スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
夫の、大腸・内視鏡検査
2007-10-26 Fri 15:23
2007年10月26日(金)

3週間ほど前、夫が「便に血が混じっている」と言って、病院
に検査に出かけた。

夫は、明らかに「メタボリック症候群でしょ!」と突っ込まれ
そうな体型を放置している割には、「健康」に関して意外と
敏感、いや、“ビビりごろ”(小心者…「ごろ」は鹿児島弁)と
思えるフシすらある。
便に多少の血が混じっても、痛くも苦しくもないのなら、私な
ら、検査に行くのは2、3日様子を見てからにするけどなあ
…と(病院嫌いなので)思うのだが、早めに検査に行くのは
遅く行くよりは良いことに違いないし、家族にとっては、やは
り安心できて、有難いことではある。

エコーなどの結果、夫の腸には特に異常はなかった。
触診で見つかったのは、“”である(笑)。
何だ、それが血便の原因か。
私ならそこで安心して帰ってくる。
が、「ついでに大腸の内視鏡検査もやっておきますか?」
と医者に尋ねられ、夫はそっちの予約もしてきた。
「診察のついでなら保険が効くからね」という理由。
そのくせ、
「腸カメラはすげぇ痛ぇんだよ~。前にもやったけど…」
と、すっごくイヤそう。
(だったら、わざわざやらなくてもいいのにね…)
私 「麻酔とかは、してもらえないの?」
夫 「しないらしい」
(…私なら絶対、麻酔してくれって懇願するけどな…)

病院でもらってきた、大腸の内視鏡検査(ファイバースコープ
検査)のための、マニュアルや薬を見てみると、準備は結構
厄介で、私も協力せざるを得ないものだった。
検査の3日前から、玉ねぎ、生野菜、コンニャク、ごぼう、海藻
類などを食べてはいけないのだ。
私 「玉ねぎはダメだけど、ネギならいいのかな…?」
夫 「ダメに決まってるだろ」
私 「今夜は栗ご飯にしようと思ったんだけど…」
夫 「栗なんかダメだ。多分、繊維の多いものがダメなんだ」
私 「栗って繊維が多いっけ?」
夫 「サツマイモに似てるから多いだろ」
私 「…そうかなぁ?」 
…指示書以上にいろいろ駄目出しされるので、結構献立に困
った3日間だった。(焼き魚とか、白滝の入ってない鍋とか、
玉ねぎを入れない中華丼などで、何とか乗り切った…笑)。

前日の晩からは断食。
当日は、下剤(粉末を2リットルの水で溶かしたもの)を、約2
時間かけて飲んで、腸内をきれいにする。
 
[ 続きはここから… ]

検査日当日(今週月曜)、朝から早速下剤を飲み始めた夫は、
一口飲んで
「もう、トイレに行きたくなった」
「早っ!」
「…いや、これはルーチンの分だな…」と、トイレへ。
(当日のルーチンワークはすぐに済んだ模様…笑)

夫は物事を計画表通りに進めるのが好き(というより、計画表
を作るの大好き)なので、何時何分から何分の間に何cc飲む
というタイムテーブルを作って几帳面に飲んでいた。
そして、
「これ、飲み終えるまでは落ち着かないなあ。これじゃ、仕事
 も何もできないよ。…よかった、野球があって…」
と言いつつ、朝から堂々とTVでメジャーリーグの試合を観戦。
(下剤を飲み終わっても見ていたけどね…笑)

2リットルの下剤を飲むのはそれだけでキツそうだが、味は
「スポーツドリンクみたい」で、案外飲みやすいらしい。
途中からは薬が効いてきたらしく、何度もトイレへ。
「パンツ持ってきてくれ~」と叫ぶ一幕もあった(笑)。
人様から見れば、検査ごときでそんなに大騒ぎしなくても…
と笑われそうな状態だったが、そういう、大したことないこ
とを一緒になって騒いでやれるのが、きっと“家族”というも
のなんだろうな、と思う。

検査自体は案外短時間で済み、夫は涼しい顔で帰って来た。
第一声は
「うどんか何か作ってくれ~」
よほど空腹だったらしく、もりもり食べていた。

検査結果は、特に問題なかったそうだ。
ただ、小さなポリープが一つあったので、検査に出すため、
一応組織は取ったとのこと。
良性のものではあろうが、後々のために、1年以内くらいに
切ることを勧められたという。
幸い、肛門から近い場所なので、お腹を切ることなく、簡単
に切れるらしい(日帰りまたは一泊入院で)。

