スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
実家でゴミの大処分!
2007-10-30 Tue 21:19
2007年10月30日(火)

私の実家は、今は細々と店をやっているのだが、もともとは
町工場だった。
で、住まいの裏には、工場(“こうじょう”でなく、“こうば”と
読んで頂きたいのだが)があり、その2階には、昔、住みこみ
の従業員さんたちが住んでいた和室がある。
長いこと放置したまま物置状態になっていたが、最近雨漏り
がするようになり、手を入れるので、古い荷物を処分する
ことになった。
私の物も沢山あるので、「全部捨てて良いものか、近いうち
に一度見に来てくれ」と、母から言われていた。
大事なものは全て、結婚する時に取手に持ってきたはず。
実家に残してある荷物なんて、そんなにあったかなぁ?

…というわけで、先日、実家に寄ってきた。
工場の2階はホコリだらけなので、土足で踏み込む。
既に母と妹が、ゴミ袋20個ほどのボロを処分し、古い布団も
10枚ほど粗大ゴミとして出した後だと言うが、まだまだ、謎
のガラクタが山ほどあった。

私や妹が子どもの頃に着ていた服とか、幼稚園時代のワー
クブックとか、赤ちゃん用のオマルとか…。
そして私の、中・高校時代の、教科書、参考書、ノート、
プリント、テストの類が山ほど!(泣)
…何でこんなもの取っておいたのだろう?と呆れるのだが、
ちゃんと種類ごとに紐で縛ったり箱に入れたりして、一番
上には私自身の字で「S子、高2・定期テスト」といった具合
に書いてあるところを見ると、当時の自分としては、きっと
取っておきたいものだったのだろう。

記念としてごくわずかのものを抜き、後は、「これも要らん、
これも要らん!」と、バンバン捨てていった。
紙類は結構重いので、階下に運ぶだけで汗をかく。

母と私と妹の3人で、数時間かけて、この日処分したゴミは
結局これくらい…。
(「何だか、片付けられない女魂」チックな画像だ…笑)


未処理のガラクタも、まだまだこんなに…。
(奥の部屋や、押し入れの中も雑然…)

 
[ 続きはここから… ]

この日見たガラクタの中には、昔、工場で作っていた製品
の在庫などもあった。 例えばこんなの…。




また、こんなのも1ダースほど見つけた。
何だか、お分かりだろうか?


母に尋ねると、状差しだという。
状差しといっても、封書や葉書を突っ込んでおくものでは
なく、伝票などを突き刺していくもの。 これは壁掛け型
だが、そう言えば、卓上型の状差しなら、今でもレストラン
のレジなどで、たまに見かけるような気もする。


これは、祖父が、まだ工場を始める前に(60年近く前か?)
作って、三省堂の事務用品売り場に卸していたものだろう
とのこと。(祖母の弟が、若い頃、神田の三省堂に勤めてい
たので、そのツテだろう。ちなみに、当時は“三省堂(さん
せいどう)”は“さんしょうどう”と呼ばれていたらしく、実家
の親戚は皆、三省堂を今も“さんしょうどう”と呼ぶ。)

祖父は頑固で勤め人には向かなかったようだが、器用な人で、
戦後のどさくさの頃は、いろいろ作ったり修理したりして稼ぎ、
それを元手に、息子(私の父)と一緒に工場を始めたという
ことらしい。

往時は機械音の絶えなかったその工場も、今は継ぐ者もなく
(お父さん、ごめん)、ひっそり閑としている。
今は機械も随分処分し、この日も父は一人で工場の片付けを
していた。

実家からの帰りは、たいていは帰宅する妹の車に便乗して
駅まで送ってもらう。
(妹は実家から車で10分ほどの所に住んでいて、実家に出勤
 している。親の面倒はほとんど妹任せの私なのだ。)
その妹から聞いた話では、両親は、工場を改築して住めるよ
うにすることを考えているらしい。
本当は、住まいの方も傷んでいるので、そちらを「住みなが
ら改築」という方法を取りたかったらしいのだが、荷物が
多過ぎて無理!(家の方も、工場に劣らず荷物やガラクタが
多い…笑)ということで、工場を改築することにしたらしい。
改築といっても、普通の家ではないので(床はコンクリート
張りだし、作業場は、だだっ広い空間)、一体どんな住まい
になるのか見当がつかない。
11月上旬から工事を始めるそうだが、完成が不安でもあり、
楽しみでもある私だ。

さて、こちらは実家の猫、クマちゃん。
1週間ほど前に避妊手術をしたそうで、傷に触れないよう、
服を着せられていた。
ケージに入れて飼っているのに、避妊手術なんて必要なの?
とも思ったが、クマちゃんの卵巣は腫れて水が溜まっており、
放置すれば、まもなく死ぬところだったそうだ。

父も母も可愛がっているクマちゃんには、長生きしてほしい。
…クマちゃん、避妊手術のおかげで命拾いして良かったね!


