり、私は2日かけて読んだ。

片付けていく過程は、読む前から、ある程度想像できては
いたけれど、笑ったり、呆れたり、時にはしんみりしながら
最後まで読み、 後書きまで読んで、この本はただの片付
けの記録ではなく、夏目♀さんの「魂のリハビリの記録
でもあったのだなと、思いを深くした。
そして大げさなようだけど、「生きる」ことと「暮らす」こと
について考えた。

「生きる」と「暮らす」は同義語ではない。
「暮らす」というのは、「衣食住を通じて自己管理すること」と
言い換えてもいい。
「暮らす」だけでは、「生きる」ことができない。
で、現代では、男性に限らず、多くの女性たちも、「生きる」
ことにばかり一生懸命で、「暮らす」ことをなおざりにしが
ちだと思う。
しかし人間、「ちゃんと生きる」為には、「ちゃんと暮らす」
ことがきっと大事なのだ。

別に、立派な家に住んだり、美味しいものを食べたり、高価
な服を着たりする必要なない。
(その辺は個々の自由なこだわりだ。)
でも、まずは、自分の身の丈にあった範囲で、自分でできる
ことをする…、それが、精神衛生上、きっと大事なことだ。

この本では、もちろん「住」を取りあげているわけで、私の
例で言えば、「もっときれいで快適な家に住みたいな~」と
ボヤく前に、まず、目の前の棚のホコリでも払って、もっと
この家を快適にしてみようよ、ということ。
私は物事にあまりこだわらないタイプだから、家の中が散ら
かっていても、さほど気にしないし、少なくとも「片付けな
くちゃ!」という強迫観念を感じてストレスになるというこ
となど全くない、ぐうたら主婦だ。
でも常々「ああ、そのうち片付けなくちゃなあ~」という程度
のことは思っていて、実はそれは大きなストレスの元、諸悪
の根源かもしれないと、この本を読んで思った。

ストレスだと気づかないふりをし、考えないようにしている
だけで、実は、「やらなきゃならないことをいつも後回しに
して、知らないうちに身につく脂肪のように溜め込んでしま
うような暮らし方って、実はストレスそのものなのではない
か?」と…。

普段から、きちんときれいに暮らせている人はいい。
でも、片付けたいな…と少しでも思っている人なら、この本
を読むとよいと思う。
きっと、片付けようという気持ちになれるから。
そして、一気に片付けようと意気込むのではなく、夏目♀さん
のように、のんびり何カ月もかけて、ゆるく片付けていけば
いい…そんな片付け方があることに、安心できるから。


          ******
普段、コメントせずに読んでいる分のお詫びもこめて、今日
は3人の著者と、ありくいさんと、おかんさん、計5人のブロ
グの過去記事に、地味にトラックバック送っておこう。
(…と思ったら、白伊くまさんとこと、ありくいさんとこの9/14
 の記事と、おかんさんのとこ、トラックバックできないし!
 う~ん、今頃コメント書きに行くのも間が抜けているし…と
 いうか、3か所にコメントしに行くの面倒だし…。
 まぁ、いいか、勝手に紹介ということで…笑)

《追記》
 お友達の美緒さんも、「7人家族の真ん中で。」を買ったと
 11/12の日記に書いていらした。
 ファンの輪が広がるのって、嬉しい♪
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 読んだ本・オススメ本・書評もどき | コメント:3 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<ジェネレーターいろいろ | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 渡辺明くんの話+はてなRSSの話>>
コメント
--
トラックバックは受け付けない設定にしているので・・・
記事内リンク、ありがとうございますm(__)m

>でも、片付けたいな…と少しでも思っている人なら、この本
を読むとよいと思う。
きっと、片付けようという気持ちになれるから。

ミセス・かんちがいさんのご指摘の通りです
本を読んで、片付けようという気持ちが熟成されるまで
ちと、時間がかかりましたが
いままで、見て見ぬフリをしていたものを
少しずつ片付け始めました

ズーッと、「いつかは、やろう」と思っていたのですがねぇ
夏目♀さんの本と
ミセスかんちがいさんの「実家でゴミの大処分!」の記事に
大いに触発されました

実は、やり始めたのは良いのですが
永遠に片付かないかもしれないと
弱気になり始めていました

そうでした。そうでした。
ゆるく片付けていけばよいのですよね
ゆる~く、ゆる~く





2007-11-12 Mon 21:01 | URL | おかん #RR9OddmU[ 内容変更]
--
おかんサマに便乗して
記事内リンクありがとうございます。

そーなんですよ。
その頃はトラックバック受け付けてなかったんですよ。
(現在は『承認後表示』ですが)
大変失礼いたしました。

実は、ウチは(掃除前の)夏目さん家と同じレベルで「汚部屋」です。
「そうかー。それでもキレイにできるんだー」と思い
真似して掃除してみよう、という考えに至りました。
侮りがたし、ブログ本。

「7人家族の真ん中で。」
ツボです。
楽しいブログを教えてくれてありがとうです。
ふふ・・・・
ふふふ・・・・
校長先生て。
ふふふふふふふ・・・・・
2007-11-13 Tue 18:55 | URL | ありくい #6elSjn0U[ 内容変更]
-ご丁寧なコメント、どうもです-
おかんさん
…いやいや、こちらからコメントに行くべきところなのに、
ものぐさで、スミマセンです…(^^;)
おかんさん、最近、片付けを頑張ってらっしゃいますね^^
この本読んでしまうと、今までは「気にしていなかった」
のではなく、「見て見ぬふりをしていただけだった」と
気づいてしまいますよね…。
そして、「継続は力なり」ということも思います。
どう考えても「10カ月かけての片付け」なんて、普通なら
途中で挫折しそうだけど、「ブログ」に記録することで
続いたのでしょうね。

私も、ゆる~く息長く、片付けていこうと決めました。
お互い、頑張りませう!
と言っても、私、まだ実際の作業にはかかっていません。
…只今、「気持ち熟成中」です(笑)

ありくいさん
えっ? ありくいさんのとこも散らかってるの?
…かなり意外~っ!!
おかんさんの家はともかく (おかんさん、ゴメン!…笑)、
ありくいさんの所は、キレイだと思っていました。
確か、以前の記事で、お母さんが洗った食器を洗い直し
たというような内容を読んで、「すごくキレイ好きな人なん
だな~」と思ったような記憶が…(記憶違いかも…(^^;)

ありくいさんは、繊細さと大胆さが同居した人だなぁと
常々思っていましたが、…そうか、「掃除」に関しては
「大胆」の方だったんですね(笑)。
お仲間が増えて安心しました(^_^)

「7人家族の真ん中で。」、ツボって頂けて嬉しいです♪
2007-11-15 Thu 00:18 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。