スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
オーロラを見る夢
2006-01-06 Fri 00:00
 2006年1月6日(金)

 この冬は本当に寒くて、暖房用の灯油(高い!)を使いまくって
 いる。夫は、仕事で金沢に行かなければならないのだが、大雪で
 交通機関が止まりがちなので、なかなか予定が立たないでいる。
 「夏は猛暑で冬は酷寒なんて、温暖化より砂漠化が進んでいるん
  じゃないの?」と、夫と話題にしていたら、今日の「天声人語」に
 「日本のくっきりと分かれた四季が『二季』になりはしないだろうか」
 という懸念が書かれていた。
 穏やかな季節が短くなっているようで、本当に心配になる。

 …そんな寒い時に、寒そうな話題で恐縮なのだが、昨夏、湯河原温
 泉旅行(2005/8/24・26等の日記参照)に一緒に行った友人O垣さん
 からの今年の年賀状は、オーロラの絵葉書だった。
 年末に、若い友人たちとオーロラを見て、アラスカの温泉(!)にも
 つかってきたそうである。 「一生分のオーロラを見た」とあるから、
 天候にも恵まれたのだろう。



 一度は本物のオーロラを見てみたいというのは、若い頃からの
 憧れの一つである。 本気で行こうと思うならば、今は旅行会社
 のオーロラ観賞ツアーなどもあるのだから、行けるはずなのだが、
 何となく、憧れのままにしている。
 私は寒がりだから、寒さに臆しているところもある。それ以上に、
 ものぐさだから、手配が面倒だということもある(誰か、誘って
 お膳立てしてくれるといいのだが…笑)。 でも、もしかしたら
 「達成してしまうのが惜しい」という気持ちが強いのかもしれない。
 お気に入りの物語がいつまでも終わらずに続いてほしいように、
 いつまでも「いつかオーロラを見たい」という憧れを持っていたい
 ような気もするのだ。

 夢にも何種類かある。 頑張れば実現できる夢。 頑張っても多分
 実現できない夢。 夢として持っているだけで楽しい夢…。
 私にとって、オーロラ観賞は、この3つ目の夢なんだろう。
 でも、今回の1枚の絵葉書は、この夢への希求をより強いものに
 してくれたように思う。  「オーロラ観賞」だけでなく、「アラスカの
 温泉」というのが、新たな魅力オプションとして加わったから…(笑)。
 
 O垣さん、もしまたオーロラを見に行く時は、誘ってね! 
スポンサーサイト
この記事のURL | ステキなお友達 | コメント:0 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<同姓同名 | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 鯖の昆布巻>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。