スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
会津観光1日目(武家屋敷と東山温泉郷)
2007-07-23 Mon 20:34
2007年7月23日(月)

せっかく福島・会津まで墓参りに行くのなら、ついでに近辺
の観光も兼ね、一泊旅行にしようと計画していた。
当初の予定では、O垣さんも(あと、O田さんという友人も)
一緒に泊まり、夜は4人で飲もうということになっていたの
だが、O垣さんもO田さんも、気の毒なほどに仕事が忙しい。
O田さんはキャンセル。 O垣さんも最近仕事の休みが全く
なかったので、翌日は家でゆっくりしたいからと、日帰りする
ことになっていた。
だが思いのほか墓参りが早く済んだので、O垣さんも一カ所
くらいは一緒に観光できそうだということで、三人で武家屋敷
に向かう。

武家屋敷はイメージしていた以上に立派で、見応えがあった。
とにかく広くて、用途ごとに部屋がたくさんあるのに驚く。
(これだけ部屋数があると、戸締り・管理が大変そう…。しかし
 この屋敷で“かくれんぼ”をしたら、面白いだろうなぁ…笑)
大河ドラマ「新撰組!」のロケに使われた部屋もあった。
武家の屋敷だから、豪華な装飾などはないのだが、いろいろ
機能的な工夫があり、木製の歯車で動く藩米精米所なども
見事で、会津の武家文化の豊かな底力を見た思いがした。

会津・武家屋敷


宿までは、O垣さんが車で送ってくれ、ここから先は、夫婦二人
旅行の態となった。
宿を東山温泉に取ったのは、会津若松駅から近いということも
あるが、東山温泉は、私の母(昭和8年生まれ)が戦時中に
集団疎開で過ごした土地なので、一度は訪れてみたいと以前
から思っていたからである。
[ 続きはここから… ]

直前の予約だったので、選択肢は限られてしまっていたが、
宿は、囲炉裏料理を目玉としている、“元湯 有馬屋”と
いう古い木造旅館を選んであった。
有馬屋さんのお風呂は、源泉かけ流しとは言え、浴槽一つ
きりのごくシンプルな作り。外の景色が楽しめるわけでもない
し、雰囲気的には、いま一つだった。
(お湯も熱めで、これじゃ長湯のしようがない…笑)
部屋からの眺めはまずまずで、川音が聞こえるのはよいが、
せせらぎとは言えないような、ものすごい轟音!(笑)
大雨が降っているのかと、何度も錯覚した。
が、囲炉裏料理はなかなか風情があり、魚介や山菜中心のメニ
ューが美味しかった。

東山温泉・有馬屋さんの“いろり料理”


翌朝は良い天気になり、宿の近辺を少し歩いた。
東山温泉は、ずいぶん古くからの温泉街のようだ。
母が疎開していた頃は、もちろんずっと鄙びていたのだろう。
高度経済成長期には、それなりに賑わったようだが、勝ち組・
負け組の二極化の波はここにも押し寄せているらしく、人気
のきれいな宿がある一方で、小さな旅館の多くはさびれ、廃
業している所も目立った。

福島県会津・東山温泉郷


美しい自然と、レトロな裏通りが交錯したたたずまいに、ちょ
っと切なさを感じつつ、私たちは東山温泉郷を後にした。

以下、次回に続く…。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅&お出かけ | コメント:2 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<会津観光2日目(塔のへつりと大内宿) | ミセス・かんちがいのブログ日記 | “スイカの君”の墓参り>>
コメント
-一度は・・・・-
郡山の、一人暮らしの叔母を訪ねて、年二回くらい、福島にでかけます。 行きも帰りも高速使わずに走って行きますが、帰路はいつも会津回り、必ずと云って良いほど、武家屋敷の手前、東山温泉の通り沿いにある【お秀茶屋】と云う炭火田楽の老舗へ寄ります。 かんちがいさんは、お泊まりで、串焼きを堪能された様子ですが。 小生お気に入りのこの店もお奨め。見かけは古びて汚いですが、素朴な味わいが気に入っています。 画像は=http://homepage.mac.com/koba2106/sanpo/DIARY/P6/P6_10.html  東山温泉、いつも温泉街を通り過ぎて、その上の【背あぶり高原】まで愛犬とでかけますが、いつも温泉街で思うのは、レトロな和風のたたずまいが素晴らしい【向瀧】に一度くらい逗留してみたいと云うこと。かなり高級な感じですが、建物に惹かれてしまいます。
会津と云えば、他に漆器も有名ですが、お気に入りは、白木屋と云う、これまたレトロで擬洋建築なたたずまいが素敵ですし。お目当ては店内の隅っこ、幅90cmほどのスペースに置いてある、いわゆるアウトレット。髪の毛一本程度の傷や、ノミほどの色むら、半端物などで、高級料亭御用達の品物が、半額以下。数百円~数千円で販売されているので、必ず覗いて気に入った漆器が在れば、買ってきます。もちろん自家用なのですが、同じ値段の、なんちゃって漆器に比べようのない味わいが良いです。 会津は色々面白いものが沢山あって楽しいです。今度、会津を訪れたら是非行ってみてください。お奨めです。
2007-07-24 Tue 12:00 | URL | koba2106 #M2laTCY6[ 内容変更]
-会津は魅力のある街ですね-
koba2106さん
故郷の福島へ、今でも毎年行かれるのですね。
お秀茶屋の写真、ずいぶん前に拝見したのを思い出しました。
場所も店の名前もすっかり忘れていましたが、東山温泉の
近くだったんですね~(^_^)
向瀧のHPも見てきましたが…宿泊料金、お高い!(笑)
でも、ステキ! 特に雪景色が良さそうな…。
kobaさんは、店舗のデザインもなさるから、建築物にも
興味がおありでしょうね。

会津にはいろいろな物があって面白い、というのは、たった
一泊の旅行でも感じましたよ。
やはり歴史のある街ですね。
お土産に買いたいものがすごく多かった~!
漆器ももちろん見ましたが、すごく良かったです。
あるモノも買いました。大奮発だったけど(それでもデパート
の半値だと言われた)、かなりお気にいり~♪
(この話は後日の日記でね^^)

しかし、漆器のアウトレットというのは、珍しいですね~。
私も、工芸品は「眺める」より「使って楽しむ派」なので
少々難アリ、大いに結構。 お値段は安い方がいいです。
今度行った時の為、白木屋さんて、覚えておこう…(^^;)
2007-07-25 Wed 07:19 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。