「やっぱり痛かったの?」
「うん、まだ少し痛いよ、でも…」
と、そこで、長い長いオナラをして、
「検査の時、腸に空気を入れたからね、それを出すたび痛み
 が収まっていくんだ」

検査後の痛みは、腸内が傷ついたからではなく、腸内に入れ
た空気でお腹が張っていたためであるらしい。
検査自体も、前回ほどには痛くなかったという。やはり技術
も良くなっているのだろう。

…安心はしたけれど、数日間、私まで落ち着かない気分で
過ごしたのが、損したような気分でもあった(笑)。

…しょもない話であるけれど(それに汚い話が多くて失礼!)、
将来の自分の、あるいは誰かの参考になるかもしれないので、
書き記しておく。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 熟年生活と健康 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<実家でゴミの大処分! | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 新宿でランチ&スイーツ(五穀亭+タカノフルーツパーラー)>>
コメント
--
はい。将来の参考にさせていただきます!
ところで、コメントする度にブタがゆらゆら気になって
仕方ないです。(笑)
2007-10-26 Fri 22:17 | URL | syomin1 #vbu/5PMA[ 内容変更]
--

まずはご主人様、検査の結果が問題なくて良かったですね。
『大したことないことを 一緒になって騒いでやれるのが
  きっと”家族”というものなんだろうな』の言葉にとても
グッとくました。
いいなあ~ かんちがいさんのあたたかさ、
ね、ブタ君 
貴方もかんちがいさんに飼われて幸せだね。
コメントを書くとき、ユラ~ユラ~
お前が好きだよ。

でも、私は「内視鏡検査」に恐れをなした・・・
病気の早期発見には「”ビビリごろ”」が一番なのは
重々、分かっているんだけど、ね。
病気に対して神経質になれないから生き延びてきたようにも
思う私なんです。(笑)
2007-10-26 Fri 22:40 | URL | noa #-[ 内容変更]
-内視鏡-

腸内内視鏡って痛いのかぁ~・・・こわっ!!
未だ腸は未経験ですが、数年前医科歯科大で
胃カメラを飲みましたよ。
原因はガン!
ここ十年以上、健康診断とは全く無縁だったので
以前の家の前の公民館で実施と聞き、申し込んだのが運の尽き
結果、ガンの疑い在りでした。 でも?????そんな自覚はないし
おかしいなぁ???とほおっておいた。 ある時都内の幼なじみ宅で
飲んで、つい喋ってしまったのが、またまた運の尽き!
幼なじみの妹に首っ玉つかまれ、医科歯科大に連れて行かれちゃいました。
父兄同伴??しぶしぶ・・・
苦しいと聞いていたので覚悟はしていましたが、さほどでもなく
中に入るのが分かって面白かった。
内視鏡が見やすいように胃をふくらませていたら
「初めて?」って聞かれました。
けっこう、自分で胃の中って制御できるもんだなぁって感じた次第。
で、結果は、案の定ガンなんて無し。 ただし、お医者が言うんです
「食ってから直ぐ寝ころんでるでしょう?」って、当たり!!「そうです」
逆行性食道炎と云う、食い過ぎ&怠惰な生活の暴露症状に苦笑してきました。
ちなみに、それからは食って直ぐ寝ころんでません。
昔親に、食って直ぐ寝ると牛になるって教わったことを思い出したから
昔のひとはエライッ!! と感じた次第・・・お粗末。
2007-10-28 Sun 01:16 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-かんちがさ~~ん-
ず~っと読み逃げしてます^^;

次男君三男君のおめでとうも遅れてしまいごめんなさいね。
目下、来年に向けて新しい道を探っています^^
で、日本語の仕事をまた入れました。
パリ旅行から帰って来たら、ポルトガルの大企業で日本語
授業を始めます。
最初は個人レッスンから^^それでバタついていました。

キャシーさんとのデート、楽しかったようですね。
そのうち彼女とは忘年会ででも出会うことになると
思います。土産話、楽しみ^^

ところで、ご主人、大したことがなくてよかった!
実は夫はそちらの専門医なのよ^^
内視鏡の上からも下からも(笑)広島大学病院で
腕を磨きました。

今は、ポリープも開腹しないでレザー光線ですることも
できるようですよ。

麻酔、可能なのかしら?^^;今度聞いてみよう!

