スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
岩手の土産と美味しいもの
2007-10-03 Wed 13:32
2007年10月3日(水)

ちょっと間があいてしまったが、岩手の話。
次男の結納で岩手に行くことになっていたので、その暫く
前から、岩手に行ったら何を買ってこようか?と思案して
いた。そんな時、ちょうどnoaさんのブログで岩手土産が
紹介されていた。中でも「いかせんべい」というのがおい
しいらしい。さらにマオさんのブログを辿り、いかせんべい
というのは、南部せんべいの1種であるとわかった。

私は南部煎餅が好きで、時々自分でスーパーで買ってき
て食べるほどだが、南部煎餅と言えば、これまで黒ゴマと
落花生の2種類しか知らなかった。
でも、南部煎餅には、イカとか、ホタテとか、カボチャとか
林檎とか…いろんな種類があるようなのだ。
これは是非買ってこなければ!!
特に一番人気の巖手屋さんの「いか南部せんべい」、
これは外せないっしょ! パッケージのおばあちゃんマー
クを目印に、もちろん買ってきた。

巌手屋(いわてや)のいか南部せんべいと林檎せんべい

いかせんべいの味は、おつまみっぽい美味しさで、普通の
南部せんべいとは、かなり違っていた。 私的には、林檎
せんべいの方が好きかな~。(ちなみに、どちらも表側は
普通の黒ごまの南部煎餅である。)


結納の前夜には、お嫁さんYちゃんの実家で、心づくしの
夕飯をご馳走になった。
 
[ 続きはここから… ]

Yちゃんの実家は、大船渡港に近いので、魚介類が新鮮で
美味しい。
旬のさんまのお刺身、さんまのつみれ汁、あわびやうにの
お寿司、ホタテの浜焼きなど、とても美味しかった。
(写真撮影はさすがに遠慮した…笑)
Yちゃんの実家からは、実はもう何回か魚を送って頂いて
いる。8月下旬には、新鮮なさんまなどを送って頂いた。
最近は関東でもさんまの刺身を見かけるので、時々は買っ
て食べるけれど、自分でさんまを刺身にしたのは初めて
だった。その時の写真。

新鮮な秋刀魚をお刺身に♪

Yちゃんの家で、さんまの刺身を頂きながら、お母さんに
作り方を伺ったら、「大量にさばくことが多いので、骨抜き
で骨を抜くのは大変。 包丁で尖ったV字型に切り込みを
入れて中骨を取り除く」とおっしゃっていた。
さんまのつみれは、大きめの紡錘形に形作ってあるのが
豪快な感じでよかった。叩いた身に混ぜるのは、味噌と
片栗粉だけだそうだ。汁には、大根、ネギ、豆腐なども
入っていた。
普段は、塩焼きが好きで、塩焼きばかり食べているけれ
ど、さんまもいろんな料理法があるなあ…。
(そう言えば、昨日の楽子さんのブログでは、さんまの
 棒寿司
が紹介されていた。開いたさんまを合わせ酢に
 一晩つけておくと、骨が軟らかくなるので、骨を抜く
 必要がないそうだ。これも是非マネしたいレシピ!)

結納の料理も美味しくて、しかも例の「おちつき」(餅+
うどん)もあって、食べきれなかったのだが、さらにこんな
お弁当もあった。これは持ち帰って夕飯に頂いたのだが、
これがまた唸るほど美味しかったので、自慢!(笑)

大船渡市浜町“まるしち”さんの豪華弁当


新幹線の駅(水沢江刺駅)では、鉄製品のお土産が沢山
あった。
南部鉄びんとか鉄なべは、風情があって良いけれど、重い
し、高価だし、今の我が家には似合わないので、鉄製の
小物を探してみた。
栓抜きなども面白いのがあったが、私が自宅用に選んだ
土産は、あわびの殻を形どった、三陸鉄あわび
これを水に入れて沸かすと、鉄分補給ができるというもの。
鉄あわびの溶出鉄(二価鉄)は、食品の鉄(三価鉄)より
吸収されやすいのだそうだ。

岩手名物・及富(おいとみ)製の“三陸鉄あわび”


鉄製品と言うと、その都度しっかり乾かさないとサビが
出そうなのが心配だが、湯が沸騰しているうちに取り出
せば、余熱で自然乾燥できるらしい。
そのお湯でお茶をいれると美味しくなるらしいが、今の
ところ、この鉄あわび、我が家ではちょうど良いペーパー
ウェイトになっている(笑)。

ちなみに、私は以前はウニは苦手だったのだが、最近は
好きになった。
以前にご紹介した「いちご煮」で、ウニの風味に慣れてい
たということもあるが、最近、Yちゃんのお家のお蔭で、
美味しいウニを食べる機会が続いたからだと思う。
実は6月(ウニの旬の時期)に、生ウニを送って頂いた。
3人では(その時、次男が教育実習で家にいた)食べきれ
ない量だったので、お向かいのT橋さんに半分分けたら、
え~、お嫁さんの実家から送ってきたの?
 いいお嫁さんもらったわね~
」と羨ましがられた(笑)。
一応、オマケ以上に本体がより素晴らしいことを、強調
しておく(笑)。

三陸名産の雲丹で“うに丼”



