スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
ただいま!
2007-08-03 Fri 23:50
2007年8月3日(金)

台風で飛行機が欠航し、予定より1日遅れて今日取手に戻って
きた。のんびり過ごして沢山食べて、いつものように少々体重も
増え、元気に帰宅。
写真はあまり撮らなかったが、とりあえず2枚だけアップ。

カノコユリ
鹿児島の家の庭のカノコユリ


クマゼミ?

セミはうるさいほど鳴いていた。
これは近所の家の庭のセミ(多分、クマゼミ)。
茨城では見かけない種類だと思う。
3匹も木に止まっていると思って思わず写真を撮ったら、同じ
木の左下にも、隣の木にも止まっていて、全部で5匹も写って
いた。
クマゼミは集団でいることが多いらしい。
こちらのページの写真にビックリ!)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節の花と庭だより | コメント:7 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<鹿児島のうまかもん(ぶえん鰹・山形屋の焼きそばほか) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | 会津漆器にひと目惚れ! (そして衝動買い~♪)>>
コメント
--
お帰りなさい!待ってましたヨン。
画像、とっても綺麗にとれてます。
これ、新しい携帯で?
わたしは今回暗所では失敗してます^^;
寺院はフラッシュ禁止ですから、整理してみてガッカリ~^^;
みなさん、きれいに撮ってるのですが、いったいどういう
技があるのか・・・

ところで、わたしも今回はポルトガルに来て始めて
せみの鳴き声を聞いてきました(笑)
でもやはりわぁ~っと思ったのは鷲の飛ぶ姿。
去年今年と続けて見ましたよ^^

ではでは、かんちがいさん、台風で予定が狂い、お疲れに
なったことでしょう。
ごゆっくり自宅でお休みあれ^^




2007-08-04 Sat 01:27 | URL | spacesis #0cAxI0w.[ 内容変更]
--
お帰りなさい!日本の夏らしい写真、楽しませていただきました。
2007-08-05 Sun 11:31 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
-また、ぼちぼちよろしくです~^^-
spacesisさん
早々とコメント頂いてありがとうございます^^
spacesisさんのブログは、ケータイで鹿児島からも
見ていました。
赤いキオスクの写真はすごく可愛いので、ケータイの
待ち受け画像にさせてもらいましたよん♪

暗い所でデジカメ撮影する時は、明度を調整するとか、
あるいは撮影モードを変える(暗所モードとか夜景モード
等があるはず)で、対応できるはずだと思います。
また、かなり暗く撮れてしまった写真でも、画像処理ソフト
で明度を上げると、かなり改善しますよ。お試しを♪
それにしても、今回の旅では、整理が大変なほど、随分
たくさん撮影なさったようですね。
次々アップされるでしょうから、楽しみにしてます。

Yさおりさん
忘れずにまたのぞいて頂けて嬉しいです(^_^)
鹿児島に行く前、Yさおりさんの「パッション」の記事の
中の中村雅俊さんの言葉を読んで、↑上のspacesisさんの
ことを思い浮かべ、彼女にも読んで頂いたんですよ。
spacesisさんはネットで知り合ったポルトガル在住のお友達
で、私より10才ほど年上の(あ、年をバラしちゃった…笑)、
向学心にあふれた、パワフルでとても愉快な方です。
いろいろな人の「ひととなり」に触れられるのは、ブログの
魅力ですね。
Yさおりさんのブログも、しなやかな感性が感じられて
素敵な方だな…と、いつも感じています。

ユリやセミは、言われてみれば、「日本の夏」らしい風物かも…?
セミは、spacesisさんによれば、ポルトガルではあまり見かけ
ないらしいけど、アメリカでもそうなんですかね^^
2007-08-05 Sun 21:00 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
--
ミセス・かんちがいさんのように、かゆいところに手が届くような文章を書く方からのお褒めのことばは、特に感激です。

spacesisさんのブログは、こちらのブログからたどって拝見し、特に語学教育のお話に強い印象を受けました。

セミは、少なくともわたしの住んでいる地域にはほとんどいないようです。その代わり(と言ってはなんですが)、ホタルがたくさんいます。もう時期的に終わってしまいましたが、7月の初め頃だったか、夜に高速道路を運転していたら、ホタルの光が線のように何本も車の上を走って、とても不思議な光景でした。
2007-08-06 Mon 11:23 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
-蛍! いいですねぇ…-
Yさおりさん
私の文章は「かゆいところに手が届くような」というより、
無駄に饒舌なだけなのですがね…(^^;)ゞ

spacesisさんの、お子さんたちへの語学教育の話は、私も
いつも興味深く読んでいます。
spacesisさんは、初めてポルトに住んだ日本人ですが、
周りに日本語を話す人がいない環境で、いろいろ工夫と
努力をなさり、二人のお子は、日本語・英語。ポルトガル語
を話すトライリンガル。
特に、現在日本の大学に在学中のお嬢さんの日本語の読み書き
は、日本の若者と変わらないくらい達者です。

Yさおりさんの所は、蛍がたくさんいるのですか?
そちらには、案外きれいな川や自然が残っているのでしょうか。
日本では、蛍が見られる地域は少なくなり、私はもう何十年も
ホタルを見ていません。
ハイウェイを走る車から見るホタル…。幻想的でしょうね~。
私も見てみたい。。。
2007-08-07 Tue 15:09 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
--
レスをありがとうございます。

アメリカのホタルは、日本のものと違って、水がきれいでなくても繁殖するようです。地域(気候)によって違うのでしょうが、このあたりの州では、夏の前半、ちょっと郊外へ出ると庭先や野原に緑の光が飛んでいます。高速道路のホタルは今年はじめて見ました。

アメリカに住んで10年以上になるのですが、ホタルを見かけた時に感じるわくわくした気持ちはいつまでも忘れたくないな、と思っています。セミの声を懐かしむ心も。
2007-08-07 Tue 21:20 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
-素敵な視点をありがとう^^-
Yさおりさん
なるほど、日本では蛍は清流のシンボルみたいなところが
ありますが、アメリカの蛍は生態が違うのでしょうね。

大人になっても、何度見ても、「わくわく」するものって
ありますね。
例えば雪の降り始めとかも、そう…。
「ホタル」を見た時の感覚は長いこと忘れていましたが、
確かに、日常とは違う世界を垣間見るような「わくわく」感
があったように思います。
あ~、こうして思い浮かべていると、蛍を見たくなります^^
来年こそは、どこかに蛍を見に行きたいな…
(でも、見られる時期が短いのですよね~)

セミの声は、こうしている今も(もう夕暮れですが)
当たり前のように聞こえています。
慣れすぎて鈍感になっていましたが、今さらのように、
「これが日本の夏の音なんだ」って、
Yさおりさんのお話で気づいたように思います。

…視点を変えるのは、自分ひとりではなかなか難しい。
これも、心の中に存在する壁なのかもしれませんね。
2007-08-08 Wed 17:49 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。