スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | | | ブログトップページへ
捨てたモノ、見つけたモノ
2007-07-04 Wed 20:45
2007年7月4日(水)

陶子さんのブログ「ほぼ日刊いきますわよ」で、随分前から、
モノを捨てるという企画をやっている。
ついつい新しい物を買って、モノが増えていくばかりなので、
捨てていくモノを数え、捨てたモノが100になったら、新しい
モノ(消耗品以外)を1つ買うことを自分に許すという、なかな
かストイックな企画だ。陶子さんほどにはいかなくても、私も
見習いたいものだと、いつも思っている。

小さなアクセサリーや文具なども1つとして数えるから、陶子
さんの「捨てモノ」累積数は、もう800を超えている。
一見何でもバンバン捨てているようだが、実は結構、モノへの
愛情が見え隠れして、私は興味深く読んでいる。
身の回りの整理の必要は私も感じていて、捨てなければなら
ないものも山ほどある。(しまい込んでいる物の大半は、何年
も触れていないものばかりだしなぁ…。)

で、私も陶子さんを真似て、最近は、捨てるモノの写真を時々
撮ることにしている。
人から見ればただのゴミでも、自分にとっては何らかの思い入
れがあるモノたち。…それらをゴミ箱に直行させる前に、写真
を撮り、一言添えてやることが、そのモノへの最後の愛情とい
うか、供養になるようで、気持ちの整理もつくように思う。

最近捨てたのは、例えばこんなもの…。

最近捨てたもの


昨日は、台所とリビングのプチ掃除(換気扇とか、エアコンの
フィルター等を掃除)をし、ついでに、何年も整理していなかっ
た棚などを整理。 古い乾物とか、タッパーの蓋だけとか…、
訳のわからぬゴミを、沢山捨てた。
捨てたのは、撮影に堪えられないような恥ずかしいものばかり
だったが、あえて写真を撮ったのが、この2点…。

昨日捨てたもの


「物を捨てようとする行為が、物に命を吹き込むこともある」
と、陶子さんもおっしゃっているように、物を整理していると
思いがけない見つけ物があって、現役復活することもある。
昨日も、ほこりまみれの大きなステンレス製の保温水筒を見
つけた。
存在すら忘れていたが、昔、息子達を連れて遠出する際に、
よく世話になった物だ。
洗えばキレイだし、壊れてもいないし、どう考えても「捨てモ
ノ」ではないので、復活させることに。
この夏は、麦茶を冷蔵庫でなく、これで作って氷を入れて、
テーブルに出しておこうか…などと考えている。
 
[ 続きはここから… ]

ところで、古いモノを見つけたというのとは、ちょっと違うの
だけれど、昨日、新聞記事の中で、知人の名を見つけた。
昨夜は一人で夕飯を食べ、食後、ソファーに寝そべって(夫が
いる時は、そこは夫が占領しているのだが)、新聞を広げた。
「今日はあんまり面白い記事がないなぁ…」と思いながら、文化
面のある記事を読んでいたら、昔々のボーイフレンドの名前が
出てきたのだ。
文脈から言って、本人であることは間違いない。
「へえ、こんな仕事してるんだ。結構エラくなってるじゃん!」
…と、そのこと自体は、年齢相応の出世ということで、さほど
驚かなかった。
ただ、よく気付いたもんだな~と、気付いた自分にビックリ。
(だって、新聞記事中の一般人の名前なんて、普段気に留めて
 もいないし、まして、もう思い出すことも滅多にない名前だ…)
そして、たまたまこの記事を読んだという偶然も、不思議だった。
(もし他に面白い記事が沢山あったら、この記事はきっと見出し
 くらいしか見なかっただろうから…。)

名前が新聞に載って、彼は喜んでいるだろうなぁ…と思う。
彼の仕事柄、新聞の地方版とか、地方紙に名前が出る機会は
ありそうだが、全国紙の全国版ページに登場することはきっと
珍しいはずで(もしかしたら初めてかも?)、彼や彼の身辺では、
盛り上がったことだろう。
彼が既婚か独身かも知らないが、できれば一緒に喜ぶ妻子が
いる身の上であってほしい…なんて思う。

夫にその記事を見せたら、「きっと県庁内の部署だな。このプロ
ジェクトの話は、他の取材の時に聞いたことがあるよ。もし直接
取材するんだったら、やりにくかったろうな…」と笑っていた。

そのボーイフレンドとは、別に「後ろ暗いような関係」ではなかっ
たのだけれど(笑)、私がK木君(現在の夫)に心変わりしてし
まって以来、彼からはあからさまに避けられていたので、彼が
大学院進学後どうなったかは、何も知らなかった。
ネットで名前を検索すれば、もっと何かわかるかもしれないが、
彼が今、やりがいのある仕事について充実しているということが
わかっただけで充分だ。

私の中で、それは「復活モノ」にはなりえない。
遠くから、彼のプロジェクトの成功を祈るだけにしておこう。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 捨てモノ・見つけモノ (スリムな暮らしへ) | コメント:6 | トラックバック:0 | ブログトップページへ
<<食べ物や料理の写真をキレイに撮るには? | ミセス・かんちがいのブログ日記 | しゃぶしゃぶ温野菜と、珍品ゴルフボール♪(今年の六三会)>>
コメント
-こんばんは。-
捨て物・・・・・。
実は、我が家には、ブラックホールといわれている場所があります。
1度吸い込まれると、けっして出てこないから。(笑)
怖くて、いじれない。(笑)
いつかは、やらないと。(でも、今はやらない)言いきる!