明日の朝5時に空港集合です~(泣)
がんばってフランス語一言二言、使ってくるわね!
ドジをしでかさないよう、気をつけて行ってくる~~(笑)

帰ってきたら、ゆっくりカキコに参ります。
ではでは、オールヴォアール!ぐふふ^^
2007-10-28 Sun 07:05 | URL | spacesis #4OrEtIGA[ 内容変更]
--
syominさん
検査のことなんか、参考にせずに済むのがいいのだけどね、
でも健康関連の情報って、知ってるだけでも安心できる
ところがあるから、自分や夫が経験した範囲のことは
書いていこうと思ってます。
書く事でまた、詳しい人や経験者の方から、助言や
情報が得られるかもしれないしね^^

syominさん、ベリーダンス、はまってるみたいだね~^^
あんまり張り切りすぎるなよ~とも思うけど、でも、
好きなことって案外疲れないのよね。
きっと心身にも良いと思う!
それにしても、syominさん、足が細くてキレイ~♪
私は40代になった時に、もうミニスカートはやめようと
決めたのだけど、syominさんはまだまだいけそうだね。
自分のため、家族のため、キレイでいるのはすごく
いいことだ! 応援してますよ~ん(^_^)

noaさん
大した中身のない身内の騒動を書くのは、恥ずかしいよ
うな感じもありましたが、noaさんにそう言って頂けて
嬉しいです。ありがとうございます(^_^)
暫く前のnoaさんの記事で、乳ガンの検査の話を読んで、
「検査はやっぱり、ちゃんと、早めにしなくちゃ!」と
思っていたのでしたが、noaさんも、内視鏡検査には
恐れをなしたの…?
でも、「病気に対して神経質になれないから生き延びて
きたようにも思う」という感覚も、わかるような…。
病気はあまり神経質になるのもいけませんね。(特に
心臓病なんか、気にしすぎると良くないそうですし。)
ストレスがガンの一因という説もありますしね。

最近は「無病息災」より、「一病息災」なんて言い方も
しますね。持病とうまく付き合っていくのが、結局は
上手な健康管理法かもしれません。
統計的なことはわからないけれど、周りを見た限りでは、
とても元気で病院になどかかった事がないという人が
案外早く亡くなっているような、そして、持病があって
病院通いしている人の方が、他の病気も早く発見される
からか、長生きしているような印象です。

noaさんのブログもいつも拝見して、いろいろなことを
考えたり温かい気持ちになることが多いのですが、
コメントしそびれちゃうことが多くてスミマセン…(^^;)

koba2106さん
kobaさんは、胃カメラ経験者なのね。
ガンの疑いがあっただなんて、そんな時は、すぐに検査
しなくちゃ、ダメじゃない!
何もなければ、それはそれで、安心できるんですから。
kobaさんの首根っこつかまえて、病院に連れて行ってくれ
た、お友達の妹さんに感謝!ですね^^

kobaさんには長生きして、ずっとお友達でいてほしいな~♪
(いろいろ楽しい話や、勉強になる話も聞けるし…^^)
kobaさんは、きちんと食事も作られているし、なみえちゃん
とのお散歩が、いい運動にもなっているとは思いますが、
(私はちょっと運動不足…(^^;)
やはり年齢のこともありますからね(お互いに…笑)、健康
診断くらいは、毎年受けましょうね。

しかし、「食べてすぐ寝ている」生活習慣まで、検査で
バレちゃうなんて怖いわね~(笑)
私も気をつけよ…(^^;)

spacesisさん
おお、ご主人は、そっちの専門家でしたか?
近ければ、ご主人に検査をお願いするのにね~^^
(でも、私自身は、「下からの検査」の場合は、頼みたく
 ないかも?…笑)

日本語の授業、本格的になってきましたね。
これからの展開が、私も楽しみ~♪
幾つになっても、新しい事が始まるのはワクワクしますね!

いよいよパリへ出発ですね^^
いいなあ、ヨーロッパに住んでると、ヨーロッパ旅行に
手軽に出かけることができて!(笑)
お土産話、楽しみにしてますね。
ではでは、「オールヴォアール!」
(見送る挨拶もコレでいいのかな…?)
フランス語で私がかすかに覚えているのは、「トレビアン」と
「ケスクッセ?」と、「ジュ・ヌ・コンポン・パ」(…発音
違ったかな? “I can't understand.”の意のつもり…(^^;)
…それだけじゃ!!(あ、あと「ジュテーム」…笑)
2007-10-28 Sun 21:12 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。