《追記…自分のための備忘録》
noaさんが教えて下さった、岩手の美味しいもの。
★中村屋の三陸海宝漬。
★松栄堂のごま摺り団子
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 各地の名品・珍土産の紹介 | コメント:5 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<IE以外のブラウザの話 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 中学受験情報なら“Willナビ”がオススメという話>>
コメント
--
ご無沙汰してます。ミセス・かんちがいさんの食べ物話はいつもとてもおいしそうで、コンピューターの前でためいきをついています。

さんまのお刺身、食べたことないのですが、おいしそうですね~!
2007-10-03 Wed 13:50 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
-早っ!!(笑)-
Yさおりさん
記事中の文字の間違いに気づいて直したら、もうコメント
を頂いていたのでビックリしました。
さんまのお刺身、以前は関東では見かけなかったのですが、
4、5年前から、スーパーで普通に見かけるようになりま
した。丁度その頃、水揚げしたてのサンマを鮮度を保って
保存する技術が確立したそうです。
Yさおりさんは、帰国なさることは余りないのかしら?
もし、さんまの季節に日本へいらっしゃることがあったら
(タイミングが難しいかな(^^;)、是非召し上がってみて
下さいね!

Yさおりさん、お仕事が忙しそうですね。
外食が続くと、自分で作ったものが食べたくなる気持ち、
すごくわかります。何でもない、普通のものが無性に
恋しいですよね^^ 自分で作った料理は、体にいいだけ
でなく、確かに精神衛生上も良いと思われます。
心身を健康に保って、お忙しさを乗り切って下さいね!
2007-10-03 Wed 14:24 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
-ゴックリ!!-
Will記事の後
なまつば飲みながら読みました。
ホント、いいお嫁さんもらって羨ましい
海際の親戚があるといいなぁ~
っと、弟が福岡ですが、なぁーにも送って気やしないなー、苦笑
ウニも魅力なんですが、海鞘もいけますよー
安くて美味しいので好物です。
磯臭いクセがあるから、産地で新鮮なのを是非ご賞味くださいませ。

2007-10-04 Thu 13:25 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
--

美味しそう
秋刀魚の季節ですねえ~
今夜は秋刀魚に決めました!!!
あと、くりご飯にきのこ汁

岩手の美味しい物
我が家では「中村屋」の「三陸海宝漬け」を取り寄せます。
あわび、いくら、シシャモっ子とめかぶが漬けてあります。
これは少し高いかな
めかぶといくらだけの安いのもあってそれもいいよ。
あと、岩手/松栄堂の「ごま摺り団子」
これも岩手の美味しい物だと思っています。
今回、子どもは金欠病なので買ってきてくれなかったけど・・・

岩手はいいですねえ
私も行きたい~

ところでかんちがいさん 前に栗の渋皮煮の記事書いて
いませんでしたか?
何年のいつ頃の記事だったかしら?
栗をたくさん買ってきたので作りたいと思ってね。
2007-10-04 Thu 14:20 | URL | noa #-[ 内容変更]
-皆さん、美味しいもの情報に敏感ね^^-
koba2106さん
いやいや、食べ物・料理の記事は、kobaさんのこそ
そそられますよ~(^_^)
我が家なんか、普段は、何のこだわりもない粗食です。
(夫のメタ腹に気を遣ってるということにして…笑)

「海蛸」は最初「ウミダコ?」と思いましたが、「ほや」
のことですね(^^;)ゞ  私は食べたことありません。
そういえば夫が「クセが強い」と言っていたような…。
新鮮なものはきっと美味しいのでしょうね。
陸奥湾や三陸地方の特産物とか…覚えておきます!

肉もいいけど、日本人は、やっぱり魚介が好きかもね。
種類も多いし、美味しいお刺身など頂くと(たとえ鰯
や鯵でも)、日本人の幸せを感じますよね。
…うん、海際のいい親戚ができました!(笑)

noaさん
岩手の美味しい食べ物に妙に詳しいですね~(笑)
中村屋の三陸海宝漬、松栄堂のごま摺り団子、早速
調べてみました。
中村屋は釜石の方、松栄堂は一関の方ですね。
岩手はこれからもまた行く機会があると思うので
しっかり覚えておきま~す(^_^)

今夜は、秋刀魚+栗ごはん+きのこ汁?!
秋の味覚が満載ね♪ 私も食べに行きたい~!
栗ご飯、大好きなんだけど、剥くのが億劫で…(^^;)
うちは今夜は私一人なのだけど、いろいろ残り物を
片づけなくちゃなぁ…。

栗の渋皮煮の記事、去年なんですが、よく覚えていて
下さいましたね^^
暫く前から、柿と栗の記事が、結構、検索を受けるよう
になって、季節を感じています。
栗の渋皮煮の作り方は、2006年9月29日の記事、
http://kanchigai.blog45.fc2.com/blog-entry-165.html
栗のむき方(鬼皮だけ剥く)は、2006年9月27日の記事
http://kanchigai.blog45.fc2.com/blog-entry-164.html
です。 …参考になるかわかりませんけど。
私も作らなくちゃとは思ってるの…。でも、手がかかるから、
始めるのに「気合」が要るのよね~…(^^;)
2007-10-04 Thu 17:15 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。