お弁当ブログの紹介、ありがとうございました。
自分の記録用で、お恥ずかしいかぎりですけれど。
2007-07-06 Fri 00:21 | URL | 美緒 #5Bglkylo[ 内容変更]
-家庭内ブラックホール?!(笑)-
美緒さん
おお、恐ろしや、そして親近感!!…のブラックホール!(笑)
そういう意味では、我が家の中にも、ブラックホールが「複数」
ありますね。押し入れごとブラックホールとか…(^^;)
お弁当作りは楽しいけれど、金曜日はホッとするというのは
よくわかります~^^

美緒さんのお弁当は、とにかく品数の多さ、そして、かまぼこの
蝶切り(「小さなお絵描き」の方にもUPされてましたね^^)みた
いに、ちょっとした可愛い工夫がステキ!
毎日お弁当作りしている方には、すごく参考になると思います♪
私自身、人の作るお弁当を見るのはすごく参考になるので、
(お弁当としてだけでなく、普通のおかず用の参考にもなるし)、
結構お気に入りに登録しているページがあったりします^^
2007-07-06 Fri 17:13 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
--
はじめまして。

ネットをうろうろしているうちにたどり着き、楽しく読ませていただいています。

愛着のあったものを捨てるときに写真を撮ると供養になるようで気持の整理もつく、本当にそのとおりです。わたしも先日、長い間愛用したTシャツを捨てたのですが、写真を撮ることで捨てる決心がつきました(撮った写真の質が良くなかったのが心残りですが)。

また寄らせてください。
2007-07-26 Thu 07:23 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
-ご訪問、ありがとうございます-
>Yさおりさん
幾つも記事を読んで頂けたみたいで、うれしいです。
Yさおりさんのブログも、ちょっと拝見してきました。
モノを捨てる前に「供養の儀式」…なんて、同じようなことを
感じていたのですね。

女性は、つい「自分」を、裏の倉庫に追いやってしまうから、
そろそろ自分の「在庫チェックをしたい」という考え方…
なるほどと、心ひかれました。

ある程度の年齢になったら、いろんな意味で、意識的に自分
のメンテナンスをしていかなければいけませんね。
…とは思っても、実際には、全然在庫管理ができていない
私です…(^^;)
Yさおりさんが、センスの良い「専門店」だとしたら、
私はあまり品揃えのよくない、古い「よろずや」ってところで
しょうか…(笑)
でも、よろずやなりに、ちょっと面白いよろずやになりたいの
が「私」なのかもしれません。

ブログを始めて、毎日ではなくても、「自分の時間」が持てて
いるような気もします。
ブログを通して、Yさおりさんみたいに、素敵な感性をお持ち
の方に巡りあえるのも、うれしいことです。
(それに、アメリカ在住のお友達は初めてだわ、きゃぁ~♪)

心に優しい「読むスパ」、これからも少しずつ楽しませて
頂きますね。
(サリーちゃんとカブ…なんて、懐かしい♪)
ゆっくりお友達になって頂けたら幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
2007-07-27 Fri 00:32 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
--
ご丁寧なレスとたくさんのお褒めのことばをいただき、恐縮+感激です。

供養の儀式、日本だと「針供養」のような行事がいろいろありますよね。そういう行事にはまったく関心がなかったのですが、知らない間に自分の中に自然な気持ちとして存在していたようです。アメリカ人にはこういう感覚あるのかな。機会があったら、同僚達にきいてみます。

>Yさおりさんが、センスの良い「専門店」だとしたら

あの日記の「専門店」というのは乾物屋さんや八百屋さんのようなお店を想像して書いたんですけれど、「専門店」と「スーパーマーケット」と書いたら、「専門店」のほうが偉そうな響きがしたので、「専門店」と「デパート」に書き換えたんですよー。乾物屋さんや八百屋さんって、なんて呼べばいいんでしょうね?

読みっぱなしにせずに思いきって書き込みをしてよかったです。こちらこそどうぞよろしくお願いします。
2007-07-27 Fri 01:36 | URL | Yさおり #tHX44QXM[ 内容変更]
-出会いに感謝♪-
Yさおりさん
初めて書き込みをする時は、勇気がいりますね。
でも、コメントを下さったのは、きっと何か通じ合う
ものがあったのだろうと、嬉しく思います。

「乾物屋さん」とか「八百屋さん」というのは、ちょっと
意表を突かれたけど(笑)、それも素敵な感覚ですね。
そして、在庫整理をして、もしかしたら、違う専門店に
なるかもしれない…と考えるのもまた楽しいことです。

You are what you write.
ちょうど昨日のブログでYさおりさんがおっしゃっていた
ように、文章を読んでいると、本当にその人が見える気
がしますね。
Yさおりさんのことも、まだ、文章を幾つか読ませて
頂いただけですけれども、何というか、感性とか視点に、
借り物でない輝きが感じられて、すごく“私好み♪”
(あれ? ホメ言葉になってないかも…笑)

日曜から鹿児島に帰省してしまうので、今はちょっと
バタバタしていますけど、帰って来たら、またゆっくり
寄らせて頂きますね(^_^)
2007-07-28 Sat 01:19 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ミセス・かんちがいのブログ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。