 

※今日(30日)は、近所のお友達と、とてもハッピーな映画
 「ヘアスプレー」を観てきた。 その話はまた次回に。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<映画「ヘアスプレー」で、ハッピー気分♪ | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 夫の、大腸・内視鏡検査>>
コメント
-お疲れ様でした☆-
私は、実家暮らしなので、ひょんなものが出てきます。いろいろ。(笑)
収まらなくなるので、めったなことでは、掘り出さないですけれど。

遅くなりましたが、次男さん・三男さんの内定、おめでとうございます。
本当に、よかったですね。
三男さんは、うちの近くに赴任されることもあるのかしらね~。
今でも、車距離ではあると思うのですけれど。(^-^)

ご主人様も、何よりでした。
2007-10-31 Wed 09:51 | URL | 美緒 #5Bglkylo[ 内容変更]
-良い感じ-
伝票刺し、良い感じで今でも使えそうですね
廃棄してしまうのはもったいない・・・・

こうばを住まいに改造とは、なかなか面白そうです
やりようでいかようにも出来そうだし、楽しめそうだなぁ(笑)
どうせなら、バリアフリーで大きな部屋を作って、勝手に仕切っても
良さそうですねぇ。
町工場の技術、日本を代表する凄い腕は、
精密機械も真似できない凄さがあって、
それが廃れ行くのはしのびないなぁ~・・・
今は北欧あたりが一番になりつつ在る様子ですが、
20年ほど前、アウトドアーな海外通販を個人輸入でやっていたのですが、
USのカタログに出てくる人気ツールがMadeinJapan。
はて??と何処のブランドなのか調べた事があるのですが。
それが、何と町工場製だったので驚いた事があります。
つまり、当の日本市場が気が付かない良い物を
アメリカ企業が気が付いて売っている訳で、そのめざとさも
さることながら、製品の優秀さに驚かされた経験もあります。
見た目で判断してしまいがちな日本人。
だから、猫も杓子も同じ有名ブランドぶら下げて歩き、滑稽極まりない。
見る目をもっと養わないと、自滅だぞ~~~!!

2007-10-31 Wed 15:22 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-PS-
ご実家の猫様
子宮蓄膿症になってしまった様子ですね?
自然に妊娠していれば、犬も猫もならないと聞きますが
箱入りだと、避妊せざるを得ないですね。
我が愛犬もしかり。7歳の時に健康のためやりました。
避妊なんて不自然と考えていたけれど、
妊娠させないのが不自然だった・・・・苦笑
今になって、「やはり子供が欲しいなぁ・・・」
・・・・・。
2007-10-31 Wed 15:30 | URL | koba2106 #VAeLfKQA[ 内容変更]
--
片付けられない男である父が一人で住む実家(すぐそばですが)には、
開かずの間が、いくつもあります
そ~っと、扉を開けてみると
開けるたびに、物が増えています
いつか、片付けなきゃならんだろうと思いながら
思いながら、早10年以上経過です
今回の記事を読んでそれを思い出してしまいました
あ~、ほんとうに、いつかやらねば!

我が家も片付かないのに・・・
・・・・・・・ま、そのうちに

2007-11-01 Thu 10:28 | URL | おかん #RR9OddmU[ 内容変更]
--
美緒さん
美緒さんのお家は、美緒さんのご実家なんですか。
ならば、いろいろ、恥ずかしいもの?も、出てきそう
ですね~(笑)
長く住んでいると、どうしてもモノが増えますよね。
「使わないのに捨てられなくて困るモノ」って、どうして
こんなに多いんだろ…(^^;)

息子たちへのお祝いの言葉、ありがとうございます^^
三男は、これで「千葉県永住権」を獲得したと考えて
いるようです(笑)。公立の場合、配置換えもありま
すからね、そのうちどこかで、美緒さんのお知り合いと
接する機会もあるかもしれませんね~ウフフ…(^_^)

koba2106さん
日本の小さな町工場が果たしてきた役割は大きかっ
たですよね。
今は、工場でも店でも、小さいと成り立たないような仕組
みの社会になってきているのが、気がかりです…。

祖父の手作り状差し、さりげないけど私も気に入ってます。
kobaさんも目を留めて下さるかも…と思っていました。
でも、工場の改築のことはうっかりしてたわ。
雨漏りのせいで、私も知らないうちに話が進んでしまって
全然思いつくヒマもなかったけど、もっと時間に余裕が
あれば、kobaさんに設計プランを立ててもらえたら良かっ
たですね~!
でも予算はあまりかけないみたいだし、オシャレなお店を
作るわけじゃないから、kobaさんのセンスを発揮できる
ようものではないかも…(^^;)
ホントに恥ずかしいほど汚いボロ工場で、どこを生かして
「改築」するのか、疑問なくらいなんです。
素人考えでは、全部取り壊して、新しい家を建てる方が
よほど簡単に思えますけど、壊すとなると、それだけで
500万以上かかるそうです。

ペットの「子宮蓄膿症」というのは、知りませんでした。
実家のクマちゃんは、まだ、今年生まれたばかりの、若い
娘ネコなんですけどね(…とはいえ、今回避妊手術する
まで、オスかメスかもわからなかったのだけど…笑)。
なみえちゃんは、もう更年期かしらね?
今になると、なみえちゃんが子犬を産んでくれていれば…
という気持ち、わかる気がします。

おかんさん
私たちの親の世代は、とにかく「モノが捨てられない」、
いや、「断固、捨てない」ですよね…。
実家にあふれているモノを見ると、これをいつか片付け
なければならんのか、ハァ~~…と、ため息です。
夫の実家の方がまた、輪をかけてスゴイ…(笑)。
私の実家の片付けは妹と一緒にやれますけど、夫は
一人っ子なので、夫の実家の片付けは、結局嫁の私が
一人でやることになりそう…(どんだけ時間がかかるん
だろか…)。
そんな親たちのようにモノを溜め込んではいけないと、
若い頃から思ってきたつもりでしたが…。
結局気づいてみれば、我が家も、どこから手をつけて
いいのかわからぬ混沌状態です(苦笑)。

暫く前に扇風機をやっと片付け、その日に、おかんさん
のブログでも、扇風機を片付けたという記事を読みました。
夏目さんに「後れをとった」と慌てておいでだったのが
可笑しくて、親近感アップ!でした(笑)。
「片付けられない女魂」、私も買おうと思ってます^^
2007-11-01 Thu 23:52 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。